名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

原田耕太郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田耕太郎(経営者)のプロフィール

原田耕太郎、はらだ・こうたろう。日本の経営者。針メーカー「チューリップ」社長。

原田耕太郎(経営者)の名言 一覧

決めた値段を下げるのは絶対にだめ。どこにも負けない、良い品質のものを作り、その上で、誰にでも彼にでも売らないこと。ここがブランディングの一番大事なところ。


自分ら考えて、開発して、自分ら売る。これがうちのやり方。今後も変わることはありません。


世界と喧嘩するには、しつこさが必要だ。


これで未来永劫、模造品が本当になくなるとは思っていない。でも中国の裁判では日本メーカーは不利だとか模造品の撲滅は不可能だとか、世間でよくいわれていることが嘘であることも分かった。

【覚え書き|中国・韓国の模造品メーカーとの裁判で勝利したことを振り返って】


まず、ユーザーと話して現場の情報を仕入れる。そして、その情報をバイヤーとの商談の材料にするわけです。彼らは何かと理由をつけて、安くしろといってくる。確かな情報をもとに言い返さんと、なかなか商談にはならん。若い人には無理ですね。私も20年ほどかかりました。


生き残ることができたのはブランド化を進めてきたからでしょうね。先代が1955年にチューリップブランドを立ち上げて商標登録しました。70年には当初の株式会社原田製針所から、チューリップ株式会社へと社名の変更もしています。地方の小さな会社が、思い切ったCI(コーポレート・アイデンティティ)を行ったわけです。すごい先見の明があったんだと思います。


原田耕太郎(経営者)の経歴・略歴

原田耕太郎、はらだ・こうたろう。日本の経営者。針メーカー「チューリップ」社長。

他の記事も読んでみる

横田英毅

人を感動させるのは、満足させる以上にむずかしいことだと、昔は私も思っていましたが、意外と簡単だということがだんだん分かってきました。感動の反対は、感情を動かさないこと、すなわち無関心だといわれます。つまり、感動を引き起こすには、相手に強い関心を向ければいいということです。


宮迫博之

後輩たちも山のようにいて、先がつつかえててね。首が痛くなるのもかわいそうなんで、進んで行ってあげないといけないんでしょうけど、思い通りにはいかないというか、僕らの先にいる先輩たちの壁も厚いですからね。バンバン引退してくれたらいいんですけど(笑)、全然やめへん。この間も、さんまさんとお仕事をご一緒させてもらいましたけど、やめる気配どころか、「そないまだ頑張るか!」いうぐらいはしゃいでましたよ。もう天才なんていうカテゴリーではすまない。ご本人にも何度もいうてますよ、「さんまさん、ホモサピエンスとしては、どっかおかしい。もう人としての枠組みには入れてません。明石家さんまという別の生命体としてとらえてます」って(笑)。さんまさんに対抗? とんでもない! でき得るはずもないし、僕は僕なりの梯子を登っていきます。


武地実

スタートアップでアルバイトをしながら、仲間とIoTのガジェットをつくりました。それを商品化して販売するために会社を立ち上げました。スマートフォンにつける烏型のガジェットです。事前にアプリへ自分の趣味などを登録しておき、同じ趣味の人が近くに来るとそのガジェットが光って教えてくれます。まったく売れなかったのですが、結果的によかったのかもしれません。失敗したので、次はどうせなら夢のあるチャレンジをしようと考え、会社のスローガンを「クレイジー・メーカー」に変更。超クレイジーなものをつくってみたくて、好きなキャラクターと一緒に暮らせる「Gatebox」の開発を始めました。


秋沢淳子

私も、先輩方から「それは違うよ」と教えられながら、何度も何度も繰り返すことで少しずつ技術が身についてきたのだと思います。その先輩方から「わかりやすいニュースを読むようになったね」とおっしゃっていただけるようになったのは、30代後半を過ぎた、つい最近のことです。


林真理子

お金があることで、たとえばある日思い立ってヨーロッパまでオペラの公演を見にいくことができる。そういう時間をつくることができることにも、お金が関わっていますよね。知的な好奇心を満足させるために必要なお金を求めること、そのお金を得られるレベルの人になりたという野心を持つことが、どうしてマイナスのイメージで捉えられるのでしょう。野心は悪者と、なぜ思うのか。私はむしろ、野心を持って自分を引き上げていこうという姿勢を、いまの日本人はもう一度取り戻すべきではないかと思い


本田健

いまはサラリーマンだったとしても、その間に実力を養い続ける習慣をつけることが大切。


橋下徹

自称インテリの中には、今回の衆議院議員総選挙は棄権するようにと呼び掛けていた奴までいる。僕も学生時代や社会人になりたての頃は、棄権というか、その意識すら持たずに選挙を完全に無視していたこともあった。これは選挙の力を知らない世間知らずが陥る誤り。投票したい候補者がいなければ、白票でもいいんだ。白票は白紙委任状ではない。今回は入れたい候補者がいなかったから白票にしただけで、入れたい候補者が現れればきちんと入れますよ、という意思表示。投票を放棄したわけではないという、きちんとした意思表示なんだ。他方、棄権は最悪。投票を放棄したことの意思表示で、それは政治に対しての白紙委任となる。


高橋温

読み手の心に響く文章が書ければ、組織にエネルギーをもたらすことができます。そのためにも、ワープロで打ちっぱなしにせず、一次原稿を俯瞰しながら手書きで修正するプロセスが何より必要です。一度プリントアウトすると、手書きから読み手へと視点が変わります。手書きのときは言葉を並べることに意識を奪われ、木を見て森を見ずになりがちです。そこで読み手の視点から森を俯瞰することで余分な木を排除し、木と木のつながり方を正し、簡潔明瞭で論旨明快な文章に仕上げていくことができます。


稲盛和夫

ビジネスを成功させるためには、夢を抱いてその夢に酔うと言うことがまず必要だ。夢に酔っていればこそ、それを実現させる情熱が湧いてくる。もちろん、 実際に事業に着手したら、理性的に判断し、リスクを未然に防ぎ、具体的な方策について考え尽くし、仕事を成功に導くようにしなければならない。


小林敏(経営者)

人間の促成栽培はできないぞ。


大坪勇二

成功事例を研究すればするほど、「自己イメージが高いかどうか」の重要性を痛感します。


藤本篤志

プレイング・マネジャーでは、部下と事実上のライバル関係になるため、成績争いをする羽目にもなる。悪くすると、大きな案件の契約日を選んで同行し、さも自分の手柄のように言い立てたり、インセンティブをかすめ取る輩まで出てくる。現にこうした上司の被害に遭った営業マンも少なくないに違いない。私も営業マン時代、何度も似たような光景を目にしてきた。