名言DB

9413 人 / 110706 名言

原田マハの名言

twitter Facebook はてブ

原田マハのプロフィール

原田マハ、はらだ・まは。日本の小説家、キュレーター。東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。

原田マハの名言 一覧

ずっと歩き続けていれば、誰だっていつかは息切れしますよね。ですから、ときには立ち止まって考えることも大切だと思うんです。私自身、そんな迷える女性たちの背中を押したいと常に思っていて。


さりげない日常を大切に暮らすことこそ、一番の幸せ。日常を大切に生き、それを継続することが、人生を楽しむことだと思う。


家族は、個人が集まって作られた、世界で一番小さな共和国のようなもの。自分が幸せに生きれば、家族という共和国も幸せになり、ひいては社会全体も幸せになります。だからこそ、一人一人が幸せになって欲しいと思うんです。


つまらない人生、大したことのない人生なんて、ひとつもありません。人類が始まってから今に至るまで、誰ひとりとして同じ人生を生きた人はいないでしょう? みんなが自分だけの人生を生き、それを継続させているなんて素晴らしいこと。一人ひとりの人生に個性と輝きがある、その事実に気づいてほしい。


女性には、ちょっとしたきっかけさえあればすぐに歩き出せる軽やかさ、しなやかさがあります。この本の中からご自分に似たケース、共感できる登場人物を見つけ、再び歩き出すためのきっかけにしていただけたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


宝塚には昔も今もあこがれを抱いているんです。ロマンチックな言い方をするなら、積み残してきた夢の欠片を小説というパッケージにした、という感じでしょうか。読者のみなさんにも、登場人物と一緒に街を歩いているかのような気持ちになってもらえたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


小さいことでくよくよしているときにアートのことを考えると、悩みも吹き飛ぶんです。人類史には戦争、疫病、天変地異など、とてつもないことがたくさんありました。でも、何があろうとアートが途絶えたことは一度もありません。そう考えると、何があっても大丈夫と思えてきませんか?


この物語は人の営みにぐっと接近して書きました。小さな幸せにフォーカスして書くのは楽しく、書き手としても幸せなひとときを過ごせました。疲れたときに美味しいお菓子を食べて気分転換するように、ぜひこの本で一息ついていただきたい。私から読者の皆さんへのスイーツギフトを、どうぞ受け取ってください。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


モネが愛したジヴェルニーの家を訪ねた時、なぜ彼がこの地に固執し、「睡蓮」という連作を書き続けたのか初めてわかりました。絵画は画家のまなざしを透過し、彼らの感情をカンヴァスにパッケージングしたもの。でも、アーティストゆかりの地を訪れると、作品の原材料を知ることができるんです。もし素晴らしい料理を前にしたら、どんな食材が使われ、シェフがどのように調理したのか、興味が湧きませんか? 同じように、画家と同じ風景を眺め、感覚を追体験することで「アーティストはこの風景を、これほど素晴らしい絵に昇華させたんだ」と、大きな喜びを味わうことができます。


執筆にあたって宝塚の洋菓子屋さんに取材をしたのですが、パティシエがとても素敵な方で。すごく楽しそうにお菓子を作ってらして、帰る時には外まで見送ってくださったんです。その時に、とてもきれいなお辞儀をされたんですね。普段からされていなければ、とっさにできることではありません。その時「お客様に対して、いつも丁寧に接していらっしゃる方なんだな。深々としたきれいなお辞儀が、人生の素敵なクセになっているんだな」と思ったんです。そこから「こんなにきれいなお辞儀ができる方って、どんな人生を送ってきたんだろう」と考え、この物語に結びついていきました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


デビューから5年目ぐらいだったでしょうか、「宝塚周辺を舞台にした、ファミリーの物語を書いてほしい。女性を元気づけるようなお話にしてほしい」とのご依頼をいただいたんです。当時はいろいろなことに挑戦したい時期で、「決まり事がある中で小説を書く」ということにも興味があったんです。ご依頼主のWebサイトで発表したあとはそのまま眠っていた作品ですが、このたび加筆・修正して単行本になりました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


