名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

反田恭平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

反田恭平のプロフィール

反田恭平、そりた・きょうへい。日本のピアニスト。北海道出身。4歳からピアノを開始。高校在学中、日本音楽コンクール第1位入賞(男性史上最年少)。モスクワ音楽院留学。チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール古典派部門優勝。国内外の交響楽団でピアニストとして活躍。

反田恭平の名言 一覧

僕が大事にしているのは、「その日最後に出した音に後悔をしない」ということ。その悔いさえなければ、いつ死んでもいいと思っています。


先日行われたコンサートで、僕と指揮者、そして観客が泣いた最高の演奏があったんです。その瞬間、僕にとってピアニストが天職だと確信したんですよね。これから始まる全国ツアーでも、そんな体験が出来たらと思っています。


僕が尊敬しているモーツァルトは、どの作品も自分の死がわかっているような書き方をしているんです。僕もそんな音楽家になりたいんですよね。だから全力で食べて寝て、ピアノを弾きたい。その日々を積み重ねていけば、上手い下手の問題を飛び越え、音楽に深みが出ると思うんです。明日にでも60歳になりたい(笑)。


小さな頃から「人と同じ」が大嫌い。小学生の時も、他の子と洋服が被ることさえ嫌だった。高校のピアノの授業を、Tシャツにビーチサンダルで受けた時は、さすがに先生に怒られました(笑)。クラシックの楽譜は作曲家の「遺品」。これを読み解いて演奏することは誰でもできる。それをどう表現するかが大事。人間の数だけ性格や顔があるように、その数だけ音楽があると思う。


反田恭平の経歴・略歴

反田恭平、そりた・きょうへい。日本のピアニスト。北海道出身。4歳からピアノを開始。高校在学中、日本音楽コンクール第1位入賞(男性史上最年少)。モスクワ音楽院留学。チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール古典派部門優勝。国内外の交響楽団でピアニストとして活躍。

他の記事も読んでみる

小池百合子

どんなに立派な建物のなかで、物々しく議会を開いていても、肝心の議員たちのマインドが変わらなければ、東京は相変わらず変革から取り残される。いまやシンガポールや香港にアジア金融都市として後塵を拝する東京が再び世界に羽ばたくには、要となる人から代えねば始まらない。


カーリー・フィオリーナ

子供時代は引っ越しがとても多かった。父がどんどんキャリアアップしていたからだ。私はいつだって転校生だった。なんとかして溶け込もう、好かれよう、友達を作ろうといつも焦っていた気がする。相手が子供でも大人でも、その人について質問するととても喜ぶということを私は知った。注意を払ってもらうのは誰だって心地いい。答えに熱心に耳を傾けてもらえればなおさらだ。このやり方で私は友達を作った。大人になって転職を経験したときも、この教訓が生きたと思う。質問をして相手に敬意を払い、答えを注意深く聞いて学ぶ。これはマネジメントでも効果的である。


牧野克彦(セールストレーナー)

好印象を持ってもらうには満面の笑顔、これが第一。ふたつ目は挨拶です。「おはようございます」と先に笑顔で言葉を発し、その後に礼をする。言葉と同時にするよりもはるかに好印象です。そうしたほうがお客様の印象に残ります。


大西賢

我々の商品は飛行機ではありません。空港や機内、その他の場所でお客様と接する社員こそがJALの商品そのものなんです。


大西洋

百貨店にとって重要なのは「お客様の生活にどれだけかかわっていけるか」ということです。お客様の生活に徹底的に関わり合いを持たせていただくために、三越、伊勢丹それぞれのよさを店頭でどのように活かしていくか。それが、今後の課題になると思っています。


平井一夫

月に一度、若手社員10人ぐらいとお弁当を食べながら議論をしたのですが、必ず出てきたのが、「ソニーは自由闊達な会社だと思って入ったが、自分は素晴らしいアイデアを持っているのに、それをどこに持っていっていいのか分からない。上司に言っても、『今そんなことしている場合ではないだろう』とか、『それはお前の仕事じゃない』と言われる」という声でした。そういう思いが社内にマグマのようにたまってきていた。そこでアイデアを評価して、いいものはブラッシュアップして商品化するメカニズムをつくらなければいけない、ということで始めたのがSAP(新規事業創出プログラム)です。


山田進太郎

カスタマーサポートの質は、ブランドイメージを左右する。


ジェフリー・フェファー

新しいつながりを手にしようと思うなら、誰一人として知り合いがいないような集まり、普段は関心がない分野の会合などに顔を出すことだ。日本には仕事の後に同僚と飲みに行く風習があると聞いているが、それを社外の人との飲みに切り替えるだけで大きく変わる。新しい出会いの中にこそ新しい学びやネットワークがあるのだ。


阪本順治

異国で映画を撮る場合、コミュニケーションを取るまでの時間が長くかかるし、思いどおりにならないことも多々あります。今回は社会主義国での撮影でしたので、許可が出るまでに時間がかかることも多かった。物資も足りないから調達するのも大変でした。大きなチャレンジではありましたが、毎日、新しいものが生まれる現場でもありました。


大山健太郎

ロマンとか思いが会社を成長させる。資本家は企業理念を実現させるサポーターであればいいんです。


坂根正弘

企業の場合、立場が上がるにつれ下の人に用意してもらった原稿を読んで話すようになりがちです。でも、それではどんなにいい内容でも説得力がなくなってしまう。私は若いころはもちろん、社長、会長になってからもずっと、必ず自分の言葉で話すようにしてきました。


平井伯昌

並大抵の練習内容では世界で勝てません。選手たちが今まで経験したことのない厳しい練習に立ち向かい、目標を達成するには、前向きな気持ちこそが大事な原動力になるのです。