名言DB

9429 人 / 110879 名言

古出眞敏の名言

twitter Facebook はてブ

古出眞敏のプロフィール

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

古出眞敏の名言 一覧

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


人口減で日本の保険市場は縮小すると思われていますが、全く悲観していません。生命保険や損害保険に続く第3分野と呼ばれる、がん保険や医療保険は、十分にビジネスチャンスがあると考えています。長寿化やライフスタイルの多様化で、生きていく上でのリスクが増えてきたからです。


市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。


古出眞敏の経歴・略歴

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

橘右之吉

いまの若い子たちは「好きなこと」が見つからないって言うでしょ。好きなことっていうのは「我慢しなくてもできること」なんですよ。いま、もし好きじゃない仕事を我慢してやっているなら、そんな仕事は辞めてしまった方が将来のため。好きなことをしていれば、何を言われたってストレスなんかたまらないんですから。


土合朋宏

「役立つ人」の定義は、自分と「価値観」や「考え」が違っていること。自分の考えだけで仕事を進めていると、何事もマンネリ化しやすい。そこで彼らの視点を加える。自分1人では考えつかない「発想」や「アイデア」を活用するのです。


熊谷正寿

夢をムリヤリ作ってはいけません。まず、小さなことでいいから、自然な気持ちで「やりたい」と感じることを日々、書き続ける。その中から本当の夢が見えてきます。


メンタリストDaiGo

仕事の合間の休憩中に運動をすると、その後の集中力が70%向上することがわかっています。休憩中は、デスクでスマホをいじるのではなく、散歩するのがいいでしょう。脳を休ませるというよりも、別の刺激を与えることがポイントです。


アンジェラ・ダックワース

進んで一生懸命やりたいと思い続けられるような、得意なものを選ぶべき。やり抜く力は情熱の問題。目標に向かって創造性を発揮するには、絶えずそのことを考えているくらい好きでなければダメ。


桝太一

僕は朝の番組どころか、「この番組をやりたい」とアピールしたことは一度もありませんでした。抜擢された理由をあえて挙げるとすれば、何事にも一生懸命を貫いてきたことを、上司や番組の責任者が見てくれていたからでしょう。「失敗するかもしれないが、投げ出すことはない」と思ってもらえたのだと思っています。


藤原弘治

私の嫌いな言葉は「囲い込み」。顧客利便性のあるものは必ずブレイクスルーしますから、オープンにプラットフォームを作っていくことが大事。


志村けん

20代のころは「早く歳を取りたいな」という思いはありました。いい歳した大人がバカをやるからカッコいい、いい笑いになるんでね。50歳はまだまだで60歳を過ぎたいま頃からがそろそろかなと。と言いつつ、実際にそうなると、実感がわかないんですよ。酒量もあまり減らないし(笑)。やってることも、若いころと何一つ変わってないですからね。


鈴木英男(日新製鋼)

私が一緒に働きたいのは、「はい、わかりました」といって何でも黙々とこなす人ではなく、「社長はそうおっしゃいますが、お客さんのためにはならないのではないでしょうか」と議論を挑んできてくれるような人です。そうした使命感をもった人、意見がある人となら共に語り合うことができますし、志を共有することもできますからね。


川鍋一朗

勝負を分けるのは、いかに「タクシーのハートをつかむか」ということです。最後の最後、鼻の差で勝つとしたら、タクシーへの深い理解が必要です。