名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

友田雅己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

友田雅己のプロフィール

友田雅己、ともだ・まさみ。日本の財務家、経営者。コスモヘルス社長。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱銀行に入行。横浜駅前支店、ニューヨーク支店、情報開発部などで実務を経験したのち米国ニューヨーク大学でMBAを取得。コンサルティング会社ATカーニーとグローバルダイニングのCFO(最高財務責任者)などを歴任し、洋菓子チェーンのスイートガーデン(旧タカラブネ)の社長を経て、コスモヘルス社長。

友田雅己の名言 一覧

トップは危機管理を周囲に相談したら駄目です。集められる情報はすべて集めても、結局判断するのはトップでしかありません。


私は日本企業のリスクとして最近気になっていることがあります。それは経営トップの在任期間が短すぎることです。創業家が経営を支配している場合は逆に長すぎるリスクもありますが、サラリーマン経営者の場合は4年程度でどんどん変わってしまいます。長期的な視点に立って経営するのが難しくなっている印象が拭えません。


友田雅己の経歴・略歴

友田雅己、ともだ・まさみ。日本の財務家、経営者。コスモヘルス社長。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱銀行に入行。横浜駅前支店、ニューヨーク支店、情報開発部などで実務を経験したのち米国ニューヨーク大学でMBAを取得。コンサルティング会社ATカーニーとグローバルダイニングのCFO(最高財務責任者)などを歴任し、洋菓子チェーンのスイートガーデン(旧タカラブネ)の社長を経て、コスモヘルス社長。

他の記事も読んでみる

横峯吉文

子育てにおいては、自立のためにいろいろなことを自分でやらせて、失敗しても自分で乗り越えさせていく。それには、「前よりどこがよくなったか」を常に指摘することが大事。


西口尚宏

どの産業にとっても、イノベーションが日本の企業が生き残るための大きな鍵を握っています。イノベーションは本業の革新と新規の事業の2つの側面があります。決して、飛び地の新規事業のことだけではありません。


谷まさる

努力の末にたどり着いたのがエールフランス主催のコンテストでの特賞でした。その賞品で渡仏。このとき「環境が人を変える」を実感しました。モンマルトルの丘を歩きフォーブール・サントノレを巡る。自然と感性が磨かれた気がしました。事実その後、描く線も色選びも生地選びもすべて変わった。デザイナーとしてのスキルを高め、視野を広げられたことが実感できたんです。


小室淑恵

仕事が遅い人は、自分の仕事を分解することから始めてみるとよいでしょう。残業が多い人のスケジュールで典型的なのは、「13時~18時 資料作成」などのアバウトすぎる予定の立て方です。資料作成を細かく分解すれば、自分だけではできない作業があることがわかります。また、上司のチェックも、何時ごろにチェックをもらえる状態になるかを考え、朝のうちに見にアポイントをとっておかなくてはなりません。


樋口武男

たとえば介護施設などは、そこまで儲かりはしないが損をするということもない。経営効率としてはよくないですけれど、ないと困る人がいるからやる。そこが企業の存在価値だと思っています。企業ですから利益を上げない事業は許されない。


丹羽宇一郎

自分の仕事に関することを、一流のレベルになるまで勉強すること。残業が多いのもいいとは言えませんが、早く帰って遊んでいてもいけない。毎日、30分でも、勉強の時間を取るべきです。


髙橋秀幸(経営者)

経営者の分身を育成するための手法とは何か。私が考える一つの方策は「自分は何のために働き、仕事に何を求めているのか」「どんな社会人になりたいのか」といった自分の生きる道を若い人が若い頃に考え抜くことだと考えます。


栗山英樹

開幕投手を任せた斎藤佑樹をシーズン途中で二軍に降格させたのは、彼が周囲を納得させるだけのピッチングを続けることができなかったからです。何試合連続して打たれたからダメといったことではなく、周囲を納得させられるラインをクリアしているかどうかが、判断基準になりました。


満岡次郎

私の役割は信頼回復に向け、「企業体質の改善」と「収益基盤の強化」の2点に尽きます。


森田隼人(シャボン玉石けん)

当社の洗濯石けんは柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がります。正しい情報を伝えていくという側面からは、合成洗剤はせめて妊娠授乳期間中は使用しないなど、世の中に訴え続けていきたい。お客様を大切にし、同じくらい社員を大切にして、生き生きと働ける組織づくりをしていくことが今後の目標です。


中島義雄

責任転嫁は禁物。失敗の原因は自分にあると認め、己の甘さや慢心を直す機会としたい。私も他人を恨みたくなったが、一方で自分自身の心得違いや行き過ぎがあった。他人を責める気持ちを捨て去り、反省すべき点は反省して、前に進んだ。


佐藤綾子(心理学者)

プレゼンは、練習すればするほど進化します。場数を踏んだ人のほうが。プレゼンがうまいのは、一回ごとの真剣勝負がリハーサル効果を上げるためです。