古今亭志ん生(5代目)の名言

古今亭志ん生(5代目)のプロフィール

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

古今亭志ん生(5代目)の名言 一覧

他人の芸を見て、あいつは下手だなと思ったら、そいつは自分と同じくらい。同じくらいだなと思ったら、かなり上。うまいなあと感じたら、とてつもなく先へ行っている。


古今亭志ん生(5代目)の経歴・略歴

古今亭志ん生(5代目)、ここんてい・しんしょう。明治後期から昭和初期にかけての落語家。東京出身。小学校時代に素行不良で退学させられる。丁稚奉公に出され職場を転々とする。放蕩生活を送ったのち、落語の世界に入る。苦労の末、落語界を代表する名人になった。

他の記事も読んでみる

岩井俊憲

ビジネス人生を卒業することになっても、人生そのものを卒業する段階ではありません。ビジネス人生で果たせなかったものを、これからの人生でまだまだ実現することが可能です。人生を二毛作にして、まだまだ貢献できるものがあることを忘れないように。


ブッダ(釈迦)

世の中は泡沫のごとしと観よ。
世の中は陽炎のごとしと観よ。


戸塚隆将

環境が変われば、成果を出すのにふさわしいプロセスも変化します。その結果、以前はうまくいっていたやり方が通用しなくなる可能性もあります。


ジョシュ・ビリングス

自分の収入の中だけで生活することだ。たとえそのために借金しなくてはならないとしても。


斎藤広達

頭でっかちなコンサルタントが作った再生計画は、往々にして「絵に描いた餅」に終わる。数字だけを追いかけていては、企業再生の道筋は見えないのだ。目に見えない部分も含めて企業の強みと弱みを分析、検証する作業が必要。


中川邦夫(コンサルタント)

机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。


中川強(コンサルタント)

FC(フランチャイズ)ビジネスは、本部のマニュアルに従うことが成功の鍵。ところがなまじ経験があると、ついそれにアレンジしてしまうんです。もちろんそれでよい結果が出る場合もありますが、ほとんどは失敗します。


伊藤淳史

よく人から驚かれるんですが、僕は役者の仕事を始めて約30年になります。いまや記憶が定かではない子役の頃から仕事をしていて、高校や大学に通っていた時期も、そのあともずっとこの世界にいます。ただそれだけ長い間、取り組み続けても、まだ将来の方向性は定まっていません。僕はこういう役者を目指しているという明確な形って持っていないんです。とはいえ、そんな自分の状況をネガティブにはとらえていません。役者は、自分のやりたい形でなかなか仕事が出来る職業ではないと思っているからです。


大和賢一郎

仕事を速くするためのコミュニケーションのポイントは、「相手の求めているもの=ニーズ」をしっかりと把握することです。たとえば、あなたが上司から資料の作成を指示されたとします。そこでパワーポイントを駆使して何十枚も資料をつくり込み、そのために残業までして頑張ります。ところが、いざ上司に提出したら、「ここまで詳しい資料はいらないのに」といわれてしまった……。こうした事態が起こるのは、相手のニーズを把握していないから。「相手のニーズを知る」ということは、「自分がやらなくていいことを知る」ということです。それさえわかれば、自分の時間をムダな作業に費やすこともなくなります。


木村皓一

あれ(ミキハウスのロゴ入りトレーナー)はヒットしましたね。最初にデザインを見たときに、可愛いので、これは売れるぞって思って作らせました。ところが展示会をして小売店の人たちに見てもらうと、反応が違った。「こんなもの誰も買わない。ミキハウスの宣伝じゃないか。この商品を置くのならば広告代をくれ」と言われましたが売れに売れました。自分に売れるものとそうでないものの区別ができるかと言われると、正直わからない。ただ、あのトレーナーについては、見た瞬間、可愛い、デザインとしていいと思ったのです。品質はもちろんですが、商品デザインも、広告も、すべてが「いいものを子供たちに届けたい」というメッセージで貫かれていたのが共感していただけたのかもしれません。


芳井敬一

「事業を通じて人を育てること」は当社の経営理念に掲げられていますが、業績を上げることは当たり前で、その上で人を育てることが会社の将来につながる。これは私の信念でもあります。


石井力重

人間には、「空欄があると、なんとかして埋めたくなる」という本能があります。しかしその半面、マス目の数が限られていと、どんどん広がっていく発想を書き留めにくいという弱点があります。


和田一夫(経営者)

世界的なリーダーの自叙伝を中心に読書を重ねると、どの書籍からも必ず得るものがあった。


泉谷直木

組織とは要するに人の集まりですから、個人の力をいかに高めるかに焦点を当てなければいけない。


佐渡島庸平

天才たちは、とにかく人を信頼する力が強く、肩書で人を判断しない。僕は、1年目のときから、三田紀房さんに対し「こんなふうに絵を描いてください」と次々にリクエストをしていったんです。でも、三田さんは嫌な顔ひとつせず、「おまえがそうやって努力しているなら、全部協力してあげる」と言って、100%支援する態度を取ってくれました。きっと自分がしっかりしているから、人を信頼できるんだと思います。


ページの先頭へ