名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古出眞敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古出眞敏のプロフィール

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

古出眞敏の名言 一覧

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


人口減で日本の保険市場は縮小すると思われていますが、全く悲観していません。生命保険や損害保険に続く第3分野と呼ばれる、がん保険や医療保険は、十分にビジネスチャンスがあると考えています。長寿化やライフスタイルの多様化で、生きていく上でのリスクが増えてきたからです。


市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。


古出眞敏の経歴・略歴

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

城山三郎

若い医師から癌と宣告された。幸い一週間にわたる検診の最終結果は、若い医師の宣告とちがったものになり、私は命拾いした。それ以降、何でもない一日もまた、というより、その一日こそかけがえのない人生の一日であり、その一日以外に人生はないと、強く思うようになった。明日のことは考えず、今日一日生きている私を大切にしようと。


近田哲昌

ビジョンというのは、他人が実現してくれるものではありません。自分が、自分たちが、みずからの手で実現するものです。だから、ビジョンに共鳴し、本当にそれを実現したいと心の底から思うと当事者意識が芽生え、それまでの「他人事」が「自分事」になり、仮に厳しい状況に置かれても、前向きにがんばり切れるのではないでしょうか。


辻口博啓

人間って煩悩とは切り離せない生き物だから仕方ありません。しかし多くのものを捨てているのは事実です。若いころは、女の子とデートに行っても、気になる洋菓子店を見つけると、店の人を捕まえて5時間も6時間も平気で話し込んでいました(笑)。あと、楽しみもどこかでスウィーツとつながっていたんです。美術館へ行っても「このシャガールの情熱的な赤と青を、どうお菓子に活かすか」などと考えていました。


エピクテトス

与えられたものを受け取りなさい。与えられたものを活かしなさい。


平野信行

金融業界に逆風が吹いている。この逆境を跳ね返し、未来を切り開いていく。未来志向で挑戦していく。


村上太一

さまざまな数字を頭に入れるほど、数字に対するカンの精度が上がる。


小川糸

言いたいことを言えなかったり、言ったことを後悔したり、人間関係ってままならないことのほうが多いと思うんです。でもたとえ誰かとこじれてしまっても、ちょっとした縁から広がる世界もありますよね。


古賀稔彦

マイナス(膝のケガ)を背負ったことで、雑念を抱き、雑音を聞く瞬間さえない。とにかく、いままで自分がやってきたことに自信をもって、最終目標を忘れずに戦い続ける。そこしか思わなかった。その結果、金メダルを獲れた。


齋藤孝(教育学者)

目標を仲間内で話し合って決めれば、一人で悩まずに済む。モチベーションになるし、使命感に燃えるはずだ。チームとしての一体感も生まれるに違いない。個人プレーが多い昨今の会社組織でも、取り入れてみてはいかがだろう。


ハワード・ストリンガー

効率やお金だけが人生ではありません。ソニーグループには17万人近い従業員がおり、優れたアイデアが詰まっています。みんな会社を愛しており、それを大切にしたいと思います。
【覚書き|同業の家電各社が大規模リストラしていることについて語った言葉】


野尻哲史

資産形成はやり始めれば、ダイエットほど難しくない。まず毎月の給料日に給料口座から投資口座に資金を一定額を振り込むように、自動振替をセットします。「給料から節約して残ったら資産形成に回そう」とすると、苦しい生活をしなければならない気持ちになりがちです。でも、最初に給料から投資のお金を差し引いて、残りで生活するように考えれば、苦しい節約イメージも薄れるのではないでしょうか。


成宮雄三

街を歩くときは、目に映るものすべてに注目します。たとえば、交差点で信号待ちしているときに、私より上の世代のおじいさんがシャキッとした格好で立っているのを見たとしましょう。そこで「去年までは、この時間におじいさんが立っていることはなかった」ということに気づけば、世間で高齢社会と言われていることが本当なのだなと確認できます。続けておじいさんのファッションに目をやると、さらに多くのことがわかります。一昔前はジャージかゴルフウェアを着ている高齢者が多かったのに、最近の高齢者はチノパンにチェックのシャツ、それにキャップを被って杖も突かずにスタスタ歩いている。そこから、「高齢社会といっても、好奇心旺盛で元気な人が多い。これは私たちのビジネスにつながらないだろうか」と発想が広がっていくんです。