厳浩(経営者)の名言

厳浩(経営者)のプロフィール

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

厳浩(経営者)の名言 一覧

他人と比べるのではなく、事業としてあるべき形を追求してきました。成功と失敗とは、人との比較で生まれるものだと思うのですが、そういう他社との比較はせず、事業をしてきたと思います。


自信はないけれど、かといって不安もありませんでした。いわゆる成功指向ではないので、いかに成功するかではなく、どう仕事をつくっていくか、ビジネスモデルはどうあるべきかを常に考えていました。


私たちのグループ全ての事業に共通するポイントとして、本質は「プロジェクトからビジネスモデルへ」、あるいは「プロジェクトからシステムへ」ということです。つまり、我々はサービスを商品として事業を実施しているということです。


我々にとっての「成功」は何かというと、個々のプロジェクトからサービスを商品として体系化させ、よくマネジメントされた組織を作り、それらをビジネスモデルとして構築すること。


大規模なプロジェクトであればあるほど、個人プレーではどうにもならない。ある先生が言っていたのですが「大規模プロジェクトとは大河小説だ」と。大河小説は構成力が問われます。つまり、規模か大きく、期間も長いので、体系化するには、どれだけレベルが高くても、小さな仕事をやっているだけでは対応できない。EPSも組織としてのマネジメントの重要性を実感し、実践するようになりました。


我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


厳浩(経営者)の経歴・略歴

厳浩、げん・こう。「EPSホールディングス」会長。中国江蘇省出身。山梨大学卒業、東京大学大学院博士課程修了。エプス東京(のちのEPSホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

大和田哲男

素材を知らなければ、良い機械はできません。
【覚書き|父の機械工場で営業として働き、営業先の会社が取り扱っている食材や素材について熱心に聞いて回った理由について語った言葉】


立川志らく

私の師匠である談志は、同じ噺(はなし)を繰り返し、芸が老いていく落語家を軽蔑していた。それだけに、談志は常に自分を変革しようともがき、どう落語を変えるべきか苦悩していた。談志の「あと十年もすれば、お前も狂うぞ」という言葉が、妙に心に引っかかっていた。


似鳥昭雄

会社の特長を出していかないと戦いに勝つことはできない。我々は商品の品質・機能・安さ、あらゆる面でお客様に満足していただけるよう努力するだけ。


三木谷浩史

もし市街地を再開発したいなら、飛び地を買い集めてもあまり意味はない。隣接地をまとめるから飛躍的に価値が上がる。同じように、事業としての隣接しを取得するのがM&Aの基礎である。


齋藤孝(教育学者)

本番で結果を出すためには、日ごろから地道に努力をして力を蓄積しておくことが大事。付け焼き刃は通用しない。


鎌田富久

通常、経営者は怒られる、ということがありません。会社では自分が一番偉いので。ただ、人は怒られないと成長しません。普通に就職して会社で働いていれば上司に怒られて鍛えられるのですが、学生から起業する経営者は怒られる機会があまりありません。僕は、経営者に対して怒る役割です。


小倉昌男

ドライバーは荷物を届けたお客さんからありがとうと言われるうちに、宅配のやりがいを感じてくれるようになりました。


マイク・マクナマラ

足元では顧客の多様化を加速しています。EMS(電子機器の受託生産)は一部の大手メーカーに依存しがちで、1社の業績の変化に売上高が連動するリスクが高いことが課題でした。現在の実績を見ると、上位10社の顧客が売上高の46%を占めており、1社で10%を超える顧客はいません。スタートアップのような小さなビジネスを増やしていきたい。


秋元康

私は50歳を過ぎて人気アイドルグループAKB48の曲の作詞をしていますが、女子学生に対して取材など全くしておりません。私が女子学生に話を聞いて作詞してしまうと、普遍的に理解できない曲ができてしまうのです。私は、誰もが受け入れられる言葉の中から面白いと感じたものを使います。


星野佳路

「他の誰かでもできることだ」と感じたことは、積極的に他の人に任せましょう。任された人の成長をうながせるし、任せる人も、引き継ぎをする過程で、自分の仕事の意味や重要性を再確認できるはずです。


塚本幸一

死んだ気になればなんでもできるというが、もともと自分は一度戦地で死んだ体である。いわば戦地の決死隊が商売の決死隊に代わっただけだ。そう思えば商品をぎっしり詰め込んだリュックの重さなど物の数ではない。


杉本哲太

自分の仕事を振り返ってみると、要所要所でご縁があって続けてこれたと感じます。それは作品であったり、人物であったり……。本当にその連なりがあったからこそ、今があるという気持ちです。


小泉文明

往生際の悪さを持つ経営者は、IT業界で顕著かもしれません。世間が「このサービスはどう捉えても失敗だろう」と見なしていても、当の本人はいまだに失敗と思っていない(笑)。でもその姿勢が、後の成功を呼び込むのだと思います。


筒香嘉智

キャプテンとして心がけているのは雰囲気作り。試合中は、とくにそうですね。長いシーズンでは負けが続く時期もあるし、自分が打てない日もあります。でも、どんな状態であれ、僕はいつも同じ顔でいようと努めているんです。4番でキャプテンの僕が不安な顔をすれば、「今日はヤバいのかな」と皆に悪影響を与えますからね。


高田明(ジャパネットたかた)

物事を人へ伝えるときに大切なのは情熱。人間は情熱を持てるか持てないかで、パフォーマンスが大きく変わります。見ている人、聞いている人は、パフォーマーが本当に伝えたいと思っているかどうかを、目や耳で感じているからです。


ページの先頭へ