名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原裕輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原裕輝のプロフィール

原裕輝、はら・ひろき。日本の心理カウンセラー。カウンセリング、ワークショップ、講演などで多くの人の家族関係・恋愛・職場問題などの解決にあたった。著書に『人生のぐるぐるからポン!と抜け出す本』。

原裕輝の名言 一覧

人は、自分の感じ方を基準にどうするかを組み立てている。


“不安”という感情は、「何か良くないことがあるかもしれない、気をつけなければ」といった防衛心理の表れ。


いくら考えても心が晴れない時は、感じ尽くして感情を消化してしまうのが効果的。


一人で抱え込まず、誰かに心情を吐露し受け止めてもらうことが非常に大切。


要は、ネガティブとポジティブのバランス。そこを自分なりにつかんでいくことが、経営の要諦ではないかと思います。


ネガティブな意識の時は、あえてポジティブな情報に接して自己概念を入れ替える努力も必要。


独立の不安の場合は、誰かに不安な思いを吐露し受け止めてもらうことが消化につながります。話すことで自分の気持ちが解放されていき、新たにポジティブな感情が芽生える余地ができる。


自分がそれまで培ってきた営業力や人脈があればなんとかなる、というふうに、自分の能力を洗い出し未来への投影が働けば、不安は自信に変わっていくと思います。


原裕輝の経歴・略歴

原裕輝、はら・ひろき。日本の心理カウンセラー。カウンセリング、ワークショップ、講演などで多くの人の家族関係・恋愛・職場問題などの解決にあたった。著書に『人生のぐるぐるからポン!と抜け出す本』。

他の記事も読んでみる

前田安正

とくに今は、ビジネスの企画や提案でも、「自分の思い」を伝えることが重要になっています。「高齢者が暮らしやすい世の中にしたい」「子供たちの未来のために、環境に優しい社会を作りたい」。最初にこうした思いを伝えたうえで、「だから私たちは、こんな商品を作りました」と説明を付け加える。これがプレゼンの基本になりつつあります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

話し方はお笑い芸人から学ぶといい。餅は餅屋というように、彼ら話芸のプロは確かな技術を持っている。それを盗んで自分のものにするのだ。私も若い頃は演芸場にずいぶん通った。とくに役立ったのが落語の「間」。この間の取り方を覚えると、トークの質は格段に上がる。


栗山年弘

スマホも、車載も、当社は複数の顧客に部品を提供しています。顧客はそれぞれ競合関係にあるので、きちんと機密保持契約を結び、他社に情報漏洩しないように注意しています。こうして築いた信頼関係が次の変化の波を捉えるカギになります。


リンダ・グラットン

変化し続ける社会で大切なことは、自分とはどういう人間であり、自分の価値は何であるかを理解し、目標を持つことです。


藤冨雅則

営業では常に「どうすればお客様の利益増加につながるだろうか」を真剣に考え、お客様の立場で想定し、戦略を共に練る誠実な姿勢で臨めば、お客様との強い信頼関係を築く土台が出来上がります。


北条司

連載が始まる少し前に子供が生まれたんですけど、それもあって連載当初は何がなんでも終わりたくないと思っていました。ここで失敗したらマンガ家として先がないんじゃないかという不安にかられていて、妙なジンクスを作りだしては、これで連載が延びるはずだと思い込むようにしていたんです。あるとき、自分で自分を縛っていることの馬鹿馬鹿しさにようやく気がついた(笑)。それから、やるだけやってやろうという気持ちに変わって、ストーリーが進展しだしたんです。


小泉光臣

常に他社をしのぐスピードで利益成長を続けることで、その先にナンバーワンがある。


今瀬ヤスオ

もし失敗してしまったら、その要因を細かく分析すること。自分の無力さを直視することになり辛い面もありますが、そうしないと、復活の一手は打てません。


出口治明

人生には波がある。天気と一緒で、晴れの日もあれば雨の日もある。その方が自然ですよね。鷹揚に構えていればいい。


遠藤良治

当社は単品管理をビジネスモデルの中心に据えて「在庫の見える化」を進めてきましたが、「人材の見える化」も同時に進めていくことが必要と思います。当然のことですが、個人やチームの能力の向上が会社全体の力を押し上げていくわけですから、商品の単品管理と同様に社員一人ひとりのキャリアデベロップメントに真剣に取り組む必要があると考えています。


貝沼由久

M&Aがうまくいくかどうかは、やる前から完全に分かるものではない。M&Aを成功させるためには、統合や買収が決まったら、いかにシナジーを出すかに全力を挙げるしかない。


堀場厚

買収に応じようという会社は、何らかの障害があって経営に支障をきたしている、だから買収に応じるわけです。たとえば、いい技術はあるもののマーケティング面が弱いとか、資金調達がうまくいっていないといったことです。私の経験から申しますと、100億円で買収した会社が機能するまでには、キャッシュで100億円の用意をしておかなければなりません。買収金額はこうした事情も踏まえて決定されなければいけない。