名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古今亭志ん朝(3代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古今亭志ん朝(3代目)のプロフィール

古今亭志ん朝(3代目)、ここんてい・しんちょう。日本の落語家。東京都出身。5代目古今亭志ん生の次男として生まれ弟子入り。テレビなどでも活躍。落語協会副会長を務めた。

古今亭志ん朝(3代目)の名言 一覧

こぶ平、おまえはね、俺と同じ噺家の倅(せがれ)だ。売れなきゃダメだよ。ただ、おまえはおとっつあん(林家三平)みたいになれない。おとっつあんとは違う方へ向かうと思っている。だからね、芝居の声がかかったら、まずはやってみなさい。経験が必ず落語に返ってくると俺は思っている。


古今亭志ん朝(3代目)の経歴・略歴

古今亭志ん朝(3代目)、ここんてい・しんちょう。日本の落語家。東京都出身。5代目古今亭志ん生の次男として生まれ弟子入り。テレビなどでも活躍。落語協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

意欲のある人に、より多くの支援をするのは当然でしょう。日本人のチャンス論は「棚からボタモチ式」で何の努力もせず「私は恵まれていない」という人が多いですが、機会をつかまえるのは個人の能力です。私はどんどん機会を提供するので、社員にはどんどん手を挙げて欲しい。


島田和幸(経営者)

ダイエー時代、右も左もわからないまま、中内(功)さん担当の秘書たちを束ねる立場になったのですが、着任早々、秘書の一人が中内さんの名前で出すお礼状の宛名で相手の肩書を間違うというミスを犯しました。その後もたびたび叱られたにもかかわらず、中内さんは私の名前を覚えてくれませんでした。「自分はこのポジションで何ができるのだろう」と考える日々が1年あまりつづいた頃、阪神・淡路大震災が発生しました。神戸は中内さんが青年期まで過ごし、商売の原点を学んだ土地です。その神戸のために、中内さんは経団連副会長の職を辞してまで、食料や生活必需品を調達するなど奔走しました。その姿を見るうちに、私のなかで何かが吹っ切れました。「いままで自分のことしか考えていなかった、もっと社会のために働きたい」と思える瞬間があったのです。それ以降は前向きに秘書の仕事ができるようになり、その頃から中内さんは「島田さん」と名前で私を呼んでくれるようになりました。


澤田秀雄

嘘でも明るい言葉を繰り返し口にしていると、その言葉がだんだんと自分の中にしみこんで、気持ちが前向きになってくる。そうすると、すぐにではなくても、状況は確実に良くなっていくんです。逆に「駄目だ駄目だ」「難しい、厳しい」などと言っていると、気持ちがどんどん落ち込み、自信までなくなってしまいます。


山本常朝

人間の一生はわずかの事なり。好いたことをして暮らすべきなり。夢の間の世の中に、好かぬことばかりして、苦しみて暮らすは愚かなことなり。


桜井章一

私が助かったのは、自分の欲や損得ではなく、「仲間を助けなければ」という思いがあったからだ。仲間を助けるためなら、命を落としたって構わないと思っている。それが好運に結び付いて、死の淵から生還することができた。


山田昭男

社員旅行には毎年行っていて、費用はすべて会社が負担している。5年に一度は海外へ旅行していて、これまでオーストラリア、パリ、ハワイなどいろいろなところに旅行し、社員たちに喜んでもらっている。数百人の社員を海外に連れて行くには億単位の費用がかかるが、社員たちが一生懸命働いてくれて稼いだお金だから、社員が喜ぶように使う。もちろんこれも仕事へのモチベーションアップにつながる。


鈴木進介

賢い人、真面目な人ほど、すべての仕事で100%を目指す傾向が強い。それが意思決定や行動を遅らせる。


佐藤正午

特別なことは何もなかったと思いますよ。どこにでもいる普通の子供でしたし、友達と一緒に図書館へ行くことはあったけど、読んでいたのも『怪盗ルパン』や『シャーロック・ホームズ』などみんな夢中になっていたものが多かった。むしろ身体を動かすことのほうが好きで、中学のころは軟式野球ばかりやっていました。小説をちゃんと読むようになったのは、野球をやめた高校時代から。人と違っていたことがあるとすれば、受験勉強が苦にならなかったことくらいかな(笑)。決まった目標があるので、それをクリアするためにコツコツやるのは得意だった。だから成績はいいほうだったと思います。


山口一朗

企業経営の目的は永続していくこと。


後藤忠治

高校時代に私が所属していたのは水泳部ではなくバレーボール部。関東大会まで進出したこともあり、他の大学から声もかかっていました。ところが、進学する際にふと考えたのです。「どうせ同じ苦労をするなら好きな競技に行こう」。私は小さい頃から家の近くにある江戸川で泳ぐことが本当に好きでした。意を決し、決まっていた大学への進学を断り、日大水泳部に進学することを決心したのです。


菊原智明

「おかげさまで累計契約数300棟」「年間契約金額5億円達成」というようような桁が大きな数字を出されると、一般の人には実感がわきません。実績をアピールしたい場合は、やたらに大きな数字を使うのではなく、相手が理解できる「ピンポイントに絞った数字」を使った方が効果的です。私の場合は、「この地域にご縁がありまして、これまで20棟ほど立てさせていただいています」と伝えていました。これなら相手に「それは多いね」と理解してもらえます。


松下幸之助

経営といい、商売といっても、これは結局、人間が行なうものである。人間が行なうものであるからには、経営や商売は人間をぬきにしては考えられない。というよりもむしろ、人間を中心において考える、人間を主体に考える、ということが非常に大切ではないかと思う。