名言DB

9412 人 / 110637 名言

反田恭平の名言

twitter Facebook はてブ

反田恭平のプロフィール

反田恭平、そりた・きょうへい。日本のピアニスト。北海道出身。4歳からピアノを開始。高校在学中、日本音楽コンクール第1位入賞(男性史上最年少)。モスクワ音楽院留学。チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール古典派部門優勝。国内外の交響楽団でピアニストとして活躍。

反田恭平の名言 一覧

僕が大事にしているのは、「その日最後に出した音に後悔をしない」ということ。その悔いさえなければ、いつ死んでもいいと思っています。


先日行われたコンサートで、僕と指揮者、そして観客が泣いた最高の演奏があったんです。その瞬間、僕にとってピアニストが天職だと確信したんですよね。これから始まる全国ツアーでも、そんな体験が出来たらと思っています。


僕が尊敬しているモーツァルトは、どの作品も自分の死がわかっているような書き方をしているんです。僕もそんな音楽家になりたいんですよね。だから全力で食べて寝て、ピアノを弾きたい。その日々を積み重ねていけば、上手い下手の問題を飛び越え、音楽に深みが出ると思うんです。明日にでも60歳になりたい(笑)。


小さな頃から「人と同じ」が大嫌い。小学生の時も、他の子と洋服が被ることさえ嫌だった。高校のピアノの授業を、Tシャツにビーチサンダルで受けた時は、さすがに先生に怒られました(笑)。クラシックの楽譜は作曲家の「遺品」。これを読み解いて演奏することは誰でもできる。それをどう表現するかが大事。人間の数だけ性格や顔があるように、その数だけ音楽があると思う。


反田恭平の経歴・略歴

反田恭平、そりた・きょうへい。日本のピアニスト。北海道出身。4歳からピアノを開始。高校在学中、日本音楽コンクール第1位入賞(男性史上最年少)。モスクワ音楽院留学。チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール古典派部門優勝。国内外の交響楽団でピアニストとして活躍。

他の記事も読んでみる

麻野進

組織のマネジメントでは、部下の強みと弱みを把握したうえで強みを発揮させることが定石ですが、対上司の場合は弱みを補完することが重要です。


伊集院静

人生を果てしない道を進む車として考えた場合、仕事に対してはフルスピードで突き進んでみてほしい。フルスピードで打ち込んでいけば、他の人とは違う風景が見えてくる。


甲本ヒロト

みんなにとって、人生で一番楽しいと思うことがあるでしょ? それが僕らにとってのバンドなの。録音しているときが楽しさのピークだから、完成した今の感情は「凪」(笑)。でも、ツアーが始まると、またあらたな感情の波がやって来て、最高に楽しくなるんだ。


川田修(ライフプランナー)

私は、営業で大事なことは結局、感謝と愛情だといつも言っており、それなしには、どんな工夫も生きてこないからです。できれば、その奥にある考え方を理解したうえで、テクニックを使ってほしいと思います。


茂木健一郎

自分ができなくても、できる人を知っている。あるいは、誰に任せることができるか判断できる。このような能力は、管理職はもちろんのこと、一般社員でも必要な能力とまっている。


末木紳也

専門性の高い能力を持つ人材を企業は簡単に手放すことはできない。


岸田雅裕

自分が本当に欲しいものを買うには10万円必要だけど、8万円しか手元にないとします。この時、8万円で手に入るもので妥協すると「本当はもっといいものが欲しかった」という気持ちが残ってしまう。そんな気持ちで所有しているものに、目いっぱいの愛情を注げるとは思えません。だから私は、妥協するぐらいなら買わないことにしているんです。


谷原誠

こちらの選択肢が一つしかないと、それを押しつけることになり、相手は「負けまい」と反発します。しかし、「これならどうですか?」「あの方法は?」と多くの選択肢を示して、その中から選んでもらう。そうすれば、他人の意見でなく、自分で選んだ意見となり、相手の「負ける」感覚は薄れます。


沖幸子

大切なのが「ほどほどにきれい」を心がけること。忙しいビジネスパーソンにとって、家事はなるべく時間をかけたくない仕事。要所要所を押さえておけばいい、という割り切りが必要です。


佐藤洋二

未熟であっても、どんな苦境に立たされても、相手の信頼を得られれば発展していける。


中村邦夫

一部の若者が仕事に就かないのは、やりがいを感じる会社が見つからないのも理由のひとつでしょう。個々の社員が得意分野で才能を発揮できるような企業が多くなれば、ニートやフリーターも前向きに働ける社会になるのではないでしょうか?私はその点で、日本の若い力を信じています。


稲葉善治

ファナックは常に100年、200年、またはそれ以上に企業が存続することを前提に活動しています。


野田順弘(オービック)

感情的に怒鳴ったり、失敗をかばいもせず部下に責任を押し付けたりする上司は、まず信用されません。きちんと話を聞いたうえで「部下のミスは私の責任です」と言って守ってあげられるくらいの人間性を持つ。そこではじめて部下は安心してマイナス情報を伝えられるようになるのです。


屋代浩子

肩書やお金は何も意味がありません。必要なのは、それよりも知恵やスキルなどの生きるための力です。だから子供には、貯金も家もなくなったときに身一つで何かできるよう、生きる技術を身につけなさいと伝えています。


近藤太香巳

いまでも社員と食事をする機会を多くとっています。これは人から言わせれば非効率なんですね。50人で1回行くのならまだしも、10人で5回なんて。だけど、人材育成に関しては効率がいいことなんて絶対にないんですよ。人材育成は僕の一番の仕事だと思っています。社員だけじゃなく、すべての若者に向けて、自分の経験を教えていくことが大人の役目だし、それで若者の心に少しでも風が吹けば、こんなうれしいことはないですね。