名言DB

9412 人 / 110637 名言

原田明夫の名言

twitter Facebook はてブ

原田明夫のプロフィール

原田明夫、はらだ・あきお。日本の弁護士、検事総長。東京大学法学部卒業後、東京地方検察庁検事に任官。在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官、法務省刑事局参事官、法務総合研究所教官、盛岡地方検察庁検事正、法務大臣官房長、東京高等検察庁検事長などを経て検事総長を務めた。

原田明夫の名言 一覧

これからの日本は、司法で処理することを「約束事」と考えるべきではないでしょうか。企業法務でも、出るところに出ようじゃないかというと開き直りのように聞こえますが、そうではありません。透明なやり方で解決しようよということです。そのためにも弁護士でもいい、友人でもいい、トップに直言できる人間が会社には必要です。


検事として、取り返しのつかない人生を送りかねない人に向き合ううちに、「起こったことは仕方がないのだから、そのことを前提に最善を考えよう」という心境に至りました。


原田明夫の経歴・略歴

原田明夫、はらだ・あきお。日本の弁護士、検事総長。東京大学法学部卒業後、東京地方検察庁検事に任官。在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官、法務省刑事局参事官、法務総合研究所教官、盛岡地方検察庁検事正、法務大臣官房長、東京高等検察庁検事長などを経て検事総長を務めた。

他の記事も読んでみる

矢倉英一

世の中が最悪の状況だからこそ、後は良くなるだけと思い、夢だった独立に踏み切った。


永守重信

買収した3社の100年企業を調べたところ、目先の数値に惑わされず、節々で必要な手を打っている。つまり開発投資や人的投資を怠らず、事業の盛衰を見越して「次の事業」を育てている。その繰り返しで、長く会社を繁栄させてきたのだ。


森稔

アークヒルズや六本木ヒルズの開発プロジェクトでは、実に様々な困難が立ちふさがりました。再開発には地権者の理解を得る必要がありますが、それぞれの人の事情をひとつの方向に揃えていこうとすれば、当然、摩擦が起こります。これは当たり前のことで、粘り強く再開発のメリットを説くしかありませんでした。


日比野隆司

クオリティが大事。業界ナンバーワンのクオリティで勝負していく。


坂根正弘

早くグローバルスタンダード、デファクトスタンダードにするという動きをする必要があります。そうしなければ、せっかく作ってもグローバルスタンダードは誰かに取られてしまいます。


細谷英二

経営とはいわば、社会からの預かりものです。誰かがやらなくてはならないことですが、会社はトップの所有物ではないと心して、「無私」の精神を貫くことが大切なのです。私はこの精神を忘れず、りそなの改革にさらに挑戦していくつもりです。


出口治明

人間は感情の動物であり、人生の豊かさは喜怒哀楽の総量。


佐藤康行

上司が部下を「欠けることのない満月だ」と思って接していれば、職場の人間関係は決して悪化しません。たとえば、「本当は能力があるのに、その10%しか使っていない」といった指導なら、部下は素直に聞いてくれるはず。欠けたところばかりを見て、「お前はここが足りない」などと言うから、関係がどんどん悪化するのです。


細田守

スタッフを怒鳴りつけるような監督は、ある年代より上にしかいませんね。昔のやり方だと思います。僕は、実績がある、信頼できる人に仕事をお願いしていますから、怒鳴ったりする必要もないんです。


畑村洋太郎

上司は、個の価値観を確立し、ものごとをよく観察している部下を、一人でも二人でもいいから見極め、チャンスを与えていく。さらに、そこで挙げた成果を正当に評価し、それに見合った処遇を行う。そうすると、同僚や部下の意識や行動に変化が表れる。その連鎖反応が次々と起こり、会社全体を「失敗に学び人を成長させていく組織」へと変革していく。


倉重英樹

人間は弱いものです。少ない努力で多くの実入りを求めようとします。しかし、世間は甘くありません。仕事の楽しさは、決してラクな仕事では得られません。それは、知恵を出し体を張って困難な状況を突破し、最後になって味わう達成感でしかないと思います。20代、30代のうちに自分を御する力を身につけてほしい。身につけている人とつけていない人ではその後のキャリアに雲泥の差が出てきます。


ビル・グロース

未熟なギャンブラーは2~3ドル勝っただけで得した気になり、カードが不利に転じた時にはすべてを使い果たす。


楠木建

時間軸の相対化には読書が最適だ。昔の人と直接の友達になることはできないが、読書を通じて知ることは可能だ。お勧めを一冊あげるなら、16世紀、キリスト教の布教のために来日したイエズス会を描いた『クアトロ・ラガッツィ』。この作品では、道端で人がバタバタと倒れて死んでいく戦乱の世の日本人の日常がリアルに描かれている。それと比べて、いまの日本はなんと安定していることか。


永守重信

京都には創業者が多いけれど、ちょっと変わったのばかりですよ(笑)。京都の創業者が集まると、お互いに「あんた変わっている」と言い合うことになるんだけれど(笑)、皆自分で考えた「こういう時代が来る」という将来を信じて疑わない。一方で、足元では家計簿経営のような細かいことを徹底する。


俣野成敏

かつて私が生産管理部門に異動した際、仕事の一つとして製品在庫の集計作業がありました。しかし、自動化すべく情報システム部と連携した結果、手作業そのものが必要なくなりました。過去には当たり前に必要だったが今では不要な作業が、なんとなく続けられていたという好例。