名言DB

9419 人 / 110788 名言

古俣大介の名言

twitter Facebook はてブ

古俣大介のプロフィール

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

古俣大介の名言 一覧

自分に才能がないと気付いてから絵を描くのをやめました。同時にモノづくりをする人たちを支援したいという気持ちが生まれました。


世の中に埋もれていたデザイナーの受け皿になるのが当社の役目。インターネットの可能性は今も無限大です。


「成功とは成功するまでやり続けること。失敗とは成功するまでやり続けないこと」。事業には浮き沈みがあるもの。「いける」と思った商品が数か月経っても伸びなかったり、新サービスのリリース後も反応がなかったり、沈む時期が長いと落ち込むことがありました。そんな時、松下幸之助さんのこの言葉に出会い、願っている成功を追い続けていれば成功できると思えるようになりました。そして、この言葉通り、事業を成長させることができました。この経験を通じ、言葉の意味を実感できたことが、今の自分の支えにもなっています。


古俣大介の経歴・略歴

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

他の記事も読んでみる

小宮隆太郎

これから海外の人との仕事は増えるでしょう。議論を恐れず、時には少数派になることを恐れず、積極的に背景の異なる人々と触れ合うのが大事です。


植村甲午郎

私の精神面の成長は相変わらず遅い。21世紀日本の夢を追いつつ、私ながらに一所懸命、牛歩を進めたいと思う。


内田和成

5年後に実を結ぶかもしれない商品アイデアや仮説を考えるとき、心がけてほしいのは「So What?(だから何?)」です。ある現象や情報に接したとき、そのまま受け止めて終わるのではなく、「だから何?」と、もう一段掘り下げ、もう一歩先の展開を考えるのです。5年後のビジネスのネタは、これを繰り返すことによって浮かび上がってくるのです。


井上高志

「働き方改革」で労働時間削減策がいろいろと出ていますが、本質的な問題は時間ではなく、逃げ場もない状態で長時間働かざるをえない状況に社員を追い込む組織の在り方です。同じ長時間労働でも健全な形の内発的動機でやりたいことがあったら、時間を忘れて夢中になるじゃないですか。これはかまわないと思っているんですよ、僕は。もちろん現場で働く人のメンタルや健康状態を上がきちんと見ていないとダメですけれどね。


松岡昇

私は早朝学習を推奨します。電話もかかってこず、雑音もない早朝こそ勉強には最適です。睡眠時間は短くなりますが、それくらいしないと学習時間は作れないし、時間をかけないと、英語を使えるようになるのは難しい。私自身、今も4時半に起きる生活をしていますが、慣れればなんともない。自分がやりたいことのために取れる貴重な時間だと思います。


澤上篤人

どんな上昇相場でも、幾度となく調整局面を経ながら、より大きな相場に育っていくもの。一本調子の上げ潮なんてのは長続きしない。ちょうど、竹が節をつくって強くなっていくように。


柳井正

僕らは「売上高5兆円」という前人未踏のエベレストに登頂しようとしているわけです。大学を卒業したばかりの新入社員に「エベレストに行こう」と言っても難しい。それなら、まずは近くの標高500メートル程度の山に登るところから始めないといけない。地域正社員はその取り組みのひとつです。でも500メートルに登ったら、次は1000メートルに登りたいと思うはずです。500メートルで見える風景と、平地で見える風景は、まったく違いますから。


斉藤茂一(コンサルタント)

特別な才能がある人なら20代、30代で独立しても成功できますが、一般的には仕事の経験、人脈がしっかり形になる40代以降の独立のほうが成功する確率は高い。


谷正人

セレクトショップ「STUDIOUS」の特長は東京が拠点の日本人デザイナーによるブランドが中心ということです。ブランドやモノがあふれる時代、デザインだけで違いは出せない。消費者は日本のモノや日本人デザイナーのモノを強く求めると考えたからです。サッカーでメッシというスーパースターが好きでも代表戦になると日本を応援するでしょう。


あらゐけいいち

設定はがっつりではなく大まかに決めています。設定のネジを締めすぎると話が窮屈になってしまうので、仮止めの設定という感じです。逆に緩すぎたら少し締めて、締めすぎていたらちょいと緩めて。やりながらバランスをとっていく感じです。