厳浩(経営者)の名言

厳浩(経営者)のプロフィール

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

厳浩(経営者)の名言 一覧

他人と比べるのではなく、事業としてあるべき形を追求してきました。成功と失敗とは、人との比較で生まれるものだと思うのですが、そういう他社との比較はせず、事業をしてきたと思います。

自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。

私たちのグループ全ての事業に共通するポイントとして、本質は「プロジェクトからビジネスモデルへ」、あるいは「プロジェクトからシステムへ」ということです。つまり、我々はサービスを商品として事業を実施しているということです。

我々にとっての「成功」は何かというと、個々のプロジェクトからサービスを商品として体系化させ、よくマネジメントされた組織を作り、それらをビジネスモデルとして構築すること。

我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。

大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。

厳浩(経営者)の経歴・略歴

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

ページの先頭へ