名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古屋兎丸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋兎丸のプロフィール

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

古屋兎丸の名言 一覧

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。


「自分にないもの」に対するコンプレックスは常にある。もっと上手くなりたいなと思います。


何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。


だいたいは苦しいんですよ。だいたいは面倒くさいし、「これやりたくないな」というページばっかりなんですよ。でもやっぱり、読んでくれている人がいるから頑張ろうって思います。


自分の上手さに自信がないというか、自分の絵に自信がないから、いろんなことをやってみることによっていい絵が出来るんじゃないかって、「もがき苦しんでいる」と言った方がいいのかもしれないですね。


僕はあんまり、アングラなものを描こうとか、そういう意識がそんなにはないんですよ。僕、あんまり血の出る映画とか観ないんですよ。でも、そこまで描かないと伝わらないものもあるなと思うんです。この作品の表現にとって、何が一番いいのかと考えるのが一番。


「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


(漫画を描くということは)「発見の集積」なので、僕が漫画を描くのを休めないのはそこが一番大きい。たぶん半年休んだら、その集積の何割かを忘れちゃうだろうなと思うんですよ。だから休めない。


古屋兎丸の経歴・略歴

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

他の記事も読んでみる

能町光香

ビジネスパートナーとしていい人間関係を築き、お互いに最高の結果を出すために、相手のことを知り、自分のことを知ってもらうには、一緒に食事をするのが一番です。


城繁幸

マニュアル化できないアナログの蓄積が必要な仕事は得てして面倒なものだし、すぐに成果に結びつくわけでもないので、普通は誰もやりたがりません。しかし、だからこそ積極的に手を挙げる価値があります。そういう意味でも、ぜひ自分から難しい仕事にチャレンジすべきです。


桐山一憲

スキンケア商品や消臭剤などは、他社との合併も含め、多様性の中で生まれた商品ばかりです。ダイバーシティ(人材の多様性)がなければP&Gは紙と洗剤だけの会社でした。


ガルブレイス

自分の心を変えるか、その必要がないことを証明するか、という二つの選択肢に直面すると、ほとんど全員がその証拠を得ようと躍起になる。


菅野敬一

若い世代に技術を伝えるのが自分の最後の役目です。若い職人に、「自分が信じたことなら、失敗を恐れず一度はチャレンジしろ」と言っています。


樋口武男

人口減少が進む日本では今後、住宅事業だけではやっていけません。現在、戸建て住宅の売上高比率は12%弱で、マンションなどすべての住宅事業を合わせると約48%になります。残りの50%強は、新しい事業を拡大してきた結果です。だからこそ、今日の姿がある。これも、社員のやる気の賜物です。


熊谷正寿

人は自分を制約しておかないと、なんとなく新聞を読んだりニュースを見たりして、ぼんやり時間を過ごしてしまいます。それが普通の行為なのでしょうが、普通のことをしていたら普通の人になってしまいます。それでは絶対にいけない。情報収集の前に頭の整理をするのは、普通にならないように自分を律しているというのが正直なところです。


笠井信輔

私が、小倉(智昭)さんに「わざと」反発する。これが番組(とくダネ!)を盛り上げ、高視聴率の要因ともなっています。小倉さんがズバッと言うのが好きな人と同じくらい、小倉さんに文句を言いたい人がいるからです。小倉さん賛成派と反対派の両方の心をつかむことで、こうして18年間も番組は好調に続いてきたのだと思います。


小島順彦

当社では入社8年目までに必ず海外駐在を経験させています。若い時期に異国で刺激を受け、自分を見つめなおす時間をつくる。これが考える土壌づくりに重要だと考えています。これからの日本を背負っていく若い世代。その力を引き出していくのも、私たち世代の役割だと自負しています。


中山七里(小説家)

一気読みしてもらうためのテクニックがまたわかったんです。そのカギは、人間が集中できる時間の計算、そして「緊張と弛緩」かな。


村上太一

不便や問題の解決がビジネスになる。街を歩いている最中、基本的にはキョロキョロしています。日常的に不便や問題を探すのを習慣にしています。


泉谷直木

ミッション(使命)を明確に与えないまま「おまえ、何とかしてこい」と全部個人任せにしてはいけません。