古屋圭司の名言

古屋圭司のプロフィール

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

古屋圭司の名言 一覧

ポピュリズムが蔓延しているといわれるが、私はそうは思わない。メディアが多様化し、読者・視聴者にはそれを受け取る力、良し悪しを峻別する力が身についていると思うからだ。


もうネット戦略抜きに有権者に近づくことは無理だ。自民党もネット戦略には非常に力を入れている。ネットの読者がどういうテーマを欲しがっているか。どういうものの場合に、どんな形で拡散していったかを調べ、この分野の専門家も使って次々対策を打っている。


古屋圭司の経歴・略歴

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ポール・シーリィ

まずは一歩だけと考えれば、ゆとりを持って、柔軟に問題に取りかかることができる。


築山節

忘れてはいけないのは、ずっと頭を使い続けることはできないということです。人間の脳が冴えている時間には限りがあって、どんなに優秀な人でも、ずっと考えていればバカになります(笑)。つまり、寝ないで仕事をしたら頭は冴えないということ。365日、脳をちゃんと働かせようと思うなら、一晩徹夜して多少仕事を進めても意味がない。きちんと寝て、規則正しく起きることが大切です。


中田敦彦

自分の能力の生かし方がわかっていないとか、そもそもそれが特別な能力と気づいていない人もいる。僕は、周りの人の力を見抜いて、その力を発揮するために必要な言葉をかけることは得意です。ですから、できる人たちを見つけたら、自分のやりたいことの方向性と相手にとってのメリットを伝える。そして、彼らに適材適所の役割をお願いして、「したい」役の自分が引っ張っていけば、最高のチームになっていくのです。


嶋津良智

私の場合、緊急の場合を除き、朝の9~10時、昼の1~2時、夕方の5~6時の1日3回しか報連相を受けないと決めています。私からの指示や連絡もこの時間内で行ないます。それ以外の時間は、私も部下も自分の仕事に集中することで、仕事の効率を上げるようにしています。


柳澤大輔

カヤックでは、ブレインストーミングでたくさんのアイデアを出すことを奨励しています。しかし、出てきたアイデアのうち、実際に使えるものは2つか3つぐらいしかないことがほとんどです。そういう意味では、ブレストはムダな時間といえるでしょう。とはいえ、ブレストは仕事を面白がる体質になるための必須トレーニングだと考えています。


フラナガン裕美子

上司の指示を、その言葉どおりに受け止めると、できないこともあります。しかし、「本当は何を求めているのか」を理解すれば、言葉どおりのことはできなくても、それに代わる提案をして、上司に喜んでもらうことができます。


佐久間英彰

私は仕事に没頭するタイプで、以前はプライベートの予定は平気で遅刻やドタキャンをしていました。ですが、今では時間軸で可視化したことで、「19時半に友人と約束があるなら、19時には会社を出て電車に乗らないと」と逆算するようになりました。こうして予定を24時間軸で一元管理するようになった結果、一つひとつの作業への集中度も上がり、仕事の効率は格段にアップしたと実感しています。


小林弘幸

健康だけではなく、自律神経が整っていてこそ、持っている力を発揮できる。


松岡修造

一般的には受験でも就職でも、良い条件の学校や会社を選ぶことに越したことはないでしょう。けれど、「自分は何をしたいのか。そのために必要な環境は何か」を考えず、「有名校だから」「大企業だから」と、聞こえのいい条件だけで選んでしまうと、後悔してしまうこともあります。


中村獅童(二代目)

仕事では、どんなに仲がいい同僚でも、きちんと線引きをして、緊張感を保った方がいい。そうすれば、相手との関係が馴れ合いにならず、いい意味でお互い刺激し合えるから、仕事の内容も良くなると思う。


西岡喬

日本の製造業も本当に厳しい状況に直面しています。ただし、製造業としては常に技術的な優位性を保っておけば、どんな環境でも世界競争を勝ち抜けるものです。いまこそ、こうした信念が大切です。会社の基本姿勢が揺らげば、会社は駄目になってしまいます。


松本恭攝

「確かに面白いけれど、どうやって使うんだろう?」というアイデアを出すより、みんなが普通に使っているサービスの不便に着目し、そこを変えていく。そういうサービスの作り方をしてきたし、これからもしていきたい。


熊谷眞一

私は昔から読書好きで、書物から多くの知恵を得ました。対立する意見を持つ著者の本を読み比べて、双方の理論を突き合わせて、自分なりの補助線を引くという作業をよくやりました。


鈴木博之(経営者)

ベンチャーが求めるものといえば資金や販路が中心になると思われがちですが、精神的なサポートを必要としている起業家が想定よりも多いことにも気付きました。そこで、グランフロントの「大阪イノベーションハブ」と連携し、2か月に1回のメンタリングを実施しています。


永持孝之進

教育無用論とは言いません。ただ経営者が本当にいい会社を作るためにやるべきことは、向上心を持って、放っておいても勉強する人が何人も出てくる社内雰囲気づくりです。


ページの先頭へ