古川一夫の名言

古川一夫のプロフィール

古川一夫、ふるかわ・かずお。日本の経営者。「日立製作所」社長。

古川一夫の名言 一覧

情報が変質する中で、コンピュータは省力化マシンから、価値を生むシステム、マシンへと変わってきているんです。我々はメインフレームがバリバリの時代を経てきましたが、その後、ユビキタス時代の到来など、いろんな環境の変化に応じてコンピュータシステムそのものが省力化マシンから、バリュー・クリエイション・マシンになっています。こうした変化を我々は事業の中で本質的にとらえていかなければいけないと思っているんです。


古川一夫の経歴・略歴

古川一夫、ふるかわ・かずお。日本の経営者。「日立製作所」社長。

他の記事も読んでみる

島田和幸(経営者)

経営の決断をする立場になったことで、周囲の声に耳を傾ける大切さを日々実感しています。正念場を迎えている経営改革を成功させるには全社員の力が必要です。


喜多川泰

子供というのは、好きな子が希望している学校を目指して急に猛勉強をはじめたり、失敗することで強くなることもあるので、その成長のきっかけを邪魔してほしくないんですね。人は自分が痛みを経験することで他人に寄り添うやさしさを知るので。


御手洗冨士夫

私が着任当時わずか社員13人だったキヤノンUSAが、23年後の帰任時にはトータルで6400人を要するまでに成長する過程で、ずっと第一線に立ち続け、多くの経験を積みました。その経験を通して、私なりに真の国際人に求められる条件を模索してきました。その基本は「違い」を理解できることです。日本と欧米はどこが違うのか知ることです。


水口和彦

相手にとって返信しやすいメールを送ることも、仕事の効率を上げる上で重要なポイントです。たとえば、日程を調整する場合にはあらかじめ選択肢を提示する、あるいは要点を個条書きにまとめるなど、相手が読んでわかりやすい、決断しやすい工夫も必要でしょう。読みやすいメールほど相手は返信しやすいですし、相手からの返信が早ければ、結果的に自分の仕事もはかどります。


前刀禎明

私が常々口にしているのは、「やっぱり、なるほど、ずっと!」と思ってもらえるような人になろうということです。パーソナルブランドを確立させようということです。ただしそれには、自身が成功体験を実感し、まわりからも認めてもらう人間になることが前提です。実現するには、モチベーションの維持も必要です。


堀場雅夫

「論理的に正しく、企業哲学に合致し、商売になる」。この三条件を満たしているなら、たとえ上司が反対しても突き進むべきだ。


豊田圭一

社内に学ぶべきロールモデル(お手本)がいないという人は、アウェーに飛び込むことをお勧めします。ほかの会社の人と飲みに行くのもいいし、早朝勉強会や異業種交流会に参加するのも、何か習い事を始めるのもよいでしょう。そうした場所で出会う人の中には、きっとロールモデルたる人物が見つかるはずです。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

65歳まで会社にぶら下がりたい人にとって、ひとつめの関門は「リストラ」です。リストラはいまやサラリーマンにとって、定年退職と同じ宿命です。


杉村健一

私は寝る間を惜しんで猛勉強したわけではありません。勉強する場所は主に通勤電車。残業が多く子供も二人いますから、平日の夜や休日は、あまり長く勉強できません。平均学習時間は1日1時間程度でした。ただし「どうせやるなら」と、要領よく勉強する方法を一生懸命考えました。その成果が半年間の勉強で325点から885点、さらに2ヶ月の勉強で925点だったわけです。


徳岡邦夫

ビジネスの場で損得を語るのはたしかに当然のことかもしれません。しかし損得のみで結びついた関係は、利害が対立した際にはたやすく壊れてしまうものです。お互いの利害を超えたところで、同じ目的を共有すること。そこに強固な絆が生まれるかどうかの分かれ道があるのではないでしょうか。


田島弓子

一枚の紙に書き出せば、仕事の全体像をひと目で把握できる。


江川昌史

確実に実現してこそコンサルの仕事。100点のコンサルをして、50点しかとれないなら、80点のコンサルをして、80点を出した方がよい。


豊田英二

その失敗は、きみの勉強代だ。


本田有明

上位二割のできる部下とだけ仕事をする上司は、多数派である普通の部下やできない部下をあっけなく見限ってしまいます。すると、できない多数派と、ひとくくりにされることで、普通の部下のモチベーションが下がり、結局は8割の部下のパフォーマンスを悪化させてしまいます。


政近準子

スーツの試着のヒントをひとつ申し上げますと、若い店員さんに全部を任せないほうがいいでしょう。例外はありますが、若い方は感性で選びがちなので、アドバイス通りに選ぶと「無理をしている感」が出やすいです。


ページの先頭へ