古屋徳兵衛(初代)の名言

古屋徳兵衛(初代)のプロフィール

古屋徳兵衛(初代)、ふるや・とくべえ。明治時代の実業家。百貨店「松屋」創業者。甲斐国(のちの山梨県)出身。江戸の薪炭商、海苔屋などで働いたのち、横浜で鶴屋呉服店を開業。東京神田の松屋呉服店を買収し、百貨店に業態を転換した。そのほか、東京呉服太物協会 頭取などを務めた。

古屋徳兵衛(初代)の名言 一覧

心を正しくして正当の職業を営む者は、必ず幸福が自然に生じるものである。


古屋徳兵衛(初代)の経歴・略歴

古屋徳兵衛(初代)、ふるや・とくべえ。明治時代の実業家。百貨店「松屋」創業者。甲斐国(のちの山梨県)出身。江戸の薪炭商、海苔屋などで働いたのち、横浜で鶴屋呉服店を開業。東京神田の松屋呉服店を買収し、百貨店に業態を転換した。そのほか、東京呉服太物協会 頭取などを務めた。

他の記事も読んでみる

新井直之(執事)

贈り物を手渡しするというのも、お金持ちの贈り方の共通点です。ご自分ないしは私たち執事が相手のご自宅やオフィスを訪ね、品物の由来などをきちんと伝えます。これは贈り物をきっかけに大切な人とコミュニケーションを深めたいという思いがあるからです。とくに開店祝い、独立祝い、転職祝いなど、新しい門出の際は絶好のチャンス。お祝いの言葉とともに贈り物をすれば、強く相手の印象に残ります。


河合薫

上司からのいじめ問題では、いじめている上司が部下をいじめていることに気がつかないケースが多い。無意識のいじめのほとんどは「自分も昔、上司から厳しくされたことが自分の成長につながったから」という上司の心理状態が背後にあり、「部下のため」にとった行動が、いじめの元凶になっている。


斉藤惇

神仏は人間に均等にチャンスを与える。そのチャンスに対して、真剣に、前向きに取り組むかどうかによって、人生が開くか開かないかが決まる。


吉松徹郎

「自分と同じような考え方を持ってほしい」とか「理解してほしい」というのは社長のエゴだと感じるようになりました。社長の行動は他の人に見えていないインプットがあるからです。たとえ同じインプットをしても、同じ判断になるとは限りません。私のイメージを共有することが正しいとは限らないのです。そこで、社長の考えは分からないところもあるが、社員がしていることが間違った方向に行き始めたときは社長が修正すればよい。


茂木友三郎

需要があるから、それに対してモノを供給するのではなく、需要がなくても需要を創り出す。


岡本毅

先例にとらわれてはいけません。ブレイクスルーを起こすためには、多少のリスクがあっても、強引にいくべきところは、いかなきゃいけないと感じます。


村石久二

スターツは、設備に投資するのではなく人材に投資する。


西郷隆盛

徳盛んなるは官を盛んにし、功盛んなるは賞を盛んにする。
【覚書き:徳のある人に地位を与え、功績がある人には褒賞を与えろという意味の言葉】


黒木知宏

僕が「器が大きい」と感じるのは包容力のある人。でも優しいだけじゃない。全体のため、その人のためと思えば、嫌われることを恐れず厳しく叱る人。


伊藤忠兵衛(二代目)

悪いとき、落ち目のときに人間はすべてをさらけ出すものだ。


和崎信哉

有料テレビが存在感を確立するには、良いコンテンツは有料テレビにあるというイメージを定着させなければなりません。そのためには、有料テレビの世界にも、WOWOWを含めて5から6局程度は元気なテレビ局が存在していた方がいいですね。ですから私たちはこの3年間、徹底して上質にこだわったオリジナル番組の強化を進めてきました。


山岡鉄舟

武士は義のためには、たとえ貧に処するも厭(いと)わず、不義のためには、富貴であっても好むところではない。


ロバート・キヨサキ

勤務評価が、10段階評価で「5」の社員がいたら、その人の評価が「7」や「8」になるように励ますのが、リーダーとしてのあなたの役目だ。評価を上げるために、さらにトレーニングが必要になる場合もあるし、降格や解雇という厳しい結果になる場合もあるだろう。


畑村洋太郎

ビジネスマンだったら、思考を熟成させるときは、まず自分より一つ上のポジションで事象をとらえ直します。課長なら部長、部長なら役員になったつもりで、「上の立場ならどう判断するだろうか」と考えるわけです。自分なりに考えがまとまっても、そこで終わらせてはいけません。次は自分の横にも目を向けます。もし自分が課長なら「他の課長はどう考えるだろうか」「他の会社はどう見ているだろうか」というように、横展開するのです。山の頂上に登ったからこそ、まわりにある森や川の存在に気づくのです。上と横に視座をずらして考えなおすことで思考はさらに深まるのです。


山田淳

僕には「同期の飲み会には参加しない」という持論があります。仲間と愚痴や他愛もない話をする時間を過ごすよりも、自分を高めてくれる人と過ごしたいという思いが強い。


ページの先頭へ