名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

原野和夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原野和夫のプロフィール

原野和夫、はらの・かずお。日本の経営者。「時事通信社」社長。山口県出身。東京大学農学部卒業後、時事通信社に入社。那覇特派員、海外部長、編集局長などを経て社長に就任。また、パシフィック野球連盟会長、世界少年野球推進財団評議員などを務めた。

原野和夫の名言 一覧

一番の情報手段は何といっても直接人に会い、話を交わすこと。それは記者時代の鉄則。


体力が衰えて、かつてのように動けないし、友人・知己の多くがどんどん「先行」して、そちらでも後進者だ、それでもちょいちょい会に出たり、人に会って会話をすると一番楽しいし、勉強になる。


原野和夫の経歴・略歴

原野和夫、はらの・かずお。日本の経営者。「時事通信社」社長。山口県出身。東京大学農学部卒業後、時事通信社に入社。那覇特派員、海外部長、編集局長などを経て社長に就任。また、パシフィック野球連盟会長、世界少年野球推進財団評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

波瑠

毎日気持ち良く仕事するためには、ある程度、割り切るというか、折り合いをつけていくことも必要。


朝日重剛

私は、従業員の能力をフルに引き出すには、お客様の要望を一番知っている現場を信頼し、任せるという度量と、もう一つはトップの経営的な決断が大切であり、この二つが基本だと思っています。


二宮清純

仕事を楽しむために必要なのは、ジャンルは何であれ、自分に課すべきプロとしてのたしなみを持つことじゃないでしょうか。


丹羽宇一郎

会社の経営とは、最大の資産である人をどれだけ生かすかに尽きる。つまり、人を理解しなければならない。


朝倉千恵子

上司としての最大の礼儀は、部下に仕事を教えること。部下を育て、真の幸せを感じてもらえる方法はただひとつ、それは、仕事の楽しみに自ら気づいてもらうことです。そして、部下と真剣に向き合うことです。


江崎利一

グリコのスローガンにも頭を悩ました。「簡単で」「力強く」「覚えやすく」「興味の持てるもの」。しかも、日本で初めての栄養菓子の性格を十分表したものでなければならない。


やましたひでこ

断捨離のプロセスでも、空間に対しての「総量規制」を自分で設けます。いまの居住空間という与えられた条件で、その空間におけるモノの収納量の上限を決めるのです。そうすると、本当に自分が気に入ったモノしか入れない状態のところに、新たなお気に入りが手に入ったら、これまでもっていたなかで「お気に入りランク」が一番低いモノを手放す、という循環が起こります。このサイクルを繰り返すと、自然と「お気に入りランク」の高いモノが残る。「断ち・捨て・離れ」の引き算の解決方法によって停滞を取り除き、住まいの、暮らしの、身体の、気持ちの、人生の、新陳代謝を促すのです。


吉田洸二

控え選手の役割は重要です。普段の練習も、控え部員たちのテンションが低いと活気が出ません。「レギュラーだけで頑張っていればいい」といった雰囲気が広がると、チームの勢いが失われてしまいます。


若林克彦(経営者)

現場に立って、自分で課題を見つけ新しい発見をする。それが本当の仕事の姿だと思う。


大久保尚武(積水化学工業)

東大では自己研鎖のためにボート部に入ろうと決めてはいたものの、五輪出場など考えたこともありませんでした。入部してからもレースでは負けてばかり。自信を失いかけていた2年生のある時、コーチが「来年のオリンピックを狙うぞ」と言い出し、その気になったのです。人間というのは目標があると、やるべきことが見えてきます。朝から晩まで猛練習をこなしただけでなく、当時の日本では前例がなかった最先端の運動生理学を練習メニューに取り入れました。その効果もあり、3年生と2年生が中心の若いクルーが実業団に勝ち、五輪出場権を得たのです。


米倉誠一郎

イノベーションはどの業界でも起こせる。埼玉県にイーグルバスグループという、赤字路線を引き継いだ会社がある。バス1台ごとにセンサーをつけて乗降状況を分析し、ダイヤや停留所の位置を改善して地元のバスを生き返らせた。また、中央拠点(ハブ)を介して各停留所をつなぐハブ&スポーク方式を導入した。乗り継ぎが必要になる代わりに、バスの本数が増え利便性がよくなった。同社はこの方式をベトナムなど新興国に売ろうとしている。すべてはやり方次第だ。


山内溥

パソコンOSという特定の分野でたまたま成功し、独占的地位を守ることに精を出してきたマイクロソフトが、安易に手を出せるような世界ではない。このことは、マイクロソフトのような質の違う会社には絶対分からない。分かったとしたら、それこそ神様だ。
これまでのマイクロソフトは”ツキ”過ぎだった。人間も企業もツキはいつか必ず落ちるもんでしょ。ゲイツも決して神様ではなかったということが、そう遠くない将来に証明されることになるだろう。