取出新吾の名言

取出新吾のプロフィール

取出新吾、とりで・しんご。日本の広報マン。茨城県広報監。千葉県出身。青山学院大大学院理工学研究科物理学専攻修士課程修了。インテルに入社。インテル在籍中に茨城県広報ICTディレクターとして「いばキラTV」のてこ入れに従事。同サイトを日本一の自治体動画サイトに育てた。その後、インテルを退職し、茨城県広報監に就任。

取出新吾の名言 一覧

いばキラTVの強さの大きな秘訣は「自由度の高さ」なんです。よその自治体さんでも、ここまで自由にできれば面白くなるでしょうね。


キーワード検索を意識してタイトルをつけるようにしています。例えば番組名だけでなく具体的な内容も入れる、文字数を短くするなどです。これはウェブに携わっている人には当たり前のことですが、映像分野の人はあまり知らないんですよね。


お金をかけて長く、豪華な動画を年に1~2本作るよりも、同じ金額を使うなら短いものを数多く作った方が、自治体の魅力は伝わる。


地元のおいしい店など「ちょっと気になる」程度の情報にも、実は十分に訴求力があるんです。何に魅力を感じるかは、人それぞれ。ニッチなものを多く揃え、多様な層を呼び込むのは、ネットならではの戦略です。


当初は「いばキラTV」のサイトに1日1万人の訪問者を集めることが目標でした。ところが開局当初は全然、見てもらえませんでした。まずこれを「動画を見てもらえて、茨城の魅力が伝わればいい」と再設定した。この目標を軸に、作り方や見せ方を考えました。


テレビはチャンネルを変えられても、一定の確率で視聴者が戻ってくる。対するネット動画は、「つまらない」と思われた瞬間に視聴者が離れ、戻ってきません。


取出新吾の経歴・略歴

取出新吾、とりで・しんご。日本の広報マン。茨城県広報監。千葉県出身。青山学院大大学院理工学研究科物理学専攻修士課程修了。インテルに入社。インテル在籍中に茨城県広報ICTディレクターとして「いばキラTV」のてこ入れに従事。同サイトを日本一の自治体動画サイトに育てた。その後、インテルを退職し、茨城県広報監に就任。

他の記事も読んでみる

池田潤一郎

顧客から見たときに、コンテナ会社の中で、一定の規模を持った大きなプレーヤーであって、安定性があり、信頼の置ける会社であるということが一番大事。


飯田亮

苦しみ楽しみは同義語。両方混在している。苦しみがなければ楽しみはない。


澤田秀雄

黒字経営のコツはまず経費削減です。経営が危うくなる企業は、往々にして無駄なお金を使っています。特に会社が大きくなると、どこの部署から赤字が出ているのか、どこに無駄があるかが見えづらくなります。会社にぶら下がっているだけの社員もおりますから、そうした経費は徹底的に削減します。大抵それだけで黒字にはなります。ただし、必要な経費まで下げては本末転倒なので、見極めが必要です。


ケネス・クラーク

レオナルドは物がどう動くかを記録するだけでは満足しなかった。なぜ動くのかということも発見したかったのだ。技術者を科学者に変えるのは、こういう好奇心だ。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

浅薄な人々は、幸運と境遇を信じ、深慮ある人々は、原因と結果を信ずる。


森田康

人間のやることに完全無欠はあり得ず、何をやってもどこかに欠点が残る者である。それに気づいて直すと、また欠点に気付いて直す。仕事とはこの繰り返しであり、この努力の積み重ねが成長、発展につながって初めて進歩する。


大江英樹

何かを購入する際はそれが本当に必要か、よく考えることが大切。


越智直正

プロとしてお客様のために最善を尽くす。それが商人の仕事。


永守重信

日本企業が買収に失敗する最大の理由は、買ったら終わりと思うからですね。買うまでが20%で、残り80%を会社をよくしたり、シナジー効果を出すために費やす。トップが「買ったからお前が行ってこい」では失敗します。買ってからがトップが最もエネルギーを費やさなきゃいかん段階なんです。


小林義雄(経営者)

伊藤園は一軒一軒のお客様と丁寧に接して、自動販売機一台もお客様と思っています。ですから、自販機に対しても当社はだらしない管理をすることはありません。台数などもしっかりと頭にたたき込まれています。


大屋敦

私が住友に入ったときは第一次大戦の終末に近いころで、一獲千金の夢に大阪の財界は有頂天になっていた。商売や投機をやらぬ住友など、二流の資産家に転落するのではないかと案ぜられたこともあったが、終戦後に起こった大恐慌が、いっさいを常道に戻し、住友の関西財界における名声は、また昔にかえった。
【覚書き|住友家家訓「浮利は追うべからず」の実践例を語った言葉】


柳井正

僕が重視しているのは、社員に世界の現実を知ってもらうことです。日々の業務において、目の前のことしか見えていない人が多いように思います。見えない世界に対する好奇心を持つこと、社会性や感情的なものをもっと大事にしないといけない。


橘フクシマ咲江

誰に対しても自分の意志をしっかり伝えるポイントは、大きく分けて2つあります。

  1. 伝えたいメッセージを明確に持っていること。メッセージがあやふやでは、同僚や家族にだって「何を言っているのかわからない」と言われてしまいます。外国人が相手ならなおさらです。
  2. 相手やTPOに合わせて、表現の仕方や話し方を変えていること。例えばグローバルな会議などでCEOがスピーチのとき、ロジカルでダイナミックな欧米式のスピーチが良いとされています。しかし、日本では「論理的に整理されていて、聞きやすい」と感じる人もいれば、「ドライで人間味がない」と感じる人もいるでしょう。後者のタイプが多い場では、情緒に訴える日本式のスピーチの方が効果的な場合もあります。

高畑充希

昔は台本を読んで想像した正解に近づくことを目標にしていたし、100%達成できるものがあると思い込んでいた。でもいまは、現場に行って初めて分かること、その場の臨場感で生み出せるものがあるなと。そのぶんダメだったときの落差は激しいけど、それが意外な空気を生み出したり共演者の方に助けられたことで次に繋がったり、面白くなることもあるんだと知りました。


メンタリストDaiGo

読書はストレス解消に向いています。ストレスを解消するには、「ゆっくり自分一人の時間を取る」ことがすごく大事。読書といっても、何か仕事で読まなくてはいけない本を読むのでは、ゆっくりした時間が取れません。小説のようなフィクションや紀行文などを読むと良いでしょう。これらは、他人への共感能力を上げる意味でも役立ちます。集中できるよう、読書の間はスマホの電源を切っておきましょう。


ページの先頭へ