名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

厳浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

厳浩(経営者)のプロフィール

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

厳浩(経営者)の名言 一覧

他人と比べるのではなく、事業としてあるべき形を追求してきました。成功と失敗とは、人との比較で生まれるものだと思うのですが、そういう他社との比較はせず、事業をしてきたと思います。


自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。


私たちのグループ全ての事業に共通するポイントとして、本質は「プロジェクトからビジネスモデルへ」、あるいは「プロジェクトからシステムへ」ということです。つまり、我々はサービスを商品として事業を実施しているということです。


我々にとっての「成功」は何かというと、個々のプロジェクトからサービスを商品として体系化させ、よくマネジメントされた組織を作り、それらをビジネスモデルとして構築すること。


我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。


厳浩(経営者)の経歴・略歴

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

外山滋比古

知識と思考力は反比例します。知識が多い人ほど考えない。知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。若いときは知識を蓄えることも大事ですが、知識は10年も経てば必ず古くなる。にもかかわらず、ほとんどの人が惰性で生きているでしょう? ことに高学歴で名の通った企業や役所に勤めるほど、エスカレーター人間になってしまいますから。エスカレーターを降りる(定年になる)直前になってどうしようと慌てるわけです。


坂口孝則

勉強には「無料で学ぶ」「お金を払って学ぶ」「お金をもらって学ぶ」の三段階があると私は思っています。「無料で学ぶ」というのは、ネットから情報を入手したり、図書館で本を借りて勉強したりするやり方です。身銭を切らないこの段階の勉強は、じつはあまり身になりません。「お金を使って学ぶ」というのは自分で本を買ったり、お金を払ってセミナーに通ったりする段階で、元を取らないともったいないという意識が働くため、それなりに身になるケースが多いと思います。けれども一番いいのは、私がわからないところを勉強して本を書くように、「お金をもらって学ぶ」ことです。


ウォーレン・リヒテンシュタイン

我々は(株を取得する企業との)関係を重視する行動的な投資家だ。短期的利益のために(取得した株式を)売り切ると言われるのはうわさだけで、実態は違う。今までもこれからも長期的な投資家として株式保有する


有馬浩二

IT企業のスピード感は圧倒的。我々もフットワークが求められる。


松沢幸一

役員に対しても、私は素通しで会います。会議よりも立ち話の方が断然、話は早く、経営にスピードが生まれます。


岸谷五朗

地球ゴージャスを立ち上げきっかけは阪神・淡路大震災でした。あのとき医者は人を助けて、大工は家を建て直すことができたけど、俳優は何ができるのかと考えたとき、無力な職業だなって思ったんです。そんなとき、テレビでどこかの国の戦争の場面を見かけました。街が破壊されているのに、その人たちが壁に映し出された映画を観て笑っていたんです。「これだ」と思いましたね。唯一自分ができるのは、人の心を和ませること、人の心をゴージャスにすることだと……。だから、自分は人の心や地球全体をゴージャスに飾っていきたいと考えて、1994年に「地球ゴージャス」を結成したわけです。


菅野誠二

多くの人は、自分は理性的だと考えている。しかし人は案外、ヒューリスティックに物事を決めている。価格もそのひとつで、直感で「安い」「いや、高い」と判断されやすい。そこで生じる認知バイアスを利用すれば、値上げによって顧客が感じる痛みを軽減することも可能だ。


安岡正篤

大努力を成すには、当然自ら苦しまねばならぬ。苦しんで開拓したものでなければ本物ではない。人並みの努力をしたのでは優れた者にはなれない。


高田明(ジャパネットたかた)

「目は口ほどにモノを言う」という言葉もありますが、実際には目も、手も、指も、身体も、表情もしゃべります。そういう非言語の力を活用することが、伝える際には不可欠。


渡辺訓章(経営者)

お客様の発展や社会への貢献につなげていく目的を外さないようにしなければならない。そのために、技術もさることながら、お客様に「任せておけば安心だ」、といった心配りあふれる会社にしていきたい。


榊原英資

出世でも何でも、人生は思う方向へは進まないもの。僕も東大に入ったときだって、最初はフランス文学をやるつもりでしたからね。


古森重隆

一流の人材は育てようとしても育てられるものではありません。自分で伸びてもらうしかない。仕組みとしてできることは、仕事のパフォーマンスに対する評価をきっちりフィードバックすることだと思います。