及川光博の名言

及川光博のプロフィール

及川光博、おいかわ・みつひろ。日本のミュージシャン、俳優。東京都出身。成城大学法学部法律学科卒業。ミュージシャンとしてメジャーデビュー。『WITH LOVE』で俳優デビュー。数々の人気ドラマ、映画に出演。

及川光博の名言 一覧

以前は目立ちすぎるから、排除された。ところが、それを逆手に取って、「どうせ目立つんだったら、とことん目立ってやれ!」という気概でバンドや演劇で目立ってみたら、うまくいった。


何事も未来から逆算して考える癖がついた。理想のビジョンをまず描いて、どこから手をつけ、誰に何を頼めば実現ができるのかという。


ステージ上でも、カメラの前でも、いまより三歩先の、理想の自分を演じるつもりでやっています。演じることで理想に近づけ気がするんです。


ブレずに己を信じて道を進むのか、もうまったくもって流れに身を任せて生きるのか。どっちかだと思う。


10代から20代にかけて思い描いていた自分になれている。ただ、実現したときには次の新しいヴィジョンが生まれているから、現実のいまの自分にはいつまでたっても満足できないんですけど。


自分の理想未来から逆算して、やりたいことにしかモチベーションが上がらない。追いつけない自分の理想像を、必死に追いかけているんです。


お恥ずかしい話ですが、映画監督をしてみたい。いままで学んできたあらゆる表現活動を集約して、賛否両論ある作品を作ってみたい。

【覚え書き|将来の目標について問われて】


自己評価はむしろ低いんです。お客さんの前で見せる自分と、ひとり思い悩む自分とにギャップを感じますよ。


これだけ俳優の仕事が忙しくなると、さすがに「自分がもうひとりいたらな……」と思うこともありますが、僕の場合、成功したいというより「後悔したくない」という気持ちのほうが強くて。走れるうちは、自分の力で走っておきたいんです。


40歳を迎える年には、『相棒』から準主役級での出演のオファーがきます。俳優として「あれ、なんだか大きな椅子が回ってきちゃったな」と驚きました。プレッシャー? もうプレッシャーなんてもんじゃないですよ! 長く続いている人気シリーズでしたし、前任者の寺脇康文さんも大人気だったわけじゃないですか。人気が落ちれば僕のせいと言われるだろうし、逆に人気が出れば作品がよかったと言われるだろうし(笑)。美味しいところはないというか、さすがに「これは負け戦になるかもしれない」と覚悟しましたね。でも結果的に、このプレッシャーを乗り越えたことが、自分の人生のひとつのターニングポイントになりました。


次第に色物的扱い、笑いがとれるバラエティータレント的扱いをされるようになって……。目指すところではなかったので悩んでいました。そんなときちょうどドラマの仕事がきたわけです。絶妙なタイミングでした。といっても俳優としての能力がまるでなければ、1回のオファーでおしまいだったでしょう。ところが、オーディションに落っこちてはいたものの、俳優養成所に通って、地道に身につけてきた経験があった。「やっておいて、ホントよかった」と想いました。お芝居の神様に「ありがとう」って(笑)。


両親はもちろん、親族一同、みんなから反対されましたよ。「芸能界なんて、そんなに簡単に入れる世界じゃない」と。それで両親と約束したんです。「25歳までに芽が出なければ芸能界を諦め、家業を継ぎます」って……。大学卒業後、俳優として何度かオーディションを受けたんですけど、ことごとく落っこちます。仕事といえばエキストラばかりで、なかなかチャンスがやってこない。そんな焦りもあって、次第に音楽活動のほうに集中していったんです。なんとか芽を出さなければいけないという思いで。25歳という期限が決まっている以上、そこまでは死に物狂いでやろう、言い訳ができないくらいまで自分を追い詰めてみようと思いました。ダラダラと夢を見るんじゃなく、集中して夢に挑んでいこうと。


デビュー当時は、いまと違ってコンピューターで音をいじったりできませんでしたから、生のライブに来る100人のお客様を感動させられなければ、全国の1000人のリスナーを満足させることはできない。実力主義でしたよ。メジャー、インディーズなんていう定義もなく、客を集める実力のある人しかプロになれなかったんです。だからライブハウスでのファンの動員を増やすための努力はしましたね。


私立の学校なので、高校受験、大学受験がなかったぶん、好きな演劇や音楽にとことん打ち込むことができたというのも、いまの僕をかたち作る大きな要因です。だって就職活動はもちろん、ほかのことは何にもしてないんですから。大学へ進むと、大手の俳優養成所へ通い、外の舞台にも立つようになって。音楽のほうも作詞作曲はもちろん、ライブで客を集めるようにまでなりました。


及川光博の経歴・略歴

及川光博、おいかわ・みつひろ。日本のミュージシャン、俳優。東京都出身。成城大学法学部法律学科卒業。ミュージシャンとしてメジャーデビュー。『WITH LOVE』で俳優デビュー。数々の人気ドラマ、映画に出演。

