古屋兎丸の名言

古屋兎丸のプロフィール

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

古屋兎丸の名言 一覧

「表情を描くってどういうことなんだろう」って、いまだに悩んでます。


「自分にないもの」に対するコンプレックスは常にある。もっと上手くなりたいなと思います。


何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。


だいたいは苦しいんですよ。だいたいは面倒くさいし、「これやりたくないな」というページばっかりなんですよ。でもやっぱり、読んでくれている人がいるから頑張ろうって思います。


自分の上手さに自信がないというか、自分の絵に自信がないから、いろんなことをやってみることによっていい絵が出来るんじゃないかって、「もがき苦しんでいる」と言った方がいいのかもしれないですね。


僕はあんまり、アングラなものを描こうとか、そういう意識がそんなにはないんですよ。僕、あんまり血の出る映画とか観ないんですよ。でも、そこまで描かないと伝わらないものもあるなと思うんです。この作品の表現にとって、何が一番いいのかと考えるのが一番。


「風のそよぎ」とか「シワの変化」とか微妙な動きを出したい。そこに読んでいる人が気づいて、余韻を深めてくれたらいいな。「さわっ」って感じを出したい。


ギャラが出る出ないとか全然関係なく、もう載っているだけでうれしくて。それより以前は、自分でお金を出して展覧会場を借りて、自分でダイレクトメールを刷って、それに比べたらタダで発表できているということのありがたさ。タダな上に、何千人、何万人という人が読んでくれているという、その感動というのはすごくありました。
【覚え書き|デビュー作がノーギャラだったことを振り返っての発言】


(漫画を描くということは)「発見の集積」なので、僕が漫画を描くのを休めないのはそこが一番大きい。たぶん半年休んだら、その集積の何割かを忘れちゃうだろうなと思うんですよ。だから休めない。


古屋兎丸の経歴・略歴

古屋兎丸、ふるや・うさまる。日本の漫画家。東京出身。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。アーティストとして様々な芸術活動を行ったのち漫画家に転身。月刊漫画雑誌『ガロ』でデビュー。

他の記事も読んでみる

神津里季生

仕事の内容を見直せば、多くの無駄があることが分かる。資料づくりに必要以上に時間をかけたり、会議のための会議などはその典型。これを変えるだけで労働時間は短くなるはず。


湯澤剛

永遠に思われた地獄に期限を設け、最悪の事態は自分の妄想よりマシだと客観視する。こうして、私は無力感と決別し、運命と闘えるようになった。


ジミー・コナーズ

1試合の間ずっと集中力を持続させるには、適度にリラックスすることが必要だと思う。
【覚書き|コナーズ選手は試合中のプレーとプレーの間のほんの十数秒の時間に集中を解き、観客席の家族を探したり、周りを観察したりなどして頭を休めた。そしてまた集中し試合に臨んだ】


荒蒔康一郎

私が採った原点回帰(「お客様本位」「品質本位」)という社員の意識改革や、企業の風土改革というやり方は、ドラスチックな構造改革に比べれば即効性はない。仮に社員の意識改革ができたとしても、すぐにヒット商品につながるものではない。幸い、のどごし<生>のヒットで、私の採ってきた戦略は間違っていなかったことが証明された。会社に活気が出て、元気な社員が増えてきているのは本当に心強い。


アルボムッレ・スマナサーラ

集中できないときに能率や効率を気にしてはいけません。そんなことを考えた瞬間に心は喜ばず、充実感が遠のきます。


佐々木正

多様性のある場があれば、そこで異質の才能がぶつかり合う「共創」によるイノベーションを起こすことができる。


鈴木みゆき(経営者)

年齢に関係なく好奇心旺盛な人が伸び続けるのだと思います。新しいチャレンジに立ち向かって、それを生きがいに感じることができれば、常に若さを保つことができると思います。


楠木建

ポジショニングにせよ、ブルーオーシャンにせよ、ホワイトスペースにせよ、あらゆる戦略論の考え方は「違いのつくり方についての論理」を提供しています。


鳥越淳司

ホットパックの採用で、同価格帯での食べ比べでは負け知らずでした。しかし残念ながら味だけでは、スーパーのバイヤーさんの最終的な決め手にはならない。だから第3工場を「見せる工場」にしようと考えました。
【覚書き|ロボットによってオートメーション化された巨大な豆腐工場の建設をしたときを振り返っての発言】


酒井貞彦

妻と二人の幼子を抱えながら、勤めていた会社を辞め、独立するという無謀な決断。もう一度、同じ決断ができるかと言われれば、はなはだ疑問です。ところが、あの時期にはできたんです。高度成長という時代の背景もあったし、私もまだ30代前半と若かった。そして、私には二人の仲間がいた。


土岐大介

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


久保利英明

上手くいくことが勝つとは限りません。ですから、勝ったり負けたりでいいんですね。双方折り合える落としどころへきちんともっていけるだけの余裕がある人が「交渉上手」なんです。


泉谷しげる

プライド潰されて、失敗を経験した役者・泉谷しげるが獲得したのは、「預ける力」ですね。もうオレのやり方はこうだ、とかゴネない。自分自身は白いキャンバスになって、演出する人に好きな絵を描いてもらう。つまり、相手にお任せ、預けてしまうわけ。これができるようになって気持ちがラクになったし、出演依頼も増えたよね。


スウィフト

不平は天から授けられた最大の贈り物である。


阿部祐二

ちょっとだけ早起きすることはお勧めします。15分早く起きるだけで、予想以上にたくさんのことができます。


ページの先頭へ