名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田マハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田マハのプロフィール

原田マハ、はらだ・まは。日本の小説家、キュレーター。東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。

原田マハの名言 一覧

ずっと歩き続けていれば、誰だっていつかは息切れしますよね。ですから、ときには立ち止まって考えることも大切だと思うんです。私自身、そんな迷える女性たちの背中を押したいと常に思っていて。


さりげない日常を大切に暮らすことこそ、一番の幸せ。日常を大切に生き、それを継続することが、人生を楽しむことだと思う。


家族は、個人が集まって作られた、世界で一番小さな共和国のようなもの。自分が幸せに生きれば、家族という共和国も幸せになり、ひいては社会全体も幸せになります。だからこそ、一人一人が幸せになって欲しいと思うんです。


つまらない人生、大したことのない人生なんて、ひとつもありません。人類が始まってから今に至るまで、誰ひとりとして同じ人生を生きた人はいないでしょう? みんなが自分だけの人生を生き、それを継続させているなんて素晴らしいこと。一人ひとりの人生に個性と輝きがある、その事実に気づいてほしい。


女性には、ちょっとしたきっかけさえあればすぐに歩き出せる軽やかさ、しなやかさがあります。この本の中からご自分に似たケース、共感できる登場人物を見つけ、再び歩き出すためのきっかけにしていただけたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


宝塚には昔も今もあこがれを抱いているんです。ロマンチックな言い方をするなら、積み残してきた夢の欠片を小説というパッケージにした、という感じでしょうか。読者のみなさんにも、登場人物と一緒に街を歩いているかのような気持ちになってもらえたらうれしいです。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


小さいことでくよくよしているときにアートのことを考えると、悩みも吹き飛ぶんです。人類史には戦争、疫病、天変地異など、とてつもないことがたくさんありました。でも、何があろうとアートが途絶えたことは一度もありません。そう考えると、何があっても大丈夫と思えてきませんか?


この物語は人の営みにぐっと接近して書きました。小さな幸せにフォーカスして書くのは楽しく、書き手としても幸せなひとときを過ごせました。疲れたときに美味しいお菓子を食べて気分転換するように、ぜひこの本で一息ついていただきたい。私から読者の皆さんへのスイーツギフトを、どうぞ受け取ってください。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


モネが愛したジヴェルニーの家を訪ねた時、なぜ彼がこの地に固執し、「睡蓮」という連作を書き続けたのか初めてわかりました。絵画は画家のまなざしを透過し、彼らの感情をカンヴァスにパッケージングしたもの。でも、アーティストゆかりの地を訪れると、作品の原材料を知ることができるんです。もし素晴らしい料理を前にしたら、どんな食材が使われ、シェフがどのように調理したのか、興味が湧きませんか? 同じように、画家と同じ風景を眺め、感覚を追体験することで「アーティストはこの風景を、これほど素晴らしい絵に昇華させたんだ」と、大きな喜びを味わうことができます。


執筆にあたって宝塚の洋菓子屋さんに取材をしたのですが、パティシエがとても素敵な方で。すごく楽しそうにお菓子を作ってらして、帰る時には外まで見送ってくださったんです。その時に、とてもきれいなお辞儀をされたんですね。普段からされていなければ、とっさにできることではありません。その時「お客様に対して、いつも丁寧に接していらっしゃる方なんだな。深々としたきれいなお辞儀が、人生の素敵なクセになっているんだな」と思ったんです。そこから「こんなにきれいなお辞儀ができる方って、どんな人生を送ってきたんだろう」と考え、この物語に結びついていきました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


デビューから5年目ぐらいだったでしょうか、「宝塚周辺を舞台にした、ファミリーの物語を書いてほしい。女性を元気づけるようなお話にしてほしい」とのご依頼をいただいたんです。当時はいろいろなことに挑戦したい時期で、「決まり事がある中で小説を書く」ということにも興味があったんです。ご依頼主のWebサイトで発表したあとはそのまま眠っていた作品ですが、このたび加筆・修正して単行本になりました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


原田マハの経歴・略歴

原田マハ、はらだ・まは。日本の小説家、キュレーター。東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ベートーベン

私は運命の喉首を締め上げてやる。決して運命に圧倒されないぞ。


渋谷和宏

「書き手は読み手にどう伝えようとしているのか」を意識して読めば、文章を書くときに「読み手にどう伝わるのか」という視点も高めることができる。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

特に注意が必要なのは、負けず嫌いな人。「負けず嫌い」に加え、「早口で話す」「時間に厳しく、常に効率を求める」「イラつきやすい」という言動が散見される「タイプA」と呼ばれる性格傾向を持つ人が当てはまります。タイプAの特徴は競争心が強いこと。ビジネスの世界では、競争心は必要になりますが、度が過ぎると「勝つためには手段を選ばない」という思考に陥るために危険です。強引な手法を取るだけでなく、ひどいケースでは不正に手を染めることもあります。


川鍋一朗

タクシー業界は、どの業界よりも護送船団方式であまり変わってこなかった業界。これからの変化度合いは、どの業界よりも変わるということになる。


原田泳幸

商品ごとにどのように価格を調整し、客数と客単価と利益率が向上する方向に行くのか、同時にお客さまの満足度も上がっていくのか、これが価格調整の基本的な考え方と目的。


酒巻久

勉強の半分はPCなり、ITなり、時代にキャッチアップするための内容。そして残りの半分は、将来を見据えた次のステップのための勉強です。専門分野を掘り下げつつ、周辺分野も広げていく。たとえば、経理なら会計の勉強だけでなく、経営や人材マネジメントなどにも目を向けて守備範囲を拡張する。それが次のキャリアにつながっていきます。


ショーンK

五里霧中で遠くが見渡せなくなったときには、変えられない過去や不確定な未来ではなく、「今」の目の前のことに無心に没頭することが大切。


武長太郎

「おかえりなさい」。当社の創業ブランドである居酒屋「こだわりもん一家」ではお客様が入店すると、このように出迎えます。同店は「第二の我が家」をコンセプトに掲げ、料理長が厳選した食材を使った料理を提供すると共に、ホールには女将が常駐し、お客様が自宅のリビングのようにくつろいでいただける空間づくりに力を入れています。


川越達也

今まで僕は、必要とされたときには全力で応えたい、と考えて生きてきました。その発想があったからこそ同世代に比べれば早い時期から戦略的にものを考えていたと思いますし、成長のサイクルも早かったのでしょう。


井上英明

ノートにアイデアを書くときは、とにかく自由にワーっと書くのが大事なんじゃないでしょうか。線も無視して、ホワイトボードに書きなぐるような気分で。僕は発想が大事だと思っているので、こう書かなきゃいけないとか、ノートはこう使わなきゃいけないといった制約を設けるのは嫌なんです。


吉田美紀子

ハードルを限界まで低くして、とりあえず一歩踏み出す。そうすれば視界が開けていろんな風景が見えてくるし、情報も入ってきます。介護職に限らずセカンドキャリアを考えている人は、まずは一歩踏み出して損はしません。


成毛康雄

(東芝の経営危機のとき)交渉事もあり話せないことが多い中でも、社内での説明は尽くしました。「技術で、チームで頑張る限り、(出資者が誰になろうと)未来はある」と。