名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

厳浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

厳浩(経営者)のプロフィール

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

厳浩(経営者)の名言 一覧

他人と比べるのではなく、事業としてあるべき形を追求してきました。成功と失敗とは、人との比較で生まれるものだと思うのですが、そういう他社との比較はせず、事業をしてきたと思います。


自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。


私たちのグループ全ての事業に共通するポイントとして、本質は「プロジェクトからビジネスモデルへ」、あるいは「プロジェクトからシステムへ」ということです。つまり、我々はサービスを商品として事業を実施しているということです。


我々にとっての「成功」は何かというと、個々のプロジェクトからサービスを商品として体系化させ、よくマネジメントされた組織を作り、それらをビジネスモデルとして構築すること。


我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。


厳浩(経営者)の経歴・略歴

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

柿木隆介

もし失敗しても、「もっと経験を積もう」と前向きに考えること。後悔すると、嫌な記憶が脳に残り、次の選択で迷いが生じる。


植西聰

イライラしてしたり、カッとなったときは、心理学で言うリフレーミングをするといい。リフレーミングとは思考や発想の枠組みを変えること。たとえば、私はサラリーマン時代、上司に荷物運びを命じられ腹が立ったことがあります。でも、当時私は筋トレなどをやっていて、「ちょうどいいエクササイズだ」と考えた。するとつまらない仕事が楽しくなりました。ようは発想が柔軟で、どれだけ自由であるかということ。


坂東眞理子

ひとつの文書に盛り込む用件は多くとも3つまでに絞りましょう。それ以上になると相手が混乱します。文書はできるだけ短く、簡潔な表現を心がけ、書き上げたら、誤字脱字がないか、必ず読み返します。クリックひとつで簡単に送信できるメールの場合はとくに注意しなければなりません。


中村知哉

リーダーはやはり志が大事。


渡辺謙

仕事でスランプを感じたのは、30代後半です。順調に仕事をこなしていたのですが、「ああ、渡辺謙はこんな感じだね」という評価が固まりつつあることに危機感を持ったんです。そこで僕の30代を支えてくれた人気ドラマシリーズを、泣く泣くすべて降板しました。


徳重徹

20代の社員にそこまで任せて大丈夫かとよく聞かれるけれど、あのソニーだって欧米で事業を立ち上げた1960年代を担ったのはみな20代でした。ところが、今の時代にもっとも優秀だとされる学生は、ほぼ全員が大企業に入ってしまっているんですね。大手の商社や銀行などで必要とされる「優秀な人材」はせいぜい1割か2割。8割以上の社員が本来は非常に優秀でありながら、その能力を活かせない仕事をしている。僕らのような企業がもっとたくさんあれば、その現状を変えることができるはずです。


冨安徳久

もしティアの会館の近くに、大手のライバル企業が会館を建てたとしても、ティアがお客様からの信頼を得ていれば、負けません。だから人材育成はビジネスをするうえで、非常に重要なのです。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

井上英語で私の学び得たものは、(1)全国規模の広告に対する統計調査、(2)蓄音機の大量発注によるコストの低下、(3)善意の大衆相手の月賦は貸し倒れが出るものではないという事実である。これらの経験は、後年、日本で最初のミシン月賦企業に参画したとき、何ものにも代えがたい大きい認識の土台となった。
【覚書き|通信教育会社「井上英語講義録」の経営立て直しを友人に頼まれたときを振り返っての発言】


丹羽宇一郎

自らを律することができないトップは、誰からも信用されない。


牧野正幸

当社には、「カムバック・パス」という制度があります。退職する社員に、辞めた時点での報酬とポジションで、復職を認める。実際、この制度を作った人事部長が戻ってきました。ただ、いつでも辞められると思うと辞めないものです。


塚越寛

部下を怒ることもあります。しかし、それは仕事の成績が悪いといった理由ではありません。そして、自分の感情に任せて声を荒げたこともありません。叱責するのは怠慢に対してです。何度も同じミスをしたり、約束を破ったり。実際、そのような部下は少ないですが、そういった場合は机をたたいて怒ります。


サミュエル・スマイルズ

外部からの援助は人間を弱くする。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし元気づける。