名言DB

9490 人 / 112001 名言

及川茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

及川茂のプロフィール

及川茂、おいかわ・しげる。日本のフランス文学者、浮世絵学者。「日本女子大学」教授。福島県出身。国際基督教大学卒業、東京大学大学院修了。東大教養学部助手、埼玉大学教養部助教授、日本女子大学人間社会学部教授などを務めた。

及川茂の名言 一覧

各国が独自の文化を持っており、国境を越えるとそれが珍しいもの、やがて自分にとって新しいものと認識されます。日本人が気付かないうちに浮世絵が海外で評価されたように、フランス人が評価しなかった印象派をアメリカ人が評価しました。それらの美術には、まさにユニバーサルな意味での美しさ、文化があり、相互理解することから、ひいては平和にもつながるのだと思います。


欧州で浮世絵は日本を代表する文化です。葛飾北斎の「大波」という作品は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の次に有名な絵と言われています。日本から浮世絵が流出したと嘆く人もいますが、むしろ、日本の浮世絵が世界の浮世絵になったと考えて、一番大事にしてくれるところに行ったと思えばいいのです。


浮世絵は外国に渡ってしまって寂しいですが、関東大震災と第2次世界大戦の空襲で、東京にあった浮世絵はほとんどが燃えてしまいました。しかし、浮世絵の名品中の名品と言われるものは、明治時代にほとんど海外に行ってしまっていたことで生き残りました。世界中の人が浮世絵の価値を認め、大事にしてくれたおかげです。全て日本にあったら、海外の人は浮世絵の価値を知ることさえなかったでしょう。


仕事と文化的な面を両立させる日本の実業家は少ないのではないでしょうか。欧米の実業家は必ずコレクションをしていますよね。欧米の大きな美術館は、カーネギー、メロンやロックフェラーなどが集めたものが母体となっています。


現代の学生に「あなたの時代の日本文化は何ですか?」と聞くと戸惑います。そのときに、町の清潔さや、食の文化など、我々が日常当たり前と思っていることが、外国人にとっては素晴らしいことだということに気づきます。


及川茂の経歴・略歴

及川茂、おいかわ・しげる。日本のフランス文学者、浮世絵学者。「日本女子大学」教授。福島県出身。国際基督教大学卒業、東京大学大学院修了。東大教養学部助手、埼玉大学教養部助教授、日本女子大学人間社会学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

三宅占二

求められる社員をつくるのはリーダーの役目です。こういう社員はいらないというのは、天に唾するようなものです。不要な社員を語る前に、社員を育成するリーダーの工夫が求められます。


アンディ・ジャシー

ほとんどの企業はIT人材の不足に悩んでいる。ITインフラをクラウドに移行すれば、貴重な人材を保守ではなくサービス開発に集中させられる。これは、企業全体の競争力にプラスに働くはずだ。


ダン・ケネディー

どんなマーケティング上の目標を追求するにせよ、どんなビジネスを興すつもりにせよ、どんな個人的願望を実現したいにせよ、どこかに必ず成功したお手本がある。注意深く研究すれば、誰でもそこから山ほどヒントを引き出せる。新しい革袋に、古い葡萄酒を入れることにより莫大な利益が生まれているのが実態だ。


吉原毅

経営者に必要な教養は、政治、経済、金融などビジネスに関する知識だけではない。音楽や文芸など様々な分野に興味を持つことも必要だ。一見、雑学のようだがそうではない。目的は、経営者としての視野を広げることだ。


三島和夫

眠れないときは本当に眠くなるまで布団に入らない方がいいでしょう。眠れないのに布団に入っていると、本当に必要な睡眠時間はほぼ足りているうえに、眠ることに緊張や不安を持っているから、なかなか寝つけない。そのうち、「寝室=眠れない場所」という条件づけをしてしまう。


野口真一

言い訳をする人間は成長しない。潔く失敗を認めて謝ることができて、初めて同じ失敗をしなくなるんだ。


松本淳志

大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


池森賢二

「書く」ことは、「話す」と同等か、それ以上に大切にしています。話した内容は聞き逃されてしまうこともありますが、書いた文章は残るので、繰り返し読んでもらえるメリットがある。


田原祐子

営業フローの仕組みが定着すると、日々の経験や知識が蓄積され、共有できるようになります。すると、様々な営業活動が数値化できるようになります。たとえば、「過去の実績から見て、初回面談をしたお客様の約10%が契約に達する」などです。それが見えると、何をどれくらいやればどんな成果があるかわかり、「いくら頑張っても成果が出ないのでは」という不安がなくなります。営業未経験者も、何がどうすれば成果が上がるかが目に見えるようになり安心して頑張れるようになるはずです。


ジム・クリフトン

「働き方改革」の本質とは、「従業員、個々人の強みを生かす」ことだ。我々の長年の調査研究によると、企業の生産性は、従業員の「エンゲージメント(組織に強い愛着を持ち、仕事に対して熱意を持っている状態)」に大きく左右されることが分かっている。熱意ある従業員は、ひどい組織では思いつかないようなアイデアを上司や顧客に提示し、ビジネスがさらに伸び、結果的に生産性が上がる。熱意がなければ、逆の状態になる。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

ローカル化には、その国に対してひたむきでなければならない。私は日本にいる時、2つのことを考えている。GEジャパンはどれだけ日本で成功できるのか。同様に、我々のチームは日本でよき市民になることができているのか、日本経済にどれだけの価値を与えることができているのか、ということを。


一倉定

優れた社長は、「うちの社員はよくやってくれる」と人に語り、能力のない社長ほど社員の無能ぶりを他人にこぼす。