名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

厳浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

厳浩(経営者)のプロフィール

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

厳浩(経営者)の名言 一覧

他人と比べるのではなく、事業としてあるべき形を追求してきました。成功と失敗とは、人との比較で生まれるものだと思うのですが、そういう他社との比較はせず、事業をしてきたと思います。


自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。


私たちのグループ全ての事業に共通するポイントとして、本質は「プロジェクトからビジネスモデルへ」、あるいは「プロジェクトからシステムへ」ということです。つまり、我々はサービスを商品として事業を実施しているということです。


我々にとっての「成功」は何かというと、個々のプロジェクトからサービスを商品として体系化させ、よくマネジメントされた組織を作り、それらをビジネスモデルとして構築すること。


我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。


厳浩(経営者)の経歴・略歴

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

新しい挑戦で、業界に刺激を与える。それが私たちのやり方です。


佐々木常夫

20代前半で社会に出た人が平均寿命まで生きるとすると、50代はちょうど折り返し点だ。いったん立ち止まってこれまでの人生の棚卸しをし、残りの30年をどう生きるか目標を定め、その準備を始める大事な時期。


山内雅喜

じつは思いつきでやったことは、結構失敗しているのです。たくさんありますよ。伝言ファクスとか……。成功したアイデアの出発点になるのは、つねに顧客接点です。セールスドライバーは日々お客様のクレームや不満をうかがうわけですが、クレームや不満はひっくり返せばお客様の要望であり、お客様のニーズの変化であり、いわば「顕在化しつつある潜在的なニーズ」です。これを丁寧に吸い上げて新しいサービスにつなげていく。これが、ヤマトの伝統的なビジネスモデルなのです。


三木泰雄

英語を使うのはネーティブだけではありません。中国人やインド人などネーティブではない人たちの英語は発音も聞き取りにくいし、文法的におかしな言い回しもたくさん出てきます。でも、それでちゃんとコミュニケーションが成り立っている。要するに通じればいいのです。


石井純二

かつて最後は上場を目指す、というような風潮がありましたが、私は「上場は目指さなくていい、成長してください」と申し上げています。上場ありきで動きますと、上場コストの負担といったことも考えねばなりません。その前に、まずは成長してもらうことが大事だと考えているのです。


井上和幸(ヘッドハンター)

最近は仕事の設計や組み立てを精緻に行い、可視化するといった仕事のやり方が身についていないと、ビジネスの世界では通用しないシーンも多くなってきた。当社では、これに対応するためグーグルカレンダーを活用し、全社をあげてスケジュールを公開し共有している。


深田晶恵

未来とは、日々、一歩一歩進んでいった先にあるもの。老後は明日やってくるわけではないのだから、まずは現状をベースに目標を設定し、年金制度の変化をウオッチしながら、できることを少しずつやっていくことこそ大切。不安ばかりを口にして思考停止するのは、もうやめておこう。


立石剛

自分自身が人と人を結ぶ「ハブ型の人脈作り」をすることで、人脈はより強固なものとなる。


石塚しのぶ

価値観が統一されている会社ほど変化に敏速に対応できる。ピラミッド型の組織では上層部の意志決定が段階的に末端まで降りていくため、対応に遅延が生じます。しかし企業文化を持つ会社の場合、共通の価値観に基づいて現場で意志決定が行われる。


ブライアン・ヘイウッド

本来、コーポレートガバナンスは素晴らしい社長が一人いれば、それで十分。しかし、次の社長がそうなるとは限らない。完璧な継承は不可能で、そのためにしっかりとした仕組みを入れることが必要。


藤岡頼光

アメリカ人なんてベンチャーのやつがなんぼ働くか。すごい働いているよ。めちゃめちゃ頭のいい奴が、めちゃめちゃ頭のいいやつらと闘っている。


松田譲

心の中ではすぐにでも逃げ出したかったですけれど、社長になったらそうはいかない。
【覚書き|社長就任後、証券アナリストから決算について厳しい質問を投げかけられたときを振り返っての発言】