名言DB

9412 人 / 110637 名言

取出新吾の名言

twitter Facebook はてブ

取出新吾のプロフィール

取出新吾、とりで・しんご。日本の広報マン。茨城県広報監。千葉県出身。青山学院大大学院理工学研究科物理学専攻修士課程修了。インテルに入社。インテル在籍中に茨城県広報ICTディレクターとして「いばキラTV」のてこ入れに従事。同サイトを日本一の自治体動画サイトに育てた。その後、インテルを退職し、茨城県広報監に就任。

取出新吾の名言 一覧

いばキラTVの強さの大きな秘訣は「自由度の高さ」なんです。よその自治体さんでも、ここまで自由にできれば面白くなるでしょうね。


キーワード検索を意識してタイトルをつけるようにしています。例えば番組名だけでなく具体的な内容も入れる、文字数を短くするなどです。これはウェブに携わっている人には当たり前のことですが、映像分野の人はあまり知らないんですよね。


お金をかけて長く、豪華な動画を年に1~2本作るよりも、同じ金額を使うなら短いものを数多く作った方が、自治体の魅力は伝わる。


地元のおいしい店など「ちょっと気になる」程度の情報にも、実は十分に訴求力があるんです。何に魅力を感じるかは、人それぞれ。ニッチなものを多く揃え、多様な層を呼び込むのは、ネットならではの戦略です。


当初は「いばキラTV」のサイトに1日1万人の訪問者を集めることが目標でした。ところが開局当初は全然、見てもらえませんでした。まずこれを「動画を見てもらえて、茨城の魅力が伝わればいい」と再設定した。この目標を軸に、作り方や見せ方を考えました。


テレビはチャンネルを変えられても、一定の確率で視聴者が戻ってくる。対するネット動画は、「つまらない」と思われた瞬間に視聴者が離れ、戻ってきません。


取出新吾の経歴・略歴

取出新吾、とりで・しんご。日本の広報マン。茨城県広報監。千葉県出身。青山学院大大学院理工学研究科物理学専攻修士課程修了。インテルに入社。インテル在籍中に茨城県広報ICTディレクターとして「いばキラTV」のてこ入れに従事。同サイトを日本一の自治体動画サイトに育てた。その後、インテルを退職し、茨城県広報監に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

他人に対して強欲であれば、他人からそれに見合った仕打ちを受けることになるだろう。強欲が原因でお金の問題で苦労していると思われる人に出会うと、私は、例えば慈善事業など自分が応援したい団体に、少額でいいからお金を寄付する習慣を身に付けてみてはどうかと助言している。本気で金持ちになりたいなら、「まず与える」ことができるようになろう。


松岡浩(経営者)

社員から改善提案を募集し始めたのは創業6年目のこと。社員たちにこの会社で働くことの意識を高めてもらおうと考えて始めました。毎月1件知恵を出すというのが、当初、私が社員に唯一の命令として強制したことです。だから最初は「何でもいいからアイディアを出したら1件500円の報奨金を差し上げます」と。そしたら一気に1か月で500件近く出たので、知恵をつのれば改善というのはこんなにも出るものなのかと思いました。


木川眞

変革を実行するのは現場の社員です。「ヤマトは我なり」という小倉(昌男)さんの社是があります。トップの役割は社員に変革を理解してもらい、進めること。つまり、ボタンを押すことです。そのためには社内外に分かりやすい言葉で発信することが大切です。


加瀬豊

新興国は札束で頬を叩きながらイニシアチブをとろうとする相手を全面的には信用しません。ですから、資源国も自分のところの権益は残し、そのうちの何割かを相手に買ってもらってパードナーシップを組もうとします。搾取ではなく、我々もそれに応えてその国と一緒に産業を育てていく。そのベースにある信頼感が、欧米諸国とは違う日本人の強みであり、日本企業に期待されていることだと思います。


桐山一憲

新卒社員にも入社直後から結構大きな仕事の責任を与えています。恐らく1年目で日本のほかの会社の5年目ぐらいの仕事を任されます。非常に大変ではあるけれど、職務をこなした暁には、想像以上に力が付きます。


森田直行(経営者)

「Aをやると、代わりにBができなくなる」というとき、京セラなら「AもBもやれ」と叱られる。両方を実現する方法を考えればいい。


Mr.マリック

「迷ったら、迷わず原点に返れ」といいますね。まさに私がそうでした。地元のデパートに必死で頼み込んで、もう一度、実演販売の仕事からやり直すことにしました。やがて、上京。所持金は皆無でした。そのときから14年間、都内のデパートの手品コーナーに私は立ち続けました。接客業ですし、連日、休憩なしの8時間ぶっ通しの仕事でしたが、つらいと思ったことはありませんでした。いつか自分のライブ・ショーを開きたいという夢があったからです。


佐藤康光

修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。


遠藤功

大切なのは「微差」を追い求めることだ。トヨタのカイゼンもいわば微差の積み重ねだ。現場では微差こそが決定的な差になる。ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏の青色LED(発光ダイオード)開発にしろ、東レの炭素繊維にしろ、小さな努力を積み上げた結果生まれた。


リンダ・グラットン

有形資産については2つの取り組みが必要です。一つは、長い人生に備えて貯蓄を増やすこと。もう一つは、収入がいつ減っても困らないようなライフスタイルを構築することです。マルチステージの人生においては例えば探索にふけるステージのように、その期間はあまりお金を稼ぐことができないステージがあります。資産運用以外のことに多くの時間を振り向けられるように資産運用自体も柔軟なものにすることも必要でしょう。


デカルト

いま私は、感覚はときとして我々を欺くこと、感覚を信頼するのは無謀であることを確認した。


野村文吾

高齢者や小学生に、バスの乗り方を教える出前講座を始めました。きっかけとなったのが、地域住民から寄せられた「バスの乗り方が分からない」という声です。社内ではそれまで「バスの乗り方は知っているが、目的地まで行く路線が少ないなど、不便だから利用しない」という認識が定着しており、こうした住民たちの声があることに驚きました。


澤村諭

IoTに関連するビジネスを展開するうえで難しいのは、かつてのように複数の企業で市場を分かち合えるような大きな需要をもたらす単一のニーズがなかなか見当たらないことです。市場に潜在する多種多様なニーズをひとつひとつ拾い上げて、それに対応するソリューションを迅速に提供しなければなりません。


田中仁(経営者)

サングラスは色々な形状や色があります。レンズの濃さやフレームの形はどういうものが求められるのかという気付きを得て、次の商品開発に活かす。これを繰り返して少しずつ売れるようになり、将来には花を咲かせる。売れないテイストを外して売れる要素を盛り込んだものに変換していったのが勝因です。


西田厚聰

人間は非合理的な感情を持った動物ですから、体系的な手法では解決できない非合理的な側面をたくさん持ち合わせています。できなければ恥ずかしいとか、負ければ悔しいといった、人間の原初的な感情が強靭なバネとなって、ものごとに邁進する強い情熱を掻き立てます。目的を達成しようとする強い意志を備えた情熱が、事業を遂行し、競争を勝ち抜く力となります。