名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田保のプロフィール

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

原田保の名言 一覧

こいつの言うことなら全面的に信頼できると上司に思わせる関係を築くことです。トップやリーダーは想像以上に孤独です。あいつといると気持ちがなごむし、仕事上も助かる。一緒にいたいという気持ちにさせればいいのです。それには、一緒に仕事をやっては成果を出すという積み重ねが必要で、一朝一夕には無理です。


社内で足を引っ張られないためには、部長メーカー、役員メーカーになることです。日本人は下剋上を嫌いますから、上司を押しのけて出世するのではなく、上司をその上の役職まで押し出してしまえばいい。「あいつが下についた奴は必ず偉くなれる」という評判を立てることです。


(西武百貨店勤務時代)役員会の前夜、当時の上司に一言一句、プレゼンの言葉遣いを伝授したところ、私が言うとおりに話すと必ずプランが通ると思われるようになり、そのうちプランもプレゼンもお前がつくれとなり、私が実質取り仕切ることになりました。おかげで上司も私も出世しました。


原田保の経歴・略歴

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

他の記事も読んでみる

木下ほうか

わずかでもいいので、仕事に自分なりの工夫を加える。すると、必ず誰かが見ているものです。その積み重ねが、いまにつながったのかなと感じています。


古森重隆

適切な問題解決の方法を生み出すには、知性や知力を意味するインテリジェンスが必要だ。しかしその一方で、マッスル・インテリジェンス、すなわち知性や知力とは対極にある野性や馬力、腕力といった部分も大切なのである。


藤巻健史

私は話も下手だし、入づきあいも苦手です。でも、大学を出て三井信託銀行に入り、営業マンとして2年間死ぬ気でがんばってトップセールスになりました。当初は「何で俺がカネ集めなんか」「こんなことをするために銀行に入ったんじゃない」と思いましたよ。でも、新入社員のときはたとえ嫌な仕事でもがむしゃらにやるべきです。働くのは食べるためなんですから。極端にいえば、つまらない仕事をするからお金を貰えるんであって、楽しいことをやりたいならお金を払え、ということです。


鈴木喬(経営者)

私は新商品を投入する人件費や宣伝費から損失を詳細に見積もり、どういう状況になったら撤退するかを考え抜いています。失敗した時のリカバリー策まで用意します。目標を達成できなかった時に倒産してしまうようなリスクの高い博打は、決してしてはいけません。


東英弥

何かをやりたいと思っているからこそ、夢を持ち、そのために人の話を聞きたいと思うもの。


森永卓郎

「仕事は苦行」だと感じている人も多いと思うのですが、私は、それでは「いい仕事」をするのはなかなか難しいと思います。むしろ、「仕事は遊び」と思ったほうがいい。なぜなら、人間は本来的に「楽しさ」を求めるものだからです。どうやったら楽しくできるかと考えることで、そこに進歩が生まれる。


木村俊昭

地域活性化をリードする人材に求められるのは、プロデューサーとしての役割。加えて、広聴・傾聴・対話がきちんとできること。これも大事です。当然のように思うかもしれませんが、実際はこれができないリーダーが多いのです。


森山透(経営者)

私の仕事の7割くらいが権限委譲も含めた人材育成なんじゃないでしょうか。ですから、事業所を訪問していろんな人と会話するようにしています。ただ、難しい話はしないですよ。「明るく、楽しく、元気にやろう」と言うだけ(笑)。そのためにもコミュニケーションが盛んになる雰囲気づくりを大事にしています。それが、統合した会社がひとつになっていく上でもっとも大事なことだと考えているからです。


山下和美

せっかく漫画家をやっているんだから、いろいろ違うこともチャレンジしてみないと。思いついたことは、ガンガンやっていかないとなとは思いますね。守りに入っちゃあかんなというのはありますね。


ロバート・キヨサキ

多額のお金を稼いでいる人には毎日のように会うが、彼らのお金は、個人の「財務諸表」の「収入欄」から「支出欄」に直行する。ちょっと儲かると、すぐに買い物をする。さらに大きなマイホームや新車を買うものだから、借金にどっぷり浸かってしまい、ますます猛烈に働かなければやっていけなくなる。「資産欄」には何も入っていない。お金をたくさん持っているだけの人の典型的なパターンだ。


黒田如水(黒田官兵衛)

これはそちのためにしているのだ。乱心ではない。わしが諸臣に嫌がられて、一日も早く長政の代になるとよいと思わせるためだ。
【覚書き|家臣に名君と慕われていた如水が病気で死ぬ直前に豹変し、部下をののしり始めた。上記は息子の黒田長政が如水に理由を聞いたときの返答】


前田晃伸

いままで私の下でやってきたことについては、忘れていいから、新しい目で見て、やってください。そのための交代です。
【覚書き|社長から会長に退いたとき、後任の塚本隆史社長に語った言葉】