名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古屋一樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古屋一樹のプロフィール

古屋一樹、ふるや・かずき。日本の経営者。「セブン-イレブン・ジャパン」社長。東京都出身。明治学院大学商学部卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

古屋一樹の名言 一覧

「今日一日を大切に生きる」。何事もこれに尽きるのではないでしょうか。日々の仕事をしていれば反省することは山のようにありますが、昨日を悔やんでも仕方ないし、明日一日を憂いても意味がない。今日一日をきちんとやることが明日につながるのだと思います。


小売業の基本的・普遍的な要素は「立地」「商品」「サービス」の掛け算で決まる。新しい商品やサービスを生み出し、現場力を上げ、魅力ある売り場を提案していけば、お客様はついてきてくれる。


私の直轄であらゆる先進技術をテストする部署を作った。具体的には自動レジや電子タグの実験を行っていく。これらを早期に実用化していきたい。


「セブンはほかのコンビニとは違う」と感じてもらうためには商品が大事。


コンビニは飽和やオーバーストアだとよく言われるが、高齢化一つとってもコンビニには追い風。高齢者が増えれば、「近くて便利」という特徴が更に生きる。距離的に近いだけでなく、心理的にも皆様の生活に近い、便利なお店をつくっていく。


私は学生時代、アメリカンフットボールをずっとやっていたこともあり、戦略とチームプレーを大切にしてきました。今後も今日一日を大切にしながら、チーム一丸となって頑張っていきたい。


セブン-イレブンは全国で約1万9500店舗を運営しています。これも日々の積み重ねでお客様の生活スタイルの変化に対応し、お客様のご不便の解消につとめてきた結果だと思いますし、今後も変化対応業を標榜するセブン-イレブンが果たすべき役割は大きいと自負しております。


コンビニエンスストア・ビジネスは加盟店ビジネスそのものです。我々は加盟店のオーナーさんから信頼される本部でありたいし、オーナーさんと一緒になってセブン-イレブンを盛り上げていきたい。


何事もお客様視点で考えるDNAは変えてはいけない。一方で、今までは何でも鈴木(敏文)さんのジャッジで決まることが多く、了解をもらうのに時間がかかっていた。経営のスピード感は数倍高まったと感じる。


24時間営業を見直すつもりはいっさいない。夜11時から朝7時の売り上げや人件費を考えれば、閉めたほうがいいというのは誰もが持つ発想だ。だが、そんな単純な話ではない。セブンの場合、朝昼晩とピークの時間帯が3つある。仮に深夜帯に閉めてしまうと、朝と夜の売り上げが激減してしまう。朝7時に来ても、商品が棚に十分並んでいない。夜11時に店に行くと、閉店前なので品数が減っている。その結果、販売の機会ロスが起きる。おそらく店の売上高は3割ぐらい減るだろう。いつでもセブンが開いているというのが、お客様の安心感につながる。


古屋一樹の経歴・略歴

古屋一樹、ふるや・かずき。日本の経営者。「セブン-イレブン・ジャパン」社長。東京都出身。明治学院大学商学部卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中畑清

「内に秘めた闘志」もカッコいいですが、「男は黙って」では周りからするとちょっとわかりづらいものです。もっとシンプルにオープンに生きた方がいい。


武永修一

夜無理して仕事するよりも、朝ごはんを食べてコーヒーを飲みながらやったほうがはるかに効率がいいし気持ちいい。先手必勝の気分を味わえますよ。


田村潤

過去に目を向けて会議を進めると、すぐに評論家的な分析と、責任逃れの言い訳合戦が始まります。しかし、やるべきことは「今」と「未来」にある。だから、数字が悪くても過去の話は一切させませんでした。「今」どうするか、「今後」どうするか、の議論だけとした。すると時間も短縮され、参加者も皆、未来志向、前向き思考になるんですよ。


田村次朗

経営者と労働者側は、言うまでもなく立場が違う。それゆえ、賃金交渉は必然的に紛糾するものと労使双方が思い込んでいる。しかし、立場をいったん離れて互いの利益に着目してみると、実は労使は意外に多くの利害を共有していることがわかる。そこから、問題解決の糸口が見つかる場合が多い。


盛田正明

唯一言えることは、海外に住む経験が必ずプラスになるということです。つらい目にも遭いながらも、その環境を楽しめるようになって初めて、世界の舞台で100%実力を発揮できる。しかし、日本に閉じこもっていてはその経験はできません。


篠原菊紀

前頭前野の働きを見る各種テストでは、高齢になるほど同年齢の正答率のばらつきが大きくなる。これは普段の生活や仕事の中で、あまり使わない機能は低下し、よく使う機能は向上していくことを示している。普段頭を使っている人とそうでない人との差は、年齢とともに拡大していく。


今田洋輔

結局、お客さんに満たされた気持ちで帰って頂けてるのかどうか。そこに興味が持てないといけないし、もう一度お店に来て頂くためにも必要なことですから。職人は、寿司にまつわる技術と一緒に、人と人との関係づくりの能力も高めていかないといけない。


小日向文世

僕はもし現場で疑問がでてきたら、自分が納得するまで確認します。演出プランも監督や共演者の考えがあるから、まず「なぜそうしたいのか」の理由を聞いてみます。僕はその演出に対してこう思うとか、こうしたいと話し合いますね。納得すれば、その案に従います。とにかく自分の中に疑問を抱いたままで仕事はやりません。何か違うんじゃないかなと思っていると、演技にも迷いが出ちゃうから。


安田知代

共同代表制の場合、一人ひとりが、「代表」という肩書き通り、「自分も会社の代表として仕事・経営に携わっているし、それだけの責任もある」という意識が持てます。そうなると、自分自身だけのことではなく、より幅広く、そして、より深く考えて行動できるようになると思います。また、誰か一人に大きな負担がかかるようなこともなく、それが理想的な組織と言えるのではないでしょうか。


高島宏平(髙島宏平)

まだまだお役に立てることはあるのに、と不甲斐なく思うことはあっても、何かを成し遂げたという感覚はまったありません。むしろ、さらにチャレンジできる幸せを強く感じています。


佐々木典士

ミニマルな仕事環境を作ったことで、働き方はシンプルで合理的になりました。同じ時間働いても、その密度は以前よりずっと濃く、なおかつ自分のペースで無理なく働けるようになったのです。


櫻井英明

努力の跡だけ市場が見えてくるのが株式市場。