反町勝夫の名言

反町勝夫のプロフィール

反町勝夫、そりまち・かつお。日本の学校経営者、弁護士、弁理士、税理士。「東京リーガルマインド(LEC)」創立者。群馬県出身。東京大学経済学部卒業後、電通に入社。公認会計士試験、司法試験に合格。その後、東京リーガルマインドを創立した。

反町勝夫の名言 一覧

米国に次ぐ経済大国を維持するためには、企業の国際競争力とともに、人材の国際競争力を目指していかなければなりません。それによって、極東のひなびた小国に陥る道を脱することができるのです。


反町勝夫の経歴・略歴

反町勝夫、そりまち・かつお。日本の学校経営者、弁護士、弁理士、税理士。「東京リーガルマインド(LEC)」創立者。群馬県出身。東京大学経済学部卒業後、電通に入社。公認会計士試験、司法試験に合格。その後、東京リーガルマインドを創立した。

他の記事も読んでみる

吉野真由美

ライバルと比べるようなフレーズは、どんな場面でも慎むべきです。人は誰かと比べられることを嫌います。たとえ相手を持ち上げるためであっても、他社や他人を引き合いに出してはいけません。とくに同じ業界同士であれば、他社が抱えている不安要因や弱点も、目の前のお客様も同じように抱えていることが少なくありません。ライバル社を貶めることで、結果的に目の前の相手も貶してしまうことになりかねません。


松川孝一

まとまった原稿を書きたいときなど、一人で温泉宿にこもることもあります。環境を変えて気分を変え、一気に片づける。もっと手軽な方法では、机の上を整理して仕事に必要なものだけが目に入るようにするなど、周囲の雰囲気を変えて気持ちをリセットし、仕事に専念できる環境をつくると集中できるものです。


セネカ

ごくわずかな人を除いて他の人々は、人生の用意がなされた途端に人生に見放されてしまうというのである。このような彼らのいわゆる万人に共通な災いに嘆息するのは、単に一般の大衆や無知の群集だけのことではない。著名な人々にさえも、このような気持ちが嘆きを呼び起こしている。それゆえにこそ、医家のなかでももっとも偉大な人物の発言がある。いわく「生は短く術は長し」と。


リリー・トムリン

熾烈な出世競争(ラットレース)の問題は、たとえ競争に勝ってもラット(実験用のネズミ)であることに変わりがないこと。


山崎大地

日本はモノづくりが先で、お客さんは後からついてくると考えがちです。しかし実際に売る段階になるとマーケットも使う人もいないことに気づき、四苦八苦する。要はお客さんからお金をもらうビジネスモデルになっていない。買い手のニーズを考えずにつくる側の論理しかないから、売れないのです。


永守重信

人の教育は「千日言行」です。同じことを繰り返し千回は言わないと、社員は育たない。


田中稔哉

メンタルダウンのサインの一つとして、「普段ならその人がやらないようなことをしている」ことが挙げられます。いつも身なりが清潔な人が、ひげをそり残していたり、シャシが汚れていたりする。そうした変化があったら、「何かあったのかも」と疑ってみましょう。普段できていたことができなくなるというのは、心のエネルギーが低下している証拠です。あくまで、「最近、調子はどう?」など、さりげない会話で十分。大事なのは、「君のことを気にかけているよ」という気持ちを伝えることなのです。


永持孝之進

社内での実験結果は貴重な財産であり、成功・失敗にかかわらず記録を残しておくことで明日への糧となります。


太田彩子

「あの人は細かいことまでうるさい」ではなく「用意周到で慎重だ」なら、好意的な感情に転換できます。逆に、相手に与える印象を変えたいときも同じ。アポイントを取るとき「お忙しいところ申し訳ありません」より、「お時間いただいてありがとうございます」のほうが、相手も明るい気持ちで対面を迎えられますよね。


武藤貴宏

僕は、自分に遠慮するのをやめたら、人生がものすごく面白くなりました。不安もプレッシャーも、失敗の経験すらも楽しめる。それは「やらない後悔」をしなくなったからです。


高橋理一郎

最近では「大学を卒業しても就職が……」といわれますが、それは法曹の世界でも例外ではありません。いわゆるロースクールをはじめとする制度改革によって司法試験の合格者が増加し、就職先を見付けられない弁護士もいるのです。そこで日弁連では「若手法曹サポートセンター」を設置し、就職の問題だけでなく、若手法曹のキャリアプランの実現の方策などにも取組んでいます。本来、夢は自分で描くものでしょうが、それができない人々をサポートする、夢を持つ動機付けをすることも大切ですからね。


石渡美奈

社員と向き合う重要性を痛感したのは、私の真意がきちんと現場に伝わっておらず、私と現場に溝が出来てしまったことに気づいた時だ。「社長のやることが分からない」「なぜこれをやる意味があるのか」「自分も頑張っているのに、なぜあの子がリーダーなのか」。上層部へ不平不満を口にし、それを態度に出す者も現れた。


桂望実

8年間のOL経験がこれだけ生かせた作品は初めてです。当時は本当にいろいろ大変な日々でしたが、作品作りに役立ったのだから、いい経験だったことにしましょう(苦笑)。

【覚え書き|小説『ハタラクオトメ』について】


田中久雄

本質的な改革を後回しにして、巨額のM&A(合弁・買収)を実施したり、単純にROS(売上高経常利益率)を追いかけたりすることはしません。長期的な成長性や収益性、あるいは財務体質の観点から見て、必ずしも良くないと考えるからです。


二宮雅也

収益力向上は喫緊の課題だと認識しています。しかし、奇手妙手はありません。基本に立ち返り、社員の潜在力を引き出し、伸ばしていくしかありません。


ページの先頭へ