名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古屋一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋一樹のプロフィール

古屋一樹、ふるや・かずき。日本の経営者。「セブン-イレブン・ジャパン」社長。東京都出身。明治学院大学商学部卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

古屋一樹の名言 一覧

「今日一日を大切に生きる」。何事もこれに尽きるのではないでしょうか。日々の仕事をしていれば反省することは山のようにありますが、昨日を悔やんでも仕方ないし、明日一日を憂いても意味がない。今日一日をきちんとやることが明日につながるのだと思います。


小売業の基本的・普遍的な要素は「立地」「商品」「サービス」の掛け算で決まる。新しい商品やサービスを生み出し、現場力を上げ、魅力ある売り場を提案していけば、お客様はついてきてくれる。


私の直轄であらゆる先進技術をテストする部署を作った。具体的には自動レジや電子タグの実験を行っていく。これらを早期に実用化していきたい。


「セブンはほかのコンビニとは違う」と感じてもらうためには商品が大事。


コンビニは飽和やオーバーストアだとよく言われるが、高齢化一つとってもコンビニには追い風。高齢者が増えれば、「近くて便利」という特徴が更に生きる。距離的に近いだけでなく、心理的にも皆様の生活に近い、便利なお店をつくっていく。


私は学生時代、アメリカンフットボールをずっとやっていたこともあり、戦略とチームプレーを大切にしてきました。今後も今日一日を大切にしながら、チーム一丸となって頑張っていきたい。


セブン-イレブンは全国で約1万9500店舗を運営しています。これも日々の積み重ねでお客様の生活スタイルの変化に対応し、お客様のご不便の解消につとめてきた結果だと思いますし、今後も変化対応業を標榜するセブン-イレブンが果たすべき役割は大きいと自負しております。


コンビニエンスストア・ビジネスは加盟店ビジネスそのものです。我々は加盟店のオーナーさんから信頼される本部でありたいし、オーナーさんと一緒になってセブン-イレブンを盛り上げていきたい。


何事もお客様視点で考えるDNAは変えてはいけない。一方で、今までは何でも鈴木(敏文)さんのジャッジで決まることが多く、了解をもらうのに時間がかかっていた。経営のスピード感は数倍高まったと感じる。


24時間営業を見直すつもりはいっさいない。夜11時から朝7時の売り上げや人件費を考えれば、閉めたほうがいいというのは誰もが持つ発想だ。だが、そんな単純な話ではない。セブンの場合、朝昼晩とピークの時間帯が3つある。仮に深夜帯に閉めてしまうと、朝と夜の売り上げが激減してしまう。朝7時に来ても、商品が棚に十分並んでいない。夜11時に店に行くと、閉店前なので品数が減っている。その結果、販売の機会ロスが起きる。おそらく店の売上高は3割ぐらい減るだろう。いつでもセブンが開いているというのが、お客様の安心感につながる。


古屋一樹の経歴・略歴

古屋一樹、ふるや・かずき。日本の経営者。「セブン-イレブン・ジャパン」社長。東京都出身。明治学院大学商学部卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

村井満

選手だけではなく、クラブの経営者がプロになる必要がある。


岡松壮三郎

これからの時代は、変化に対する感度や感受性をどれだけ持っているかが勝負の分かれ目になると思います。感度や感受性をどうやって養うかというと、多様な価値観があるということを体験的に知ることです。もっとも、体験するといっても、様々な職業に就くわけにはいきません。そこでいろいろな人との出会いが重要になるのです。月一回政治評論家の朝食会に出席して政治の流れもフォローするようにしています。


芦田昭充

海運業は1980年代半ばに、見捨てられた産業とまでいわれたわけですが、その時期に学んだのは、業界全体が横並びで同じことをやっていてはダメだということです。


アンドリュー・カニンガム

海軍が一隻の軍艦を造るには3年かかる。しかし、新しい伝統を築くには300年かかるだろう。


樋口建介

我々は大学で利益を出そうとは思っていません。福祉・医療の観点で大学経営に入りましたから、患者や利用者の立場で運営ができるんです。だからこそ、学生目線の大学運営ができるんです。


安永竜夫

資料は頭の中を整理して転写しただけのものであって、大事なのは頭の中です。だから転写作業に時間をかけてもらっては困る。


石渡美奈

世の中、部下と本気で向き合える上司は少ないと思う。しかし、向き合わなければ、同じベクトルに向かって部下や組織をマネジメントすることはできない。部下ときちんと向き合うためには、自分自身と向き合うことも必要だ。先輩社員はもちろん、私自身、社員とどう向き合うかを考え、会社や社員のために何をすべきかと、自問自答し続けた。


本田圭佑

意識していたのは犠牲心。一歩でもこのチームで前に進みたいと。好きでこの船に乗っているので、沈没するわけにはいかないという一心で、ピッチもベンチも、全員を見ていました。


トーマス・カーライル

争いの場合、怒りを感ずるやいなや、我々は真理のためではなく怒りのために争う。


赤塚保正

BSEを乗り切れたのは、「ピンチをチャンスに」を合言葉にこの危機をいかに好機と捉えるかを考えたからです。そして牛肉依存から脱却すべく、お総菜事業にシフトしました。


石井宏宗

優秀な管理者を育成するために、OJTによる実践教育だけでなく管理者養成のための社内大学を設立して、定期的な理論教育を継続して行っています。


小野田寛郎(小野田少尉)

どうか悩むことなしに、自分にはやれるはずだと思って生きてください。生きていくのには苦労はつきもの、それが当たり前という前提に立てば苦しくない。