名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田純子(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田純子(経営者)のプロフィール

原田純子、はらだ・じゅんこ。日本の経営者。「サンドイッチハウスメルヘン」を展開する「メルヘン」社長。山梨県出身。食品会社役員を経てサンドイッチハウスメルヘンを創業。

原田純子(経営者)の名言 一覧

卵を茹でることから全店、全て店内厨房で作り仕上げています。品質にこだわってきたお陰で35年間、黒字経営を続けてこられたのだと思います。


あくまで全て自然体で無理をせず、呑気にやっていこうと思っています。


私はこの会社を「誰もがいつまでもあり続けて欲しい」と思っていただける会社にしたい。


サンドイッチというたった10センチ四方の世界ですが、いくら仕上げても終わりがありません。だからこそ、召し上がった人々が感動するような美しく目にもおいしいサンドイッチを作っていきたい。


「他社よりも売ろう、あの会社を超えたい」といった考えとは全く違う次元でスタートしました。とにかく高い品質の商品を独自で創り出していこうとしか考えていませんでした。


最初は市販のパンを使っていましたが、やはりパンがおいしくなければ、サンドイッチはおいしくならないと考えて開発に取り組みました。


「営業のいない営業」を確立することができているのが当社の強み。お客様のクチコミで広がった商品なので宣伝や営業に力を入れる必要もなく、創業以来営業をして歩く担当者を置いたこともありません。それでも5年くらい前と比べても、同店舗数で売り上げは倍、毎年2桁売り上げを伸ばし続けていますので。


パンをご飯に見立てるという発想で商品を開発してきましたので、メルヘンは独創的な商品が多いのです。大葉やレンコン、ゴボウといったものやイカフライまである。特に、生クリームを使ったイチゴやマンゴーなどフルーツ系のサンドイッチが人気になったきっかけだと思います。


たとえ、ちょっと高いと思われても、食べてみたらやっぱり材料が他と全然違うと思っていただけるような商品を作っています。食材を提供する会社さんも、メルヘンに変なものを持っていったら仕入れてもらえないと思っていますから(笑)。本物志向で商材を選んでいるので、値段も素材に応じた値段を付けられるのです。


会社として工場を持っているわけではなく、全てのお店に店内厨房があって、朝から晩までその店内厨房で作りたての商品をご提供することができる。これが他のサンドイッチの会社にはないメルヘンの特徴なのです。


特にコストで困ったことはありませんでした。百貨店を中心に、エキュート等、高価格でも売れる立地で販売していますので、価値ある価格設定で十分賄えました。利益もしっかり出していますが、原価はどこよりもかけています。


価格や利益率ばかりに固執せず、第一にお客様に「おいしい」と言っていただけるサンドイッチをお出ししようと思いました。そして、毎日召し上がっても飽きのこない「やさしい味」のものを作ろうと。


原田純子(経営者)の経歴・略歴

原田純子、はらだ・じゅんこ。日本の経営者。「サンドイッチハウスメルヘン」を展開する「メルヘン」社長。山梨県出身。食品会社役員を経てサンドイッチハウスメルヘンを創業。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

アメリカの軍隊では、上司が部下に任務を与える際、3つのことが必要だと伝えるそうです。その3つとは、「分析力」「判断力」「常識力」です。いずれも重要ですが、とくに分析力。何かを分析するには、ファクト・ファインディング(現状認識)がとても大切です。常に現場に目を光らせて、事実や実態に気づき、把握し、ロジカルに考える習慣を持つこと。判断力と常識力は、そのファクト・ファインディングの上に成り立つものです。


栗原幹雄

迷うよりも、やると決めた後に「どうすればうまくいくか」を考えるのが、私の流儀。


米内山泰

ミスしたことを理由に評価を下げると、皆がミスを隠すようになる。組織として、これほど怖いことはない。


西山昭彦

自分で提案した企画を会社に採用させ、多くの人を動かし実行する。そして、世の中に受け入れられるかどうかを知る。そうしたサイクルを回すことで、人は大きく伸びるものです。


曽野綾子

自立というのは、ともかく他人に依存しないで自分の才覚で生きること。今の自分に合う生き方を創出し、自分で工夫して生活を楽しむこと。


マーク・マグワイア

野球は99%が精神的なものだと思う。
【覚書き:デビュー4年間ホームランは30本台をキープしていたが、打率がじりじりと下がっていっていた。また、離婚など私生活のトラブルもあり精神科に通うことになる。そこで精神科医の指導を野球に取り入れ、メンタルの強化と相手の心理を読むことを学び、多くの記録を叩きだした】


冨安徳久

人を喜ばせようとすることは、自分の喜びに繋がる。


和田千弘

大きな社会的価値を生んでいる企業ほど競争力が高く、収益性も高い。


内沼晋太郎

「本は最初から最後まで読まなければならない」という「読了教」に、多くの人はとらわれすぎていると思います。「はじめに」だけを読んでも大いに刺激を受ける本もあるし、最初から最後まで読み通しても響くものがない本もあるのですから。


高田明(ジャパネットたかた)

当社が上場する可能性はありません。上場がダメというより、生き方の問題と方針の違いです。上場してスケールを大きくしてグローバル企業を目指す、ユニクロの柳井さんやソフトバンクの孫さんはすごいですよね。私は正直、そのレベルまで志を持てないです。だから自分たちの考える範囲でブランドを作り上げていく。企業とは、誰かのためにあるのではない。株主のために企業が存在すると言ったら、方針がブレてしまう。ずっと守ってきた世界だから、僕らの中に上場はないです。


岡田裕介(東映)

映画館が残るかはわからない。でも映像は残る。映像がどういう形でユーザーに届くかを見極めていくことが、これからの大きな課題。


中本繁実

「日常生活の不満」に注目する。これが斬新なアイデアを見つけ出す一番の近道です。実際、特許をお金に変えた人の多くはこのパターンなんですよ。誰でも不満は持っていますが、多くの人は見過ごしている。見過ごさない意識を持てばアイデアが見つかるわけです。実体験がともなうと、アイデアが現実的になる。企業に売り込む時も説得力が出てきます。