他の記事も読んでみる

林成之

北島(康介)選手には、「人々を感動させる勝ち方をしてくれ」と伝えました。最後の10メートルは世界記録達成に向けての北島ゾーンだと。目的は相手に勝つことではなく、記録を達成し人々を感動させる泳ぎをすること。残り10メートルはそのための一人舞台と捉えるよう伝えました。


セス・ゴーディン

義理でアイデアウィルス(口コミ)を広めてくれる人はいない。素晴らしく、思考を刺激し、重要で、利益になって、面白く、恐ろしく、美しいから広めているのだ。今日の「トップ総取り」の世界では、同じことをやっていては勝ち目がない。人を引きつけてやまないものでなければアイデアウィルスには決してならない。


臼井由妃

自己紹介は本来、相手に自分の名前を覚えてもらうことが目的です。そのうえで、相手が話しやすい雰囲気を作り、相手に心を開いてもらうことが、その後の関係を良好に続けていくための基礎となります。


タムラカイ

メモや記録に、「絵」の要素を入れる「ラクガキノート」は一見ビジネスにはそぐわないようで、実は大きな効用があります。一つは「観察力」が磨かれること。顧客、同僚、時には自分を絵にしようとすることで、それぞれの「本音」と向き合う姿勢が備わります。その結果、「想像力」も磨かれます。相手のニーズを深く考えるので、提案や企画のクオリティも上がります。


板橋悟

私は情報の読み取り方に3つのステップがあると考えます。

  1. Fact(事実)を知る。
  2. Opinion(意見)を持つ。
    得た情報を理解しただけでは単なる知識ですが、自分なりの意見が加味されれば、知恵になります。上司や取引先との会話のネタにもなるでしょう。
  3. Idea(アイデア)を持つ。
    得た情報をヒントに、新しいビジネスを発想する。ミドルマネジメントであれば、ここまで到達しなければなりません。

和田秀樹

人脈こそ新しい可能性を運んでくれます。趣味でもパーティでもなんでもいいので、交友関係を広げる意識を持ちましょう。私自身、44歳で参加した20人限定のワインの会が、人生の転機になりました。現在、アンチエイジングで開業していますが、その会で世界的な権威の先生に出会えたことが大きいんです。また日本でワインの輸入業を営む人とも知り合い、彼は私のワインに関する師匠になっています。


福田俊孝

物件開発で最も重要なのは、地価動向を把握して相場観を養うこと。どんなに良い土地であっても、割高に購入してしまっては意味がありません。割安に仕入れることで設定家賃を相場よりも安く設定して、入居率を100%に近付けていく。どんな顧客に対しても、こういった好循環を実現させるように取り組んでいます。


進藤晶弘

気がつけば、五十歳目前の年齢。自分の人生を考えました。「このまま定年まで勤めたとして、あと10年。この10年を、サラリーマンとしてくすぶり続けて終わるか、失敗するかもしれないけれど、新しいことに挑戦すべきか」。悩んだ末、挑戦することにしました。辞表を書いて、一人で会社を飛び出したのですが、うれしいことに数名の部下が「進藤さんと一緒にやりたい」とついてきてくれました。この仲間たちをなんとか食べさせなければいけない。その一念で、1990年、メガチップスを創業したのです。


ジェイ・エイブラハム

最初から大きすぎる目標を持つ必要はありません。まずはあなたの周りの人々に価値を与えることから始めるのです。その小さな一歩の積み重ねに意味があります。


午堂登紀雄

作業をテンプレ化することは一見すると面倒ですが、先々の仕事でも使うことを考えて作っておけば、仕事が増えても手間は減ります。テンションが低いときでも、作業は進められます。


下川浩二

毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


古岸和樹

立場上、毎日が考えることだらけになってしまう日々を送っていることもあり、時々、何も考えないようにする時間をつくりたくなります。そんなとき、ふと思い立つ行き先が山梨県にある「ほったらかし温泉」。10年くらい前、甲府市に住む友人から聞いて初めて行ったのですが、それからは私の「逃避する場所」(笑)になりました。


ロバート・キヨサキ

優等生はリスクを怖れるので、優れた起業家や投資家にはなりえない。彼らは「優秀な従業員」に一番向いている。


白川敬裕

その分野に関する概要がわかったり、土台さえ出来上がってしまえば、テレビや新聞、雑誌などを見たり読んだりしていても、それに関連する情報が向こうの方から飛び込んでくるようになります。赤を意識して家を出ると、赤いスカーフや、赤いバッグなど、赤いものがやたらと目につくようになるのと同じです。


大坪清

私はグループも含め全国に100以上ある工場をいろいろと理由を見つけては回っている。本社のある事務所でも毎朝必ず現場を歩く。五感を総動員して現場の空気を感じ取るためだが、やはり現場を知らなければ、製造業の本当の経営はできない。


ページの先頭へ