名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古屋圭司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋圭司のプロフィール

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

古屋圭司の名言 一覧

ポピュリズムが蔓延しているといわれるが、私はそうは思わない。メディアが多様化し、読者・視聴者にはそれを受け取る力、良し悪しを峻別する力が身についていると思うからだ。


もうネット戦略抜きに有権者に近づくことは無理だ。自民党もネット戦略には非常に力を入れている。ネットの読者がどういうテーマを欲しがっているか。どういうものの場合に、どんな形で拡散していったかを調べ、この分野の専門家も使って次々対策を打っている。


古屋圭司の経歴・略歴

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊東孝紳

これまでクルマを作る我々自身が、どこかで横着しているところがあった。もっともっとお客さんに何を提供できるかを考え、「造る喜び」を我々自身が感じて新たな価値を発見していく必要がある。


松本大

投資のポイントは、資金を自分の分身、もしくは子供と思うこと。稼いだお金を気になる業界や会社、通貨に分身として送り込むと思えばいいのです。10人分身がいれば、全員同じ会社に行かせるのではなく、誰かは冒険させたり、ほかの誰かは大企業に行かせるなど、分散して送り込めばいいのです。このように、有望な投資先を見つけて、相手の成長力によって、分身も力をつける。それがお金が働きお金を生む仕組みになるのです。


勝間和代

ビジネスパーソン個人は次の3つを心がける必要がある。

  1. 自分が属する会社・業界のビジネスが陳腐化のリスクに常にさらされていることを自覚する。
  2. 常に自ら刷新のイニシアチブをとるように努力する。
  3. ほかの企業や業界に移動できるだけのポータブルスキルを身につけておく。

岩瀬昌美

日本人の2人に1人は本を一切読まないというデータがありますが、その通りになっていますね。私の実感でも、グローバルエリートは日本人の2倍は本を読んでいます。ニューヨークの地下鉄に乗ると電子書籍のタブレットや分厚いペーパーバックを読んでいる人が目立ちます。ちなみに、日本人でも年収2000万円以上の人に限ると、月10冊ほど読むといいます。時間の使い方に加え、読書量は年収に大きく直結すると言って間違いないでしょう。


中村獅童(二代目)

僕には、気になることがあるんです。「日本人の多くが、今も米国や欧州といった海外にヒントを求めているのではないか」ということです。「近く」を見ず、「遠く」に答えを求めている。歌舞伎という伝統芸能の世界に生きている僕から見ると、「何てもったいないことをしているんだ……」と感じることがしばしばあります。日本には素晴らしい伝統や歴史がたくさんあるというのに、どうして「近く」にあるものに目を向けないのだろうか、と。


津田卓也

最初にきちっと謝れば収束に向かうのに、わざわざ自分からクレームをこじらせている人は多い。


小泉光臣

世界一のたばこカンパニーを目指すということは私がずっと前から言っていることです。ただし、この言葉にもふたつのポイントがあります。世間的には、売上高や利益額というのがナンバーワンの定義ですね。実際私もそうだと思います。これは必要条件ですから、満たさなくてはいけない。ただし、それは必要条件であって、自分たちが自信を持って送り出したブランドがお客様においしいと思ってもらえる。そのお客様の数が世界で一番多いことが本質です。


永守重信

分からなければ、さらに学ぶ。その繰り返しだ。


田中仁(経営者)

組織の長がワンマンでなければ、組織は絶対にまとまりません。ただ、組織力を潰すワンマンではいけないと思います。


楠木建

ビジネスの成功をあとから論理化しようとしても、理屈で説明できることはせいぜい全体の2割です。伊藤忠商事社長の丹羽(宇一郎)氏は「経営は論理と気合だ」と言っています。理屈では説明できない8割の部分が丹羽氏のいう気合に相当します。しかし、その2割の理屈を突き詰めて考えている人ほど、何が理屈ではないのか野生の勘ともいうべき事柄の意味を深いレベルで理解しています。だからますます気合が入って、野生の勘も研ぎ澄まされ、優れた戦略を編み出していけるようになるのです。「理屈ではないから、理屈が大切」なのです。


渡辺謙

自分が変わることを焦る必要はない。自分の中でなにかが変わるためには何年か発酵する時間がいる。僕らの仕事でいえば1本の作品ですべてが決まるわけじゃない。


川辺清

私自身、現在は現場に入ることはないんです。飲食に限らず、業態開発に関しては、すべてを社員に任せています。1つ言うのは、発案者に勝算があるのか問うだけです。それも厳しい状況に追い込まれるようであれば、私を頼ればいいんです。私もそうでしたが、長い人生で失敗がないはずはありませんよ。