名言DB

9413 人 / 110706 名言

及川茂の名言

twitter Facebook はてブ

及川茂のプロフィール

及川茂、おいかわ・しげる。日本のフランス文学者、浮世絵学者。「日本女子大学」教授。福島県出身。国際基督教大学卒業、東京大学大学院修了。東大教養学部助手、埼玉大学教養部助教授、日本女子大学人間社会学部教授などを務めた。

及川茂の名言 一覧

各国が独自の文化を持っており、国境を越えるとそれが珍しいもの、やがて自分にとって新しいものと認識されます。日本人が気付かないうちに浮世絵が海外で評価されたように、フランス人が評価しなかった印象派をアメリカ人が評価しました。それらの美術には、まさにユニバーサルな意味での美しさ、文化があり、相互理解することから、ひいては平和にもつながるのだと思います。


欧州で浮世絵は日本を代表する文化です。葛飾北斎の「大波」という作品は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の次に有名な絵と言われています。日本から浮世絵が流出したと嘆く人もいますが、むしろ、日本の浮世絵が世界の浮世絵になったと考えて、一番大事にしてくれるところに行ったと思えばいいのです。


浮世絵は外国に渡ってしまって寂しいですが、関東大震災と第2次世界大戦の空襲で、東京にあった浮世絵はほとんどが燃えてしまいました。しかし、浮世絵の名品中の名品と言われるものは、明治時代にほとんど海外に行ってしまっていたことで生き残りました。世界中の人が浮世絵の価値を認め、大事にしてくれたおかげです。全て日本にあったら、海外の人は浮世絵の価値を知ることさえなかったでしょう。


仕事と文化的な面を両立させる日本の実業家は少ないのではないでしょうか。欧米の実業家は必ずコレクションをしていますよね。欧米の大きな美術館は、カーネギー、メロンやロックフェラーなどが集めたものが母体となっています。


現代の学生に「あなたの時代の日本文化は何ですか?」と聞くと戸惑います。そのときに、町の清潔さや、食の文化など、我々が日常当たり前と思っていることが、外国人にとっては素晴らしいことだということに気づきます。


及川茂の経歴・略歴

及川茂、おいかわ・しげる。日本のフランス文学者、浮世絵学者。「日本女子大学」教授。福島県出身。国際基督教大学卒業、東京大学大学院修了。東大教養学部助手、埼玉大学教養部助教授、日本女子大学人間社会学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

ヴォルテール

炎が上に広がり、小石が下に落ちるごとく、人間は行動するために生まれついている。


松沢幸一

腕立て伏せは毎日やっています。だって、社長を引退したらやりたいことがたくさんありますから。それをやるためには、健康を維持しておかなくてはなりません。


中川悠介

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


ダニエル・ピンク

本来なら、上司にフィードバックをもらいたいところですが、それが無理ならば、自分で自分を評価する機会をつくればいいのです。月初にゴール(目標)を決めて、月末に進捗に対する評価を下す。どんな点で目標を下回ったか、もっと進歩するためにはどんなことが必要か等々。それを振り返ることで、自分の進歩を確かめるのです。少しでも前に進んでいることがわかれば、それが明日のモチベーションにつながるはずです。


黒鉄ヒロシ

謎っていうのは抑圧で、解いた時に解放がある。だから、止められない。調べたところで何でもない。ただただ、探るというゲームに興じるのが楽しいわけ。


大野直竹

新入社員が入ってくると、決まって言うことがあるんです。「東京とか大阪とか、名古屋とか、大きい店に配属されて自分は幸せだと考えないほうがいいよ」と。私が新人のときに静岡支店に配属されてよかったと思うことのひとつは、所帯が小さいから同じフロアにいろいろな仕事をやっている人がいて、接する機会が非常に多かったこと。セクションの垣根を越えて自分の悩みを相談したり、逆に向こうが抱えている問題点や上手くいったこと、失敗したケースなどを教えてもらったりしながら、網羅的に業務を覚えることができた。小さな店、中堅の支店に行ったから経験できることも多々ある。


倉本圭造

短所の裏側にしか、本当の長所はない。


寺尾玄

自分の得意不得意が分かっていない人も少なくないように思えます。「自分」をあまり理解していない。自分にとって最も大事なのは「自分」なのにです。唯一、自在に扱えるのが自分なのだから、「今の時点での自分の性能やポテンシャルがどの程度あるか」はよく知っておきましょう。


宮島和美

人材育成組織は、人事部門についていて機械的に教育を行うのではなく、実際に役立つものでなければならない。


岩瀬大輔

機能・性能だけで選ぶ時代は既に終わり、自分の共感できる理念や応援したいと思える会社が選ばれる時代になった。


内田和成

単なる「ゼネラリスト」ではなく、何をやらせても一定以上の成果を上げることができなければ会社の中でも通用はしません。バランスよく能力を磨いていくことが、自分の価値を高めるうえで重要だと思います。


すはらひろこ

保管する必要のないモノも、オフィスには多い。仕事にあまり関係のない郵便物や伝言メモが代表だ。朝の出社時や外出先から戻ってきた時は、席に座る前にこれらを処理してしまおう。立ったまま郵便物を開封し、チェックしたら分別ボックスなどに捨てよう。伝言メモも同じ。座っていると動作も思考も緩慢になりがちだが、立っていると判断も作業も速くなる。


阿部俊則

長期的視野での信念に基づいていなければ、正しい判断はできない。


潮凪洋介

自宅と会社以外の第三の場所をつくるといい。そこには自分の好きな人を集めてパラダイスにするんです。同級生でもいいし、昔のバイト仲間でもいい。その場所を持っていれば、たとえ会社で嫌なことがあっても、自分をすり減らさずに済む。


谷原章介

いくつになろうと、新しいことにチャレンジする気持ちを持ち続けたい。まだやったことがない挑戦をすることで、刺激を受け、自分自身が成長できますから。