名言DB

9490 人 / 112001 名言

古屋兎丸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋兎丸のプロフィール

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

古屋兎丸の名言 一覧

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。


「自分にないもの」に対するコンプレックスは常にある。もっと上手くなりたいなと思います。


何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。


だいたいは苦しいんですよ。だいたいは面倒くさいし、「これやりたくないな」というページばっかりなんですよ。でもやっぱり、読んでくれている人がいるから頑張ろうって思います。


自分の上手さに自信がないというか、自分の絵に自信がないから、いろんなことをやってみることによっていい絵が出来るんじゃないかって、「もがき苦しんでいる」と言った方がいいのかもしれないですね。


僕はあんまり、アングラなものを描こうとか、そういう意識がそんなにはないんですよ。僕、あんまり血の出る映画とか観ないんですよ。でも、そこまで描かないと伝わらないものもあるなと思うんです。この作品の表現にとって、何が一番いいのかと考えるのが一番。


「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


(漫画を描くということは)「発見の集積」なので、僕が漫画を描くのを休めないのはそこが一番大きい。たぶん半年休んだら、その集積の何割かを忘れちゃうだろうなと思うんですよ。だから休めない。


古屋兎丸の経歴・略歴

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

他の記事も読んでみる

コロッケ(ものまね芸人)

32歳の時、僕は自分にとって、とても大切な番組だった「ものまね王座決定戦」を降板することにしました。理由は大小様々ですが、一番はテレビを見てくれる人が心底喜んでくれるものを作りたいという想い。そこが食い違い、降板という選択になりました。同時期にお世話になっていた芸能事務所から独立したこともあって、それから2年は本当に厳しい時期でした。真っ黒だったスケジュール帳はあっという間に真っ白に。僕は20歳で「お笑いスター誕生」に出るチャンスを得て、順調な20代を過ごしていただけに「世の中、簡単に変わってしまうものなんだな」と。けれども、自分が決めて動いたことで、こんなにも大きな責任がついて回るのかと実感できたのは収穫でした。


井上礼之

他人のフィルターを通さず、自分の目で現場を見て情報を集めれば、自然と直観力は磨かれていきます。


藤田耕司(経営コンサルタント)

事業承継を困難にしている公欲の部分では、「社長を任せられるほどの人材がいない」という考えから決断できなくなる。無理やりにでも自分が辞めてしまうと会社が駄目になってしまう、大事にしてもらってきた顧客に迷惑が掛かってしまうと。その結果、「辞めたいけど、辞められない」「自分は辞めちゃいけないんだ」という気持ちになってしまう。


イーロン・マスク

私は技術者なので基本的にはテクノロジー支持者だが、いいことばかりではないことも理解している。ただ、技術は進化したほうがいい。化石記録を見ると、過去に隕石の直撃とか巨大火山噴火や長期にわたる氷河期など自然災害によって、生物の大量絶滅があったことがわかる。つまり、何かしらの技術が開発されないかぎり、人類は天災によって滅びてしまう可能性がある。それだけではなく、技術の進化があったほうが、未来はよりエキサイティングだ。


槍田松瑩

会社の中でミドルは、現場の最前線を統率しつつ次代を支えていく若い人たちを指導・育成する非常に重い役割を担っています。それだけに、次世代を支えていく人たちをよく指導・育成しているかどうか、会社として強い関心を持って目配りしています。


横澤夏子

番組では、とんねるずさんをはじめ、みなさんのお世話になりましたが、審査員の関根勤さんが「すごいねぇ!」「面白い!」と、特にほめちぎってくださって。大きな勇気と自信になりました。関根さんは、その後もお会いするたびに「いいねえ」「お肌もキレイになってきたねえ」と、ほめてくださって。ありがたすぎます。


俣野成敏

どうしてもやる気が出ないときは、環境を変えるのが一番いい方法だと思います。例えば、自分のデスクにいて、いまいち調子が出ないなと思ったら、私は社内を歩き回って、最近話していなかった同期や先輩の席に行き、声をかけていました。「いるかな、いなかったらまあいいや」というノリで行き、もし相手が席にいて、余裕がありそうだったら、「どうも。最近はどんな仕事を担当しているのですか」などと声をかけるのです。


安田隆夫

多くの経験をしたからこそ、今の成長につながった。


鉢須祐子

フリーランサーはすべての出会いが一期一会みたいなものですが、SNSのおかげでコミュニケーションの初期段階を省けることで、仕事が格段にやりやすくなる。


今川聖

手元にメモを用意して何か思いつくとすぐに書き留めるのは長年の習慣です。以前は手書きのメモパッドを使っていましたが、2年前からすべてスマートフォンでメモを取るようになりました。とくに寝る前、落ち着いてものごとを考えられることから、様々なアイデアが思い浮かびます。忘れないようにスマホを使って自分宛にメールします。


筒井道隆

僕とかかわった人が一緒にできてよかったと思ってくれて、なおかついい作品ができたら最高です。なかなかそうはいかない。でもそれができればハッピーですよね。だからそれが可能な自分なりの方法を模索していきたいですね。


吉田忠裕

創業者の精神である「善の巡環」は、これからも不変です。特に海外でのビジネスでは理念が重要です。国や文化、価値観が異なる中で当社がどんな考えの会社なのかという話になると、やはり思想が大事になります。