名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

及川光博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

及川光博のプロフィール

及川光博、おいかわ・みつひろ。日本のミュージシャン、俳優。東京都出身。成城大学法学部法律学科卒業。ミュージシャンとしてメジャーデビュー。『WITH LOVE』で俳優デビュー。数々の人気ドラマ、映画に出演。

及川光博の名言 一覧

以前は目立ちすぎるから、排除された。ところが、それを逆手に取って、「どうせ目立つんだったら、とことん目立ってやれ!」という気概でバンドや演劇で目立ってみたら、うまくいった。


何事も未来から逆算して考える癖がついた。理想のビジョンをまず描いて、どこから手をつけ、誰に何を頼めば実現ができるのかという。


ステージ上でも、カメラの前でも、いまより三歩先の、理想の自分を演じるつもりでやっています。演じることで理想に近づけ気がするんです。


ブレずに己を信じて道を進むのか、もうまったくもって流れに身を任せて生きるのか。どっちかだと思う。


10代から20代にかけて思い描いていた自分になれている。ただ、実現したときには次の新しいヴィジョンが生まれているから、現実のいまの自分にはいつまでたっても満足できないんですけど。


自分の理想未来から逆算して、やりたいことにしかモチベーションが上がらない。追いつけない自分の理想像を、必死に追いかけているんです。


お恥ずかしい話ですが、映画監督をしてみたい。いままで学んできたあらゆる表現活動を集約して、賛否両論ある作品を作ってみたい。

【覚え書き|将来の目標について問われて】


自己評価はむしろ低いんです。お客さんの前で見せる自分と、ひとり思い悩む自分とにギャップを感じますよ。


これだけ俳優の仕事が忙しくなると、さすがに「自分がもうひとりいたらな……」と思うこともありますが、僕の場合、成功したいというより「後悔したくない」という気持ちのほうが強くて。走れるうちは、自分の力で走っておきたいんです。


40歳を迎える年には、『相棒』から準主役級での出演のオファーがきます。俳優として「あれ、なんだか大きな椅子が回ってきちゃったな」と驚きました。プレッシャー? もうプレッシャーなんてもんじゃないですよ! 長く続いている人気シリーズでしたし、前任者の寺脇康文さんも大人気だったわけじゃないですか。人気が落ちれば僕のせいと言われるだろうし、逆に人気が出れば作品がよかったと言われるだろうし(笑)。美味しいところはないというか、さすがに「これは負け戦になるかもしれない」と覚悟しましたね。でも結果的に、このプレッシャーを乗り越えたことが、自分の人生のひとつのターニングポイントになりました。


次第に色物的扱い、笑いがとれるバラエティータレント的扱いをされるようになって……。目指すところではなかったので悩んでいました。そんなときちょうどドラマの仕事がきたわけです。絶妙なタイミングでした。といっても俳優としての能力がまるでなければ、1回のオファーでおしまいだったでしょう。ところが、オーディションに落っこちてはいたものの、俳優養成所に通って、地道に身につけてきた経験があった。「やっておいて、ホントよかった」と想いました。お芝居の神様に「ありがとう」って(笑)。


両親はもちろん、親族一同、みんなから反対されましたよ。「芸能界なんて、そんなに簡単に入れる世界じゃない」と。それで両親と約束したんです。「25歳までに芽が出なければ芸能界を諦め、家業を継ぎます」って……。大学卒業後、俳優として何度かオーディションを受けたんですけど、ことごとく落っこちます。仕事といえばエキストラばかりで、なかなかチャンスがやってこない。そんな焦りもあって、次第に音楽活動のほうに集中していったんです。なんとか芽を出さなければいけないという思いで。25歳という期限が決まっている以上、そこまでは死に物狂いでやろう、言い訳ができないくらいまで自分を追い詰めてみようと思いました。ダラダラと夢を見るんじゃなく、集中して夢に挑んでいこうと。


デビュー当時は、いまと違ってコンピューターで音をいじったりできませんでしたから、生のライブに来る100人のお客様を感動させられなければ、全国の1000人のリスナーを満足させることはできない。実力主義でしたよ。メジャー、インディーズなんていう定義もなく、客を集める実力のある人しかプロになれなかったんです。だからライブハウスでのファンの動員を増やすための努力はしましたね。


