名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古出眞敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古出眞敏のプロフィール

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

古出眞敏の名言 一覧

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


人口減で日本の保険市場は縮小すると思われていますが、全く悲観していません。生命保険や損害保険に続く第3分野と呼ばれる、がん保険や医療保険は、十分にビジネスチャンスがあると考えています。長寿化やライフスタイルの多様化で、生きていく上でのリスクが増えてきたからです。


市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。


古出眞敏の経歴・略歴

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

加島禎二(加島禎二)

全否定すると周りがひいてしまうので、うまく部分否定をしながら意見を言えるようになると、目立つ存在として周囲が認めてくれるようになります。


小山勝弘(経営者)

漁師だった父親は、「いつ死ぬか分からない。自分がやりたいことにその都度一生懸命に打ち込め」と言っていた。そういう「打ち込む人生観」みたいなものが自分の中にあって、経理部でも、フィリピンでも、シンガポールでも、東北でも、アメリカでも、常にそういう軸で生きてきた。


高橋俊介

努力を継続させるコツは、どのようなことにモチベーションを感じるかという自分の動機をよく知り、それにあったことを努力の対象にすることです。また、習慣化、自然行動化するまでは、意志の力で頑張るということです。


工藤公康

自分の年齢や勤続疲労などに応じて、実行すべきケアやトレーニングの予定を組み立てていく。この組み立て(目標の立て方)が的確であればあるほど、すりガラスの向こう側にいる「翌年の自分の姿」が鮮明に見えてくるような感覚がありました。自分が「目標とする自分像」がクッキリと見えてくれば、しめたもの。あとは、その計画を実行すればいいんです。


楊元慶(ヤン・ユアンチン)

いかなる買収も投資も一夜にして利益は得られません。大事なことは、現在の事業や会社の仕組みにうまく溶け込ませること。これには買収後、一定の期間が必要。


デイビッド・セイン

発音をすごく気にするのも日本人の特徴です。でも、英語の発音は実はものすごくいい加減。ネイティブは辞書の発音記号とは全然違う発音をします。それでも通じるのです。日本語では同じ「ハシ」でも発音が少し変わるだけで「橋」になったり「箸」になったりしますが、そんな英単語はほとんどありません。


渡文明

人との出会いから学ぶこともあれば、経験を通じて学びを得ることも少なくありません。1970年代、肝炎で入院した経験は私に多くのことを教えてくれました。石油危機が起こり、私は仕事に忙殺されました。全国各地の病院や各種施設へ、石油製品の供給が途絶しないよう手配する業務の中心にいたからです。眠れない日々と積み重なる疲労、過労死の一歩手前でした。足かけ3ヵ月の入院生活を送るうち、私はやがて達観するようになりました。「これからは自分が正しいと思ったことは遠慮なく言おう。行動しよう」と決意しました。


安田正

交渉するとき、情に訴えたり同じ方法ばかりにこだわる人は多い。別のやり方に変えるだけで、OKをもらえる可能性はグッと高まる。


鈴木真理子(人材コンサルタント)

メールの書き方研修などでいつも気になるのは、ほとんどの方が準備なしに、いきなり本文を書き始めることです。用件をあらかじめメモなどで整理せず、記憶に頼って書くことが習慣になっている。その結果、用件もれや添付ファイルの付け忘れが発生し、お詫びメールを送るはめになります。


福井威夫

ホンダはものごとの本質を本当にまじめに議論する会社です。それがときに世の中の常識と必ずしも一致しなくても、常識に惑わされず、本質論はどこにあるのかを突き詰めます。ホンダジェットも小型ビジネスジェット機の目指す本質はどこにあるのか、しっかり見据えたからこそ、担当者たちは業界の常識を打ち破り、修羅場を乗り越えたのでしょう。


木村清

ビジネスで海外に行く機会も多いのですが、まったく知らない言語でも現地に3日もいれば喋れるようになります。語学はとくに学んだこともなく、むしろ苦手なのですが、追い込まれた状況になれば、必死に頭が働くということでしょうか。英語でも何語でも、その世界に放り込まれれば、人間、喋れるようになってしまうものです。


高橋智隆

ヒューマノイドロボットの存在意義を突き詰めて考えていくと、答えは1つしかない。結局、その存在を擬人化してとらえることができて、人がコミュニケーションを取ろうと思える。そこに尽きるんです。人間の音声に従って動く機械は、既にたくさん存在します。でも、カーナビゲーションシステムの音声コントロールや音声ワープロソフトを使う人はかなりの少数派でしょう。人は四角い箱に話しかけることに抵抗があるからです。でも、人間は擬人化できるもの、命を感じられるものには抵抗なく話しかけられる。飼っている金魚やぬいぐるみなど、対象を擬人化さえできれば、知性の高低は関係ない。