名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古今亭志ん朝(3代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古今亭志ん朝(3代目)のプロフィール

古今亭志ん朝(3代目)、ここんてい・しんちょう。日本の落語家。東京都出身。5代目古今亭志ん生の次男として生まれ弟子入り。テレビなどでも活躍。落語協会副会長を務めた。

古今亭志ん朝(3代目)の名言 一覧

こぶ平、おまえはね、俺と同じ噺家の倅(せがれ)だ。売れなきゃダメだよ。ただ、おまえはおとっつあん(林家三平)みたいになれない。おとっつあんとは違う方へ向かうと思っている。だからね、芝居の声がかかったら、まずはやってみなさい。経験が必ず落語に返ってくると俺は思っている。


古今亭志ん朝(3代目)の経歴・略歴

古今亭志ん朝(3代目)、ここんてい・しんちょう。日本の落語家。東京都出身。5代目古今亭志ん生の次男として生まれ弟子入り。テレビなどでも活躍。落語協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

古谷周三

お客様のニーズを捉えるためには、事業の現場に深く入り込むことが欠かせない。


廣岡哲也

マーケットには出ていないが、顧客が本当は欲している商品を提供しよう。


伊藤博之(経営者)

インターネットでいろんな人が自由につながる状況下、既存の考え方をいったん白紙に戻し、最も最適なスタイルは何か、考えていくべきでしょう。


南淵明宏

難局においては、ネガティブな考えしか浮かんできません。「失敗したらどうしよう」とか「ご家族にどう説明しよう」とか。そういうことは考えない方が平常心を保てるでしょうが、考えまいとするほど考えてしまう。基本的に、人間の心はコントロールできるものではありません。そこで、私はあえて不安を直視し、状況をしっかり見据えます。ネガティブなことを考え抜くのです。


嶋津良智

ポイントは「タスクのアポイントメント化」です。すべき仕事(タスク)を洗い出したら、それをいつまでにやるのか期日を決める(アポイント)のです。これにより、先送りしていた仕事も効率的にこなしていくことができます。


ホーカン・サミュエルソン(ホーカン・サムエルソン)

ボルボには顧客の大切なものを守るための安全性、使いやすいインターフェース、そしてスカンジナビアンデザインという3つのコアバリューがあります。それらの独自性を前面に押し出せていることが、他のプレミアムブランドとの違いを際立たせています。


鈴木喬(経営者)

先手必勝で、相手の度肝を抜かなきゃケンカには勝てない。


谷所健一郎

採用担当者は経営者と一心同体、自社への思いを熱く語れなければ務まりません。仕事で「やらされている」感を漂わせていたら、それが応募者に伝わってしまいます。少なくとも、自社の魅力や入社後の将来像をきちっと捉えていないと、応募者は集まっても内定が出ないか、採用段階で辞退されてしまいます。


蒲島郁夫

県庁の職員には、とにかくリスクを恐れずに「皿を割れ」と言っています。皿を割れというのは、皿を洗わない人は皿を割らない、たくさん仕事をし、皿を洗う人が皿を割るからです。


室伏広治

アスリートにも普通の仕事をしているひとにも、それぞれの人生があって、これが私の人生だという風景があると思うんです。僕にとってそれは、きらびやかなスポットライトを浴びる瞬間ではなく、穴を埋めたり、ハンマーを磨いたりする日常の作業なんです。


松井利夫

私は自他ともに認める厳しさをもって経営にあたってきました。中には、厳しさに耐えかねて辞める社員もいました。彼らは口々にこう言っていました。「アルプス技研はうるさい、おっかない、寿命が縮む」。ただ、私は理不尽な厳しさは徹底的に排除するようにしてきました。あくまで会社が存続し、発展していくうえで各人が追わなければならない責任をまっとうすることを求めたのです。


アレックス・ゴルスキー

私はCEO(最高経営責任者)就任以降、会社のどの部分を進化させて、どの部分を残すかということを常に考えてきました。