原田明久の名言

原田明久のプロフィール

原田明久、はらだ・あきひさ。日本の経営者、医師。「ファイザー」社長。北海道出身。金沢大学医学部医学科卒業。金沢大学医学部助手・講師、東京大学医学部非常勤講師、ロンドン大学ウインダイアー医学研究所留学などを経てファイザー製薬(のちのファイザー)に入社。臨床開発部門プロジェクトリーダー、医薬開発部門長、取締役執行役員炎症・免疫部門長などを経て社長に就任。

原田明久の名言 一覧

社長としての目標は、様々な機会を与え、次世代のタレントを育成すること。


世の中がどう変わろうと、患者さんは新しい医療、革新的な医薬品を望んでいる。ファイザーの充実したパイプラインを一気に進め、日本の患者さんに貢献していく。


江戸城無血開城という偉業をなした勝海舟も、実は「脱力」していた。上司もまず、力を抜くことが大事だ。


データに基づき価値を視覚化し、一般にもわかりやすく情報を伝える「コーポレートアフェアーズ・ヘルスアンドバリュー本部」を新設しました。我々の出す新薬が社会に対してポジティブな影響を与え、病気の人が社会復帰して会社に戻る。そうしたことを数値化し、世の中に示していきたい。


原田明久の経歴・略歴

原田明久、はらだ・あきひさ。日本の経営者、医師。「ファイザー」社長。北海道出身。金沢大学医学部医学科卒業。金沢大学医学部助手・講師、東京大学医学部非常勤講師、ロンドン大学ウインダイアー医学研究所留学などを経てファイザー製薬(のちのファイザー)に入社。臨床開発部門プロジェクトリーダー、医薬開発部門長、取締役執行役員炎症・免疫部門長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中谷美紀

大切なのは、自分の心が動かされるかどうか。自分の心が動いていないのに人様の心を動かすなんて無理です。


吉山勇樹

段取りは仕事の筋道を立てるなど、やりたいことをやれるよう導く手段のこと。


加島禎二(加島禎二)

実際にやってみると、競合他社の優れた点はおろか、自社の優位性も言葉にできない人が圧倒的に多い。


城山三郎

厳しいことを言えば、我が道がわからないなどというリーダーはもう辞めた方がいい。目先のことしか見えていない人、ましてや拝金主義やエゴにまみれた人は、人の上に立ってはいけない。


鈴木喬(経営者)

市場調査やマーケティングデータなどを、鵜呑みにするのは危険。やろうと思えば、都合のいい数字ばかりを集めることは簡単にできますし、数字を改ざんすることだってできます。


大谷將夫

私の経営改革は、「貧乏人の発想、金持ちの行動」で進めるのが基本です。要約すれば、計画立案や原価と経費では用心深く緻密に、売上を伸ばすための活動は積極的に大胆にということです。


アール・S・国元

なぜ待つ。待てば正しい結論が出る確率が高まるのか。


井上武(経営者)

望むか望まないかにかかわらず、転機は必ず訪れるものです。そのときには、商品やマーケットを変えるなど、経営者としてなんらかのアクションを起こさなければなりませんが、そのベースにはいつも経営理念がありました。


白洲次郎

プリンシプルは何と訳してよいか知らない。「原則」とでもいうのか。日本も、ますます国際社会の一員となり、我々もますます外国人との接触が多くなる。西洋人とつき合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である。


森信親

金融機関に対しては「企業に付加価値を付け、成長を助けてください」と言ってきました。金融機関に聞けば「やっています」と言うので、本当かどうか企業にも聞いてみようと考えました。企業サイドから見れば、また違う観点があるかもしれません。例えば「年に2回、投信を買ってくれという営業だけが来る」とか(笑)。


金丸恭文

私もそうでしたが、30代、40代と言うと、本業を優先しなければいけない。だって、そんな安定的なビジネスなんていうのは、ベンチャーにはそんなにないわけで、本業を成長させつつも、やはり自己研鑽に励まないといけない時期。


夏野剛

ビジネスにおいて感覚やセンスというのは非常に大切です。ですから二者択一ではなく、数字を感覚やセンスを補完し証明する道具として使えばいいのです。


大山健太郎

うちは、一流大学だからというだけでは採用しません。高学歴であるという点だけで採用すると、どうしても横並びの官僚主義に陥ってしまいます。日本の大企業はみんなこの病気にかかっていると思います。


大橋徹二

現場の声に耳を傾けることが、持続的な成長に欠かせない。


藤田晋

「想像できないから相手に直接聞く」という考え方は素直でいい。ただし、市場調査のデータは、調査対象や手法によるフィルターがかかるので鵜呑みにしないでください。「市場調査をしたところ~」と安易に結論づけるプレゼンは、データをそのまま使っているだけのことが多いため、私は好きではありません。そのデータを客観的に捉え、そこから想像(分析したり、仮説を立てたり)しなければ、アンケートをする意味はありません。


ページの先頭へ