名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

古井祐司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

古井祐司のプロフィール

古井祐司、ふるい・ゆうじ。日本の医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。東京大学医科学研究所勤務、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教、ヘルスケア・コミッティー株式会社代表取締役就任。そのほか東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教などを務めた。

古井祐司の名言 一覧

習慣を継続するには周囲を巻き込みつつ行なうのも良い方法です。中間管理職の人なら、部下の健康管理も仕事の一部と考え、始業時間前に体操の時間を入れたり、飲み会の席で「揚げ物よりまずは野菜から注文しよう」と提案したり、といった方法がお勧め。自分の意識が高まるのはもちろん、職場全体の健康状態の向上や仕事の効率アップも図れます。


健康を維持するには、極端な方法ではなく、複数の習慣で身体が受け入れやすい程度の変化をしてみることが大事。バランスの良い食事、睡眠時間の確保、座りっぱなしや立ちっぱなしを避けてときどき身体を動かすことなどを着実に続けることが効果を発揮します。


自分の状態を自覚することは、重要なきっかけとなります。自覚が高まると、健康に対する意識も自然に高まるからです。意識が高まると、それまで何気なく行なっていた生活習慣を見直す気持ちが芽生えます。


血圧はあえて一度「忙しいとき」に測ってみることをお勧めします。朝や健診時などに測るととくに問題のない人でも、仕事に追われているときは予想外に高い血圧になっていることがあるのです。緊張状態ではこのくらい止がるのだ、と知っておくと、「こまめに休憩を入れよう」という意識も同まるでしょう。


とくに危ないのは「疲れの感度が弱い人」。仕事に夢中になるあまり、疲労を感知できないタイプの人です。こうした人は気づかないうちに限界を超えていて、ある日突然倒れてしまう可能性があります。


若いときは少々無理ができても、病気になる確率は確実に上がります。女性の場合は、40代以降のホルモンバランスの変化に伴う更年期障害や、乳がん等にかかるリスクの増加も視野に入れなくてはなりません。ところが、こうした危険に対して自衛策を取っている人は少数です。その理由として、多くの人が「体調を正確に把握できていない」ことが挙げられます。自分が危険水域にいるかどうか認識できていないため、対策を打つ必要性も感じないのです。


古井祐司の経歴・略歴

古井祐司、ふるい・ゆうじ。日本の医学博士。東京大学大学院医学系研究科修了。東京大学医科学研究所勤務、東京大学医学部附属病院22世紀医療センター助教、ヘルスケア・コミッティー株式会社代表取締役就任。そのほか東京大学政策ビジョン研究センター健康経営研究ユニット特任助教などを務めた。

他の記事も読んでみる

秋元康

僕は目の前にあるものは何も見ません。現在の流行とは1、2年の遅れを経てここに形になっているため、今から同じ事業を展開しようと思っても絶対に間に合わないのです。


大橋徹二

全然心配する必要はない、あまり一喜一憂せず粛々とやっていればその国の人にも貢献できるし、我々も頑丈な基盤が築ける。


津賀一宏

「お客さまの役に立つ」ということを最も重視する会社こそ目指すべき姿。


森下裕道

ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉)は、たとえネガティブな状況であっても使うことができます。たとえば、部下が会議の遅れてやってきた際に、「時間を守れよ!」と注意することは簡単ですが、部下は「そんなことわかってますよ!僕だって忙しいんです!」と内心反発を覚えるはずです。そういう場合こそ、「忙しいのによく来てくれたね」とねぎらいの声をかけてください。部下は「次からは時間を守らなくては」と思うはずです。


真田哲弥

インターネットについて学ぶため、アクセスに入社しました。当時のアクセスは社員数が40~50人のベンチャーで、私が初めての文系社員でした。他は皆、エンジニアです。アクセスに在籍したのは、結局1年ほどでした。その間ほとんど会社に泊まり、ほとんど寝ず、とにかく勉強をして、営業として走り回りました。技術がまったくわからなかったのに、CPUベンダーに対して「我が社のTCP/IPは他社よりもここが優れています」なんていう専門的な話をするようになったのですから、今から振り返ると、自分でも驚きますね(笑)。iモードのシステム全体を受注したり、携帯電話端末の各メーカーを束ねるプロジェクトマネジメントをしたりするうちに、インターネットのインフラが整えば、次はコンテンツが求められると考えるようになりました。そこで、社長にコンテンツ事業を始める提案をしたものの、エンジニアの会社なのでOKが出ず、独立を決意したのです。私が今、こうしてIT企業を経営できているのは、すべてアクセスで学ばせていただいたおかげです。まさに、ターニング・ポイントとなった1年でした。


弘兼憲史

チームで動こうとするときに見られる典型的な3つの行動パターンがある。やるべきことを理解して積極的にチームを引っ張るタイプ。とにかく言われたことだけはちゃんとやろうとするタイプ。できればやりたくないと思っていて、やたらに不満を述べ立ててチームの足を引っ張るタイプ。一見するとチームをまとめる上で一番厄介なのは3番目のタイプのように見える。しかし、不満があると言ってくれればそれを解消する方法を考えることができる。


むのたけじ

人間は生きていく力をまったく失ったら自殺しない。しようにしても、できやしない。自殺を考えるのは、生きる力がまだ十分に残っている証拠である。失意はバネである。


片田珠美

根も葉もない噂を広める人に対して避けたいのは直接対決。「噂話を流すのはやめろ!」とダイレクトに怒りを表明すれば、妬みの感情を助長して火に油を注ぐようなもの。誹謗中傷がエスカレートする可能性がある。


田口弘

人脈はいわば仕事における肥料であって、肥料だけで芽は出ない。種は自分で作らなければならない。


松井道夫

人生もそうだと思いますが、ねちっこくないといけない。これを簡単な言葉で言ったら「あきらめるな」ということになるのでしょう。あきらめというのは「逃げ」ですから、あきらめちゃいけないんです。とはいうものの、私自身、いつでも逃げ出したい衝動には駆られます。でも、人間の行為で一番後悔するのは、逃げることでしょ。逃げると自分自身が許せなくなってきます。あとで悔やむのは自分。そんなことで苦しみたくないから、逃げない。その一念でやっています。


依田宣夫

一昔前は、奥さんが家計簿をつけて、決まった収入の中でいかに上手く切り盛りするか、という発想でもよかったんです。しかし、経済の発展に伴い、銀行のローンや生保といった金融サービス・商品、株取引などをはじめ、貯蓄・運用の形も大きく変わりました。その結果、家計も複雑になり、従来の家計簿では対応することが難しくなりました。そこで、企業で使われている複式簿記の考え方を家計で利用する方法として、家計決算書を提唱してきました。


小島忠雄

わかりました。では、私を帰らせてください。本社の言うことを何でも聞く人を社長にすればいい。
【覚書き|米国販売会社社長時代、本社に確認を取らずどんどん改革を行ったことについて本社から苦言を呈されたとき言った言葉】