名言DB

9425 人 / 110833 名言

古俣大介の名言

twitter Facebook はてブ

古俣大介のプロフィール

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

古俣大介の名言 一覧

自分に才能がないと気付いてから絵を描くのをやめました。同時にモノづくりをする人たちを支援したいという気持ちが生まれました。


世の中に埋もれていたデザイナーの受け皿になるのが当社の役目。インターネットの可能性は今も無限大です。


「成功とは成功するまでやり続けること。失敗とは成功するまでやり続けないこと」。事業には浮き沈みがあるもの。「いける」と思った商品が数か月経っても伸びなかったり、新サービスのリリース後も反応がなかったり、沈む時期が長いと落ち込むことがありました。そんな時、松下幸之助さんのこの言葉に出会い、願っている成功を追い続けていれば成功できると思えるようになりました。そして、この言葉通り、事業を成長させることができました。この経験を通じ、言葉の意味を実感できたことが、今の自分の支えにもなっています。


古俣大介の経歴・略歴

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

他の記事も読んでみる

ティム・ブレット

ダイバーシティは大変重要なことです。女性の積極採用は、ビジネスとしてプラスであるだけでなく、社会全体にとって有意義なことです。当社についていえばスーパーで買い物をするお客様の多くは女性です。女性社員が増えれば、それだけ多くのお客様目線を取り入れることができます。


水谷隼(卓球)

五輪は、メンタルが重要な大会で、世界王者やメダリストでも力を発揮できず、ランキング下位の相手に負けるのを何度も見てきました。僕自身、北京とロンドンでの苦い経験がありますからね。メンタルで崩れてしまえば、練習で積み上げてきた成果が、まるで役に立たなくなる。それが2回の五輪で強く感じたことですね。


松枝寛祐

M&Aをするときの3つのポイント

  1. 明確な長期ビジョンを立てて一貫した戦略で継続していくこと。
  2. 買収先、合弁先は他者からの情報よりも自らの目と耳と手足で探すこと。
  3. 各国の状況に即し柔軟に対応すること。

山内孝

新興国では、これまで10年ほど取り組んできました。学んだのは、安売りをせずにブランドをつくる大切さです。マツダは新興国で、安いクルマで量を追う戦略はとりません。


小林一雅(小林製薬)

「ブルーレット」が新しい市場をつくりじわじわと売れ始めると、競合が似たような商品を出してきました。となれば、次の戦略商品を投入しなければなりません。そこで考えたのが、「ブルーレットおくだけ」です。当社が需要拡大型商品を投入する際には、「次なるお客様の不満解消」という視点を大事にしています。従来のブルーレットはタンクのふたを開けて設置しなければなりませんでしたが、「ブルーレットおくだけ」は名前の通り、タンクの上に置くだけで同等の効果が出せるように改良しました。爆発的なヒットになったのは、消費者の煩わしさを解消したからです。


豊田圭一

メールを読む前に返信ボタンを押してしまいましょう。そして内容はその返信メールの中で読むという習慣をつける。こうすることでどんどんメールの返信が早くなります。


寺尾玄

かつてスペインを放浪していたとき、ものすごくお腹が空いてたどり着いた街のパン屋さんで買った、たった一個のパンのおいしさを私はいまも忘れられません。そのときの体験を届けたい。バルミューダ・ザ・トースターは、そう考えて開発しました。


西田厚聰

人間は非合理的な感情を持った動物ですから、体系的な手法では解決できない非合理的な側面をたくさん持ち合わせています。できなければ恥ずかしいとか、負ければ悔しいといった、人間の原初的な感情が強靭なバネとなって、ものごとに邁進する強い情熱を掻き立てます。目的を達成しようとする強い意志を備えた情熱が、事業を遂行し、競争を勝ち抜く力となります。


六角精児

30代は借金や離婚など、人生の負の連鎖をいやというほど味わいました。落ちるときは、どこまでも落ちていくんだということを身をもって知りました。40歳を過ぎたばかりの頃が一番大変な時期だったかもしれません。でも、潮目が変わるというか、とりあえず公の借財、つまり消費者金融の借金がなくなったころから、不思議とドラマの仕事が入るようになっていったんですよ。


菅谷太一

通常、物件の売買価格は土地の価格と建物の価格の合計になりますが、築年数が経過するにつれ、ほぼ土地値だけになる物件が出てくることがあります。そうした眠れる物件を見つけ出し、リフォームで資産性のあるものに仕立て、高利回りで運用する。これが当社がお勧めする「土地値物件」への投資です。