名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原谷隆史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原谷隆史のプロフィール

原谷隆史、はらたに・たかし。日本の保健学博士。東京大学医学部保健学科卒。同大学大学院で博士号取得。労働省産業医学総合研究所研究員、米国国立職業安全保健研究所客員研究員、独立行政法人労働安全衛生総合研究所・研究企画調整部上席研究員、そのほか東京大学、東京医科大学、山梨医科大学、早稲田大学などで講師として教鞭をとった。職業性ストレスと産業精神保健を専門とし研究とケアを行っている。

原谷隆史の名言 一覧

ストレッサー(ストレスの要因)としては従来、仕事の量、質、職場の人間関係が三大要素といわれていましたが、最近は会社の将来性がストレスのトップになっています。


ストレスのまったくない仕事はありませんし、ストレス自体は必ずしも悪いとは限りません。適度なストレスは、人間の成長に欠かせないからです。ストレスを感じるのは正常な反応であり、それを解消して回復すればいいのです。


仕事量は大きなストレッサ―になりますが、これもケースバイケースの部分があります。NHKの「プロジェクトX」に出てくる人たちは皆、寝る時間を削ってまでも仕事に打ち込んでいました。しかしあの人たちは、それをストレスとは感じていないようです。やりがいのある仕事をやっているから、苦痛どころか喜びになっていたのではないでしょうか。


部下がストレスを感じているときに仕事量を減らすのが難しいとしたら、本人のやりたいようにやらせる。ある程度の裁量権を与えるのもひとつの方法です。マネジメントする側は、一方的に細かい仕事の指示をするのではなく、部下のストレスに配慮して自主性を尊重することが、パフォーマンス向上につながるでしょう。


ストレスなんて感じるのは、気持ちがたるんでいるからだ。昔はそんなことを言う人もいました。けれども職場でのストレスは決して個人の問題ではありません。職業性ストレスは企業の経済的損失をもたらすこともある現代社会の重要な健康問題なのです。


問題なのは過度なストレスや慢性的なストレスです。たとえば仕事で大きなミスをしたとか不祥事を起こしたというときなどには、一時的ではあっても非常に強い負荷がかかり、急に体の具合が悪くなることもあります。毎晩遅くまで仕事をし、睡眠時間を削り、土日も仕事ということが続くと慢性的な疲労とともにストレスがたまり、健康に悪影響が出てきます。


辛いと思う仕事を長時間続けているとストレスは増大します。そこで大事なのが、仕事のコントロールということです。仕事の内容やペースを自分である程度コントロールできると、ストレスの度合いがずいぶん違うのです。デスクワークだと、気分が乗ってきたら一気に片付けるとか、疲れてきたから一休みするとか、自分のペースで仕事をすることも可能でしょう。そういう働き方の方が効率もよく、それほどストレスにもなりません。


友人や家族に愚痴をこぼすことはストレス解消に有効です。理想的な方法としてはスポーツをすることです。時間がなければ通勤など、一駅手前で電車を降りて歩くというような身体活動でも、心身両面に効果があります。度を越さなければお酒を飲んで愚痴をこぼすのも悪いことではありません。


ストレス状態が続いて解消できない場合には、上司や同僚、家族などに相談してください。それでも改善しないときは産業医などの専門家に相談してください。病気の可能性が疑われるときは早めに精神科や心療内科を受診して、診断、治療を受けることが大切です。


ストレスへの抵抗力をつけるには、まず規則正しい生活習慣で睡眠時間を確保することです。ものの見方を変えてみるというのも有効です。たとえば、出世の早い同僚と比較すると自分の処遇に不満が出てきますが、自分より悪い処遇の同僚に目を向ければまだまだマシだということになります。


ストレスの受け止め方には個人差があります。大きなミスをして上司から叱責されても、あまり気にしない人や一晩眠ればケロッと忘れる人もいれば、深刻にとらえて傷つく人やいつまでもくよくよしている人もいます。同じ刺激でも人によって反応が違うのです。


