及川智正の名言

及川智正のプロフィール

及川智正、おいかわ・ともまさ。日本の経営者。「農業総合研究所」社長。東京農業大学農学部農業経済学科卒業後、「巴商会」勤務、「エフ・アグリシステムズ」関西支社長などを経て農業総合研究所を設立。

及川智正の名言 一覧

「自分を信じること」が危機を突破する決め手になると思います。自分を信じるためには誰よりも苦労、努力をしなくてはなりません。

及川智正の名言|「自分を信じること」が危機を突破する決め手になる

農業の構造改革とは、消費者の「ありがとう」という言葉が生産者へ届く構造にすることです。人から感謝されると仕事へのモチベーションが違います。

及川智正の名言|人から感謝されると仕事へのモチベーションが違う

若くて優秀な人材に農業に興味を持ってもらうためには、高い収入が不可欠。農家からスターを生み出して若者を引き付けたい。

及川智正の名言|若くて優秀な人材に興味を持ってもらうためには、高収入が不可欠

道の駅や農協の良いところと悪いところを、私は現場で農業をした経験から理解出来ました。これをカバーするような流通ができないか考えました。

及川智正の名言|現場で経験したから良いところと悪いところを理解できた

今はとても良い時代です。弊社のように現金50万円から始めた会社が8年で上場できる。これは、諸先輩方が頑張って良い時代を作ってくれたからだと思います。「今が恵まれた時代だ」と認識して、情熱を持ってさえいれば何でもできると思っています。

及川智正の名言|「今が恵まれた時代だ」と認識して、情熱を持ってさえいれば何でもできる

「お前のやっていることは正しいのか」と、よく人から言われますが、そんなことは分からないですよね。僕らは企業家なので、事業を始めました。これが正しいかなんて、将来自分が死んだ時に周りの人が判断するだけの話です。正しいかどうかより、死ぬまでやり続ける気持ちがあるかどうかが重要なのではないでしょうか。

及川智正の名言|正しいかどうかより、死ぬまでやり続ける気持ちがあるかどうかが重要

起業に至るまでは、農家として「生産」と、八百屋として「販売」の二つを経験しました。分かったことは、作るのも売るのも大変だということです。農業を変えるには、この二つの境目にある「流通」を変える必要があるのではないかと考え、農業総合研究所を立ち上げました。

及川智正の名言|農業を変えるには、生産・販売の境目にある「流通」を変える必要がある

農業もちゃんと自分でマーケットに営業していって、お客様の要望に応えたものを提供できれば、「ありがとう」と言ってもらえる。私がしたかったのはキュウリ農家で儲けることではなく、農業の仕組みを変えること。もしかしたら、和歌山県の美浜町から日本の農業を変えられるかもしれないと思った。

及川智正の名言|私がしたかったのは農家で儲けることではなく、農業の仕組みを変えること

もっと熱い想いを持ったギラギラした人材に農業の世界に入ってきてもらいたい。そのために私たちが今しなければならないことは、農業をもっと魅力ある仕事にすることです。魅力とは、お金と成長が得られる産業にしていくことです。

及川智正の名言|私たちが今しなければならないことは、農業をもっと魅力ある仕事にすること

当社の理念は「日本から世界から農業が衰退しない仕組みを作る」です。これを実現するためには、農家のレベルアップなくしては絶対叶いません。外野が「ああしろ。こうしろ」と指図して伸びるものではありません。農家の方が自らメーカーポジションで仕事が出来る仕組みを作り、努力した人が報われる産業にしたい。

及川智正の名言|農家の方が自らメーカーポジションで仕事が出来る仕組みを作り、努力した人が報われる産業にしたい

営業は努力すれば数字が上がり、また努力しようとする。製造業のように売れ行きを見ながら商品や価格を試行錯誤する楽しみを、農家にも知ってもらいたい。

及川智正の名言|製造業のように売れ行きを見ながら商品や価格を試行錯誤する楽しみを、農家にも知ってもらいたい

人間的成長の部分は、農作物と向き合うだけなく、他人との交流が必要です。そこで、他の生産者他の農業以外の業界の人とも情報交換ができるようなプラットフォームを今後作っていきたい。農家は弱い立場で守るべき立場の人ではありません。他の産業と同じだと思います。人間との対話が成長に一番大事なので、そういう場や機会を作っていきます。

及川智正の名言|人間との対話が成長に一番大事

農家と青果店両方を体験して、作り手と売り手の間には大きなギャップがあることを思い知らされました。このギャップを埋め、農家とスーパーを繋ぎ、日本の農業の流通を改革したいと、今の農総研を立ち上げました。我々は農家とスーパーを繋ぎ、スーパーに「農家の直売所」を委託販売してもらっています。最初は苦労の連続でした。しかし今や6500の農家と契約、全国のスーパー970か所に「直売所」があります。農家は好きな作物をつくり、自分で価格を決め、売りたいスーパーで売れるのです。農業の新しい流通システムを創っているのが我々農総研です。

及川智正の名言|作り手と売り手両方を体験してみる

持続可能な農環境を実現して生活者を豊かにするために重要なことは、有能な人材を農業の現場に入れることです。生産現場だけではなくて、流通や販売現場もあります。農業は野菜・米・花を作る仕事といわれるが、トヨタも車を作る会社ではなく、車を作り人々に乗っていただいて快適な生活を送ってもらうことが目的です。農業も作るだけではなくて、私たちは消費者に食べてもらうまでをコーディネートすることが農業の仕事であり、使命だと思っています。

及川智正の名言|消費者に食べてもらうまでをコーディネートすることが農業の仕事であり使命

農業で何が一番問題なのかと思ったときに、おそらく今の農業の仕組みが悪いのではと考えました。仕組みといってもまずは現場で農業を見ないと、もしくは学ばないと分からないことが沢山あるはずだから、まずは現場だと思いました。たまたま奥さんの実家がキュウリ農家でした。弟子入りということで、義理の父の元で1年間きゅうり農家をしました。

及川智正の名言|まずは現場で学ぶ

最初の100円の売上げを作るのに一番苦労しました。全く経営知識の無いまま、起業したものの仕事が無い。農業の流通を変えるためにまず始めたのが「農業営業代行コンサルタント」でした。ミカン農家からミカンを預かって、大丸などの高級スーパーに売り、小利を作っていくばくかの農産物をいただくというビジネスです。そこでいただいたミカン50箱を、和歌山市の駅前にゴザを広げて売ったのが、弊社初の売上げです。その後、和歌山県内で「東京から来た兄ちゃんに野菜や果物を与えると、高く売ってきてくれるらしいよ」と噂になりました。それが今のビジネスに繋がっています。

及川智正の名言|最初の100円の売上げを作るのに一番苦労した

及川智正の経歴・略歴

及川智正、おいかわ・ともまさ。日本の経営者。「農業総合研究所」社長。東京農業大学農学部農業経済学科卒業後、「巴商会」勤務、「エフ・アグリシステムズ」関西支社長などを経て農業総合研究所を設立。

ページの先頭へ