古今亭志ん朝(3代目)の名言

古今亭志ん朝(3代目)のプロフィール

古今亭志ん朝(3代目)、ここんてい・しんちょう。日本の落語家。東京都出身。5代目古今亭志ん生の次男として生まれ弟子入り。テレビなどでも活躍。落語協会副会長を務めた。

古今亭志ん朝(3代目)の名言 一覧

こぶ平、おまえはね、俺と同じ噺家の倅(せがれ)だ。売れなきゃダメだよ。ただ、おまえはおとっつあん(林家三平)みたいになれない。おとっつあんとは違う方へ向かうと思っている。だからね、芝居の声がかかったら、まずはやってみなさい。経験が必ず落語に返ってくると俺は思っている。


古今亭志ん朝(3代目)の経歴・略歴

古今亭志ん朝(3代目)、ここんてい・しんちょう。日本の落語家。東京都出身。5代目古今亭志ん生の次男として生まれ弟子入り。テレビなどでも活躍。落語協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

青田嘉光

ある私立大学からもお声がけいただきました。少子化で学生が減っている。では女子学生にもたくさん入学してもらおうということで、レストルームやロッカールームの改修を任されました。入学希望者が見学に来ると、設備環境も整っているこの大学に入りたい、ということになるのです。商業施設だけでなく、教育機関も空間づくりの創意工夫が大事。


見城徹

動くしかなかったわけで、望んでやったことじゃない。でも人生って、そういう風にしか動かないんだな、っていうのがよくわかりました。

【覚え書き|角川書店を辞めて幻冬舎を立ち上げた当時を振り返って】


笹野和泉

銀座という土地の魅力を育てることは、アルマーニの市場開拓のためには大切な課題です。銀座商店会の活動を通し、老舗の方々と共に銀座の魅力向上のために活動しています。また、「アルマーニ/銀座タワー」が銀座に集まる人々の文化発信基地となり、銀座の文化発展に貢献することを目指しています。


加藤俊徳

東京の株式市場が開いているのは9時から15時まで。ちょうど脳が覚醒している時間帯なので、昼間のスキマ時間に株取引をやるのには適しています。注意したいのは夜。眠くなるにしたがって脳の思考回路が働かなくなっていくため、そのリスクを認識しましょう。


竹田和平

上がってよし、下がってよしの株価かな。
上がったら高く売れるからありがたい。
下がったら安く買えるからありがたい。


青山文平

世界観、つまりは誰のものでもない自分の考えを持っていた方が、ふらふらせずに済んで生きやすいし楽しい。


萩本欽一

自分の好きなもの、得意な仕事にはラッキーはついてきません。イヤだと思う仕事を、できないって言葉を飲み込み、相手を喜ばそうと受ければ、結果的に自分は変わりますよ。


行天豊雄

交渉が厳しい戦いの場であることは言うまでもありません。でも、だからこそ交渉相手と人間的な付き合いを持つことが大事なのです。


西多昌規

寝不足の状態では、食欲増進ホルモン「グレリン」が増加する一方で、「レプチン」というカロリー消費を促すホルモンが減少してしまう。むしろ体は太りやすい状態になっているのです。しかも、睡眠が足りないとハンバーガーやドーナツといった高カロリーのジャンクフードを欲することが脳科学の研究から実証されています。


吹越満

最近、あらためて思うのは偶然がつないでくれた信頼できる人たちの存在が、深く考えずに俳優になってしまった僕を支えてくれている、ということ。


前田鎌利

皆さんに共通する問題は「情報の詰め込みすぎ」。まずは5分で説明できるぐらいにまで、そぎ落としてみてはいかがでしょうか。


田中稔一

九州大学を卒業後、現・三井化学に入社した。いきなりの東京勤務で、樹脂の営業に配属されたが、初めての東京生活に戸惑い、仕事の要領もわからずにヘマばかりした。その上、九州弁丸出しで、お客さんに電話で怒鳴られる毎日。情けないことに1カ月ももたずに、本気で会社を辞めようと思った。だが、会社を辞めたら、母はどんなに悲しむだろうと思い、耐えて頑張るうちに、先輩に助けられ、仕事の要領もつかめるようになっていった。


小宮山宏

常識や知識を教えるのは高校まで。大学での教育をその延長線上でとらえてはいけません。大学とは、最先端の問題意識を持っている人が議論するためにある。それによって人間の本質が見えてきます。そういう議論の中から、将来のリーダーが育ってくるのではないでしょうか。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

ひょいと上を見ると、いくらでも高みがあるってことに気がついた。落語にゴールなんてのはないに決まっているんですよ。


プルタルコス

人間には、舌は一枚しかないが、耳は2つある。


ページの先頭へ