原田耕太郎(経営者)の名言

原田耕太郎(経営者)のプロフィール

原田耕太郎、はらだ・こうたろう。日本の経営者。針メーカー「チューリップ」社長。

原田耕太郎(経営者)の名言 一覧

決めた値段を下げるのは絶対にだめ。どこにも負けない、良い品質のものを作り、その上で、誰にでも彼にでも売らないこと。ここがブランディングの一番大事なところ。


自分ら考えて、開発して、自分ら売る。これがうちのやり方。今後も変わることはありません。


世界と喧嘩するには、しつこさが必要だ。


これで未来永劫、模造品が本当になくなるとは思っていない。でも中国の裁判では日本メーカーは不利だとか模造品の撲滅は不可能だとか、世間でよくいわれていることが嘘であることも分かった。

【覚え書き|中国・韓国の模造品メーカーとの裁判で勝利したことを振り返って】


まず、ユーザーと話して現場の情報を仕入れる。そして、その情報をバイヤーとの商談の材料にするわけです。彼らは何かと理由をつけて、安くしろといってくる。確かな情報をもとに言い返さんと、なかなか商談にはならん。若い人には無理ですね。私も20年ほどかかりました。


生き残ることができたのはブランド化を進めてきたからでしょうね。先代が1955年にチューリップブランドを立ち上げて商標登録しました。70年には当初の株式会社原田製針所から、チューリップ株式会社へと社名の変更もしています。地方の小さな会社が、思い切ったCI(コーポレート・アイデンティティ)を行ったわけです。すごい先見の明があったんだと思います。


原田耕太郎(経営者)の経歴・略歴

原田耕太郎、はらだ・こうたろう。日本の経営者。針メーカー「チューリップ」社長。

他の記事も読んでみる

中野正治

観光と地方活性化は一連のサイクルとして考えなければならない。


梶本修身

心底行き詰まった時は、周囲に悩みを打ち明けてみましょう。弱みを見せると相手の共感を得やすく、仕事がやりやすくなります。


ウォーレン・ベニス

もしあなたが良い教師と悪い教師を直感的に見抜けるのだとしたら、その勘は指導者にも適用できます。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

人がしばしば嫌な感じを与えようとすれば、それは顔と挙動を自分の境遇に調和させ、声の調子や言葉を自分の考えや気持ちに調和させることが、誰にも上手くできないためである。人はそれらの間の諧調を調子はずれでそぐわない何物かで乱してしまう。自分自身を忘れ、知らぬ間に自分から遠ざかる。ほとんどすべての人が、どこかでこの過ちに陥る。誰一人この種の快い調べを完全に聞き取るだけの良い耳を持たない。


越智直正

今、私は75歳。あと20~30年しか働けません。まだ、やりたいことはたくさんあります。雀100まで踊り忘れず。「品質はプライド、価格は良心」という思いを胸に、お客様が靴下をはいた時に「ニチャ」っと思わず笑顔がこぼれるように、努力を続けていきます。


スティーブン・コヴィー

問題の見方こそが問題なのである。「問題を一刻も早く解決してくれるような手っ取り早い解決方法はないだろうか」自らの問題に直面したとき、あなたはいつもこう思ってはいないだろうか。こうした即効性ばかりを求める問題の見方こそが問題なのである。


中嶌武夫

掃除は自宅のトイレをきれいにするのは基本。会社でも、地球を磨くくらいのつもりで掃除をする。お店でかたちばかりの礼儀作法や清掃の仕方だけ身につけても、お客様に満足していただける日本一の販売店にはなれません。


本村健太郎

仕事が速くなる裏技はない!少なくとも私は、必死に頑張るだけです。


西岡務

怖いのは、失敗を恐れて誰がやってもすぐに作れるものに手を出すこと。こうした分野はキャッシュが豊富で生産コストが低い企業にすぐに真似される。


クリスティン・エドマン

最近は、本社から「メールを減らそう」という通達も出ました。人間関係を構築する意味もありますが、なによりメールを書く時間がもったいないというわけです。私自身、本社CEOとのコミュニケーションはもっぱら電話。メールのやりとりはめったにしません。


工藤公康

誰にでも可能性があるし、やればできると思ってほしい。でも、甘えていたり、すねている選手にはがつんと言いますよ。


サシン・シャー

シェアでも売り上げでもなく、お客さまにとってのナンバーワンになる。この極めて野心的な目標を実現するには、社会の変化に応じた変革が欠かせない。


井上高志

商談での話の進め方は、王道中の王道をやっています。まずはヒアリング。お客様の話をじっくりと聞いて、「いま、何に困っているか」を明らかにします。社員には、いつも「会話の8割はヒアリングに費やすべき」と話しています。


澤田浩

あらゆる事業分野でナンバーワンの企業になるのはなかなか困難です。我が社は2位以下が多く、「ストロング・ナンバーツー」」になろうと言い続けています。「ナンバーワンを脅かし、ナンバーワンが背中を意識せざるを得ないナンバーツーを目指せ」という意味です。ストロング・ナンバーツーの事業が集まり、トータルでリーディングカンパニーになっている例は、日本国内にも外国にもあります。


喜多村円

創業者の理念以外は変えていいと思っています。トイレの形だって、お客さんの満足につながるなら、ひょっとすると変えていいかもしれません。


ページの先頭へ