名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原野和夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原野和夫のプロフィール

原野和夫、はらの・かずお。日本の経営者。「時事通信社」社長。山口県出身。東京大学農学部卒業後、時事通信社に入社。那覇特派員、海外部長、編集局長などを経て社長に就任。また、パシフィック野球連盟会長、世界少年野球推進財団評議員などを務めた。

原野和夫の名言 一覧

一番の情報手段は何といっても直接人に会い、話を交わすこと。それは記者時代の鉄則。


体力が衰えて、かつてのように動けないし、友人・知己の多くがどんどん「先行」して、そちらでも後進者だ、それでもちょいちょい会に出たり、人に会って会話をすると一番楽しいし、勉強になる。


原野和夫の経歴・略歴

原野和夫、はらの・かずお。日本の経営者。「時事通信社」社長。山口県出身。東京大学農学部卒業後、時事通信社に入社。那覇特派員、海外部長、編集局長などを経て社長に就任。また、パシフィック野球連盟会長、世界少年野球推進財団評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

事業部というのは、商品があり、その商品を支える技術があり、モノ作り力があるのが基本の姿です。そしてお金と人がその中でうまく回ることが重要です。


ドナルド・トランプ

自分の成し遂げたことをたいしたことではないととらえ、次への意欲をかき立てるのが功を奏する場合もある。「たしかによくできたが、これはほんのウォーミングアップだ」と言ってチャレンジし続ける方法である。


福原正大

先日、日本のある学校の授業を見学に行って驚きました。せっかく自由と平等について授業をやっているのに、先生が「こういう理由で、こっちの考え方がいい」と答えを押しつけていました。これじゃ生徒は自分の頭で考える力が身につかないでしょう。


大貫卓也

「いいキャンペーンでしたね」と評価されるとか、広告賞を受賞するとか、そんなレベルでは終わらせたくなかったんです。とにかく見た人が、「きれいだ」と圧倒されるような広告をつくりたかった。ちょっとカッコよく言えば、「美しい!」の連続で、感動させたいと考えたのです。


田岡敬

IMJでは、2つの子会社と5つの事業部をマネジメントしました。各部署が当時は複数の雑居ビルに分かれていたので、リモートマネジメントに近いんですよ。普段顔を合わせない、週1回ミーティングの時だけ会うという部下も多かったので、そういうリモートのマネジメントとか、事業の管理とか判断って、やっぱりミーティングの頻度を保つことが非常に重要だということを学びました。週1回、別に30分のミーティングでもぜんぜんかまわないので、ちゃんとウォッチして状況をこまめにアップデイトしていくのが重要だなと。そうでないと意思決定を求められても、背景や現状理解に時間が掛かってしまい即断ができませんし、そもそもまとめて情報のアップデイトを受けると情報にバイアスが含まれていても見落としてしまうことがあります。


伊藤隆行

周囲からどう言われようと、「もしかすると天才じゃないか」と感じる部分は、遠慮せずにそう思い込むべき。


吉越浩一郎

トリンプでは、「緊急性は低いけれど、重要性は高い仕事」に私がデッドライン(締め切り)を設定しました。緊急性を強制的に上げることで、仕組みづくりに社員を取組ませ、残業を減らしていきました。


藤沢武夫

布を織るとき、タテ糸は動かず通っている。タテ糸がまっすぐ通っていて、はじめてヨコ糸は自由自在に動く。一本の太い筋が通っていて、しかも状況に応じて自在に動ける、これが「経営」であると思う。


マイケル・ゲルブ

1980年代の米国マネジメント協会の出版物によれば、最も成功する管理者とは、「不確かなことに耐える力が大きく、直感的な判断力を持っている人」だった。今では時代の変化の速度はもっと早くなっているから、不確かさに対する「耐性」だけでは十分ではない。不確かさを喜んで受け入れられなければならない。


小泉文明

いつも強く意識しているのは、「どう考えても無理そうな高めの理想を目標として掲げる」こと。期待値の低さは、理想の高さの裏返しなのです。私はこれまで、自分の能力や状況、与えられたリソースはいったん頭の中から取り除いて、「高めの理想」を描いてきました。


茂木健一郎

私の周辺でも、「あいつは欠かせないな」という人物が何人かいる。そのような人物は、ある特定の問題の専門家であるというよりは、「場」をつくることができる人物だというケースが多い。単純なようだが、宴会のときに注文などを仕切ることができる。話題を絶やさずに、その場にいる人を楽しませることができる。その人がいると、何とはなしに安心で、楽しい。姿が見えないと、あいつはいないのかと探してしまう。そういう人は、必要な人だ。人と人との関係を、潤滑油として触媒することができる。そのような人は、結局、会社に求められる。


隈研吾

触りながら何かをつくるのは、人間という生き物にとって、ものすごい充実感のある仕事。学生がそういうものに興味を持ってくれるのは、すごく良いことだと思う。