古屋圭司の名言

古屋圭司のプロフィール

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。

古屋圭司の名言 一覧

1 / 11

ポピュリズムが蔓延しているといわれるが、私はそうは思わない。メディアが多様化し、読者・視聴者にはそれを受け取る力、良し悪しを峻別する力が身についていると思うからだ。

古屋圭司の名言|読者・視聴者にはそれを受け取る力、良し悪しを峻別する力が身についていると思う


もうネット戦略抜きに有権者に近づくことは無理だ。自民党もネット戦略には非常に力を入れている。ネットの読者がどういうテーマを欲しがっているか。どういうものの場合に、どんな形で拡散していったかを調べ、この分野の専門家も使って次々対策を打っている。

古屋圭司の名言|ネット戦略抜きに有権者に近づくことは無理


古屋圭司の経歴・略歴

古屋圭司、ふるや・けいじ。日本の政治家。成蹊大学経済学部経済学科卒業後、大正海上火災保険勤務、政治家秘書を経て衆議院議員選挙に当選。経済産業副大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、自由民主党選挙対策委員長などを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