古出眞敏の名言

古出眞敏のプロフィール

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

古出眞敏の名言 一覧

最近注力している給与サポート保険。就業不能になった際に給付金が受け取れる商品で、病気の治療は終わったけれど、その後も働けないというリスクに対応しました。これまでカバーされていなかった分野ですが、自分らしく生活を続けるためには必要な保険だと判断し、販売しています。


人口減で日本の保険市場は縮小すると思われていますが、全く悲観していません。生命保険や損害保険に続く第3分野と呼ばれる、がん保険や医療保険は、十分にビジネスチャンスがあると考えています。長寿化やライフスタイルの多様化で、生きていく上でのリスクが増えてきたからです。


市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


私は、約20年前に日本長期信用銀行からアフラックに転職しました。当初は銀行時代と同じ資産運用を担当しました。しかし、金融監督庁から保険会社版の金融検査マニュアルが出ると、コンプライアンス担当の部長に指名され、改めて保険ビジネスを必死で学ぶことになりました。門外漢でしたが、振り返ると、全社を見渡して保険会社の経営を考える良い機会になったと思います。


古出眞敏の経歴・略歴

古出眞敏、こいで・まさとし。日本の経営者。「アメリカンファミリー生命保険(アフラック)」社長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行を経てアフラックに入社。副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