名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古今亭志ん生(5代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古今亭志ん生(5代目)のプロフィール

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

古今亭志ん生(5代目)の名言 一覧

他人の芸を見て、あいつは下手だなと思ったら、そいつは自分と同じくらい。同じくらいだなと思ったら、かなり上。うまいなあと感じたら、とてつもなく先へ行っている。


古今亭志ん生(5代目)の経歴・略歴

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

他の記事も読んでみる

ハンナ・アーレント

働くことには、労働と仕事と活動の3つがある。「労働」とは人を消耗させる、できればしたくないもの。「仕事」とは、新しい価値をつくり出す創造的なこと。そして「活動」とは、社会に働きかけること。「仕事」と「活動」から人は充実感を得る。


山本忠人

「なぜ今そんなことをやるのか」「赤字でもないのにどうして構造を変えないといけないのか」。多くの社員は戸惑い、驚きました。それでも事業構造を転換しないと50周年は祝えても、次の50年は続かない。そんな危機感から全社運動として改革をスタートさせました。


田中仁(経営者)

強い経営者とは真剣勝負をくぐり抜けた人。真剣勝負とは読んで字のごとく真剣なので、負けたら斬られて死にます。そこを斬られずに生き残った人は強い。


永守重信

経営は、成績がよければできるものではありません。やはり「気概」とか「執念」が必要なのです。成績のよい人が成功できるなら、日本の大企業は軒並み業績がいいはずですが、そうはなっていないのが証拠です。


根岸孝旨

僕は曲を仕上げるときの最後の最後、これとあれのどっちにしようという場面で、ミュージシャンに「どちらでも……」と言われると怒ってしまうんです。「いままで、お互いいろいろ言ったかもしれないけど、最後こそ、自分のワガママや伝え得たいことを通してくれよ!」と。それこそ、音楽の本質なのですから。


星野佳路

私たちはまた、スタッフが仕事にやりがいを感じているかを把握するために、年一回、社員満足度調査を実施しています。統計的な手法を取り入れた調査は、客観的に判断するうえで有効な手段です。一方、そこまでする必要のない場合は、できるだけ多くの人の意見を聞いたり、賛成と反対の両方の意見を聞いたりすることで、客観的な判断に近づけるようにしています。


ビル・ゲイツ

たびたび、直感が頼みの綱になる。


豊島逸夫

日本人の強いところは、敗戦などの極限状態になると団結力でまとまることだ。


ケインズ

思想史を研究することは、人間精神の解放にとって必須の準備作業である。


田臥勇太

あえて何かを伝えるとすれば、チャレンジすべきということ。最終的には本人がやりたいか、やりたくないかの話になってくる。だから少しでも興味があるんだったら自分の知らない世界に飛び込んでもらいたい。


松本南海雄

店舗の増加という点から考えて、コンビニとの競争は今後も激しくなるでしょう。彼らと比べた時のドラッグの特徴はと言うと、まず飲料や日用品などの価格が安いという印象は消費者にもあると思うんですね。また、品揃えも多い。だから、彼らの強みであるまさに「利便性」の部分を、我々はもっと強化していく必要がある。そうすれば客を奪っていけると思います。


ジェイ・エイブラハム

自分のクライアントのことをリスペクト(尊重)して真摯に理解すること。クライアントの人生がどうすれば最高のものになるかを予見してあげること。自分たちがクライアントの理想の実現に貢献できたら、クライアントは自分たちのファンになってくれるはずです。