名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

友野紀夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

友野紀夫のプロフィール

友野紀夫、ともの・のりお。日本の経営者。「AIG富士生命」社長。岡山県出身。岡山大学法文学部卒業後、千代田生命保険に入社。チヨダ・ライフ・ヨーロッパ・リミテッド社長、千代田生命財務部副部長兼有価証券室室長、経営企画グループ副部長兼業務グループ副部長、管財人室室長、取締役、AIG・スター生命保険社長、ジブラルタ生命保険副会長、AIG富士生命社長を務めた。

友野紀夫の名言 一覧

少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はあるのです。これはすべてお客さまのニーズに沿ったものです。お客さまが自分で保険を選ぶ時代になりつつありますから、そこに対して当社は商品力で勝負したい。


急激に販売件数が増えたので、それに見合った社内体制の整備を急いでいます。契約が増えるとそれだけ事務手続きも増えますし、お客さまからの問い合わせも急増します。それにきちんと対応できる体制作りが必要であり、ここがしっかりしないと持続的な成長は難しい。


一般的に日本の損保事業は、近年主力の自動車保険分野の成長が鈍化。また、先の東日本大震災をはじめとした自然災害の多数発生により、経営にインパクトを及ぼす不確定要素が多様化しています。そこで比較的不確定要素が少ない生保事業にビジネスを分散させることで安定的な拡大を目指しています。


友野紀夫の経歴・略歴

友野紀夫、ともの・のりお。日本の経営者。「AIG富士生命」社長。岡山県出身。岡山大学法文学部卒業後、千代田生命保険に入社。チヨダ・ライフ・ヨーロッパ・リミテッド社長、千代田生命財務部副部長兼有価証券室室長、経営企画グループ副部長兼業務グループ副部長、管財人室室長、取締役、AIG・スター生命保険社長、ジブラルタ生命保険副会長、AIG富士生命社長を務めた。

他の記事も読んでみる

太田伸之

私は海外で日本酒を売る場合は、四合瓶に絞った方がいいと思っています。一升瓶は重いしかさばるので、輸送するにもコストが掛かります。加えて一升瓶や四合瓶が混在して商品棚に陳列されていると、統一感が出ません。見た目は感性の領域と捉えがちですが、実は論理的思考が大きいのです。


廣瀬禎彦

「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。


河瀬和幸

伝統文化の世界では「守破離」と言い、きちんと基本の型をしっかり練習することからスタートします。まずは話し上手で魅力的な人を見つけ、「心の師匠」にしましょう。対象は身の回りの人でも、芸人さんなどの著名人でも構いません。ただし忘れてはならないのが、自分が好きになれるという点。好きな人なら「もっと観察してやろう、もっとそっくりにまねよう」という熱意が湧き、その分、上達も早くなるのです。


山岡孫吉

自分でものをつくって、誰はばかるところなく値段をつけ、「この値段で嫌なら買ってくれなくても結構です」と言えるような、自信のある仕事がしたい。メーカーになろう。それも百姓生まれの私にふさわしい、この農業用の石油エンジンメーカーに。こう決心した。
【覚書き|ガスエンジンブローカーから石油エンジン製造に事業を切り替えたときを振り返っての発言】


カーネル・サンダース

失敗とは、再始動したり、新しいことを試したりするために与えられたチャンスだ。私はそう信じている。


堀紘一(コンサルタント)

仕事や人生において重要なのは目的であって、手段ではありません。「仕事時間を短縮すること」も、あくまで手段にすぎない。まずは人生の目的を設定して、「自分はこれを成し遂げたいから、そのための勉強や自己啓発の時間を確保しよう」と決めること。目的が明確になれば、どうすれば仕事時間を短縮できるか、真剣に考えて実行できるはずです。


榊原定征

私は若いときから勇猛果敢という言葉が好きなんです。勇猛果敢というと、言葉は荒っぽいんですけれども、勇気を持って難しいことにチャレンジしていこうということなんです。


勝俣恒久

社会に対して情報を公開すること、品質監査の体制強化、教育や研修を実施することで、「しない風土」「させない仕組み」を構築し、企業倫理を順守した業務運営の実施・定着に取り組みました。
【覚書き|2002年の福島第一原子力発電所データ改ざん事件後、社長に就任し改革を行ったときを振り返っての発言】


奥田務

私が大丸社長に就いた1990年代後半、日本の百貨店は業界内の戦いに明け暮れていました。しかし2000年代に入ると、ユニクロなどの新しい小売り業態が出現し、一方ではネット通販が台頭した。小売業全体の業際がなくなり、我々はあらゆる業種と戦わなくてはならなくなった。そんな状況で、百貨店の殻に閉じこもっていては成長できません。果敢に百貨店以外の事業を取り込み、ひとつの成長エンジンにすべきだと判断しました。


松山大耕

どうせ、隠そうとしても人柄はにじみ出てくるもの。どうしても見た目が気になるというなら、中身を磨くしかない。


古森重隆

私には同期入社が86人いましたが、入社時に優秀だと思った人がそれほど伸びず、そうでもないと思った同期が大きな仕事をする例もありました。何が違うんだろう。そう思って観察していると、伸びる人は仕事を通じていろいろなものを吸収し、成長してきたということでした。


出口治明

私の場合、本は図書館で借りて読むことがほとんどです。読み始めて「つまらない」と思ったら、身銭を切っていないので、抵抗なくやめられます。