名言DB

9412 人 / 110637 名言

古井祐司の名言

twitter Facebook はてブ

古井祐司のプロフィール

古井祐司、ふるい・ゆうじ。日本の医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。東京大学医科学研究所勤務、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教、ヘルスケア・コミッティー株式会社代表取締役就任。そのほか東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教などを務めた。

古井祐司の名言 一覧

習慣を継続するには周囲を巻き込みつつ行なうのも良い方法です。中間管理職の人なら、部下の健康管理も仕事の一部と考え、始業時間前に体操の時間を入れたり、飲み会の席で「揚げ物よりまずは野菜から注文しよう」と提案したり、といった方法がお勧め。自分の意識が高まるのはもちろん、職場全体の健康状態の向上や仕事の効率アップも図れます。


健康を維持するには、極端な方法ではなく、複数の習慣で身体が受け入れやすい程度の変化をしてみることが大事。バランスの良い食事、睡眠時間の確保、座りっぱなしや立ちっぱなしを避けてときどき身体を動かすことなどを着実に続けることが効果を発揮します。


自分の状態を自覚することは、重要なきっかけとなります。自覚が高まると、健康に対する意識も自然に高まるからです。意識が高まると、それまで何気なく行なっていた生活習慣を見直す気持ちが芽生えます。


血圧はあえて一度「忙しいとき」に測ってみることをお勧めします。朝や健診時などに測るととくに問題のない人でも、仕事に追われているときは予想外に高い血圧になっていることがあるのです。緊張状態ではこのくらい止がるのだ、と知っておくと、「こまめに休憩を入れよう」という意識も同まるでしょう。


とくに危ないのは「疲れの感度が弱い人」。仕事に夢中になるあまり、疲労を感知できないタイプの人です。こうした人は気づかないうちに限界を超えていて、ある日突然倒れてしまう可能性があります。


若いときは少々無理ができても、病気になる確率は確実に上がります。女性の場合は、40代以降のホルモンバランスの変化に伴う更年期障害や、乳がん等にかかるリスクの増加も視野に入れなくてはなりません。ところが、こうした危険に対して自衛策を取っている人は少数です。その理由として、多くの人が「体調を正確に把握できていない」ことが挙げられます。自分が危険水域にいるかどうか認識できていないため、対策を打つ必要性も感じないのです。


古井祐司の経歴・略歴

古井祐司、ふるい・ゆうじ。日本の医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。東京大学医科学研究所勤務、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教、ヘルスケア・コミッティー株式会社代表取締役就任。そのほか東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教などを務めた。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

社長就任当初、「QSC(クオリティ、サービス、クリンリネス)以外はやるな」と明言していました。業績不振はQSCを疎かにしていたことによると分析していたからです。


中野裕(経営者)

社員と何度もコミュニケーションを取り納得してもらうこと、相手の声を理解することが一番重要。


名越康文

はっきりさせておかなければいけないのは、「イライラする感情を作り出しているのは自分の心」だということ。ストレスの要因を自分以外の何かにしている限り、イライラは抑えられません。


IKKO

50の手習いで始めた書。書には人生が出るんです。自分の字に、責任が持てるようになりたいですね。


妹島和世

とにかく一緒にやってもらうことが第一。スタッフについてきてもらう。そうする中で、人それぞれの力を発揮してくれます。たしかに、早い遅い、力の大きい小さいはある。場合によっては、上手く力が合わさらないときもありますが、一緒にやりながら、いろいろなことを覚えてもらう。もちろん、こちらが教えてもらうこともあります。


ポール・シーリィ

中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


小路明善

商品を通して、社会貢献につながる活動に取り組み、かつそれが事業としての価値を生み、利益を生み出すというように、成長を遂げていかなければいけない。


松藤民輔

現在、ネバダ州の金鉱山は年間約1.7トンの金を産出しています。基本的に私は、ものの考え方や意識の持ち方を伝えること、優先すべき事項を指示することに徹し、現場の仕事は、全部現地の人たちにお任せしています。裏を返せば、任せられる人材がそろってきているわけです。この事業では、山より人を中心に選んでいくことが重要なのです。


中竹竜二

リーダーはみんなを「引っ張る」(リーダーシップ)だけではなく、メンバーが主体的に動けるよう、あえて黙って見守ったり、必要に応じて助言したりと「支える」(フォロワーシップ)側に回ることも欠かせない。強いチームを作るためには、両方が不可分な要素だと考えています。


久野康成

価値観は、企業文化をつくる。これは、トップマネジメントの価値観により左右される。


小林靖弘

会社の数字はオープンにして、売上高と売上総利益、営業利益がどれぐらいなのかを全社員が分かるような仕組みにしています。


枡野俊明

何よりも大事なのは、続けること。いつも部屋をきれいにしていることは、いつも整った心でいることです。しかし、忙しい毎日の中で、すべての部屋を掃除しようと思うと長く続きません。いつもより少しだけ早起きして、窓を開けて新鮮な空気を吸い込み、10分なら10分、5分なら5分というように、掃除の時間をあらかじめ予定に組み込んでおきましょう。そして、今日は玄関だけ、翌日はキッチン周り、その次はトイレのみと、場所を小分けにして、決めた時間内でしっかりと心を込めて掃除する。まずは、朝に掃除をするという習慣を身につけましょう。


冨山和彦

自分に対する評価の誤りが、モチベーション低下につながっているケースは少なくありません。たとえば、過大評価していれば、「俺はもっと難しい仕事ができるのに、なぜこの程度の仕事しか与えられないのか?」という考えをもってしまいます。すると、腐ってしまい、目の前の仕事に身が入らなくなる。あるいは、自分の能力をはるかに超える仕事を引き受けて失敗します。すると、自分自身がショックを受けるだけでなく、周囲にも迷惑をかけることになるでしょう。


藤田晋

当社はブログを事業としている会社なので、多くの社員がブログを書いています。そのなかでも「面白いな」と思えるブログは、アクセス数を伸ばすためのネタと、どうしても訴えたいメッセージを、うまく織り交ぜている文章です。私も、重たい文章が続いたら次は軽くしてみたりというように、いつもバランスには気をつけています。


及川智正

最も大きいのはクチコミです。今はかなり大きな規模になりましたので、既に当社の仕組みを採用しているスーパーの売り場を見た他のスーパーから「うちでも採用したい」というお話を頂いたり、登録録している生産者から聞いて「俺も出荷してみたい」と新規に登録されたりですね。