名言DB

9419 人 / 110788 名言

原田保の名言

twitter Facebook はてブ

原田保のプロフィール

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

原田保の名言 一覧

こいつの言うことなら全面的に信頼できると上司に思わせる関係を築くことです。トップやリーダーは想像以上に孤独です。あいつといると気持ちがなごむし、仕事上も助かる。一緒にいたいという気持ちにさせればいいのです。それには、一緒に仕事をやっては成果を出すという積み重ねが必要で、一朝一夕には無理です。


社内で足を引っ張られないためには、部長メーカー、役員メーカーになることです。日本人は下剋上を嫌いますから、上司を押しのけて出世するのではなく、上司をその上の役職まで押し出してしまえばいい。「あいつが下についた奴は必ず偉くなれる」という評判を立てることです。


(西武百貨店勤務時代)役員会の前夜、当時の上司に一言一句、プレゼンの言葉遣いを伝授したところ、私が言うとおりに話すと必ずプランが通ると思われるようになり、そのうちプランもプレゼンもお前がつくれとなり、私が実質取り仕切ることになりました。おかげで上司も私も出世しました。


原田保の経歴・略歴

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

他の記事も読んでみる

井上英明

新しいアイデアがあるならやってみろ。まだほかにやれることはないか?


吉田たかよし

脳全体にスイッチを入れる機能を預かっているのが、脳幹網様体と呼ばれる部分。ここを働かせるためには、全身の筋肉や皮膚からの刺激を与えること。とくに顔の皮膚と手を刺激することがもっとも効果的。ですから私は毎日数回顔を洗い、手と顔の皮膚を同時に刺激しています。とくに昼すぎなど明らかに脳の働きがよくなります。


徳光正子

長い歴史の中では、よい時代もあれば、辛抱が必要な時代もあります。花外楼も、初代のときは追い風が吹き、百畳敷きの大広間をつくったりしましたが、2代目になると、昔からあった店以外、すべて手放す事態に陥りました。180年、ずっと好調だったわけではないのです。ですが、そんななかでも、絶えず余力を残しながらやってまいりました。もちろん、会社だから儲けなければなりませんが、自分たちの仕事をとおして、できる範囲で、社会や支えてくださっている皆様にご恩返しをさせていただきたいと、常々思っております。


出口治明

仕事とプライベートの比重を間違えないということも重要です。人生で過ごす時間において、働いているのは3割に達しません。大切なのは仕事ではなく、食べて寝て、家族や友人と楽しく過ごす時間です。仕事なんてどうでもいいと割り切れたら、八方美人になったり上司にゴマをすることがバカバカしくなります。絶対に譲れないと思うときは上司を打ち負かすつもりで臨めます。本当にいい仕事ができるのです。


前川孝雄

大事なのは、「これをやりなさい」と仕事を渡すときに、目的を与えることと創意工夫できる余地を残すこと。それがなければ、仕事ではなく“作業”になってしまいます。


村田昭治

どんなに青春は短くとも、青春のときに得た宝石のような精神は大事にしておきたいものだ。


武藤光一

運業界はこの10年ほどの間、荒波にもまれてきました。2000年代半ばは中国で「爆食経済」と呼ばれる、経済成長に伴う穀物や資源の急激な輸送需要の拡大がありました。当時は荷動きの伸びに船の供給が追い付かず、2008年秋のリーマンショックまで海運は非常な好況を博したわけです。ただ「好事魔多し」の通り、中国や韓国で造船設備の新設・増強が相次ぎ、リーマンショックと相まって2011年以降、船が余る状況が顕在化しました。2015、16年も新しい船が出てきてしまうので、荷動きが思うように伸びないと海上運賃の落ち込みは長引くでしょう。


高橋恭平

新入社員それぞれに希望部署がありますが、現実には希望外の部署に配属されることも多い。すぐに自分がやりたい仕事をやれるとは限りませんが、長い人生、必ず役に立つことがあるでしょう。まずどんな業務であっても、懸命に頑張ってみることです。


高田明(ジャパネットたかた)

売れる商品を予測するよりも、売れる商品を自分たちで作ればいい。


前澤友作

採用時に、人は何のために働くのか、それを必ず問いかけ考えてもらいます。深く考えれば行き着くところはひとつのはずです。そして、そこに気づけた人にだけ社員になってもらっているので、理念の共有はそれほど大変ではありません。あとは日々の啓蒙活動ですね。それが社長の最大の仕事ですから。