名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田明夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田明夫のプロフィール

原田明夫、はらだ・あきお。日本の弁護士、検事総長。東京大学法学部卒業後、東京地方検察庁検事に任官。在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官、法務省刑事局参事官、法務総合研究所教官、盛岡地方検察庁検事正、法務大臣官房長、東京高等検察庁検事長などを経て検事総長を務めた。

原田明夫の名言 一覧

これからの日本は、司法で処理することを「約束事」と考えるべきではないでしょうか。企業法務でも、出るところに出ようじゃないかというと開き直りのように聞こえますが、そうではありません。透明なやり方で解決しようよということです。そのためにも弁護士でもいい、友人でもいい、トップに直言できる人間が会社には必要です。


検事として、取り返しのつかない人生を送りかねない人に向き合ううちに、「起こったことは仕方がないのだから、そのことを前提に最善を考えよう」という心境に至りました。


原田明夫の経歴・略歴

原田明夫、はらだ・あきお。日本の弁護士、検事総長。東京大学法学部卒業後、東京地方検察庁検事に任官。在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官、法務省刑事局参事官、法務総合研究所教官、盛岡地方検察庁検事正、法務大臣官房長、東京高等検察庁検事長などを経て検事総長を務めた。

他の記事も読んでみる

原裕輝

いくら考えても心が晴れない時は、感じ尽くして感情を消化してしまうのが効果的。


久保華図八

周りを幸せにした分だけ、自分も幸せになる。


大嶋啓介

子どもが夢を失う最大の原因は、お父さん、お母さんの「疲れた」という言葉らしいんです。それを聞いて子どもたちは、「ああ、大人ってすごく疲れるんだ」「仕事って疲れることなんだ」と思うようになって、大人になることへの希望が持てなくなってしまう。この話に、ぼくもハッとしました。社員の前ではいつも元気な言葉、やる気になるような言葉、明るい言葉を意識してきましたが、家ではやっていなかった。いつも疲れた顔をしていたなあ、と反省しました。


松田昌士

本社から命令して現場を従わせる、という考え方ではダメなんです。知恵は現場からわいてくる。そこに出向いて、「困っていることは何だ」と聞いて回らないと。そうすれば「しょうがない、親分を支えてやるか」という気にもなります。


元谷一志

考え方として日本のみならず、世界においても出張に行く人材は仕事ができるからこそ出張に行くのであって、だからこそ将来の経営層に成り得る人材であり、キーパーソンであると考えています。ですから、その方たちが経営層になったときに、アパホテルに良い印象を持っていただくことを推進していきたい、そう考えております。


喜久川政樹

NTTさんと接続問題でもめていたことがありましてね。以前は、収入の半分以上をNTTさんに支払う構造になっていました。このままでは当社の事業が成り立たないため、私が交渉に当たりました。そのとき、私がもっとも大切だと思ったのは「熱意」です。「不退転の覚悟」とも言い換えられます。その裏にある思いは、絶対にPHSを続けるんだ、生き残るのだという強い意志であり、PHSへの愛情です。その熱意や覚悟があったからこそ、思考回路が動き出し、知恵も生まれました。


田中仁(経営者)

日本人社員にとって、外国人と働くことは刺激になります。


築山節

研究であろうがビジネスであろうが、自分が何をやっているのか、何をしたいのかを明確にして、批判があれば受けるという責任ある態度で話していれば、みんなが助けてくれます。それが人間の社会だと私は思います。


辻慎吾

これまでの日本の貸しビル業はあくまでも「場所費し」であり、店舗はどの施設でも同じように事業を展開していました。私たちが目指したのは、その前提を根本から変えること。例えば六本木ヒルズには世界的ホテルチェーンのハイアットが入居しています。彼らからすれば「ハイアットがあっての六本木ヒルズ」という思いがあったでしょう。しかし、私たちはそれを逆に考えてほしいと当初から伝えてきたんです。街とは本来、様々な施設や人が複雑に絡み合うもの。そのとき、それぞれの施設や店舗という「タテ」だけではなく、街という「ヨコ」の軸でとらえる。そのうえでイベントやコミュニティの場を作り上げ、都市を生き生きと活性化させる。それがタウンマネジメントの重要な考え方なんです。


植木義晴

社長就任から一年半ほど経った頃、ふと「社員と一緒に悩めばいいんじゃないか」と気づきました。それまでは、辛さや苦しさはトップである自分が引き受けて、社員には幸せや喜びだけを分け与えなくてはいけないと考えていました。でも本当は、社長も社員も同じ目標に向かう仲間ですよね。だったら、辛さや苦しさを分け合ってもいいのでは。そう思えた瞬間から、気持ちがとてもラクになったし、前向きになれました。


原田泳幸

後継者育成はマネジメントの中でもトップの命題です。しかも、世界レベルの企業では、経営者は3年で後継者に引き継ぐくらいの意識を持って仕事をしている。そういう意味では10年も社長をやってきた私は長すぎるわけで、今回の社長交代は劇的人事でも何でもありません。


杉浦広一

会社は歩みを止めていては、潰れてしまう。