名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田曜平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田曜平のプロフィール

原田曜平、はらだ・ようへい。日本のマーケティングアナリスト。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、多摩大学非常勤講師などを務めた。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』。

原田曜平の名言 一覧

人は簡単には心を開かない。だから「本心は別にあるのでは?」と考えて接すると、真実が見える。


高速回転するトレンドを企業が捉えるには、徹底した若者研究が必要だ。


マイルドヤンキーは、単にマイルドをつけただけ。ですが、これぐらいシンプルな言葉のほうが、多くの人に浸透して、商品づくりにも役立つものです。


ネットの情報だけ見ても、埋もれた顧客はわかりません。まずは、多くの若者と直に接しています。生きた情報が命。接する機会を増やすと、「若者は酒を飲まないというが、実は家に集まって飲んでる」などに肌で気づけます。


企業が若者を見る努力をしなくなった一方、今もトレンドを生み出すのは若者。それをメディアや広告会社が後追いする「主従の逆転」がこの5年くらいで起きている。だからこそ、若者の研究は未来を占う意味で、かつてないほど重要になっている。


実体を伴わないと、言葉にインパクトがあっても浸透はしない。たとえば「リア充オタク」。彼らは趣味に使う金額が10年前のオタクと比べ少なく、その分、服や遊びに使っているという調査に基づいた数字を出して説明するので、説得力が大きいんです。


造語をつくるのは、現代の若者像を明らかにして、その好みにあった商品をつくるため。たとえば、「マイルドヤンキー」という人物像をふまえて商品を考えるわけです。アルコールや車など、マイルドヤンキーをヒントに開発され、ヒットした商品もあります。


私は長年、若者の研究をしているため、やや若者寄りの立場で発言しているところもあるかもしれません。とはいえ、若者の現状を直視しないと、いい人材を採用できないし、採用できてもすぐに辞められ、育成することもできません。その現実を経営者の皆さんにはぜひ知っていただき、若者の採用と育成こそが最大の経営戦略になることを理解いただきたい。


採用サイトをつくる際に、社長など60代くらいの人の写真やインタビュー記事を載せても、若者にとって何の「引き」にもなりません。なにしろ若者にとって社長は、憧れでも目指すべき存在でもなく、社長の写真を見ても、「どこかのおじいさん」くらいにしか思わないでしょう。それより、ずっと引きになるのは、入社2、3年ほどの若手の写真やインタビュー記事です。人事部の人は、「そんなまだまだ未熟な若手を載せるの?」と思うかもしれませんが、今の学生はそれくらいの先しかイメージできていないのです。


若い世代に対して、企業の経営者や上司はどう接したらよいのでしょうか。基本的に私は、若者たちに歩み寄ること、場合によっては迎合することも必要だと考えています。現実的に考えると、経営者側が若者に歩み寄るしかないと思います。そうしないと、「人手不足倒産」も起こりかねない。資金繰りも事業自体も順調なのに、従業員が足りなくなるために倒産する事態が、今とても増えています。経営者としては当然、絶対に避けたい事態です。であるなら、若者の考えや特徴を理解するよう努めて、時にはある意味で「迎合する」ことも求められているといえます。


原田曜平の経歴・略歴

原田曜平、はらだ・ようへい。日本のマーケティングアナリスト。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、多摩大学非常勤講師などを務めた。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』。

他の記事も読んでみる

山口多賀司(経営者)

断言しておきますが、日本のために命をささげようと考えるアメリカ兵など誰一人いませんよ。やはり、日本は独立した国家なんですから、自分たちのことは自分で守るという基本姿勢をしっかり打ち出さないといけません。実際、私はアメリカ人の知り合いからそう言われたこともあります。これは当然です。自分の胸に手を当ててみれば分かるじゃないですか。あなたはアメリカのために命を捨てられますかと。そんなことをする日本人はいませんよね。


福里真一

とくに、世の中のことが分かりそうなノンフィクション本をよく読みます。CMは、世の中に受け入れてもらわなければ意味がありません。奇抜なものを作って強い印象を残しても、商品のことが伝わらなかったり、嫌悪感を持たれたりしては逆効果なんですね。だから現在、世の中でどんなことが起きていて、世間の人はどんなことに関心があるのかを知っておいたほうがいい。新聞も読みますけれど、それでは足りない。そこでノンフィクションが参考になるんです。


日向方齊

いかなる困難をも乗り切って、目的を成し遂げようとする強靭なる精神力。それを実行するための頑健な肉体。そして部下を統合していく統率力。これらなくして社長の職を務めることはできないと言っていい。


粟津恭一郎

質問と行動は「対の関係」にある。人は何か行動を起こすときに、必ず自分自身に質問しています。その意味で、「できる部下」と「そうでない部下」の違いは、質問の差です。同じ書類を見たときに「ここはおかしい」と気付けるかどうか。それは自分のなかに問いを持てているかどうかの違いです。


西松眞子

表面的な外見を磨くのは、第一印象を上げるためにすること。2人称の意識を持ち、別れ際の印象にまで気をつけて、第二印象を高めていく工夫を凝らしてください。


武田美保

3大会のオリンピックで5つのメダルを獲得できたのは、日本代表コーチ井村(雅代)先生のご指導のたまものです。本当に厳しい毎日でした。最初に出場したアトランタ五輪前の練習なんて「今日も気絶しないで良かった」ぐらいです(笑)。


増田宗昭

検索はネットでグーグルを使えばできます。ただ、検索というのは、知っている範囲でしかできない。世の中というのは未知の領域が多い。ぶらっと店に遊びに来て、「あっ」と思う発見がある。それが僕らの役割だと言い続けています。


内田恒二

個人として仕事を抱え込まずに済むようにするには、人に教えて任せることです。私自身、仕事を抱え込むのは好きではありません。部下にすべてを教え込み、結果を見てここまでできれば十分だと思ったら任せ、責任は自分で取るやり方を続けてきました。その方が仕事は速くなります。


柳澤大輔

基本的には一人の思いつきが発端で、その後にチームを集めてブレスト(ブレインストーミング)します。消化というか掛け算するような感じですね。何かの着眼点を踏み台に、また違うアイデアをかぶせるというか。いくら周りがあれこれ言っても本人が採用しなければ、それでもOKですし。なので、誰かが持ち込んだんだけど、最終的なアウトプットはまったく違うものになったりして。そういう組み合わせの面白さは、一人よりチームの方が勝るというのが、カヤックの考えですね。


山本梁介

不満の除去はマニュアルでできますが、感動を与えることは、従業員が自分で考えて行動しなければできません。「自律型感動人間」を作るのが私の経営理念で、エネルギーの6~7割を費やしています。


水谷豊(俳優)

今年の僕には新しいチャレンジが1つあります。映画の監督としてデビューをすることです。この年になってね。40年温めていた作品なので、思い続けることは大切なんだとつくづく思いました。


杉本一成(東海電子)

失敗を恐れず、どんどんチャレンジしてほしい。たとえ小さなチャレンジでも、必ず成長の糧となる。失敗し、苦労することで何らかの教訓も得られるに違いない。