名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

原田曜平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田曜平のプロフィール

原田曜平、はらだ・ようへい。日本のマーケティングアナリスト。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、多摩大学非常勤講師などを務めた。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』。

原田曜平の名言 一覧

人は簡単には心を開かない。だから「本心は別にあるのでは?」と考えて接すると、真実が見える。


高速回転するトレンドを企業が捉えるには、徹底した若者研究が必要だ。


マイルドヤンキーは、単にマイルドをつけただけ。ですが、これぐらいシンプルな言葉のほうが、多くの人に浸透して、商品づくりにも役立つものです。


ネットの情報だけ見ても、埋もれた顧客はわかりません。まずは、多くの若者と直に接しています。生きた情報が命。接する機会を増やすと、「若者は酒を飲まないというが、実は家に集まって飲んでる」などに肌で気づけます。


企業が若者を見る努力をしなくなった一方、今もトレンドを生み出すのは若者。それをメディアや広告会社が後追いする「主従の逆転」がこの5年くらいで起きている。だからこそ、若者の研究は未来を占う意味で、かつてないほど重要になっている。


実体を伴わないと、言葉にインパクトがあっても浸透はしない。たとえば「リア充オタク」。彼らは趣味に使う金額が10年前のオタクと比べ少なく、その分、服や遊びに使っているという調査に基づいた数字を出して説明するので、説得力が大きいんです。


造語をつくるのは、現代の若者像を明らかにして、その好みにあった商品をつくるため。たとえば、「マイルドヤンキー」という人物像をふまえて商品を考えるわけです。アルコールや車など、マイルドヤンキーをヒントに開発され、ヒットした商品もあります。


私は長年、若者の研究をしているため、やや若者寄りの立場で発言しているところもあるかもしれません。とはいえ、若者の現状を直視しないと、いい人材を採用できないし、採用できてもすぐに辞められ、育成することもできません。その現実を経営者の皆さんにはぜひ知っていただき、若者の採用と育成こそが最大の経営戦略になることを理解いただきたい。


採用サイトをつくる際に、社長など60代くらいの人の写真やインタビュー記事を載せても、若者にとって何の「引き」にもなりません。なにしろ若者にとって社長は、憧れでも目指すべき存在でもなく、社長の写真を見ても、「どこかのおじいさん」くらいにしか思わないでしょう。それより、ずっと引きになるのは、入社2、3年ほどの若手の写真やインタビュー記事です。人事部の人は、「そんなまだまだ未熟な若手を載せるの?」と思うかもしれませんが、今の学生はそれくらいの先しかイメージできていないのです。


若い世代に対して、企業の経営者や上司はどう接したらよいのでしょうか。基本的に私は、若者たちに歩み寄ること、場合によっては迎合することも必要だと考えています。現実的に考えると、経営者側が若者に歩み寄るしかないと思います。そうしないと、「人手不足倒産」も起こりかねない。資金繰りも事業自体も順調なのに、従業員が足りなくなるために倒産する事態が、今とても増えています。経営者としては当然、絶対に避けたい事態です。であるなら、若者の考えや特徴を理解するよう努めて、時にはある意味で「迎合する」ことも求められているといえます。


原田曜平の経歴・略歴

原田曜平、はらだ・ようへい。日本のマーケティングアナリスト。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、多摩大学非常勤講師などを務めた。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』。

他の記事も読んでみる

池田育嗣

当社は各事業部門は強いが、横の連携が弱い。例えば製造と販売。近い関係になれば、見えなかった課題に気づくなどの効果が生まれます。そうなれば、社員が部署を超えて夢を語るなどワクワクする会社に変えられると信じています。


河野英太郎

話しかけやすい上司には部下の報告回数が増え、いろいろな情報が集まるので、先手を打って対処がしやすくなり、仕事が早く終わるようになる。


新井直之(執事)

多くの時間術の本は忙しい人が自身のやりくりの仕方を書いていますが、お金持ちの求める秘訣はそこにはありません。彼らが時間管理を学ぶ相手は、儲かっているのにヒマそうな経営者。彼らは本当にヒマなわけではありません。自分が動く必要のある仕事は月火にまとめ、残りの5日を自由にするなど、仕組みづくりがうまいのです。


前田安正

企画書や報告書を作ったものの、読んだ人から「文章がわかりにくい」と言われてしまう原因は、いくつかあります。まずは、読み手の立場になって書かれていないこと。「自分がわかっていることは、相手もわかっているだろう」という思い込みのもとに書かれた文章は、正しく伝わりません。


ジョセフ・スティグリッツ

まずは規模の大小が問題にならない分野を産業単位や企業単位で見つける必要があります。グローバリゼーションは、かつては小国の市場規模では無理だったことを可能にしました。


黒川博昭

様々な立て直し策を実行するために、まず掲げた旗印が「お客様起点」です。


最上悠

部下を叱るというコミュニケーションの場で起こりがちな問題は、そこに上司の感情が入りすぎてしまうことです。基本的に人は感情をぶつけられると苦しく感じるものです。ただし、受け取る側が理解し、コントロールできる範囲の感情であれば心地よく感じることもあります。体育会系で先輩に殴られても感謝しているような人はその極端な例でしょう。


樺沢紫苑

十分な睡眠で宵越しのストレスを残さなければ、生産性も高まります。まず1週間。毎日1時間だけ睡眠時間を増やしてみてください。それだけで集中力が高まり、今までより仕事がはかどっているのを実感できるはずです。「楽しい」とか「仕事の効率が上がった」と実感できたものなら毎日の習慣にできます。


尾崎元規

タイやインドネシアなどでは洗濯機用より、安価な手洗い洗剤が主流です。いまの研究者たちにとって、手洗い洗剤など過去の遺物でしかありません。気乗りしない様子の彼らを「答えが出るまで帰ってくるな」とばかりに送り出しました。現地のアパートに住みこんで、手洗い現場を朝から晩まで見続け、大変な思いをしたようです。しかし、手洗いの苦労を実感して自分で工夫を凝らして商品を開発し、それを使った現地のお母さんたちの笑顔や喜びの声に接しているうちに、仕事の面白さや使命感に目覚めたようです。帰国したたびに彼らが自信とやる気に満ちてくるのを感じました。


村上太一

圧倒的に使える、世の中になくなったら困る様なサービスをつくろう。


樫尾俊雄

かつてエジソンは「天才は99%の汗と1%のひらめき」と言いましたが、私の場合はさしずめ「発明は1%のひらめきと、49%の努力、50%の天運」となるでしょう。その天運の最たるものが、兄と二人の弟の存在です。3人に支えてもらったおかげで、私は文字通り、研究開発に生涯をかけることができました。


中村雅知

多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。