名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原田まりるの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原田まりるのプロフィール

原田まりる、はらだ・まりる。日本の作家、コラムニスト、哲学ナビゲーター、アイドル。京都府出身。京都女子大学在学中、芸能活動を開始。その後、執筆活動を開始。著書に『私の体を鞭打つ言葉』。

原田まりるの名言 一覧

哲学は「AとBという選択肢のほかに、CやDもある」ということを教えてくれる。見方を変えるだけで救われる人も多いのではないでしょうか。


自分の気持ちに嘘をつかず誠実でいることが何よりも大切。


自分のやりたいことを抑制すると生きるエネルギーまで衰弱してしまい、虚無感を抱くニヒリストになってしまうので注意が必要。


強い心を持って本音をぶつけていくことが、心から通じ合える、何でも話せる相手ができることにつながっていく。


哲学を学んで分かったことは、私にとっての哲学は「自由になるものであり、騙されないもの」であること。「自分の考えはどこまで自分の考えなのか」――。自分の考えだと思っていても、他人からインストールした考えだったりすることはありますよね。社会性を身につけると、常識や他人の価値観が自分の中に埋め込まれていきます。だから哲学は、「自分に騙されず、自分をごまかさず、自分を自由にする学問」なんだと思うのです。


私たちが生きている間においても、何が善いかは死の直前までわからないことがあるでしょう。自分がつらいことだと思った出来事でも、受け入れていく気持ちを持てば、そこから新しい価値観を打ち立てられる可能性もある。


他人の批判を恐れずに受け入れ、常に自分を変化させていかないと人は成長しない。もちろん、批判を受け入れるといっても、それに無批判に従うのではなく、相手の意見が自分と違えば、はっきりと「違う」と言っていい。


上司の命令に従わざるをえない、あるいは周りに迎合せざるをえないといった場合もあるでしょう。そのときに、魂まで売り渡してはなりません。自分はどのように思っているのかという気持ちを大切にしていくことです。


自分がこの会社にいても何の意味もないのではないかと鬱々と考える人もいるでしょう。積極的ニヒリストは「社長であっても、死んでみればこの会社にいたことの意味はないのも同然だ。ならばこの会社で自分のやりたいことを実現すればいいのだ」と前向きに捉えます。


人生に生きる意味を求めるからしんどくなるのです。自分探しのように、何もないところに何かを探しても、やはり何も見つかることはありません。だから、人生は無意味であるということを自覚したうえで、自分のやりたいこと、好きなことに取り組めばいいのです。


哲学は様々な悩みに向き合えます。たとえば、仲がいいと思っていた友達の結婚式に呼ばれず、「すぐに離婚しちゃえばいいのに」と卑屈なものの見方をしてしまう女の子がいたとする。その子は友人を素直に祝福できない自分を「性格が悪い女」と責め、落ち込んでいる。そんな時は私が好きなニーチェの言葉「祝福できないならば呪うことを学べ」が効きます。「そんな気持ちになるのは仕方がないよ。どうせなら呪っちゃえ!(笑)」と、暗い気持ちを笑いに変える「ものの見方」を提供してくれます。


人生は苦悩と退屈の間を振り子のように行ったり来たりする。飽きると言うと悪いことのように聞こえますが、言い方を変えると満たされた状態だから飽きているのです。苦悩と退屈は際限なく繰り返されていくのだから、飽きている状態は苦悩がはじまる前の心の安定期と捉えることもできます。そう考えると、それほど悪いことではないと思います。


これから哲学を学ぶ人へのアドバイスとしては、まずは入門言を読むなどして、推しメンならぬ「推し哲(一押しの哲学者)」を見つけてください。そうすると興味を持って哲学の世界を見て回れます。「推し哲」で人気があるのは、文才があって言葉が心に響きやすいニーチェですね。ビジネスパーソンなら、「精神的な疲弊」に着目し、幸福を得る手法を考えたラッセルの哲学に共感するかもしれません。どこからでもいいので、ぜひ、哲学の世界に飛び込んでみてください。


原田まりるの経歴・略歴

原田まりる、はらだ・まりる。日本の作家、コラムニスト、哲学ナビゲーター、アイドル。京都府出身。京都女子大学在学中、芸能活動を開始。その後、執筆活動を開始。著書に『私の体を鞭打つ言葉』。

