名言DB

9429 人 / 110879 名言

古屋雄作の名言

twitter Facebook はてブ

古屋雄作のプロフィール

古屋雄作、ふるや・ゆうさく。日本の脚本家、演出家、映像ディレクター。愛知県出身。上智大学文学部哲学科卒業。映像制作会社勤務を経て独立。

古屋雄作の名言 一覧

ゴリ押しするのはイヤだし、がまんもしたくない。人目のストレスのないほうへないほうへ流れた結果、気の合う仲間と好きにやるという今の手法になりました。


自分が思う「本当に面白い番組がつくりたい」とテレビ制作会社に入社しましたが、番組を作っていく過程で、とんがった企画が会議を経てどんどん丸くなっていく姿をたくさん見ました。このやり方では自分がやりたいようなことはできないかもと思いました。

【覚え書き|フリーになったきっかけについて】


人目が気にならなくなる3つのポイント

  1. 会社でやりたいことができないなら自力でやる。
  2. 信頼する家族や仲間に認められれば、それでOKと考える。
  3. 「時代が自分に追いついてない」くらいの気概でいる。

「うんこ」とは、「童心の象徴」という答えがしっくりきます。あるいは「笑いの最小単位」。たった3文字ですが笑いのバリエーションも無限に作れる、シンプルゆえに最強の言葉かと。

【覚え書き|大ベストセラーになった『うんこ漢字ドリル』について】


「うんこ」という言葉には、何千という繰り返しに耐えうる強度があるんです。むしろ反復するほど一種のトランス状態に突入する。音楽でいう「ミニマル・ミュージック」に近いものがあると言えるのではと。繰り返しと共に、本物の「うんこ」という物体が徐々にリアリティを失って概念化していくというか。そして反復が生み出すある種の中毒性が、「繰り返し書く」「書かないと覚えない」という漢字ドリルと色々な意味で親和性が高かったのだと思っています。「うんこ」という言葉のみが持つ魔法がある。「うんこ」だけが秘めることを許された文学性があるわけです(笑)。

【覚え書き|大ベストセラーになった『うんこ漢字ドリル』について】


古屋雄作の経歴・略歴

古屋雄作、ふるや・ゆうさく。日本の脚本家、演出家、映像ディレクター。愛知県出身。上智大学文学部哲学科卒業。映像制作会社勤務を経て独立。

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

営業のときに重量の都合などで、実物をもち運べない場合もあるでしょう。そのようなときは、そのモノの一部分だけを見せるのも一案だと思います。私は精密機器の営業をしていたことがあります。手軽にもち運べない大きなものでしたので、その機器のコアとなる部品だけをもち歩いて、商談のときに見せていました。ただの針金のようなものだったのですが、「そこにプラスとマイナスの磁気が細かく刻んでありまして……」と説明すると、ただカタログだけを見せながら説明するのとでは、相手の興味の惹き方が違います。


田中良和(GREE)

走りながら、検証し、すぐに変えていく。そのスピードが勝負を分ける。


荒井邦彦

しっかりした社員教育を行い、しっかりした仕事をする循環を作ることが何より大事。


カルロス・ゴーン

危機的な状況にあっても、経営層が長期的な会社の存続に必要な決断を下すことを躊躇することが少なくありません。それはなぜか。厳しい決断というものは、短期的には非常に軋轢を生む、不都合なものだからです。その躊躇の背景を探ると、2つの理由があるように思います。まず、長期的な想定がない、つまり状況が理解できていない。そして、勇気がない。リーダーは、必要な時には勇気を持って闘わなければなりません。


村木厚子

「勝たなくていい。負けなければいいんだ」と割り切り、目標設定のハードルを低くした。これで気が楽になり、勇気が出ました。


木山剛史

商品の魅力をお客様に説明して納得して買っていただくためには接客が命。


堤幸彦

悪戦苦闘しているのは、いまでもまったく変わらないんです。


佐野睦典

こらからの企業人は、最適なものを組合せ、最適なシステムを提供するプロデューサーを目指すべき。


酒井田柿右衛門(14代目)

伝統とは、いまの地点にとどまることを意味しませんが、そのためにも技術の伝承は大事にすべきです。


小原泰(ロビイスト)

政治家と議論する際に心がけるのは、「時間(=歴史)」「社会」「地球環境」の3つです。3つのうちのどれかひとつを通じてその課題を大局的に俯瞰し、「大義」を立ててそれを唱道(アドボカシー)します。たとえば、外資系製薬会社の国内ワクチン市場参入を促す際は、時間=歴史を100年単位で遡ります。当時は野口英世や北里柴三郎らが世界の感染症の研究をリードしていた。その日本が今やワクチン後進国とまで言われるようではいけない……という具合です。外資系の参入で風通しをよくし、弱体化した国内メーカーは彼らとの提携を通して技術を吸収し直し、再度一人立ちしなければならない。そのためにも、彼らの参入に協力してくれ、というわけです。