名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

友野紀夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

友野紀夫のプロフィール

友野紀夫、ともの・のりお。日本の経営者。「AIG富士生命」社長。岡山県出身。岡山大学法文学部卒業後、千代田生命保険に入社。チヨダ・ライフ・ヨーロッパ・リミテッド社長、千代田生命財務部副部長兼有価証券室室長、経営企画グループ副部長兼業務グループ副部長、管財人室室長、取締役、AIG・スター生命保険社長、ジブラルタ生命保険副会長、AIG富士生命社長を務めた。

友野紀夫の名言 一覧

少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はあるのです。これはすべてお客さまのニーズに沿ったものです。お客さまが自分で保険を選ぶ時代になりつつありますから、そこに対して当社は商品力で勝負したい。


急激に販売件数が増えたので、それに見合った社内体制の整備を急いでいます。契約が増えるとそれだけ事務手続きも増えますし、お客さまからの問い合わせも急増します。それにきちんと対応できる体制作りが必要であり、ここがしっかりしないと持続的な成長は難しい。


一般的に日本の損保事業は、近年主力の自動車保険分野の成長が鈍化。また、先の東日本大震災をはじめとした自然災害の多数発生により、経営にインパクトを及ぼす不確定要素が多様化しています。そこで比較的不確定要素が少ない生保事業にビジネスを分散させることで安定的な拡大を目指しています。


友野紀夫の経歴・略歴

友野紀夫、ともの・のりお。日本の経営者。「AIG富士生命」社長。岡山県出身。岡山大学法文学部卒業後、千代田生命保険に入社。チヨダ・ライフ・ヨーロッパ・リミテッド社長、千代田生命財務部副部長兼有価証券室室長、経営企画グループ副部長兼業務グループ副部長、管財人室室長、取締役、AIG・スター生命保険社長、ジブラルタ生命保険副会長、AIG富士生命社長を務めた。

他の記事も読んでみる

ジョン・ウェルス

ビジネスは団体競技であって、個人競技ではありません。意思決定者は、様々な分野に散らばっている多くの知見をひとつにまとめる必要があります。マーケティングからオペレーション、財務、人事に至るまである程度基本を押さええていなければ、適切な意思決定はできません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

多くのお金持ちも教育については熱心ですが、普通の人と違うのは、意識しているかいないかは別として、子供たちが将来お金に不自由しないように教育をする傾向があることです。そして、そのための投資は惜しみません。


近藤誠一

きれいごとだけでは、グローバル競争に勝てないという批判もあるでしょう。しかし、競争に勝っても、目的がないがしろになるのでは本末転倒。


中原淳

学び直しのポイントは「掛け算」。趣味のことでも、仕事との接点を探して、掛け合わせると、自分だけの強みを生み出せることがあります。一つのことを深く学んでいると、その接点が見つけやすくなるのです。たとえばSE(システムエンジニア)の人が、趣味の家庭農園をしていたら、「農業×IT」を掛け合わせてみます。すると、育てるのに苦労した経験から、「個人農園の生育状況をITで管理するには?」などというアイデアが出てくるかもしれません。試しに自分の農園で試行錯誤すれば、ノウハウが溜まってくるでしょう。すると、農業とITの両方がわかる希少な人材になり、本業でも重宝されるようになった――。こうした展開は十分に考えられます。


ボブ・パーソンズ

ゴルフというのは非常に面白いスポーツで、同じ人と何回かプレーをするうちに、その人の一番良いところや、時には一番悪いところも見えてきます。それによって、信頼関係や友情関係を築くことができるのです。


松本幸夫

目標達成に重要なのは、具体的な締め切りを設定することです。期限を明確に設定しないと、目先の仕事に追われて、やるべきことをつい先延ばしにしれしまいがちです。ですから、「1年後にTOEICで600点をとる」と決めたら、期限や具体的な数字が入った目標を立てることが大切です。


工藤公康

大事なのは、選手を変えるのにモチベーションがいかに役に立つかを知ること。


南美希子

30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


三谷宏幸

富や名声は、結果であって目的ではない。成功の物差しをしっかり決め、ときに厳しいことを言っても、心ある経営者になりたい。


樋口武男

社会に出て初めて就職した小さな鉄鋼商社は、2年4カ月で退職しました。「若いころの苦労は買ってでもしろ」と言いますが、労働時間が短くて給料がよすぎたのです。このままぬるま湯のような職場にいたのでは独立したときに頑張ることができないと考えました。そして転職先を、「モーレツ会社」という見出しで週刊誌に取り上げられていた大和ハウスエ業に決めていました。


本田宗一郎

アメリカでも成長企業の社長の平均年齢は40代で、60代の社長が率いる会社は活気がなく、停滞する傾向があるといわれている。若いということは、なんと素晴らしいことかとつくづく感じた。私に目を見張らせるような新しい価値観、企業と社会の関わり合いについて新鮮な感覚、こういうものの上に築かれる、フレッシュな経営が必要になってきているのだ。
【覚書き:上記発言は引退のあいさつの中で】


原田泳幸

2001年に、苦境に陥った日本マクドナルドは大幅な値下げを実施しました。僕も、CEO就任後、2005年に「100円メニュー」を展開しています。これも実質的な値下げでした。価格を落とせば客数が伸びる。両者とも狙いは同じです。しかし、その値下げに至るシーケンス(順序)がまるで異なります。僕はまずQSC(品質・サービス・清潔さ)を引き上げました。そのうえで100円を打ち出す。まず価値を固めて、そのあとに価格で訴求したわけです。QSCの基礎がなければ顧客は店舗に足を運んでくれません。