名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原裕輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原裕輝のプロフィール

原裕輝、はら・ひろき。日本の心理カウンセラー。カウンセリング、ワークショップ、講演などで多くの人の家族関係・恋愛・職場問題などの解決にあたった。著書に『人生のぐるぐるからポン!と抜け出す本』。

原裕輝の名言 一覧

人は、自分の感じ方を基準にどうするかを組み立てている。


“不安”という感情は、「何か良くないことがあるかもしれない、気をつけなければ」といった防衛心理の表れ。


いくら考えても心が晴れない時は、感じ尽くして感情を消化してしまうのが効果的。


一人で抱え込まず、誰かに心情を吐露し受け止めてもらうことが非常に大切。


要は、ネガティブとポジティブのバランス。そこを自分なりにつかんでいくことが、経営の要諦ではないかと思います。


ネガティブな意識の時は、あえてポジティブな情報に接して自己概念を入れ替える努力も必要。


独立の不安の場合は、誰かに不安な思いを吐露し受け止めてもらうことが消化につながります。話すことで自分の気持ちが解放されていき、新たにポジティブな感情が芽生える余地ができる。


自分がそれまで培ってきた営業力や人脈があればなんとかなる、というふうに、自分の能力を洗い出し未来への投影が働けば、不安は自信に変わっていくと思います。


原裕輝の経歴・略歴

原裕輝、はら・ひろき。日本の心理カウンセラー。カウンセリング、ワークショップ、講演などで多くの人の家族関係・恋愛・職場問題などの解決にあたった。著書に『人生のぐるぐるからポン!と抜け出す本』。

他の記事も読んでみる

新将命

企業理念というのは、漠然とした抽象的なものと思いがちですが、会社の持続的な成長に対して大きな貢献を果たすもの。企業の存在・発展の根源ともいえる理念には、真剣に向き合うべき。


岩切章太郎

私を3年間置いていただきたい。私は、住友さんは住友という組織を通じて国家のために尽くしておられると聞いてまいりました。私は3年で田舎に帰りますが、地方を通じて国家のために働くつもりでございますから、失礼ながら住友さんと同じ目的でございます。
【覚書き|住友本社での面接試験での発言。氏は3年実務を経験し故郷宮崎の発展のために仕事したいという夢を持っていた。その情熱は聞き入れられた】


鈴木あや(IBM)

部下に上手く使われることも、上司たる自分の役目であると私は思っています。


田中良和(GREE)

集客で僕が参考にしているのはディズニーランドです。あそこは昔から変わらないようでいて、じつは一部のアトラクションの入れ替えが定期的に行われています。そのバランスが絶妙なので、いつ訪れても安心感と新しい発見の両方を味わうことができます。だから何度も行きたくなるし、飽きないのです。


宇佐美進典

もちろん、新規事業でも上手くいかないものもあります。でも、ある程度までは見て見ぬふりをしたり、許容します。基本的には会社が成長していれば、欠点が覆い隠され、逆に会社が停滞しはじめると、それまでの膿が一気に出てくるのです。ですから、成長のためにいかにして事業を伸ばしていくか、というところに注力したいというわけです。


宮原耕治

定期昇給にしても日本独特のものだ。それが個人の人生設計で果たしてきた役割は否定しない。ただ、このゼロ成長下では、明らかに時代遅れ。海外で働く人の給与体系を考えれば、いつまでも国内だけ日本流を続けていくのは無理がある。もう日本の会社みんなが横並びで考える時代は終わった。


富野由悠季

オンだオフだと切り替えられるほどめでたい人に、成功なんてあり得ないんですよ。やっぱり飽きずにコツコツやることからしか、一流の作品なんて生まれやしないということだと思います。


BNF(ジェイコム男)

自分では分からない。時代が良かっただけ。ネットトレーディングが始まったばかりで、始めた時期が良かったんだと思います。


竹中平蔵

官僚主導の問題点は2つ。

  1. 官僚は国民の信託を受けていない。だから、国を背負うような大きな意思決定はできない。官僚が主導すると、本質的な改革ができなくなることが多い。
  2. 日本の官僚は終身雇用だから、政策を自分たちの利権のために利用することがある。だから国民の真の利益になっていないケースが見受けられる。

岡本正善

3年後の目標から逆算し、今日の目標に落とし込む。この手順を踏むと、今日すべきことが明確になるし、それを達成することに意味がある、と信じ込める。


伊藤謙介

経営理念はただ掲げているだけでなく、リーダーがことあるごとに語り続けなければ受け継がれていきません。


鈴木あや(IBM)

私は部下によく「何か迷うことがあったら言ってね」と声をかけます。他部門との折衝などでは「私が出て行った方が話が早いと思うならいつでも呼んでください」と伝えています。執務中も部下に「ちょっといいですか」と話しかけられたら、「もちろん!」と答えるようにしています。