名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古出眞敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古出眞敏のプロフィール

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

古出眞敏の名言 一覧

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


人口減で日本の保険市場は縮小すると思われていますが、全く悲観していません。生命保険や損害保険に続く第3分野と呼ばれる、がん保険や医療保険は、十分にビジネスチャンスがあると考えています。長寿化やライフスタイルの多様化で、生きていく上でのリスクが増えてきたからです。


市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。


古出眞敏の経歴・略歴

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

G7などの国際会議で、日本の大臣は発言が非常に少ないですね。でも、僕もそれは英語かできないせいじゃないと思う。欧米では発言しない人が馬鹿にされるけど、日本では「正解を言わないとダメ」と教えられるから、正解がないことがあたりまえの国際会議で発言ができなくなってしまう。日本人は、どうも正解にこだわりすぎるところがある。


魔裟斗

「勝ち続けるしかない」という状況は続きました。僕自身、K-1を背負っているつもりでしたから。ただ、辛かったですね。毎日のように「いつやめようか」って。それでも、「死合」で勝ったときの達成感というのは、何物にも替え難いというか……。また、何度でも味わいたくなるんですよ。強いて言うなら、登山家と同じ気持ちかな。エベレストに登っていると、途中で死を覚悟することもあるでしょう。その時は苦しくて、「もう二度と登らない」と思っても、チャンスがあるとまた登る。なぜか? 苦しみが大きければ大きいほど、達成感は格別だからです。


松原弘典

ひと世代前には、「身内の住宅を設計→商業店舗→コンペに当選して公共の仕事」というストーリーがありましたが、ほとんどの人がそういうストーリーには乗れなくなっていましたね。僕にしたって、家の設計を任せてくれる親類なんていませんでしたし。だから普通のやり方ではムリだと思いました。


古森重隆

適切な問題解決の方法を生み出すには、知性や知力を意味するインテリジェンスが必要だ。しかしその一方で、マッスル・インテリジェンス、すなわち知性や知力とは対極にある野性や馬力、腕力といった部分も大切なのである。


山村輝治

当社では、お客様のご要望に先回りした提案を行なうとともに、すべての事業・サービスが一つになってご要望にお応えすることを目指しております。お客様係による訪問販売においても、お客様へのご案内の仕方などを時代とともに進化させ、ご要望にお応えしてきました。


逢坂剛

作家にとって子供のころの読書の経験も大きい。自然と頭に入った文体、語らい、思想は小説を書くうえで重要な資質になります。私の場合、とくにグリム童話をよく読みました。民話を集めたものですが、正しい心、邪な心など小説の下になる人間の原始的な欲望が詰まっています。また、ストーリー展開の参考にもなり、大人になってからも読み返しました。


蜂谷二郎

(上場によって)取引金融機関を含めて変わりつつある感があります。採用面でも人材の獲得が厳しいと言われている昨今においても、上場が決まる前から比較的良い人材に入社していただいています。その意味でも、上場後の採用がこれから楽しみです。


フランソワ・ノーカット

同じリッツ・カールトンでも、アメリカではチェックイン時に荷物を持つサービスはしていません。彼らはそれが「サービス」だとは考えていないからです。むしろ、ビル・ゲイツのような人物は、絶対に自分で荷物を持ちたがります。他人に荷物を預けることで一秒たりとも時間を無駄にしたくないからです。ところが日本人は違います。どんなに小さな荷物でも持ってもらいたいと望みます。この違いに気づいているからこそ、ザ・リッツ・カールトン東京のお客様の70%が日本人になるのです。


小山龍介

画期的なイノベーションは、計算式を解くようにして起こすことはできません。試行錯誤を繰り返しながら、あるとき思わぬところから偶然、発見されるもの。


コリン・アングル

実際に人に使われるロボットを開発してビジネスを成立させるのと、「クールな会社」というイメージのためにロボットを開発するのは、全く違うことなのです。例えばソニーの「アイボ」やホンダの「アシモ」は印象的で素晴らしいロボットですが、消費者がぜひとも必要とする製品ではありませんでした。ロボット研究には多大な費用がかかるので、もしこうした会社の財政が苦しくなれば、開発は立ち消えになるでしょう。


メンタリストDaiGo

片づけには当然ながら目的があります。その目的を達成できなければ、時間と労力をかける意味はありません。何のために片づけをするのかといえば、自由な時間を増やし、人生を最大化するためです。クローゼットの中の服を減らせば、「どっちの服を着ようかな?」と迷う時間はなくなります。部屋が片づいていれば、「あれ、どこにしまったっけ?」と探しまわる時間もなくなるでしょう。服がたくさんあれはクリーニングに出したり、洗濯したり衣替えをしたりといった時間が余計にかかります。小物を棚に陳列し、ときどきホコリを取ってやるメンテナンスの時間も馬鹿になりません。こうした管理コストも、モノを減らせば必要なくなります。


岡野雅行(岡野工業)

勝負は普段から人付き合いにどれくらいお金を使っているかだ。情報が欲しい時だけ「こんちは」と来るやつに、重要情報をくれる人間がいるか?その時とくに仕事がなくても、話をしに行ったり、一杯奢ったりする。情報網はそうやって作るしかないんだよ。