名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田曜平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田曜平のプロフィール

原田曜平、はらだ・ようへい。日本のマーケティングアナリスト。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、多摩大学非常勤講師などを務めた。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』。

原田曜平の名言 一覧

人は簡単には心を開かない。だから「本心は別にあるのでは?」と考えて接すると、真実が見える。


高速回転するトレンドを企業が捉えるには、徹底した若者研究が必要だ。


マイルドヤンキーは、単にマイルドをつけただけ。ですが、これぐらいシンプルな言葉のほうが、多くの人に浸透して、商品づくりにも役立つものです。


ネットの情報だけ見ても、埋もれた顧客はわかりません。まずは、多くの若者と直に接しています。生きた情報が命。接する機会を増やすと、「若者は酒を飲まないというが、実は家に集まって飲んでる」などに肌で気づけます。


企業が若者を見る努力をしなくなった一方、今もトレンドを生み出すのは若者。それをメディアや広告会社が後追いする「主従の逆転」がこの5年くらいで起きている。だからこそ、若者の研究は未来を占う意味で、かつてないほど重要になっている。


実体を伴わないと、言葉にインパクトがあっても浸透はしない。たとえば「リア充オタク」。彼らは趣味に使う金額が10年前のオタクと比べ少なく、その分、服や遊びに使っているという調査に基づいた数字を出して説明するので、説得力が大きいんです。


造語をつくるのは、現代の若者像を明らかにして、その好みにあった商品をつくるため。たとえば、「マイルドヤンキー」という人物像をふまえて商品を考えるわけです。アルコールや車など、マイルドヤンキーをヒントに開発され、ヒットした商品もあります。


私は長年、若者の研究をしているため、やや若者寄りの立場で発言しているところもあるかもしれません。とはいえ、若者の現状を直視しないと、いい人材を採用できないし、採用できてもすぐに辞められ、育成することもできません。その現実を経営者の皆さんにはぜひ知っていただき、若者の採用と育成こそが最大の経営戦略になることを理解いただきたい。


採用サイトをつくる際に、社長など60代くらいの人の写真やインタビュー記事を載せても、若者にとって何の「引き」にもなりません。なにしろ若者にとって社長は、憧れでも目指すべき存在でもなく、社長の写真を見ても、「どこかのおじいさん」くらいにしか思わないでしょう。それより、ずっと引きになるのは、入社2、3年ほどの若手の写真やインタビュー記事です。人事部の人は、「そんなまだまだ未熟な若手を載せるの?」と思うかもしれませんが、今の学生はそれくらいの先しかイメージできていないのです。


若い世代に対して、企業の経営者や上司はどう接したらよいのでしょうか。基本的に私は、若者たちに歩み寄ること、場合によっては迎合することも必要だと考えています。現実的に考えると、経営者側が若者に歩み寄るしかないと思います。そうしないと、「人手不足倒産」も起こりかねない。資金繰りも事業自体も順調なのに、従業員が足りなくなるために倒産する事態が、今とても増えています。経営者としては当然、絶対に避けたい事態です。であるなら、若者の考えや特徴を理解するよう努めて、時にはある意味で「迎合する」ことも求められているといえます。


原田曜平の経歴・略歴

原田曜平、はらだ・ようへい。日本のマーケティングアナリスト。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、多摩大学非常勤講師などを務めた。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』。

他の記事も読んでみる

後藤玄利

バナー広告をはじめ、様々なプロモーション施策を繰り返し、売れる仕組みの仮説と検証を続けていました。そんな日々の中、商品数と売上に相関関係があるのでは? と気づいたのです。確かめてみると、間違いありませんでした。商品数に1万円をかけると、月商とほぼ合致していたのです。それからは広告に多額の費用を投じるのをやめ、商品数を増やすことに集中。今、「ケンコーコム」の取扱商品は19万アイテムほどで、年商が200億円弱です。単価は少し下がっていますが、この考え方に間違いはありませんでした。


樋口宏江

総料理長に就任したとき、「無事に務まるかな」という気持ちが強かったですね。とにかく無我夢中でした。


真藤恒

造船屋時代にギリシャの船主であるオナシス氏(注:世界的海運王アリストテレス・オナシス)のパーティーで「シントー(真藤)、このパーティ用のヨットも古くなった。造船屋として一生に残るような船を作ってくれ」と言われた。「そんなものを作る気はありません。造船屋として経済発展に寄与する船をつくるのが天職だと思っています。金持ちの遊び道具は御免です」と私は答えた。同席した人は顔色を変えたが、オナシス氏は「わかった。シントーには建造を予定している大型タンカーを頼む」とその場で発注してくれました。オナシス氏はいろいろと言われていますが、優秀な経営者で、それ以来、死ぬまで付き合いました。


奥脇洋子

人は「いま」が一番大切です。加えて「したいこと、好きなこと」を尋ねるのも、話を盛り上げるのに効果的です。誰でも自分が関心のあること、好きなことについては楽しく話すことができます。


吉田穂波

私の子供たちも海外生活の初期はまったく英語を話せませんでしたが、毎日英語に囲まれて過ごすうち、ある日突然しゃべり始めました。言語能力というものは「インプット→アウトプット」の順番で上達するものなのだと思います。


新井直之(執事)

大富豪の方々はいつも20年後、30年後のことばかり考えておられます。あるお客様は、次の東京オリンピックに備えて競技場周辺の土地を所有されていますが、お買い上げ、になったのは2000年前後だそうです。「東京でまたオリンピックを開催しようという動きがあるようだ」と聞けば、すぐさま手を打つのが大富豪です。


鈴木修

スズキはもともと小さな会社ですから、巨大なライバルと対等に戦えるわけはありませんが、これだけは絶対よそに負けない、特長のある会社にしたいと私は常々思っていました。のちにリスク承知でインド市場に飛び込んでいったのも、他の大手が手を伸ばさないインドなら、一番が取れるだろうと考えたからです。


織田信長

藤吉郎(秀吉)は何が不足なのか。浮気など言語道断です。あんな禿げネズミ、どこをどう探したってあなたのような女性には二度と巡り合えないというのに。しかし、やきもちはいけない。夫の世話をちゃんとして、言いたいことがあっても言わない方がいいでしょう。【覚書き|夫に対する愚痴を信長にぶちまけた秀吉の妻ねね(おね、高台院)に送った手紙より】


森川亮

会議はなるべく減らしています。何かを決めるのは、べつにメールとかLINE上でもできるので。いわゆる定例会議はなるべくなくしています。


渡邉美樹

起業というのは、非常識なほど大きなエネルギーを必要とします。だから、大抵は失敗に終わるのです。


櫻田毅(桜田毅)

一度独立した後で「組織内で働く方が望みをかなえられる」と判断したら、もう一度会社員に戻る道も考えられるでしょう。経営者と従業員という立場の違いにこだわりすぎる必要はない。まずは、何を実現したいのか見極め、それを実現するために最適な道が「起業」であれば、そこで独立すればいい。


田村潤

お客様のところに足繁く通い、声を聴き、何をすべきか考え、試行錯誤しながら、様々な工夫をしながら、ひたすら実行する。どれも当たり前のことですが、スタッフ全員で泥臭く続けた結果、高知支店の業績はV字回復しました。