名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

及川茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

及川茂のプロフィール

及川茂、おいかわ・しげる。日本のフランス文学者、浮世絵学者。「日本女子大学」教授。福島県出身。国際基督教大学卒業、東京大学大学院修了。東大教養学部助手、埼玉大学教養部助教授、日本女子大学人間社会学部教授などを務めた。

及川茂の名言 一覧

各国が独自の文化を持っており、国境を越えるとそれが珍しいもの、やがて自分にとって新しいものと認識されます。日本人が気付かないうちに浮世絵が海外で評価されたように、フランス人が評価しなかった印象派をアメリカ人が評価しました。それらの美術には、まさにユニバーサルな意味での美しさ、文化があり、相互理解することから、ひいては平和にもつながるのだと思います。


欧州で浮世絵は日本を代表する文化です。葛飾北斎の「大波」という作品は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の次に有名な絵と言われています。日本から浮世絵が流出したと嘆く人もいますが、むしろ、日本の浮世絵が世界の浮世絵になったと考えて、一番大事にしてくれるところに行ったと思えばいいのです。


浮世絵は外国に渡ってしまって寂しいですが、関東大震災と第2次世界大戦の空襲で、東京にあった浮世絵はほとんどが燃えてしまいました。しかし、浮世絵の名品中の名品と言われるものは、明治時代にほとんど海外に行ってしまっていたことで生き残りました。世界中の人が浮世絵の価値を認め、大事にしてくれたおかげです。全て日本にあったら、海外の人は浮世絵の価値を知ることさえなかったでしょう。


仕事と文化的な面を両立させる日本の実業家は少ないのではないでしょうか。欧米の実業家は必ずコレクションをしていますよね。欧米の大きな美術館は、カーネギー、メロンやロックフェラーなどが集めたものが母体となっています。


現代の学生に「あなたの時代の日本文化は何ですか?」と聞くと戸惑います。そのときに、町の清潔さや、食の文化など、我々が日常当たり前と思っていることが、外国人にとっては素晴らしいことだということに気づきます。


及川茂の経歴・略歴

及川茂、おいかわ・しげる。日本のフランス文学者、浮世絵学者。「日本女子大学」教授。福島県出身。国際基督教大学卒業、東京大学大学院修了。東大教養学部助手、埼玉大学教養部助教授、日本女子大学人間社会学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

垣添直也

過去数年のデータを集め、生活シーンと調理方法の2つの軸で冷食の変遷を調べて今後の見通しを立てた。すると冷食のスナック化、レンジ調理や自然解凍への方向性が見えました。


森雅弘

シリコンバレーのITは人間的要素が薄く、ロジカルで功利的。確かに効率的ですが、私は温かみの部分を、いかに冷たいITに乗せることができるかにチャレンジしたい。それができるのはシリコンバレーでも、中国でもなく、日本企業だと思う。


三島和夫

不眠の治療においては薬を使ってでも、とにかく眠るという経験をするのが大事。睡眠薬は必要なときに適切に使って、治ったら減薬・休薬するのが基本。実際、睡眠薬を服用した8割以上の人が1年以内に、7割が3カ月以内に治療が終わっています。特に新しいタイプの睡眠薬は依存リスクも少なく過剰に心配する必要はありません。


小栗一朗

もともとはクルマを売る会社としてスタートした会社ですが、「人に素敵を届ける」を経営理念とする会社であることを表しています。これを実現するために、やれることは何でもやろうと考えています。


高松信彦

これまで業界全体にとって厳しい時期が続きましたが、当社は不採算事業や不良資産を売却して財務体質を改善しました。今こそ次の100年に向け飛び上がる時。そのスタートを切るのが私の使命です。


田中良和(GREE)

次々に高いステージに上がっていくには、これまでの成功体験を捨てることが一番の課題です。成功体験を捨てろというのはよくいわれることですが、それがどういうことなのか、そのあと何が起こるのかはやってみないとわかりません。


昆政彦

3Mでは有名な「15%カルチャー(勤務時間の15%は自分の好きな業務に使っていい)」という文化があって、上司に言われている仕事以外のことも積極的にやっていいよと。積極的に自分の事業部以外のところに顔を出して、新しい考え方を見つけに行くんです。ですからたとえば、自動車関連のエンジニアがある接着技術を使って自動車部品の製品開発をしても、それは自分の仕事でしかない。ですが、その人が医療品や文房具の製品開発に顔を出して頑張るというのは、上司にやらされたことではない。それが15%カルチャーなんです。


秋元康

僕は、愛というのは「見ていてあげる」ことだと思っています。愛の反意語は無関心ですから、まずはその人を見るということが大事。それはビジネスのシーンでも同じだと思います。丁寧に人を見ていれば「こういうことを大切にしている人なんだな」とか「こういう価値観を持っている人なんだな」と気づくことができる。そうすることで、人の良さを引き出すことができるんです。


上村剛

裁判制度は万能ではない。訴えの内容や相手方の状況によっては、勝ったのに「損する」ケースもある。日本の民事裁判は、原則的に、トラブルを事後にお金で解決する法制度に立脚している。感情的な部分はひとまず置いておき、金銭的な損得という視点で考えてみよう。損をするのは、ズバリ、裁判のコストが、勝訴時に手にできるお金を上回る場合だ。


プレム・ラワット

私が話す言葉は人間の心の根本の部分に触れるものなんです。だからどこへ行って話してもすごく喜ばれる。


佐伯弘文

それまで会議当日に配布した資料を、事前に配布するようになりました。事前に読んで来れば、効率的に会議ができる。テレビ会議によってコストが浮くだけでなく、出張に伴う体の疲労もなくなりますし、往復二日かけていた会議が、一時間ですめば、営業マンはその分お得意先に飛んでいけます。営業効率も高まるというまさに一石三鳥の効果があります。


横田南嶺

特に上に立つ人は孤独です。孤独との戦いといってもいいでしょう。常に全体を感じ取り、何事も腹で受け止めて、腹で考えていく覚悟が必要。