原谷隆史の経歴・略歴

原谷隆史、はらたに・たかし。日本の保健学博士。東京大学医学部保健学科卒。同大学大学院で博士号取得。労働省産業医学総合研究所研究員、米国国立職業安全保健研究所客員研究員、独立行政法人労働安全衛生総合研究所・研究企画調整部上席研究員、そのほか東京大学、東京医科大学、山梨医科大学、早稲田大学などで講師として教鞭をとった。職業性ストレスと産業精神保健を専門とし研究とケアを行っている。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

効率を考えれば、ロングライフ商品を出すのが一番でしょう。ただ、ロングライフ商品への依存は企業が思考停止に陥る前段階で、結果的に大赤字の元凶になると私は考えています。


前川孝雄

会議では思わず意見を言いたくなるような楽しい仕掛けをありとあらゆる面から用意する必要があります。たとえば、お菓子やジュースなどを机の上に広げ、飲み放題、食べ放題とするのです。私がリクルート在職中に編集長を務めた若手社会人向けメールマガジン『リクナビCAFE』では、青山のカフェや銀座のイタリアンで企画会議を実施したりしていました。こういったリラックス空間の中、部下からいいアイデアがバンバン飛び出し、日本中の若手社会人の3人に1人は読むというお化けメディアに成長させることができました。


野坂英吾

先輩経営者から聞いた失敗談を自分だったらどう対処していただろうかと「自分ごと」として考える習慣を意識してきました。「変換力」と呼んでいますが、たくさん疑似体験をしてきたことは役に立ちました。


渕脇正勝

会社の方針として、「売り手良し・買い手良し・世間良し」の三方良しの考えで、私たちは百年企業を目指しています。自分たちの利益だけでなく、お客様にも利益を、そして世の中も良くすること。会社を長く存続させ、お客様と長いお付き合いができるようにと、社員に教育しています。


永守重信

短期的にリストラして業績を上げるのは簡単。雇用を守って、投資もして、その上できちんと利益を上げるのがプロの経営者。


横田南嶺

私は仏教の経典の中でも『般若心経』に心をひかれます。『般若心経』は最初から最後まで全部が否定。すべてに「空」とか「無」という言葉をつけて否定します。否定して、ではどうすればいいのかというと、期待をしないのです。否定の先に何かあるだろうという期待さえもしない。


矢頭美世子

食品や健康補助食品を扱う会社なのですから、自分たちの食事にも気を配り、元気に働ける環境にしなければならない。


ヘンリー・フォード

今こそ大きなチャンスの時である。だがそれを知っている人は実に少ない。


行天豊雄

私もかつて大蔵省で長く国際交渉に関わってきました。プラザ合意、ルーブル合意など、数え上げればきりがないほどです。そんな経験から言うと国際交渉で日本が互角に渡り合うためには3つのポイントがあるように思います。「自国の熟知」「どれだけ相手と人間関係を作れるか」、そして「交渉の結果を受けて改革を進めること」。


吉野真由美

悪口や批判などネガティブな発言は控えるべきです。話す言葉はその人自身の印象に直結します。ネガティブなことばかり言う人は、自分も相手にマイナスのイメージを与えてしまうことを覚えておきましょう。


大山健太郎

私は感受性が強く、映画が好きで、高校時代は映画監督になるのが夢でした。図らずも19歳で経営者になりましたが、若い頃、映画に没頭した経験が今、経営に役立っていると感じます。特に好きだったのはヌーベルバーグなどのフランス映画。考えさせられるストーリーや詩的な映像表現の作品が多く、私小説のような映画がたくさんありました。映画は総合芸術です。構想力、ストーリー、シナリオの三拍子揃って、初めて感動を与える作品が生まれます。映画監督が映画をつくるように、私は経営者として、生活者の代弁者になり、数々の商品を世に送り出してきました。


清水信次

人間には成長できる人とできない人がいます。本人に成長する能力があれば、器量も大きくなりますが、これはよほどの例外。