名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

原田純子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田純子(経営者)のプロフィール

原田純子、はらだ・じゅんこ。日本の経営者。「サンドイッチハウスメルヘン」を展開する「メルヘン」社長。山梨県出身。食品会社役員を経てサンドイッチハウスメルヘンを創業。

原田純子(経営者)の名言 一覧

卵を茹でることから全店、全て店内厨房で作り仕上げています。品質にこだわってきたお陰で35年間、黒字経営を続けてこられたのだと思います。


あくまで全て自然体で無理をせず、呑気にやっていこうと思っています。


私はこの会社を「誰もがいつまでもあり続けて欲しい」と思っていただける会社にしたい。


サンドイッチというたった10センチ四方の世界ですが、いくら仕上げても終わりがありません。だからこそ、召し上がった人々が感動するような美しく目にもおいしいサンドイッチを作っていきたい。


「他社よりも売ろう、あの会社を超えたい」といった考えとは全く違う次元でスタートしました。とにかく高い品質の商品を独自で創り出していこうとしか考えていませんでした。


最初は市販のパンを使っていましたが、やはりパンがおいしくなければ、サンドイッチはおいしくならないと考えて開発に取り組みました。


「営業のいない営業」を確立することができているのが当社の強み。お客様のクチコミで広がった商品なので宣伝や営業に力を入れる必要もなく、創業以来営業をして歩く担当者を置いたこともありません。それでも5年くらい前と比べても、同店舗数で売り上げは倍、毎年2桁売り上げを伸ばし続けていますので。


パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきましたので、メルヘンは独創的な商品が多いのです。大葉やレンコン、ゴボウといったものやイカフライまである。特に、生クリームを使ったイチゴやマンゴーなどフルーツ系のサンドイッチが人気になったきっかけだと思います。


たとえ、ちょっと高いと思われても、食べてみたらやっぱり材料が他と全然違うと思っていただけるような商品を作っています。食材を提供する会社さんも、メルヘンに変なものを持っていったら仕入れてもらえないと思っていますから(笑)。本物志向で商材を選んでいるので、値段も素材に応じた値段を付けられるのです。


会社として工場を持っているわけではなく、全てのお店に店内厨房があって、朝から晩までその店内厨房で作りたての商品をご提供することができる。これが他のサンドイッチの会社にはないメルヘンの特徴なのです。


特にコストで困ったことはありませんでした。百貨店を中心に、エキュート等、高価格でも売れる立地で販売していますので、価値ある価格設定で十分賄えました。利益もしっかり出していますが、原価はどこよりもかけています。


価格や利益率ばかりに固執せず、第一にお客様に「おいしい」と言っていただけるサンドイッチをお出ししようと思いました。そして、毎日召し上がっても飽きのこない「やさしい味」のものを作ろうと。


原田純子(経営者)の経歴・略歴

原田純子、はらだ・じゅんこ。日本の経営者。「サンドイッチハウスメルヘン」を展開する「メルヘン」社長。山梨県出身。食品会社役員を経てサンドイッチハウスメルヘンを創業。

他の記事も読んでみる

財部誠一

素材そのものの開発が、新幹線のボディを形成する構体の構造に大きな革新をもたらしたわけだが、素材の段階から手をかけて良いものをつくり上げる姿勢の大事さは、新幹線の話に限らず、あらゆる分野の製品開発において本質部分で共通したものがある。日本人が本来持っているものづくりの資質を形づくる、中核的な要素とはそういうものではないだろうか。ところが最近、こうした日本的なものづくりの本質に迫るような議論が倭小化され、個別の作業や技、「改革、カイゼン」ばかりに話が収斂してしまっていることに危惧を覚えるのである。


瀬島龍三

何でもポイントは3つにまとめろ。レポートは紙一枚にまとめろ。言いたいことは表題に書け。


井上直美(経営者)

要は、外の目が必要だったんです。会社の中の人だと、あまり気が付かないことを外から来た人間には違う感覚がありますから、こういうのを置いたらいいじゃないかと言えます。ですから、社員には「君たちももっと顧客目線で、どんどん発想し、やってみたらいいじゃないか」と言っていたら、いろいろなことが動き始めることになったのです。


井上礼之

経営者と現場がそれぞれの感度を高めて技術を磨く方向を見据えることが、新たなビジネスの開拓につながる。日本の製造業はこれまで、技術力で世界をリードしてきた。だが、技術を活かすべき領域が大きく変化する中、変化の最前線での感度が鈍く、それに対応する意思決定が遅くなっているようにも感じる。


國貞克則

20代にすべきことは、もちろん自分が所属する会社の業種や規模、配属されたセクション、仕事の内容によって、それぞれ違いはあります。あえてあげれば、それは勉強する習慣です。若いうちは勉強を続けて、自分の経験値の不足を補っていく必要があります。


施崇棠(ジョニー・シー)

美しさの象徴であるモナリザと、発明家のダ・ヴィンチを融合したような斬新な考え方が大事。


伊藤慎介

日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。


君塚良一

脚本家の動機は、映画のエンジンとなる。動機というエンジンをかけなければ、部屋にこもって百何十枚もの脚本など書けない。


山中伸弥

今までわからなかった真実を見つけるような新しい研究であれば、どんなことでも必ず役に立つ。5年後に何の役に立つかわからなくても、いつか絶対に役に立つ時が来る。


大橋徹二

建設機械を使って道路工事をするのに、お客様はどんな手続きを踏んでどういうふうに進めているのか。夜間の工事もあるだろうし、いろいろな仕事がある。建設機械で掘るというところだけに焦点を当ててやっていればいいという時代ではない。


菅下清廣

株価が上がったら売り、下がったら損切りするのは株式投資の基本。売り買いのタイミングについてのマイルールを決めずに、貯金のようにいつまでも保有していると、結局は得をしないどころか損をしてしまう。


長谷川穂積

俺らボクサーは絞れば絞るほど、野性の勘が出てくるんですよ。だから、減量中は街を歩いとったって、ほとんど声をかけられない。いかついオーラが出てるんでしょうね。顔つきも変わってるし、まんま野性。腹を空かしたライオンみたいなもんですよ。