原田マハの経歴・略歴

原田マハ、はらだ・まは。日本の小説家、キュレーター。東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

長沼毅

NASAがすごい発表をしたのを知っていますか? 「生命の設計図であるDNAをつくる分子が地球外にも存在する証拠が初めて見つかった」というニュース。もしかしたら宇宙の他の星に生命があるかもしれないんです。なんか、ワクワクしてきますよね。僕が海底や砂漠など「辺境の地」を探求する理由はまさにそれ。生物ってたくましくて、零下40度の氷の中とか、光の届かない地底とか過酷な環境でも生きている種がいる。「だとしたら、火星や金星にもいるかもしれない。いったいどんな生き物がいるんだろう?」。想像するだけで、夢が膨らんできますよね。


出口治明

戦争で大将が「眠い」とか言っていたら、兵隊がかわいそうですよね。起きて、もし僕が「疲れたな」と思ったら、そのときが辞めるときだと思っています。


井阪隆一

当社では仮説・検証のサイクルを「個人」が回し、「チーム」が回し、「会社全体」でも回します。「回す文化」が会社全体に根づいている。この徹底が、セブンイレブンの強みです。


佐々木豊(アートディレクター)

消費者に手にとってもらうパッケージデザインには、斬新でありながらも共感を呼ぶストーリーが求められます。スーパードライの場合、その象徴はメタリックシルバーでした。


柳橋仁機

もはや分野にかかわらず、画一的なトップダウンの経営手法には限界が見え始めている。マネジメント層も、従来の人材管理のあり方を見直さねばならない時代が到来している。


高島宏平(髙島宏平)

「どう伝えれば、相手が動きたくなるか」を、常に意識するようにしています。社員にも「自分が売りたい気持ちを、お客様が買いたい気持ちに翻訳しないと、相手には伝わらないよ」と話しています。


津田秀晴

私はこれまで、千人近くの営業マンや営業管理職の仕事ぶりを取材してきた。そこで感じたのは、成果を挙げている営業マンの接客スタイルは千差万別であり、その話し方や、使う言葉に「絶対解」はないということである。


本田直之

できる人は逆算でものごとを考えます。しかし、できない人は積み上げ型思考なんです。「今日は何をやろうか」という発想でしか、ものごとを考えていない。これでは、いつまでたってもゴールは見えてきません。途中で嫌になって勉強を放り出すのも、仕方がないことです。


築山節

忘れてはいけないのは、ずっと頭を使い続けることはできないということです。人間の脳が冴えている時間には限りがあって、どんなに優秀な人でも、ずっと考えていればバカになります(笑)。つまり、寝ないで仕事をしたら頭は冴えないということ。365日、脳をちゃんと働かせようと思うなら、一晩徹夜して多少仕事を進めても意味がない。きちんと寝て、規則正しく起きることが大切です。


前川孝雄

悩んでいるのは自分一人ではないことを心に留めておいてください。対人関係でのストレスや、部下指導が上手くいかないことを一人で悩んでいる人がたくさんいます。こんなことを人の話すと評価が下がるのではないかと気にしているのですが、そんなことはない場合が大半です。同僚に悩みを打ち明けてみれば、同じ悩みを抱えている人は多いことに気づくはずです。


山田静江

エンディングノートをつけることは、死後の始末だけでなく、残りの人生を悔いなく、より良く生きるための手助けになる。


中西浩太

知名度の低い中小企業では、大量の内定を出しても辞退者が続出して結局はわずかしか採用できないことがよくあります。ところが当社のサービスを受ければ内定辞退者は激減します。採用担当者にそのノウハウを研修で学んでもらいますが、やるのは最初だけ。翌年からは、自分たちでできるようにします。


畠中雅子

夫婦で別々の財布を持つ(家計を別にする)のは避けましょう。お互いの支出が把握できなくなるので、無駄遣いに歯止めがかかりにくく、二人のお金を合算した正確な予算もたてられません。サイフをひとつにして収支を透明化しましょう。


樋口武男

気に入らない異動だからといって、淡々と仕事をしていたのでは将来の展望は拓けない。置かれた場所で頑張るしかない。


石原壮一郎

謝るというのは屈辱的で、非生産的な行為に見えますが、謝罪をきっかけに仲がよくなったり、謝りっぷりで評価が上がることは、どんな仕事にもあります。