名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古屋圭司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋圭司のプロフィール

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

古屋圭司の名言 一覧

ポピュリズムが蔓延しているといわれるが、私はそうは思わない。メディアが多様化し、読者・視聴者にはそれを受け取る力、良し悪しを峻別する力が身についていると思うからだ。


もうネット戦略抜きに有権者に近づくことは無理だ。自民党もネット戦略には非常に力を入れている。ネットの読者がどういうテーマを欲しがっているか。どういうものの場合に、どんな形で拡散していったかを調べ、この分野の専門家も使って次々対策を打っている。


古屋圭司の経歴・略歴

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林一三

儲かる事業ではなく、大衆の喜ぶ事業を。


斎藤英明(経営者)

私がコンサルタントから実業の世界に戻って、一番変節したのは「マーケット・イン」より「プロダクト・アウト」を重視するようになったことかもしれません。マーケット・インは成長している時代の戦い方です。独自性を発揮し、新市場を創造するには、「こんなことができるようになったから世に出してみたい」「こういうモノが生まれたから使ってほしい」という姿勢が大事。「お客様は神様」の発想とは逆で、我が道を行くプロダクト・アウトが必要です。


金究武正

当社が狙ったのは、新潟出身で東京の大学にいって、向こうの企業で3~5年働いてきた即戦力。特に長男は結婚したら故郷に帰ってくる人も多いですから、そういう経験者を狙いました。彼らは自分たちの経験、あるいは技術が生かされ評価してくれる会社で働きたいものです。幸い、当社は最先端の技術を開発する開発センターを設立しましたから、彼らのプライドを上手くくすぐるわけですね。


矢野博丈

運命の女神は、不運も人生の修行と思って努力を続ける人に、ちょっとだけ味方してくれるのではないだろうか。私はそう思っている。


沢村一樹

数年前、役者の仕事がつまらなくなってしまったことがあります。「一番やりたかった仕事なのに、なんでつまらないんだろう?」。そう考えたときに、沢村一樹というのをカッコつけて演じている自分に気づいたんです。「インタビューでも絶対にセーフのことしか言わない自分はなんてつまらないんだ。クビになってもいいから、自分が楽しいと思うことを楽しいと言おう」。そう思い直してやったのがエロスの封印を解くことでした。意識的にやったというよりは隠し切れなくなったという方が正確ですが(笑)。


立石義雄

全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。社名の由来となった京都・御室(おむろ)の仁和(にんな)寺の近くから、京都駅前、つまり表舞台に本社を移しました。また、立石電機からオムロンに変えることによって、社員から見れば「創業家の会社から自分たちの会社になった」わけです。いずれも創業者(立石一真)が健在なうちに実行できて、本当に良かったと思います。


坂之上洋子

依頼された仕事で私よりも最適な人材がいると思えば、正直にそう伝え、その仕事を譲ります。短期間では私は損をするかもしれませんが、大切なのは、それによって最良の結果が生まれるということです。そういうことを真摯に続けていくことで、まわりと深い信頼関係をつくることができるのではないかと思います。


渡辺謙

超一流の仕事といえるのは、つまるところ、自分の仕事や人生にどこまできちんと向き合えたかじゃないでしょうか。


松岡浩(経営者)

改善は苦しい、だが、その実は甘い。


安倍晋三

政権がスタートした時は、野球で言えばノーアウト満塁でマウンドに立ったようなものでした。こういう時は奇をてらってはダメ。自分を信じて思い切り腕を振ってど真ん中に投げるしかない。その思いで「大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略」からなる「三本の矢」の政策を放っていきました。


大宮久

弊社の創業は天保13年(1842年)。その間の歴史をひも解けば、まさに山あり谷あり、常に緊張感と背中合わせだった。


マザー・テレサ

貧しい人々の物質的な貧しさだけでなく、その精神的な傷口にも私たちは手当てをしてあげねばなりません。私たちが彼らとひとつに結ばれて、その悲しみを心から分かち合うときにのみ、彼らの生活に神をもたらし、また彼らも神に近づいて癒されるのです。