名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

古井祐司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古井祐司のプロフィール

古井祐司、ふるい・ゆうじ。日本の医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。東京大学医科学研究所勤務、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教、ヘルスケア・コミッティー株式会社代表取締役就任。そのほか東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教などを務めた。

古井祐司の名言 一覧

習慣を継続するには周囲を巻き込みつつ行なうのも良い方法です。中間管理職の人なら、部下の健康管理も仕事の一部と考え、始業時間前に体操の時間を入れたり、飲み会の席で「揚げ物よりまずは野菜から注文しよう」と提案したり、といった方法がお勧め。自分の意識が高まるのはもちろん、職場全体の健康状態の向上や仕事の効率アップも図れます。


健康を維持するには、極端な方法ではなく、複数の習慣で身体が受け入れやすい程度の変化をしてみることが大事。バランスの良い食事、睡眠時間の確保、座りっぱなしや立ちっぱなしを避けてときどき身体を動かすことなどを着実に続けることが効果を発揮します。


自分の状態を自覚することは、重要なきっかけとなります。自覚が高まると、健康に対する意識も自然に高まるからです。意識が高まると、それまで何気なく行なっていた生活習慣を見直す気持ちが芽生えます。


血圧はあえて一度「忙しいとき」に測ってみることをお勧めします。朝や健診時などに測るととくに問題のない人でも、仕事に追われているときは予想外に高い血圧になっていることがあるのです。緊張状態ではこのくらい止がるのだ、と知っておくと、「こまめに休憩を入れよう」という意識も同まるでしょう。


とくに危ないのは「疲れの感度が弱い人」。仕事に夢中になるあまり、疲労を感知できないタイプの人です。こうした人は気づかないうちに限界を超えていて、ある日突然倒れてしまう可能性があります。


若いときは少々無理ができても、病気になる確率は確実に上がります。女性の場合は、40代以降のホルモンバランスの変化に伴う更年期障害や、乳がん等にかかるリスクの増加も視野に入れなくてはなりません。ところが、こうした危険に対して自衛策を取っている人は少数です。その理由として、多くの人が「体調を正確に把握できていない」ことが挙げられます。自分が危険水域にいるかどうか認識できていないため、対策を打つ必要性も感じないのです。


古井祐司の経歴・略歴

古井祐司、ふるい・ゆうじ。日本の医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。東京大学医科学研究所勤務、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教、ヘルスケア・コミッティー株式会社代表取締役就任。そのほか東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教などを務めた。

他の記事も読んでみる

村木厚子

仕事や育児で切羽詰まって、「もうダメだ!」とパニックになりかけたことが、それまでの人生で何度もありました。その問題を解決するために、何から手を着けていいか、分からない。そんな時、「今、何ができるのか」をリストアップしていくと、物事が整理されて、不思議と心が落ち着きます。


佐伯旭

真理は平凡な中にある。一朝一夕にことがなるものではない。一日一日が大事なのだ。


宋文洲

正直に言って、管理職は「いい時」よりも「悪い時」の方が多い。でも、その悪い時に「どうやって結果を出すか」をとても厳しく問われる過酷な立場です。管理職がやるべき仕事は新しいことや改革だから、仮に部下6人が賛同してくれても残り4人は反対しますよ。「いや、宋さん、私の部下は8~9人が理解してくれますよ」と言う人がいたら、その人は「これまでと同じことを今日もやろう」と言っているに違いない。半数近い反対派に負けずに推し進めていくことが重要で、その孤独感やつらさを我慢して乗り越えていかないといけないのです。気づいていない人が多いようですが、管理職は本質的には経営側の人間だから仕方ない。


松岡修造

限界を決めるのは他人じゃない。あくまで自分自身。


江上治

私は有名スポーツ選手から経営者まで、年収1億円超のクライアントを50人以上抱えていますが、彼らは皆ワガママ。同じコーヒーでも、200円のスタバではなくリッツ・カールトンの2000円。この差額は、心地よい空間を提供するサービス料です。そんな環境に慣れている彼らは、「ここまで尽くしてくれるか!」という感動がなければ心を開きません。普段からいろんな人が近寄ってきますから、非常に用心深く、何かを売りつけられるのを強く警戒します。目に見えない金融商品ならなおさら。「こいつに預けて大丈夫か?」という疑いの目で見ます。まず、彼らの心を開かなければなりません。ですから、私は商品の話は一切しません。相手が私にどんなことを期待しているか、何を欲しているかのリサーチとヒアリングを、事前に時間をかけて徹底して行います。秘書や受付、会社のナンバー2らにその人の性格や欲していることを聞き込み、本を出していればそれを読んでおく。こうした一歩目のアプローチで、勝負の9割は決まります。


バートランド・ラッセル

幸福の秘訣は、こういうことだ。あなたの興味をできるかぎり幅広くせよ。そして、あなたの興味を惹く人や物に対する反応を敵意あるものではなく、できるかぎり友好的なものにせよ。


長谷川閑史

研究開発のあり方が大きく変わろうとしている。自社内だけで行っていると、「ノット・インベンテッド・ヒア・シンドローム(自前主義症候群)」といって、別組織が生み出したものであることを理由にその技術やアイデアを「うちにもっといいものがある」と受け入れない意識になりがちだ。しかし、医薬品産業も変革期にある今、それでは取り残される。


本田健

「弱運」がちょうどいい。強い運を持ってしまうと、かえって人生が悪くなったりします。運が良すぎると嫌われて、足を引っ張られたり、仲間外れにされたり……。強い運は、周囲の嫉妬を買うのです。1人で勝ちすぎると、負けた人の気持ちに寄り添えられなくなったり、上から目線でものを言ったりもするでしょう。こうして慢心すれば、周囲の不興を買ってマイナスの状況が悪化するのは、自明の理です。


吉松徹郎

一般的には、ネット上で自社製品やサービスを認知してくれた人をリアルな顧客にしていこうと考えます。ですが、それだけでは上手くいかない。消費者からすれば、そうした企業のホームページやSNSなどで流れているのはキャンペーン情報に過ぎないからです。そうしたやり方ではなく、リアルな顧客をまず掴み、その方々とネット上でどのようにコミュニケーションを取っていくかが大切なのです。


佐々木常夫

最近、企業の不祥事がよく起こるのは、社会貢献という鉄則を忘れてリーダーたちが自己の利益ばかり考えるようになってしまったからです。人間性がなく信頼もない。それは心の奥底にあるべき真摯さ、誠意が欠如しているからだと思います。


鈴木あや(IBM)

部下が指示をしないと動かない状況を変えたいなら、「自分で動けばそれが評価される」ということを、部下に伝える機会をつくるべきです。


西村晃(経済評論家)

ビジネスでは、しばしば「ニッチ(すき間)を狙え」と言われます。そこを狙って掘り下げることで、意外に大きなマーケットがあるものです。