私立の学校なので、高校受験、大学受験がなかったぶん、好きな演劇や音楽にとことん打ち込むことができたというのも、いまの僕をかたち作る大きな要因です。だって就職活動はもちろん、ほかのことは何にもしてないんですから。大学へ進むと、大手の俳優養成所へ通い、外の舞台にも立つようになって。音楽のほうも作詞作曲はもちろん、ライブで客を集めるようにまでなりました。


及川光博の経歴・略歴

及川光博、おいかわ・みつひろ。日本のミュージシャン、俳優。東京都出身。成城大学法学部法律学科卒業。ミュージシャンとしてメジャーデビュー。『WITH LOVE』で俳優デビュー。数々の人気ドラマ、映画に出演。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

私は社長に就任したとき、「ミーティングは30分以内」というルールを作った。同時に、「説明用の資料は3枚以上持ってこないように」とも伝えた。要点を絞って簡潔に説明すれば、今まで1時間以上かかっていたミーティングが10分や15分で終わることもある。これが「生産性の高い仕事」だ。


堀之内九一郎

感動や驚きが人の心を動かし、意識を変える。


山本真司

企業でも個人でも、競争で勝ち残るために不可欠なのは、唯一無二の存在になること、自分を差別化する戦略です。そのためには、差別化できる分野に、時間とエネルギーを集中させなくてはなりません。その際、資源は有限ですから、「これはやる。これはやらない」という「捨てる意思決定」が必要になります。


佐藤可士和

理想は、見た人が「自分でもできそうだ」とか「結構、簡単に作られている?」と思うもの。実際、以前にタレントの今田耕司さんと対談した時、ユニクロや楽天など、僕が手がけた社章を見せたら「これなら俺でも作れる!」と言われました(笑)。今回手がけた(三井物産の)社章も、多くの方から「前からこの社章だったでしょう」「これなら佐藤可士和に頼まなくてもよかったんじゃないか」といった反応を、たくさん頂きました。これこそが僕にとって、最大の褒め言葉なんです。


前田育男

何があってもやり抜くという根性。根性あるのみです。


織田大蔵

事業家は政治家などになるものではない。政治家を使う立場になることだ。


藤原健嗣

会社の目的は一義的には株主価値を高めることとなりますが、それだけではないはずです。当社では「世界の人びとの”いのち”と“くらし”に貢献します」という理念の下、健康で快適な生活と、環境との共生の実現を目指しています。「その目的の範囲内であれば、何をやってもいい」と社員には言ってきました。


上野和典

社長を含め、管理職の仕事の半分は、誰に何をやってもらうかを決めることで占められています。私が自分で実務を担当しているのはCGO(チーフガンダムオフィサー、最高ガンダム責任者)くらいです。管理職はたくさんの案件を抱えているものなので、周りに協力を得なければ仕事を処理できません。仕事のスピードは人を上手く巻き込めるかどうかにかかっています。


津田晃

初対面では、政治やスポーツなど、個人の嗜好にからみやすい話は避けるのが無難です。「昨日の巨人の戦いは素晴らしかったですね」と切り出して、もし相手がアンチ巨人だったら、そこで会話が止まってしまいますから。


小形真訓

信頼を得るために行動するから信頼されるのではなく、信頼とはあとからついてくる付随要素にすぎないのです。本当の信頼というのは、「自分はこう考える」というような、何か拠りどころのある生き方を持って生きていくうちに、やがて周囲の人から得られるものだと思います。私にとっての拠りどころは、聖書であり、教会の礼拝です。仕事以外の領域で何か支えを持って生きることで、自然と信頼はついてくるものではないでしょうか。


サミュエル・スマイルズ

世の中に悪が栄えるのは、われわれがノーという勇気をもたないためである。


池田欣生

今は美容医療の世界も顔を変えないという新たなステージに入りました。整形ではなくて、自らの若さを維持するというステージに入っています。美容整形は何かしらのコンプレックスを治そうとするコンプレックス産業ですが、美容医療は自分の若いときの状態をできるだけキープしようというものですから、何かを変えてキレイになりたいというのとは違うんです。