名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古屋兎丸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋兎丸のプロフィール

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

古屋兎丸の名言 一覧

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。


「自分にないもの」に対するコンプレックスは常にある。もっと上手くなりたいなと思います。


何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。


だいたいは苦しいんですよ。だいたいは面倒くさいし、「これやりたくないな」というページばっかりなんですよ。でもやっぱり、読んでくれている人がいるから頑張ろうって思います。


自分の上手さに自信がないというか、自分の絵に自信がないから、いろんなことをやってみることによっていい絵が出来るんじゃないかって、「もがき苦しんでいる」と言った方がいいのかもしれないですね。


僕はあんまり、アングラなものを描こうとか、そういう意識がそんなにはないんですよ。僕、あんまり血の出る映画とか観ないんですよ。でも、そこまで描かないと伝わらないものもあるなと思うんです。この作品の表現にとって、何が一番いいのかと考えるのが一番。


「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


(漫画を描くということは)「発見の集積」なので、僕が漫画を描くのを休めないのはそこが一番大きい。たぶん半年休んだら、その集積の何割かを忘れちゃうだろうなと思うんですよ。だから休めない。


古屋兎丸の経歴・略歴

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

限界を感じず、このまま行けると思った瞬間に、本当に見えていない限界、見えない危機が私の後ろに近づいているのかもしれない。


村尾隆介

私は友人たちと「アゲアゲ会」なるものを結成しています。食事をする間、ひたすら相手のいいところを褒めあうだけなのですが、観察力が磨かれるうえ、モチベーションアップにも役立ちます。


木暮太一

論理的な文章を書きさえすればわかりやすくなる、というのは大間違いです。論理的な文章とは、言ってみれば、飛び石が一直線につながっている文章です。飛び石を順番に飛んでいけば、結論にはたどり着く。でも、どのくらいの間隔で石を並べると飛びやすいかは、人によって異なります。わかりやすい文章とは、読み手が飛びやすい間隔で石を並べてある文章のことです。


ジャック・マー(馬雲)

私は、ビジネスは楽しくて、笑顔をもたらすものでなければならないと思っています。すべての人に楽しく、笑顔で仕事をしてほしいと願っています。


朝倉千恵子

当たり前のことを当たり前のできて、なおかつお客様が望む最大のものを提供するために絶えず努力していくことが、付加価値につながります。「何を売っているか」だけでなく、「誰が売っているか」によって結果が違います。商品の価値を上げたり下げたりするのは、結局は「人」なのです。


松下幸之助

「あの人は自分のことをわかってくれない」とか、「せっかくいい提案をしているのに、うちの上司は無理解だ」と思うようなことがあれば、一度とらわれず、人を見て法を説いているかどうか、静かに考えてみることも大切だと思います。


福永雅文

輝ける未来のビジョンを描いてみせ、それを経営者から現場の社員、投資家にまで信じさせてしまう。それさえできれば、一気に形勢を逆転することが可能なのです。


松浦弥太郎

自由への覚悟を持てば、他人と違ったって、ちっとも悪くない。堂々と胸を張って生きていける。


高田明(ジャパネットたかた)

私はこの会社を百年続く企業にしたい。そのためには、限界に囚われてはならない。


松井忠三

業務が複雑化している以上、一部門だけで解決できる事柄はほとんど無いと言っていいでしょう。3~4つの部門が協力しなければ上手くいかない業務が多い中、会社の中に部分最適が生まれるのが一番良くありません。


増井俊介

自分の理想の人物像に少しでも早くたどり着けるよう日々を過ごす、この事は常に意識しています。


中野信子

男性と女性の脳とでは脳梁と呼ばれる部分に違いがあります。(相談に対し)男性が「結論」を出そうとするのに対し、女性は「共感」を求める構造になっているのです。共感し、寄り添ってあげるだけでいいのです。