名言DB

9412 人 / 110637 名言

原田保の名言

twitter Facebook はてブ

原田保のプロフィール

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

原田保の名言 一覧

こいつの言うことなら全面的に信頼できると上司に思わせる関係を築くことです。トップやリーダーは想像以上に孤独です。あいつといると気持ちがなごむし、仕事上も助かる。一緒にいたいという気持ちにさせればいいのです。それには、一緒に仕事をやっては成果を出すという積み重ねが必要で、一朝一夕には無理です。


社内で足を引っ張られないためには、部長メーカー、役員メーカーになることです。日本人は下剋上を嫌いますから、上司を押しのけて出世するのではなく、上司をその上の役職まで押し出してしまえばいい。「あいつが下についた奴は必ず偉くなれる」という評判を立てることです。


(西武百貨店勤務時代)役員会の前夜、当時の上司に一言一句、プレゼンの言葉遣いを伝授したところ、私が言うとおりに話すと必ずプランが通ると思われるようになり、そのうちプランもプレゼンもお前がつくれとなり、私が実質取り仕切ることになりました。おかげで上司も私も出世しました。


原田保の経歴・略歴

原田保、はらだ・たもつ。多摩大学大学院客員教授。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室長、情報システム部長、商品管理部長、関東地区担当、国際業務担当、業革推進担当などを歴任。その後、香川大学経済学部および大学院経済学研究科教授、岡山商科大学および大学院商学研究科客員教授などを経て多摩大学客員教授。マーケティング戦略について教えている。主な著書に『eマーケティングの戦略原理』『調達・物流統合戦略―グローバル時代の経営改革』『スロースタイル』など。

他の記事も読んでみる

平塚常次郎

大体草分けというものは割の悪いもので、成功すれば抜け目のない資本家が、すぐ真似して割り込んでくるし、失敗すれば笑われて貧乏する。だが、北洋漁業は国家権益で、国内で利を争うような事業ではなく、みんなの仕事が大きくなってこそ国益というものである。日本漁業家の競争相手が出てきたのは、私どもにはむしろ喜ばしいことだった。


野本弘文

個人的には、各社がそれぞれの事業をしっかり見ることが必要だと考えています。そのことをせずに、各社を束ねる持ち株会社のような組織を作っても、うまくいかない可能性があります。鉄道、不動産、リテールなど各事業や企業が、それぞれの役割を果たすことがまず必要です。


宮坂学

新しいサービスをつくることはそう簡単ではないですよ。必要なのは、生まれるまで続けること。ガンホーのパズドラ(大ヒットしたオンラインゲーム)も10年かかったと言っていますよね。


橋谷能理子

自分の見方、聞き方が正しいと思い込み、周囲の人々も自分と同じように見て、聞いていると考え物事を伝えようとする。結果として誤解が生まれる。


益子修

コンスタントに利益を出し続ける会社になるには、他社に負けない独自技術と、新しいクルマを提案できる開発力を持たなければいけません。


伊藤良二

経営者の視点でものごとを考えると、自分の立場からではなく、常に全体観をもって課題の本質を見抜けます。誰のために解決すべき課題か、どんな目標を立てるべきか、自分がトップになったつもりで考えてみるのです。


澤田秀雄

エイチ・アイ・エスはこの3~4年伸び悩んでいましたので、社長に復帰してまず、実施したのは赤字部門の撤退です。例えばリムジンサービスの部門を撤退。またスマ宿という宿泊予約サイトは、楽天やエクスペディアに勝てないなら止めてしまえと撤退しました。おかげで1年間で経費を約25億円削減できました。将来性のある事業は赤字でも残しますが、勝てない事業部や子会社はスパッと切りました。


岡崎太郎

以前手がけたダイエット食品「いちごミルクダイエット」は月商1億円の大ヒット商品になりました。「ダイエットとあり得ない組み合わせの言葉はなんだろう」とか、「ダイエット食品はおいしくないから続けられない。では甘くておいしい味なら……」と連想していく中でアイデアが生まれました。


浅野秀則

チャレンジをした人は必ず失敗しているわけですから、逆に言えば、失敗した人はチャレンジした勇気のある人。だから、失敗を怖れずに、やり続けることです。「あのときああだったよな」って笑えるようになるまで頑張ること。粘り、しつこさ、根性。必要なのはこれだけだと僕は思うんです。


森正文(経営者)

僕の目標の立て方は短期型です。何年もコツコツと時間をかけてひとつのことを追い求めていくタイプではありませんが、それでいいと思っています。いまは3年後、5年後が読めない時代ですし、短期的な目標の積み重ねが、結局は長期的な目標になりますから。


深野康彦

老後の貯蓄として足りないならば、定年後も働けばいいだけのこと。それはそれで大変な決断でしょうが、今から不安を抱えて悶々とするのは、決して賢い態度とはいえません。ただし、健康には留意してください。


後藤卓也(花王)

判断に必要な情報の密度は、経験を積むごとに高くなります。日々の仕事で経験する失敗や成功の積み重ねは非常に大きいわけです。


伊集院静

苦しいこと、せつないこと、つらいことを経験していなかったら、申し訳ないけど一人前になりませんよ。


前澤友作

儲けとか勝ち負けに重点を置かないほうがいいと思うんですよね。僕の幸せの大部分は、人の幸せが占めています。じゃあ、どうやってまわりの従業員やスタッフ、その先のお客様や取引先、株主を楽しませたり驚かせることができるのか。それを考えてやってきたら結果的に儲かっていたという感覚なので、これからもそれでやっていきたいなと。


井上弘

ネットの拡大は地方局にとってチャンスだと考えている。地方は東京に比べて人件費が低い。どこからでも発信できるネットをうまく使うことができのではないか。私が何か提案できればいいが、残念ながらそんな知恵はない。次の時代の人たちに頑張ってもらいたい。