名言DB

9413 人 / 110706 名言

厳浩(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

厳浩(経営者)のプロフィール

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

厳浩(経営者)の名言 一覧

他人と比べるのではなく、事業としてあるべき形を追求してきました。成功と失敗とは、人との比較で生まれるものだと思うのですが、そういう他社との比較はせず、事業をしてきたと思います。


自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。


私たちのグループ全ての事業に共通するポイントとして、本質は「プロジェクトからビジネスモデルへ」、あるいは「プロジェクトからシステムへ」ということです。つまり、我々はサービスを商品として事業を実施しているということです。


我々にとっての「成功」は何かというと、個々のプロジェクトからサービスを商品として体系化させ、よくマネジメントされた組織を作り、それらをビジネスモデルとして構築すること。


我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。


厳浩(経営者)の経歴・略歴

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

ムーター・ケント

コカ・コーラは世界有数のローカル企業。各国の事業では何も輸出入はしていません。ローカルで作り、流通させ、販売して税金を払っています。


倉田浩美

素晴らしい商品と抜群の接客サービスは大切ですが、これだけではビジネスの伸びしろとしては限界があります。「ブランドへの憧れ」を高めることが肝要であり、マーケティングとはこのブランドへの憧れをつくることにほかなりません。もちろん、商品の良さを顧客に伝えるブランドのアンバサダーとしてのストアスタッフと、質の高い商品は絶対に欠かせません。商品とマーケティングとストアスタッフが三位一体でしっかりと整っていなければ、ブランドビジネスは成り立ちません。


山田ズーニー

感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。


丸山康幸

スタッフに対して、気は心だとよく話しています。あと一歩お客様の方に近づこう、と思って取り組めば、それは必ず相手に伝わります。


リチャード・ブランソン

『ヴァージン』という名前はすべてを象徴しています。それはつまり、独占企業に対しても、消費者に対しても『処女(いままで経験したことのないもの)』だということです。(覚書き|リチャード・ブランソンは独占企業がのさばる低競争市場へ参入することが多い)


江上治

他人から学ぶ一番の方法は、人生のメンターといえる人物に出会うことです。メンターは、社外の人である必要はなく、社内のトップ営業マンや尊敬する上司でもいいでしょう。彼らが普段からどんな本を読み、どんな人と会い、何を考えているのか。「このような人になりたい」と思う人の行動を観察し、ときには教えを請いながらその人と同じ行動をとることで、稼げる自分になるための血肉にしていきます。


樋口武男

自分をアピールして上に認められるためには、なにしろ一生懸命に仕事をする。実績をあげるしかない。


長谷川博己

自分の勘を信じて、好きなことをとことんやったらいい。迷ったときは、自分がいいと思った選択肢こそが正しいんです。少なくとも、僕はそうやって決断してきましたから。


弘世現

生命保険と言うのは、他の商品と違って効用を直接訴えにくい目に見えない商品なので、これをセールスする苦労は大変なものである。表彰に値する優績セールスマンと言うのは、単に契約高という量的な面ばかりでなく、日常の地道な活動の実態などを加味したものである。


濱口道雄

もしあなたがとても面白いアイデアを思いついて、失敗を嫌う上司に提案をする気になりますか? 私はなりません(笑)。挑戦と失敗の意義を知り、それを日々楽しんでいる人間のところにこそ、人材もアイデアも集まるのではないでしょうか。


福永雅文

小さくても、まずは1回勝つことが大切。それまで負け続けてきた状況を打破しやすくなる。次の勝利を呼ぶ原動力になる。その繰り返しが、やがて中長期の戦略に繋がる。


田中ウルヴェ京

実は自分のことは、自分では分からないものです。もしかしたら、あなたの成長を歯止めしているのはあなた自身かもしれません。


辻本春弘

弊社にはユーザー目線で柔軟にものごとを考えてくれる社員がたくさんいます。カプコンではゲームの発売後もいろいろなイベントを行っています。いまでもゲームは売ったら終わりのビジネスモデルが中心ですが、そのなかでも私たちの開発プロデューサーたちは率先してイベントを開催して、ユーザーと接点を持ち続ける努力をしているのです。


谷口義晴

現在世の中に無いものを具現化するには、歩くしかありません。現場へ出向き、自らの五感で確実な情報をつかむ。その情報を元に、次の世代の企画をプランニングするのです。


根岸秋男

私たちは会社をあげてアフターフォローに力を注ぎ、お客さまに「そこまでやってくれるのか」と感じていただけるように努力したいと思っています。