名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田耕太郎(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田耕太郎(経営者)のプロフィール

原田耕太郎、はらだ・こうたろう。日本の経営者。針メーカー「チューリップ」社長。

原田耕太郎(経営者)の名言 一覧

決めた値段を下げるのは絶対にだめ。どこにも負けない、良い品質のものを作り、その上で、誰にでも彼にでも売らないこと。ここがブランディングの一番大事なところ。


自分ら考えて、開発して、自分ら売る。これがうちのやり方。今後も変わることはありません。


世界と喧嘩するには、しつこさが必要だ。


これで未来永劫、模造品が本当になくなるとは思っていない。でも中国の裁判では日本メーカーは不利だとか模造品の撲滅は不可能だとか、世間でよくいわれていることが嘘であることも分かった。

【覚え書き|中国・韓国の模造品メーカーとの裁判で勝利したことを振り返って】


まず、ユーザーと話して現場の情報を仕入れる。そして、その情報をバイヤーとの商談の材料にするわけです。彼らは何かと理由をつけて、安くしろといってくる。確かな情報をもとに言い返さんと、なかなか商談にはならん。若い人には無理ですね。私も20年ほどかかりました。


生き残ることができたのはブランド化を進めてきたからでしょうね。先代が1955年にチューリップブランドを立ち上げて商標登録しました。70年には当初の株式会社原田製針所から、チューリップ株式会社へと社名の変更もしています。地方の小さな会社が、思い切ったCI(コーポレート・アイデンティティ)を行ったわけです。すごい先見の明があったんだと思います。


原田耕太郎(経営者)の経歴・略歴

原田耕太郎、はらだ・こうたろう。日本の経営者。針メーカー「チューリップ」社長。

他の記事も読んでみる

柏木斉

組織を牽引できるミドルマネジメントをどれだけ育成し、確保できるか。そのため、若いころから徹底してトレーニングを積ませるのです。


森本千賀子

高効率でハイレベルなインタビューにするためには、事前に「質の高い質問」を準備することです。全体の構成やフレームを意識しつつ、間きたいポイントを大見出しでノートに書き込み、そのうえで、各項目について聞いていくこと。面談が終わった後にメモを読み返すと、良い質問ができたときほどメモが充実しているものです。


ジョン・デューイ(哲学者)

子供の教育は、過去の価値の伝達にはなく、未来の新しい価値の創造にある。


秋山ゆかり(コンサルタント)

要人の急な来社の窓口を引き受ける、といった、「重要だけど、担当部署が決まっていないような不定期の仕事」を積極的に拾うといい。「複数部門にまたがる問題を解決するスキル」が身につき、社内での自分の存在感を高めることにもつながる。


井上高志

僕が繰り返し言っていることは「明元素でいこう」です。明るく、元気で、素直の頭文字をとって「明元素」です。ポジティブで建設的なコミュニケーションが大事だと。


寺町彰博

シェアが高いということはどこよりも多くのお客様がいるということ。その分、お客様が何を望んでいるかいち早くつかむことができる。それを商品開発につなげることで、競争相手より常に1歩、2歩先を進むことができる。


神野元基

(人口知能型学習教材キュビナを)使えば32時間で1学年が終わります。普通はだいたい210~300時間かかりますから、7~10倍のスピードで学習できます。いまの悩みは、早くマスターした生徒が卒業してしまうことですね。


堤康次郎

私鉄でストがないのは西武ぐらいなもので、なぜストがないのかといって聞かれることもたびたびである。別に大した理由はない。私が西武鉄道から財産をつくっていないということ。人事に公平だということ。従業員と一緒に仕事をしているという気持ち。そんなことがあげられるのではなかろうか。


佐藤龍雄(経営者)

採算やコストについて考える際に重要なことは、高速道路を誰が利用して、なぜお金を払ってくれるのかを考えなければならない。


柳川範之

独学はいいことずくめの勉強法なのですが、私がこういうと「自分は意志が弱いので独学には向いていません」という人がときどきいます。でも、安心してください。私もかなりの怠け者です。それでも独学は務まりました。なぜなら、自分で立てた目標の3割でも実現できればいい、と割り切っていたからです。だいたい、決めたら必ず最後までやりとおす人は、めったにいません。人間はつい怠けたり、ときどきやる気が出なくなったりするのが普通なのです。独学で大事なのはやり続けること。だから、3割できれば上等なのであって、それくらいの気持ちで取り組めばいいのです。


小笹芳央

若いうちはお金に対するリテラシーを持ちつつ、自分株式会社としての意識を持ち、信頼残高をためなさいと言いたいですね。信頼残高がたまると自然にお金の残高も増えてくる。


新井良亮

電車を降りて立ち寄りたくなるようなものをつくれば、お客は購買行動をとってくれます。