名言DB

9419 人 / 110788 名言

古今亭志ん生(5代目)の名言

twitter Facebook はてブ

古今亭志ん生(5代目)のプロフィール

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

古今亭志ん生(5代目)の名言 一覧

他人の芸を見て、あいつは下手だなと思ったら、そいつは自分と同じくらい。同じくらいだなと思ったら、かなり上。うまいなあと感じたら、とてつもなく先へ行っている。


古今亭志ん生(5代目)の経歴・略歴

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

自分で自分を評価できるようになるには、「これさえ守っておけばOK」という自分ルールを決めることです。たとえば人に会ったときは必ず名前を呼んで挨拶しようとか、SNSの誘いはリアルな友達だけに限定しようなど。こうして「これさえ守っておけば迷惑はかけないだろう」といったラインを決めてしまい、あとはそれを粛々と守る。逆に言えば、自分ルールを守ればあとは自由にできるということ。これなら人目を気にして一喜一憂するより、はるかにストレスは軽くなります。


槍田松瑩

「順番」が大事。生んだ価値をお金に変えていくのが、目指すところ。合法的でありさえすれば何をやってもいい、とにかく金を儲けようという風に順番をひっくり返して考えてしまうと、結果として思ってもみないところに行ってしまう。


チャップリン

妙なもので、舞台が失敗と決まると、かえって気は軽くなり、心の重荷も降りた。アメリカには、ほかにチャンスがいくらでもある。どうして舞台ばかりに噛り付いているのだ?何も芸術に一生をささげたわけじゃない。商売をかえろ!私はようやく自信を取り戻しだした。そうだ、どうなろうとアメリカで頑張ろう。そう私は決心した。
【覚書き|最初のアメリカ巡業が失敗に終わったときを振り返っての発言】


清水克彦(報道キャスター)

ストレス解消になるなら、愚痴を言ってもいい。しかし、愚痴だけで終わらせてはいけない。責任転嫁をするのは簡単だが、周りのせいにしているうちは何も前進しない。


他力野淳

これからは世の中から必要とされることのみが生き残れる時代。期待に応えなければならない。我々の頑張りが社会の直接的な価値になるよう心に留めて、これからも走っていきたい。


川上全龍

瞑想やマインドフルネスに過剰に期待してしまうのは、日常とかけ離れたものとしてとらえてしまうからではないでしょうか。しかし日常に即して、初めて価値は生まれるもの。体験をきっかけに、自分の生き方や人間の幸せについて考えたり、姿勢や呼吸を気にしたり、生活の中に取り入れることが何より重要です。


榊原健太郎

誰も会いに行ったことのない人と、新しい関係を築く方が得るものが多い。


小林喜光

時間内に一定の成果を上げようとすると、自分たちだけでは達成できない場合があることに気がつきます。おのずと自前主義では難しいということを理解できるようになるんです。時間軸や市場のニーズを考えれば、「自前主義」を貫くことは通用しません。


相澤賢二

社員採用の面接は3分。私は人を笑わせることが得意だから、笑顔で決めます。作り笑い、愛想笑いは駄目。笑うなら本当に楽しそうに笑ってくれればOKです。面接は、時間をかけるほどわからなくなります。30時間話したら、100人殺した死刑囚でも同情して涙が出て来るでしょう。お客様は5分で社員を見ますから、私も5分以上は使いません。


船川淳志

海外出張では、限られた時間を効率的に活用することが重要です。帰りの機内では、お酒を飲んで寝てしまう人も多いのですが、世界のエグゼクティブは、帰りの便ではすでに仕事をしていることがほとんど。翌日からの仕事に備え、出張経費の精算やレポート執筆などの時間に充てるなど、有効に過ごしてください。