名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古俣大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古俣大介のプロフィール

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

古俣大介の名言 一覧

自分に才能がないと気付いてから絵を描くのをやめました。同時にモノづくりをする人たちを支援したいという気持ちが生まれました。


世の中に埋もれていたデザイナーの受け皿になるのが当社の役目。インターネットの可能性は今も無限大です。


「成功とは成功するまでやり続けること。失敗とは成功するまでやり続けないこと」。事業には浮き沈みがあるもの。「いける」と思った商品が数か月経っても伸びなかったり、新サービスのリリース後も反応がなかったり、沈む時期が長いと落ち込むことがありました。そんな時、松下幸之助さんのこの言葉に出会い、願っている成功を追い続けていれば成功できると思えるようになりました。そして、この言葉通り、事業を成長させることができました。この経験を通じ、言葉の意味を実感できたことが、今の自分の支えにもなっています。


古俣大介の経歴・略歴

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

他の記事も読んでみる

樋口武男

まだまだ序の口ですけど、新事業を展開するのに人間関係ができていれば、完成された商品を持って行って「使ってみてください」と言えるし、よかったら「うちのお店でも使わせてください」という良い循環ができる。従来の請負稼業だけでは時間がかかりますので、本当に良い商品をつくってお客様の方から来てくれるようなウィン・ウィンの関係をつくりたいと思っています。


澤田秀雄

私は、1979年に革命が起こる直前のイランを旅したことがあります。現地に入って感じたのは、街の無秩序さでした。私が乗ろうとした長距離バスが、住民たちに破壊され、結局出発できなかったという出来事も体験しました。そんな現実を目の当たりにした1カ月後に、イラン革命が起きた。つまり、街の風景の中に、すでにその前触れがあったわけです。各地でそんな経験を重ねるうちに、その国が今後発展していくのか、それとも混乱や停滞に陥るのかが予想できるようになっていきました。実際に現場へ行き、自分の肌で感じたことと、その後に起こった現実を照らし合わせるうちに、「過去に見聞きしたことが、どんな結果をもたらしたか」という時間軸で物事を捉える習慣がついた。その経験値が蓄積されて、「現在見聞きしているものが、将来こうなるのではないか」と見通す勘が養われたのだと思います。


池本克之

情熱を持って訴えても、心に響かず納得しない部下も少なからずいます。なぜそれをやる必要があるのか、根拠を示すことが大切。数字やデータなどを事前に用意しておきましょう。


柳井正

海外でのパートナーを選ぶときのポイントは、やはり人格的に正しい人ですね、当然ですけど。ずっと付き合える人。そこから買うという考えではなく、一緒につくる、ということです。結婚と同じなんです。離婚しないような人を選ぶ。そういうことが大事ではないかと思います。


谷田千里

紙の手帳はスケジュール管理ではなく、行動記録に使っています。アメリカ時代の上司に「もし見当違いな訴訟を起こされても、この日のこの時間は、オフィスで仕事をしていたということが証明できるよう、自分の行動を電子と紙の両方で記録しなさい」と助言されたのがきっかけです。


柴田昌治(コンサルタント)

諦めこそが会社も、そしてあなたの人生をもつまらなくする。


永田豊志

図解するときは、まず何の問題解決をしたいかを考えるべき。関わる要素をすべて図にしても、複雑な状況が複雑に視覚化されるだけ。たとえばクラウドと社内サーバの違いについて資料を作る際、最も重要な問題がセキュリティであるなら、コストなど他の要素は省きましょう。図がシンプルになり、情報が整理されます。


石原一裕

会社には、いい時も悪い時もあります。経営状況などによって、働きがいが左右されるようではダメです。目標を明確化でき、悪い時も頑張ろうと皆が思えるようでなければ、本物ではないのです。


細谷功

どんな仕事をするときでも、「この仕事の目的=ゴールは何だ?」「それって、本当に目的か?」と繰り返し自問するようにしています。たとえば会議のときでも、なんとなく始めないで、まず「今日の会議の目的は何か」と考える。それで、「今日は○○のレビューをすることだ」と思ったら、すかさず「それって本当に目的か?」と自問します。すると、「○○のレビューをする行為自体がゴールではない。メンバー全員の意思統一が図れた状態にすることこそが、今日の目標着地点だ」といったことに気づくのです。


石塚眞一郎

コインには1枚数十万円以上する高額なものもありますから、まずはお店に対して信頼感をもってもらうのが不可欠。商売をやる以上、カード決済の導入は最低限必要なことだと思いましたし、それ以外にも、コイン販売には本来必要のない古物商の許可をとったり、日本貨幣共同組合に加入するなどして、開業当初からお店に対する信頼づくりは心がけていました。


マザー・テレサ

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。ですが、気にすることなく助け続けなさい。


楠木建

私があの本(『ストーリーとしての競争戦略』)で言いたかったのは、あらゆる競争戦略は「ストーリー」という思考様式でつくられるべきだということです。「ストーリー戦略」といった新しい戦略論のカテゴリーを提示するものではそもそもない。競争戦略の本質をストーリーとして考えるという「戦略ストーリー」の本であり、「ストーリー戦略」の本ではないのです。