名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原礼之助(禮之助)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原礼之助(禮之助)のプロフィール

原禮之助(礼之助)、はら・れいのすけ。日本の経営者、理学博士。セイコーインスツルメンツ社長。東京大学大学院卒業後、日本原子力研究所、国連を経てIAEA(国際原子力機関)に専門職として勤務。その後、セイコーインスツルメンツに移り社長を務めた。UNIDO(国連工業開発機構)親善大使なども務めた経営者。各種洋書の翻訳を行った。

原礼之助(禮之助)の名言 一覧

大手自動車会社に、日本国籍でない人が社長になったと言っては、いまだに大騒ぎをしているでしょう?なんだ50年間、日本はちっとも変っていないじゃないかと私なぞは思うのです。外国人を経営層に入れ、新しい文化を作りましょう。もはやまったく珍しがられなくなるほど入れていくことが、日本企業の国際化です。


「ケジメをつける」だの「文化人」「有識者」だの英語に翻訳できない曖昧な言葉は使わぬが可です。そんなところから明晰な論理を使う習慣をつけていくことが、自分というものを客観視して、足らぬを正すひとつの道でしょう。


どうも我々は頭が固い。手段を目的化してしまうかと思えば、世間常識とのズレが見えない。まともなスピーチひとつ未だに英語でできる人は少ない。70代半ばを迎えたいま、半世紀前の自分が憤ったり、怪訝に思ったことの過半がそのまま解決されていないことに焦る思いです。


初めて米国の地を踏んだ私に、彼の地の大学は手取り足取り米国での暮らし方を教えてくれました。そこで学んで以来ずっと実践していることのひとつは、人と話すときには目の位置と自分の意志を相手に伝えようとするエネルギーのレベルが大切だ、そしてリラックスしてユーモアを忘れるなということです。相手の目をまっすぐに見てエネルギーを傾け、しかもくつろいで話すこと。


情報技術という訳語がついているうちはまだしも良かったが、頭文字二つになるともういけません。IT、ITと言っているうちに、何が目的だったのやら見えなくなってしまう。猫も杓子も英語の勉強しなけりゃいけないかのように言う割には、ITと同じく、英語だってただの手段に過ぎないことがいつの間にか忘れられている。


企業経営でもリズム、メロディ、ハーモニーの三つはポイントだ。リズムとは事業の勢い、メロディは事業の継続・流れ、そしてハーモニーは開発・生産・営業など各部隊の調和のとれた活動のことを意味する。【覚書き:経営理念を趣味の社交ダンスに例えて表現した言葉】


ストレスをなくすには、食事をきちんと取って体を動かすというベースが大事。朝はコーヒー一杯、昼はラーメン、夜は酒を飲んでお茶漬けじゃ健康になれるわけがない


原礼之助(禮之助)の経歴・略歴

原禮之助(礼之助)、はら・れいのすけ。日本の経営者、理学博士。セイコーインスツルメンツ社長。東京大学大学院卒業後、日本原子力研究所、国連を経てIAEA(国際原子力機関)に専門職として勤務。その後、セイコーインスツルメンツに移り社長を務めた。UNIDO(国連工業開発機構)親善大使なども務めた経営者。各種洋書の翻訳を行った。

他の記事も読んでみる

大野裕

うつは職場復帰後に再発するケースは少なくありませんから、最初は慎重に。仕事の後にプライバシーが確保できる場所で、仕事の進捗状況や調子、何か困ったことはないかなどを聞き出し、きめ細かくサポートしてください。


佐藤廣士(経営者)

新しいアイデアのすべてが成功に至るわけではありません。「千三つ」の世界でしょう。農業でも10の収穫を得るには1000の種をまくといいます。ならばそんな無駄はせず、はじめから10の種をまけばいいではないかというとそうではなく、1000の種をまくから最後に10が残る。最初の1000の種を大事にするからこそ、オンリーワンの製品や技術が生まれるのです。


ブライアン・マーティーニ

テクニックは人格というベースがあってこそ生きる。


織田大蔵

子供には、いい嘘と悪い嘘があることを、小さいときから教え込んでおかなければいけない。いい嘘というのは、相手の立場に立って、相手への思いやりが込められているから許されるのだ。いい嘘もつけないのは正直ではなく、馬鹿正直といって世間を渡っていけぬ奴だ。


八木洋介

経営者にはロジックだけでは足りない。心を動かすコミュニケーション力、もっといえば、誰にでもわかるストーリー構築力が求められる。


貞松成

今回の上場もそうなんですが、それまで私個人の資本でやってきたのが、株主が増えると外部の資本が入るわけですから、一気に責任感が出ました。しかも億単位というお金を捻出してもらったわけで、こうした方々に報いるためにも頑張らなきゃいけないと強く思いました。まだまだ当社の活動は小さなものですが、支えてくれる全ての方々に感謝を忘れず、地域の生活インフラとして無くてはならない存在になりたいと考えています。


藤原和博

危機的な体験をすると、「自分は生かされている」という感覚を持つようになる。そして、こういった自分を危機に陥れるような挑戦は若いうちにしたほうがいい。


江上剛

提案した時、1回否定されても、何度も再提案する。プライベートな場でも蒸し返す(笑)。すると根負けするし「熱いヤツだ」と認めてもらえる。


田原総一朗

ベトナムで、現地の総領事館から食事に招かれ、日系企業の現地代表者ら約30人と会食しました。みな40~50代のバリバリ働いている人たちです。仕事を抜きに話を楽しもうと思っていたのですが、話題に中心は自然と今回の日本の大震災のことになりました。僕はいつもの通り、東電の対応の甘さや杜撰さを厳しい口調で話し、菅政権の後手後手に回るやり方を酷評しました。すると彼らが言うのです。「だけどアジアの国の人たちは、日本人を見直してますよ。震災での日本人の行動をとても評価しています」と。家も肉親も失った人。プライバシーのない避難所生活。食事もトイレも少ない環境――。こんな状況であれば他の国なら大混乱になっていた、と。こうした話は耳にしたことはありましたが、実際に外国の人たちに熱く語られると驚き、衝撃を受けました。社交辞令ではなく、本気で「日本人は誇りをもったほうがいい」と、少し前に同じ日本人をこき下ろした僕に言うのです。恥ずかしかった。僕を含めてマスコミは、批判することこそが良心と錯覚してしまっていたけれど、それは間違いだった。日本人の良さを認め、伝えることも使命であり、責任なのではないかと感じた。


水野雅義

いまでは、ホクトといえばきのこであり、包装資材を扱っているのを知る人は少なくなりました。でも、包装資材を扱っている関連会社(ホクト産業)の社員にすれば、おそらく「絶対にきのこに負けてたまるか」という気持ちでやっていると思います。かつて私も包装資材の営業をやっていたので分かるのです。それも反骨心といえるでしょう。どのセクションの社員も「一番になるぞ」という気持ちで日々取り組むことが、会社を伸ばすことにつながるはずです。


北尾吉孝

時代が変われば、非常識が常識に、不可能が可能に変わることがあります。時代に合わせて、柔軟に考えることが必要です。


平尾誠二

私は、リーダーが怒るということは、あまりいいことだとは思いません。しかし、怒らなければならないときもあります。たとえば、チーム全体で約束したことを、できる状態にあったにもかかわらずやらなかったときです。これはチームを裏切り、ほかのメンバーの努力を台無しにしたことですから必ず怒ります。