名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古屋雄作の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋雄作のプロフィール

古屋雄作、ふるや・ゆうさく。日本の脚本家、演出家、映像ディレクター。愛知県出身。上智大学文学部哲学科卒業。映像制作会社勤務を経て独立。

古屋雄作の名言 一覧

ゴリ押しするのはイヤだし、がまんもしたくない。人目のストレスのないほうへないほうへ流れた結果、気の合う仲間と好きにやるという今の手法になりました。


自分が思う「本当に面白い番組がつくりたい」とテレビ制作会社に入社しましたが、番組を作っていく過程で、とんがった企画が会議を経てどんどん丸くなっていく姿をたくさん見ました。このやり方では自分がやりたいようなことはできないかもと思いました。

【覚え書き|フリーになったきっかけについて】


人目が気にならなくなる3つのポイント

  1. 会社でやりたいことができないなら自力でやる。
  2. 信頼する家族や仲間に認められれば、それでOKと考える。
  3. 「時代が自分に追いついてない」くらいの気概でいる。

「うんこ」とは、「童心の象徴」という答えがしっくりきます。あるいは「笑いの最小単位」。たった3文字ですが笑いのバリエーションも無限に作れる、シンプルゆえに最強の言葉かと。

【覚え書き|大ベストセラーになった『うんこ漢字ドリル』について】


「うんこ」という言葉には、何千という繰り返しに耐えうる強度があるんです。むしろ反復するほど一種のトランス状態に突入する。音楽でいう「ミニマル・ミュージック」に近いものがあると言えるのではと。繰り返しと共に、本物の「うんこ」という物体が徐々にリアリティを失って概念化していくというか。そして反復が生み出すある種の中毒性が、「繰り返し書く」「書かないと覚えない」という漢字ドリルと色々な意味で親和性が高かったのだと思っています。「うんこ」という言葉のみが持つ魔法がある。「うんこ」だけが秘めることを許された文学性があるわけです(笑)。

【覚え書き|大ベストセラーになった『うんこ漢字ドリル』について】


古屋雄作の経歴・略歴

古屋雄作、ふるや・ゆうさく。日本の脚本家、演出家、映像ディレクター。愛知県出身。上智大学文学部哲学科卒業。映像制作会社勤務を経て独立。

他の記事も読んでみる

新谷学

広報担当は常に社外を向いていることが大事。風通しの悪い企業では上層部の顔色ばかりうかがう傾向が強い。


信田さよ子

夫婦のすれ違いの原因は何か。それは、夫婦の愛情に対する二人の異なる幻想です。「夫婦は特別な関係だから、お互いに理解し合えているはずだ」「私が疲れて帰ってきたときは気遣ってくれるべきだ」。こうした幻想を抱いてしまうから、期待が裏切られたときに不満が募るわけです。


鈴木茂晴

最近の営業には無口な人が増えた気がします。私の頃は、営業といえば立て板に水のごとく喋ったものですが、必ずしもそれがいいということではないんですね。無口な営業相手だと、お客様が話す。聞き上手になるんです。結局、喋るのが得意な人も無口な人も、自分の特長を生かしていくんですね。


澤上篤人

長期運用をしていると、会社の行動や社風が最初とは変わってくることもあります。注意深く観察していいると見えてきます。数字は、その確認材料として使うものなんです。だから、機械的に数字で銘柄をはじき出すスクリーニング(利益などが一定の条件を満たすかどうか検索し、投資対象になるか振り分ける方法)なんかは一番ダメです。


杉村富生

景気後退の局面で大切なのは、業績などの数字ではなく言葉に耳を傾けること。言葉とは、経営者のコメントや業界の動向、つまりトレンドを見ること。トレンドに敏感になり、そこから業界への期待感や株価への反映を探るように、銘柄の見方も変えるべき。


和田秀樹

サイドビジネスをはじめたいという場合でも、会社を辞める必要はない。就業規則がどうなっているかにもよるだろうが、副業をやっているからクビだとは言いにくい社会情勢になっていると思う。むしろ、会社側も職と給料を保証しきれなくなっているから、副業でもやって自分でお金を稼いでもらいたいというのが本音だろう。


是枝伸彦

今の日本が停滞しているのはリスクをとらないで、安全策ばかりとってきたツケ。当社も含めてリスクをとって外に出ていくということが、今の日本に求められていることだと思います。


山田政弘

数字力には決算書を読み解くことももちろん含まれますが、最初からそのレベルを目指す必要はありません。まずは自分の仕事に直結する数字をしっかりおさえることから始めましょう。


出雲充

18歳のときにインターンでバングラデシュに行ました。そのときは私も、バングラデシュには食べるものがなく、みんなおなかがペコペコだと思い込んでいました。お土産でカロリーメイトを持っていったのですが、みんな朝昼晩おなかいっぱいカレーを食べている。カロリーメイトを配ったら、「みんなあなたのように乾パンをたくさん持ってくる。しかし、本当に必要な野菜やフルーツ、牛乳は持ってこない。あなたも国連と同じだ」といわれまして。たしかに現地の方のいうとおりで、私は実態を何も知らをかった。それでまず、栄養の勉強をしようと(東大の文学部から)農学部に変更したのです。


小林義雄(経営者)

新規顧客の獲得は自分との戦い。伊藤園に入社して以来、営業という仕事に身を置いてきた自分の経験から感じることです。


太田彩子

自分に響く言葉や元気になったフレーズを普段からこまめに手帳にメモしています。年一回、それらを読み返して自分の方向性を探ります。自分の進む道が見えてきたら自作のライフデザインノートに書きとめて、考えを広げていきます。ゴールから逆算するやり方に窮屈さを感じている人は、こんなやり方もあることを知っておいて損はないと思います。


吉田博一

人材を束ねて企業全体の進むべき方向性を決めることが、経営というもの。