名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

反町勝夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

反町勝夫のプロフィール

反町勝夫、そりまち・かつお。日本の学校経営者、弁護士、弁理士、税理士。「東京リーガルマインド(LEC)」創立者。群馬県出身。東京大学経済学部卒業後、電通に入社。公認会計士試験、司法試験に合格。その後、東京リーガルマインドを創立した。

反町勝夫の名言 一覧

米国に次ぐ経済大国を維持するためには、企業の国際競争力とともに、人材の国際競争力を目指していかなければなりません。それによって、極東のひなびた小国に陥る道を脱することができるのです。


反町勝夫の経歴・略歴

反町勝夫、そりまち・かつお。日本の学校経営者、弁護士、弁理士、税理士。「東京リーガルマインド(LEC)」創立者。群馬県出身。東京大学経済学部卒業後、電通に入社。公認会計士試験、司法試験に合格。その後、東京リーガルマインドを創立した。

他の記事も読んでみる

田中和彦

50代は、まだ枯れるには早すぎる。男性の平均寿命は80歳。あと30年も残されているのです。大学卒業後、社会人として過ごした年月を超えます。その半分の15年を過ごした65歳の人を見ても元気で、老人なんていません。それなのに、守りに入った生き方で楽しいでしょうか。


平井伯昌

選手のやる気が増したからといって、闇雲に練習量を増やせばいいというわけではありません。逆にオーバーワークでけがをしてしまったり、練習をこなすだけで疲れて終わってしまったりする恐れがあります。結局、人にやらされる練習では、ひとつひとつの練習の質を自分で高めようという、もう一段高いフェーズにたどり着けません。これはもったいない。


鉢須祐子

フリーランサーはすべての出会いが一期一会みたいなものですが、SNSのおかげでコミュニケーションの初期段階を省けることで、仕事が格段にやりやすくなる。


マイケル・ゲルブ

あなたは奥さんやご主人、子供や友人、顧客、同僚、上司、部下から定期的に感想を求めることにより、好奇心を強化し、自己認識を深めることができる。次のように尋ねてみよう。私の弱点、自分では気が付かない短所、改善すべき点は何か。私の長所、美点は何か。その答えをノートに書き留めて、あとでじっくり考えるのだ。


小林弘幸

体力や体調の変化を考える際、30代・40代という区切り方をすることが一般的ですね。しかし本当は、「5のつく年」で区切ったほうがいいのです。「30代に入っても元気でバリバリ働けている!」という人は珍しくありませんが、そうした人たちも35歳を過ぎると、次第に無理が利かなくなってきたのを感じるはず。なぜなら、本当の曲がり角は35歳だからです。同じく、45歳も節目のタイミングです。さらに疲れが出やすくなり、メタボや生活習慣病に悩む人も増えてくるでしょう。


中鉢良治

情報をリンクするためには、情報のストックが必要です。僕の場合は、気になった情報を手帳にすべて手書きでメモしていきます。この手帳術は、学問を志していた30年以上前から始めており、いまでもソニー手帳を利用して、欠かさず続けています。いってみれば、手帳がアナログのデータベースになっているのです。情報のストックが多ければ多いほど、連結点も増えていくというわけです。


朝田照男

現場を踏んだ経験を持つ社員が丸紅の財産です。経営を支えているのは現場なんです。


Mr.マリック

マジックには言葉が通じなくとも感じ合える力がある。人は目の前で信じられないことが起きると、驚き、楽しんでくれる。言葉の壁、人種の壁を軽々と超えてしまう。


安田佳生

たとえば製造業で、人件費の安いアジア諸国で製品をつくれば、同じものが日本の半分以下のコストでできます。そうなるといくら頑張ったとしても、これまでの方法の延長線上では勝ち目がありません。つまりこれまでの仕事のやり方に縛られていてはダメなのです。


弘兼憲史

チームで動こうとするときに見られる典型的な3つの行動パターンがある。やるべきことを理解して積極的にチームを引っ張るタイプ。とにかく言われたことだけはちゃんとやろうとするタイプ。できればやりたくないと思っていて、やたらに不満を述べ立ててチームの足を引っ張るタイプ。一見するとチームをまとめる上で一番厄介なのは3番目のタイプのように見える。しかし、不満があると言ってくれればそれを解消する方法を考えることができる。


ジェームス・スキナー

「やってみる」はダメだ!どっちつかずの行動はあり得ない。「絶対やるんだ!」というマスト(絶対に●●しなければいけない)状況に追い込めば成功するのは簡単。


佐藤光男(薬学博士)

言われたことを意味がないと思いながら黙ってやる人が増えたら、会社はつぶれます。部下には「自分のために仕事をしろ。ゆめゆめ会社のために仕事をするなんて考えちゃだめだ」と言っています。これだけ会社に尽くしたのに報いてくれない、という考え方はおかしい。ムダだし、不幸なことだと思います。