名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田純子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田純子(経営者)のプロフィール

原田純子、はらだ・じゅんこ。日本の経営者。「サンドイッチハウスメルヘン」を展開する「メルヘン」社長。山梨県出身。食品会社役員を経てサンドイッチハウスメルヘンを創業。

原田純子(経営者)の名言 一覧

卵を茹でることから全店、全て店内厨房で作り仕上げています。品質にこだわってきたお陰で35年間、黒字経営を続けてこられたのだと思います。


あくまで全て自然体で無理をせず、呑気にやっていこうと思っています。


私はこの会社を「誰もがいつまでもあり続けて欲しい」と思っていただける会社にしたい。


サンドイッチというたった10センチ四方の世界ですが、いくら仕上げても終わりがありません。だからこそ、召し上がった人々が感動するような美しく目にもおいしいサンドイッチを作っていきたい。


「他社よりも売ろう、あの会社を超えたい」といった考えとは全く違う次元でスタートしました。とにかく高い品質の商品を独自で創り出していこうとしか考えていませんでした。


最初は市販のパンを使っていましたが、やはりパンがおいしくなければ、サンドイッチはおいしくならないと考えて開発に取り組みました。


「営業のいない営業」を確立することができているのが当社の強み。お客様のクチコミで広がった商品なので宣伝や営業に力を入れる必要もなく、創業以来営業をして歩く担当者を置いたこともありません。それでも5年くらい前と比べても、同店舗数で売り上げは倍、毎年2桁売り上げを伸ばし続けていますので。


パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきましたので、メルヘンは独創的な商品が多いのです。大葉やレンコン、ゴボウといったものやイカフライまである。特に、生クリームを使ったイチゴやマンゴーなどフルーツ系のサンドイッチが人気になったきっかけだと思います。


たとえ、ちょっと高いと思われても、食べてみたらやっぱり材料が他と全然違うと思っていただけるような商品を作っています。食材を提供する会社さんも、メルヘンに変なものを持っていったら仕入れてもらえないと思っていますから(笑)。本物志向で商材を選んでいるので、値段も素材に応じた値段を付けられるのです。


会社として工場を持っているわけではなく、全てのお店に店内厨房があって、朝から晩までその店内厨房で作りたての商品をご提供することができる。これが他のサンドイッチの会社にはないメルヘンの特徴なのです。


特にコストで困ったことはありませんでした。百貨店を中心に、エキュート等、高価格でも売れる立地で販売していますので、価値ある価格設定で十分賄えました。利益もしっかり出していますが、原価はどこよりもかけています。


価格や利益率ばかりに固執せず、第一にお客様に「おいしい」と言っていただけるサンドイッチをお出ししようと思いました。そして、毎日召し上がっても飽きのこない「やさしい味」のものを作ろうと。


原田純子(経営者)の経歴・略歴

原田純子、はらだ・じゅんこ。日本の経営者。「サンドイッチハウスメルヘン」を展開する「メルヘン」社長。山梨県出身。食品会社役員を経てサンドイッチハウスメルヘンを創業。

他の記事も読んでみる

宮澤栄一

僕が企業理念を作ったら会社は僕に依存してしまう。その時その場で、皆で思ったことが企業理念だ。


國井総一郎

社員が自信と誇りを持てる会社にすることこそが、経営側の責任。


一龍斎貞鏡

講談で人気の演目に「黒田武士」があります。いまから400年ほど前。筑前国、現在の福岡県の城主・黒田長政の家臣に、母里太兵衛(もり・たへえ)という武将がいました。ある日、太兵衛は勇将・福島正則のもとに使いを命じられます。正則は太兵衛をねぎらい、酒を勧めますが、太兵衛は主君の長政から「決して酒は飲むな」と忠告されていたため、これを固辞します。しかし酒豪の正則は「飲み干せたなら好きな褒美をやる」と執拗に酒を勧め、さらには「黒田武士は酒も飲めない、腰抜けか」と挑発。ついに太兵衛は、大盃で酒を3杯飲み干し、正則が豊臣秀吉から賜った名槍「日本号」を所望。後に引けなくなった正則は、家宝の槍を手放さざるをえませんでした。この逸話から民謡『黒川節』が生まれたといわれています。結果として太兵衛は、主君との約束を破ったわけですが、約束にこだわり続けていれば、黒田家の面子は潰れ、正則の怒りも収まらなかったかもしれません。ぎりぎりまで交渉を重ね、「ここぞ」というタイミングで動いたことで、大きな成果を手にしたわけです。


佐藤良基

病気で入院した際、「佐藤さんにお願いしたいから退院まで待つ」と言ってくれた人がいたんです。自分の能力の価値を高めていれば、求めてくれる人は必ずいる。


井上五郎

一般的に言って技術者は、専門の勉強が忙しく、専門以外の本を読む時間が少ない。(旧制)高等学校生活で一番ありがたかったことは、多種多様の本が読めたことである。課外に読んだものには技術関係の書物などひとつもない。ほとんどが小説や文学書である。


庄司英尚

仕事がつまらなくなるのは、3つのパターンがあります。仕事のやる気が出ないケース、思うように成果が上がらないケース、そして、社内外の人間関係における問題。


大山健太郎

有能で信頼関係を構築できると判断した人材は、どんどん幹部に登用していく。それがモチベーション向上につながると私は思います。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

相撲の時は、自分の取組を映像で振り返ることはなかったのですが、テレビの仕事では、後から自分の出演番組を見直したり、他の旅番組を見て研究しています。僕はテレビの仕事では「序ノ口」ですからね。特に食レポがまだまだ苦手で……。


西山昭彦

私は、人生に無駄なものは何もないと考えています。


主藤孝司

現場で生まれるアイデアは本物。特にビジネスの世界では飲み会での仲間との会話や議論にこそ大きなヒントがある。


夏野剛

若いうちは経験が少ないから、仕事で行き詰ってしまう場面が多いですよね。そこで立ち止まって考え続けるのは時間がもったいないし、精神的にもストレスになってしまう。そういう状態を抜け出すために僕がやっていたのは、尊敬する先輩や上司になりきってみる、という方法でした。「あの人なら、こういう場合どう行動するだろう?」と。それを使って考えてみると、すんなり答えにたどり着くことが多かったです。


本庶佑

科学技術というのは一般に問題を見つけるのが一番難しい。問題を現実的にアプローチ可能な課題として提示できれば、答えは半分以上出たようなもの。