名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田マハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田マハのプロフィール

原田マハ、はらだ・まは。日本の小説家、キュレーター。東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。

原田マハの名言 一覧

ずっと歩き続けていれば、誰だっていつかは息切れしますよね。ですから、ときには立ち止まって考えることも大切だと思うんです。私自身、そんな迷える女性たちの背中を押したいと常に思っていて。


さりげない日常を大切に暮らすことこそ、一番の幸せ。日常を大切に生き、それを継続することが、人生を楽しむことだと思う。


家族は、個人が集まって作られた、世界で一番小さな共和国のようなもの。自分が幸せに生きれば、家族という共和国も幸せになり、ひいては社会全体も幸せになります。だからこそ、一人一人が幸せになって欲しいと思うんです。


つまらない人生、大したことのない人生なんて、ひとつもありません。人類が始まってから今に至るまで、誰ひとりとして同じ人生を生きた人はいないでしょう? みんなが自分だけの人生を生き、それを継続させているなんて素晴らしいこと。一人ひとりの人生に個性と輝きがある、その事実に気づいてほしい。


女性には、ちょっとしたきっかけさえあればすぐに歩き出せる軽やかさ、しなやかさがあります。この本の中からご自分に似たケース、共感できる登場人物を見つけ、再び歩き出すためのきっかけにしていただけたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


宝塚には昔も今もあこがれを抱いているんです。ロマンチックな言い方をするなら、積み残してきた夢の欠片を小説というパッケージにした、という感じでしょうか。読者のみなさんにも、登場人物と一緒に街を歩いているかのような気持ちになってもらえたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


小さいことでくよくよしているときにアートのことを考えると、悩みも吹き飛ぶんです。人類史には戦争、疫病、天変地異など、とてつもないことがたくさんありました。でも、何があろうとアートが途絶えたことは一度もありません。そう考えると、何があっても大丈夫と思えてきませんか?


この物語は人の営みにぐっと接近して書きました。小さな幸せにフォーカスして書くのは楽しく、書き手としても幸せなひとときを過ごせました。疲れたときに美味しいお菓子を食べて気分転換するように、ぜひこの本で一息ついていただきたい。私から読者の皆さんへのスイーツギフトを、どうぞ受け取ってください。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


モネが愛したジヴェルニーの家を訪ねた時、なぜ彼がこの地に固執し、「睡蓮」という連作を書き続けたのか初めてわかりました。絵画は画家のまなざしを透過し、彼らの感情をカンヴァスにパッケージングしたもの。でも、アーティストゆかりの地を訪れると、作品の原材料を知ることができるんです。もし素晴らしい料理を前にしたら、どんな食材が使われ、シェフがどのように調理したのか、興味が湧きませんか? 同じように、画家と同じ風景を眺め、感覚を追体験することで「アーティストはこの風景を、これほど素晴らしい絵に昇華させたんだ」と、大きな喜びを味わうことができます。


執筆にあたって宝塚の洋菓子屋さんに取材をしたのですが、パティシエがとても素敵な方で。すごく楽しそうにお菓子を作ってらして、帰る時には外まで見送ってくださったんです。その時に、とてもきれいなお辞儀をされたんですね。普段からされていなければ、とっさにできることではありません。その時「お客様に対して、いつも丁寧に接していらっしゃる方なんだな。深々としたきれいなお辞儀が、人生の素敵なクセになっているんだな」と思ったんです。そこから「こんなにきれいなお辞儀ができる方って、どんな人生を送ってきたんだろう」と考え、この物語に結びついていきました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


デビューから5年目ぐらいだったでしょうか、「宝塚周辺を舞台にした、ファミリーの物語を書いてほしい。女性を元気づけるようなお話にしてほしい」とのご依頼をいただいたんです。当時はいろいろなことに挑戦したい時期で、「決まり事がある中で小説を書く」ということにも興味があったんです。ご依頼主のWebサイトで発表したあとはそのまま眠っていた作品ですが、このたび加筆・修正して単行本になりました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


原田マハの経歴・略歴

原田マハ、はらだ・まは。日本の小説家、キュレーター。東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

白井一幸

見方を変えれば、ファイターズは長く低迷していたために、改革をしやすいチームだったともいえます。これが、毎年ある程度の成績を残しているチームだったら、大改革などできなかったでしょう。当時の我々にアドバンテージがあったとしたら、それは改革ができる土壌があったことかもしれません。


小宮山宏

既存のシステムが強すぎるというのが、日本でイノベーションが起こらない理由。日本だと、UBER(ウーバー)のようなものはタクシー業界が反対してできないじゃないですか。


浜田宏

世界で通用するビジネスマンには、ここぞという場面での集中力は欠かせません。実際、日本のビジネスパーソンの集中力は、いわゆる欧米やアジアの一流ビジネスエリートには、まだ敵わないと思います。たとえば、国際線の飛行機内。欧米、あるいはアジアのプロフェッショナルは、寸暇を惜しんでパソコンのキーボードを叩いていますが、日本人の多くは、酒を飲んでいるか寝ているかのどちらかでしょう。その差です。


青崎済

従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


パク・ジョアン・スックチャ

オフィスに不在の自分をフォローしてくれた同僚には感謝の言葉は惜しまない方がいい。私はクライアント企業の研修をする際、「ありがとうはタダよ」と指導しています。


小笹芳央

マネジャーには全社的な視点から、自部門の役割を理解し、自分たちの行動を位置付けていきます。上からの情報を部下に伝えるときには、現場向けに噛み砕き、意味づけしていきます。反対に現場の情報は、整理し、優先順位をつけて上に報告します。他部署と連携をはかることも増えるでしょう。プレーヤー時代に比べて縦、横、斜めと空間的に視点が転換していきます。


久保憂希也

数字で定量的に考えることがなぜ大切かというと、数値化しなければPDCA(計画、実施、検証、改善)のサイクルを回すことができないからです。


田中イデア

以前、上手に喋る人を観察して気づいたのですが、その会場で決定権を持っている人の顔を見ながら話していたのです。聴衆がたくさんいる中で、一番偉い社長だけに話しかけている。それ以外の聴衆は木みたいなものです。あたかも森の中で社長と二人っきりのつもりで話せばいいのです。一番偉い人が誰だかわからなければ、最初に笑ってくれた人に向かって話せばいいのです。一番ウケている人を相手にすれば、緊張感がほぐれてきたときに少しずつ視界が広がっていきます。


玉田俊平太

性能向上が主要顧客の要求水準を下回っている間は、高性能化=高付加価値化の等式が成り立つ。この状況では、実績のある既存企業は「既存顧客の要求に応える」という強力な動機があり、勝てるだけの資源も持っているためほぼ必ず勝ちます。ところが、性能の向上が主要顧客の要求水準を上回ってしまうと、これ以上いくらこの性能を向上させても、顧客は価値の向上を感じられなくなる。


出口治明

「二・六・二」という法則があります。人間の集団の2割は優秀、6割が普通、2割はぱっとしないというものです。やる気がある2割には、どんどん仕事を与えればいい。そうしたら6割も「置いていかれる」と歩き出す。残る2割も不安になって動き出す。


古森重隆

伸びる人間にはある共通点がある。それは会社に対する「オーナーシップ」が強いということだ。


伊藤邦雄

危機に耐える力、これが大事。この危機耐性力プラス進化力。単に変化だけでなく、危機をバネに進化する力が必要。