名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

友田雅己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

友田雅己のプロフィール

友田雅己、ともだ・まさみ。日本の財務家、経営者。コスモヘルス社長。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱銀行に入行。横浜駅前支店、ニューヨーク支店、情報開発部などで実務を経験したのち米国ニューヨーク大学でMBAを取得。コンサルティング会社ATカーニーとグローバルダイニングのCFO(最高財務責任者)などを歴任し、洋菓子チェーンのスイートガーデン(旧タカラブネ)の社長を経て、コスモヘルス社長。

友田雅己の名言 一覧

トップは危機管理を周囲に相談したら駄目です。集められる情報はすべて集めても、結局判断するのはトップでしかありません。


私は日本企業のリスクとして最近気になっていることがあります。それは経営トップの在任期間が短すぎることです。創業家が経営を支配している場合は逆に長すぎるリスクもありますが、サラリーマン経営者の場合は4年程度でどんどん変わってしまいます。長期的な視点に立って経営するのが難しくなっている印象が拭えません。


友田雅己の経歴・略歴

友田雅己、ともだ・まさみ。日本の財務家、経営者。コスモヘルス社長。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱銀行に入行。横浜駅前支店、ニューヨーク支店、情報開発部などで実務を経験したのち米国ニューヨーク大学でMBAを取得。コンサルティング会社ATカーニーとグローバルダイニングのCFO(最高財務責任者)などを歴任し、洋菓子チェーンのスイートガーデン(旧タカラブネ)の社長を経て、コスモヘルス社長。

他の記事も読んでみる

北村森

人は高いものではなく、どうでもいいものを買わなくなったのです。ここを見誤ってはいけない。


及川光博

両親はもちろん、親族一同、みんなから反対されましたよ。「芸能界なんて、そんなに簡単に入れる世界じゃない」と。それで両親と約束したんです。「25歳までに芽が出なければ芸能界を諦め、家業を継ぎます」って……。大学卒業後、俳優として何度かオーディションを受けたんですけど、ことごとく落っこちます。仕事といえばエキストラばかりで、なかなかチャンスがやってこない。そんな焦りもあって、次第に音楽活動のほうに集中していったんです。なんとか芽を出さなければいけないという思いで。25歳という期限が決まっている以上、そこまでは死に物狂いでやろう、言い訳ができないくらいまで自分を追い詰めてみようと思いました。ダラダラと夢を見るんじゃなく、集中して夢に挑んでいこうと。


川野幸夫

日本のGDP(国内総生産)の3分の2は個人消費が占めます。生産から販売に至るサプライチェーンの中で、生活者の一番近くにいるのが小売業です。それでも日本は生産者=メーカー重視の伝統が強く、小売業の地位は今も低い。ヤオコーを発展させることで、そんな文化を少しでも変えたいと思っています。


堺屋太一

副業、二つ目の仕事を認める利点のひとつは、二つ目の仕事を通じて別業態・別組織の人々と触れ合うことで、本人の知識も組織の情報も拡大すること。時にはそんな人脈が役立つこともある。


上釜健宏

資料を作成してもらうときは、グラフのイメージを手書きで書いて渡しています。


西川光一(経営者)

やるべきことはまだある。考えられることをすべてやれば結果はついてくる。


樋口泰行

さまざまなことに目を向けていないと、知らないうちに新しいビジネスモデルが出てきて、世の中のスタンダードが変わってしまう。まして日本は言語的にも文化的にも隔絶されやすい環境です。国際競争が激化するなか、今後、日本はどのような付加価値をつけていくのか、世界目線で考えていかないといけません。


斉藤惇

大事なことは褒めること。失敗してもいいと。失敗した人を非難しない経済風土にしていかなければ。もう1回挑戦してみろというような形でやっていく。そういう文化を作らないといけない。


野原勇

次世代経営者育成研修では、次世代経営層としての視座を高める他、同じ綿半グループに所属しながら、あまり面識のなかった社員が研修を通じてグループとしての一体感を醸成するものです。宿泊を伴う年間5回の研修で各社で培った異なる経験をミックスし、グループに共通する言語を作り上げることで一体感が生まれています。これが変革と成長への大きな力になります。


江幡哲也

私の場合はリクルート時代に、新規事業を1年間に100本、企画書にして提出した経験が、結果として企画立案のいい基礎訓練になったと思います。


大塚寿

私は、一万人以上の企業経営者・管理職から、成功の秘訣や失敗の原因をヒアリングしてきました。彼らは、40代を振り返ってみて、「ビジネス人生の最大の転機だった」と異口同音にいい、その一方で最も後悔していることもほぼ共通していました。「40代では、仕事もプライベートももっと充実させられたはずなのに、時間がなくてできなかった」といいます。


辻庸介

英語ができるようになると、海外の友人や知人から生の情報を得られるようになる。何より、多国籍の友人との英語でのコミュニケーションは刺激的で楽しい。