名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古俣大介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古俣大介のプロフィール

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

古俣大介の名言 一覧

自分に才能がないと気付いてから絵を描くのをやめました。同時にモノづくりをする人たちを支援したいという気持ちが生まれました。


世の中に埋もれていたデザイナーの受け皿になるのが当社の役目。インターネットの可能性は今も無限大です。


「成功とは成功するまでやり続けること。失敗とは成功するまでやり続けないこと」。事業には浮き沈みがあるもの。「いける」と思った商品が数か月経っても伸びなかったり、新サービスのリリース後も反応がなかったり、沈む時期が長いと落ち込むことがありました。そんな時、松下幸之助さんのこの言葉に出会い、願っている成功を追い続けていれば成功できると思えるようになりました。そして、この言葉通り、事業を成長させることができました。この経験を通じ、言葉の意味を実感できたことが、今の自分の支えにもなっています。


古俣大介の経歴・略歴

古俣大介、こまた・だいすけ。日本の経営者。写真・イラスト・動画素材サイト「Pixta(ピクスタ)」社長。多摩大学経営情報学部卒業後、ガイアックスに入社。営業マネージャー、子会社取締役などを経て独立。オンボード(のちのピクスタ)を設立。

他の記事も読んでみる

近藤宣之

私が債務超過に陥った日本レーザー再建を命じられたときは、主力銀行からも見放され倒産寸前でした。私自身も日本電子時代には労組執行委員長として1千人のリストラに直面がその後も幹部のリストラ交渉、二度の胃潰瘍と大腸がん、日本レーザー社長就任直後に右腕の常務が部下と独立し、人材と商権を同時喪失、親会社から独立する際は銀行から6億円の個人保証を要求される、といった崖っぷちを乗り越えて今日があるのです。紆余曲折を経て私が辿り着いた結論は、「人を大切にする経営」の実践こそ、会社を再建・成長させるたった一つの方法だということ。


吉田松陰

恥を知らないということほど恥ずかしいことはない。


堀之内九一郎

お金は持っているだけでは価値がないもの。遣って(回して)初めて価値が出る。お金を遣うべき所に遣えない人の元には、お金が膨らんで戻ってくることはない。


福井威夫

研究者を鍛え活性化させる「場」が、わが社でいえばレースです。ホンダには「カンボコ」という言葉があります。これは「感動」と「ボコボコ」に叩かれていることを意味します。すなわちレースにおいて成功と失意を繰り返し体験することを意味しています。成功体験だけでは有頂天になり、うぬぼれてしまいますので、同時に失敗も経験させることで個性の強い人材が育つのです。


山中伸弥

日本が生きていく大きな道のひとつは、科学技術立国だと考えています。研究者や技術者はみな、科学技術立国たる日本を背負っているのだと自負しています。若くて柔軟な人が次々と研究に従事するようになれば、もっと伸びていくでしょう。


田崎正巳

幸せの基準はひとりひとりみな違う。不要なものを捨てることによって、最も大切なことに気づく。それが自分の幸せを築くことにつながる。


岸上克彦

メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。


田臥勇太

「オレはできるんだ」「いや、もうダメかもしれない」という自信と不安のせめぎ合いというか、それこそアップダウンを繰り返すジェットコースターに乗っているようなもんでした。そこにスリルと楽しみを感じていられるうちはプロなんだと。いかに不安を自信が上回れるのか、毎日が自分との戦いでした。


小笠原清忠

立ち居振る舞いはその人の品格を表し、相手への誠意を示すもの。立ち居振る舞いを見れば、その人の誠実さや、己を厳しく律して鍛錬してきた人かどうかがわかります。


盛田正明

私は才能が伸びる環境を用意しますが、実際に伸びるかどうかは本人に何か光るものがなければダメです。


河上和雄

いま不安定な時代ですが、こういう時代こそ「自分が正しい」と思う方を選べばいい。人に言われて何かを決めたとしても、後悔は自分に返ってくるだけなんですから。


野口健

学生の頃、僕は世界最年少での7大陸最高峰登頂を目指し、スポンサーを集め、でもエベレスト登頂に2度失敗しました。若造が生意気言ってと思われていましたからボロクソに言われるわけですよ。そのとき身につけた習慣がボロクソ日記です。ボロクソに言われたことだけを書く日記帳。本当の僕は暗くてね。ねちっこいんですよ。そして、「こんにゃろー」とか言いながら、日記帳を部屋の壁にぶん投げ、踏んづける。これでスッキリするんです。でも1~2週間後、改めて日記帳を広げると、ひとつ、ふたつ「仰るとおり」と感じる言葉が見つかる。理想通りにしたいという思いが強すぎるダメな自分に気づかされて、人はいろんな角度から分析してくれるんだな、と。