名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原野和夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原野和夫のプロフィール

原野和夫、はらの・かずお。日本の経営者。「時事通信社」社長。山口県出身。東京大学農学部卒業後、時事通信社に入社。那覇特派員、海外部長、編集局長などを経て社長に就任。また、パシフィック野球連盟会長、世界少年野球推進財団評議員などを務めた。

原野和夫の名言 一覧

一番の情報手段は何といっても直接人に会い、話を交わすこと。それは記者時代の鉄則。


体力が衰えて、かつてのように動けないし、友人・知己の多くがどんどん「先行」して、そちらでも後進者だ、それでもちょいちょい会に出たり、人に会って会話をすると一番楽しいし、勉強になる。


原野和夫の経歴・略歴

原野和夫、はらの・かずお。日本の経営者。「時事通信社」社長。山口県出身。東京大学農学部卒業後、時事通信社に入社。那覇特派員、海外部長、編集局長などを経て社長に就任。また、パシフィック野球連盟会長、世界少年野球推進財団評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

小田禎彦

新機軸を打ち出したことで、ほかの旅館との差別化につながった。


大川博

映画といえども企業は企業である。企業の要となる経理を自分でしっかり押さえてかかるならば、映画企業も立ち直りの例外となるまい。
【覚書き:東映の新社長に就任した時を振り返っての発言。東映は東横映画、大泉映画、東京映画配給の赤字3社が合併して発足した。】


寺島実郎

今は一見カオスのような世界だけれども、こういう時こそ、理念と筋道が大事。己の理念と筋道を語れる人間だけが、説得力があり、尊敬される。


長田邦裕

これからは不動産業も働き方改革に取り組んでいく必要があるでしょう。働きやすく魅力的な職場に変えていかないと、人は集まりません。加盟店の中にはすでに改革に取り組んでおられるところもいくつかあります。我々は定期的に加盟店の表彰会を行っているのですが、上位の常連になる加盟店はみんな決まって、定時終わりを徹底するなど、職場環境の改善に取り組んでいます。


濱田純一

狭い社会にずっといると対応能力は限られたものになってしまいます。ですから、積極的に海外に出て行って自分の能力を伸ばすことが大事。


南壮一郎

どんな立派なバリューやクレドを掲げていたとしても、経営者が体現していなければ、社員が大事にするはずがない。


嶋浩一郎

相手の心をつかみ、イエスと言わせたいなら言葉ひとつにも注意を払うべきです。やってはいけないのが、ひとりよがりの言葉を羅列することです。内容に自信があるときほど陥りがちですが、ここで重要なのは相手に合わせた言葉選びです。どんどん新しいことを取り入れたいと思っている人もいれば、現状維持で十分と考える人もいます。後者の人に対して斬新な言葉を散りばめた提案書を見せても通らないのは当然でしょう。


佐藤尚之

心の底から好きな女性がいたら、好きになってもらえるよう努力するだろう。それと同じで、消費者に好きになってもらうには、企画を考えている自分自身が消費者の好みを知ることが重要です。そうすれば、相手は元からこちらを注目してくれます。そして、商品のメッセージも喜んで受け入れ、実際に購入してくれるでしょう。


石川康晴

僕は現代アートに触れて20年以上経ちますが、楽しむコツは「概念で見る」ことだと考えています。例えば、写真作品ならば、構図や被写体の良し悪しではない。作品を前に、「どんな概念で作られたのか」を妄想するのです。視点を「A」から「B」に変えると物事が変わり、新しい発見がある。こんな視点の転換力が、新規事業の立ち上げや社内改革にもつながる。現代アートは難解だと敬遠されがちですが、ビジネスパーソンは転換力を鍛えるイノベーションの筋トレとして、アートを活用するのがお勧めです。


岡崎慎司

五輪を見ていても、金メダルを取った選手がそのまま現役を続けている。あれは自分の限界を超える瞬間に魅力があるからでしょうし、人間、ひとつの到達点では満足しきれない生き物だとも思うんです。


内藤晴夫

人がつくったものを取り込むのに比べ、自前でスクラッチからやった方がはるかに血沸き肉躍るでしょう?
【覚書き|海外進出する際に現地企業を買収するのではなく、自前で進出する理由について語った言葉】


畑正憲(ムツゴロウ)

私は飛行機や車の中ではどうしても文章が書けないもので、飛行機の待ち時間や現地での空き時間が貴重な執筆のチャンスでした。空港の片隅で原稿用紙を広げたり、人里離れた明かりのない村では、懐中電灯をガムテープでつるして原稿を書いたり。