他の記事も読んでみる

菅井敏之

毎月新しい金の卵を産むニワトリを持っている人は、預金などで純資産を持っている人より幸せです。銀行員時代、お金があるのに旅行もせず、ボロボロの家に住み、質素な暮らしをするシニアの顧客を大勢見てきました。たとえ1億円預金があっても、それを切り崩しながら老後を乗り切らなくてはいけないと思うと、人は不安でお金を使うことができないのです。逆に、預金は1000万円程度しかなくても、毎月新しいお金が入ってくる仕組みがあると、安心して使うことができます。


入江慎也

正直な話をすると、相方の方が売れていた時期に焦ったのが始まりです。「消えていく怖さ」を痛烈に感じたんです。何としてでもお笑い芸人としてやっていきたい。だったら、この世界で生きていくために自分ができることは何か、そもそも自分が好きなことは何か……。そう突き詰めて考えていった先にあったのが「人が好き」ということでした。人と話すことが好きで、人が何を求めているのかを考えて、その人のために先回りをして行動することが大好きでした。そして、それが僕の強みだということにも気づいたんです。


外村仁

優秀な人材を集めるためには、経営者の魅力や、共感できる理念が前提ですが、良い会社はどこもしっかり持っています。そのうえでの競争となったときに、働きやすい環境を提供することが、重要になっているということでしょう。


家次恒

パソコンが出てきてタイプライターがなくなったように、全く違うものが出てきて自分たちの技術が不要になってしまう。だからこそ、強迫観念みたいに研究開発をしないといけないのです。当たるかは分からないけれど、それがもう、僕らが一番にやってきたことです。


糸木公廣

外国人は得られる評価や意義がクリアな仕事しかしたがらない傾向があります。それらを丁寧に説明すれば、彼らの士気は上がり、意欲的に取り組むようになるでしょう。


武藤山治(経営者)

実業とは、虚業に対し、真面目に働く者の仕事の総称である。しかも、実業には、一種の強い、勤勉にして真面目なる精神が伴うものである。


細谷英二

機能する組織は「2:6:2」とよくいわれます。いわゆる優秀な社員が2割、普通の社員が6割、そのほか2割でも組織がちゃんと回りますよ、と。私は変革リーダーはそうたくさんいなくても組織が変わるとみています。いわゆる優秀な社員2割の中から2割のリーダーを選び出すのです。要は社員全体の4%に変革を志向する「鬼」がいれば、組織は絶対に変わると信じています。


遠藤功

組織人として、会社の目標を否定することはできません。しかし、滅私奉公になるのもよくないです。できる中間管理職なら、上手に上司を説得して、遂行する業務の中に自分の意志を反映させるでしょう。つまり、会社という場を使って自己実現するのです。


大前研一

太平洋戦争を例にとるまでもなく、日本人は変なところで楽観的で、将来に対しての見通しが甘いところがある。そして表面の現象だけ見て一喜一憂する。


松村不二夫

ミドリ安全の場合は、安全衛生に関わるお客さんの困りごとを知ることから商品開発が始まります。滑りやすい環境で威力を発揮する高耐滑性の作業靴「ハイグリップ」は累計1000万足以上売れている大ヒット商品です。この商品の開発は、太陽熱温水器で知られる朝日ソーラーからの相談がきっかけで始まりました。当初は、「装置を設置するために屋根に上る作業員たちが滑らないようにする靴」をつくろうと考えていたわけです。ところが研究が進むと、屋根の上だけではなく、水や油がこぼれた床を歩き回るような現場など、幅広い職場の安全確保に必要な技術だということがわかってきました。そこで滑らない靴が完成すると、工場や飲食店に領域を拡大して営業をかけました。


江上治

誰かに言われたからやる、誰かのためにやるという他人によって与えられたものではなく、自らの信念に基づき行動の基準を決めているから、そのモチベーションが尽きることはなく、常に湧き出てくる状態になる。尽きないモチベーションを持って、一貫して行動が続くから能力が磨かれ、それが自分だけの「才能」になる。


出雲充

ミドリムシという絶好の素材が見つかって、いよいよ、どうしたらバングラデシュの食卓に上らせることができるか、を考えている。食生活はそこの文化と結び付いているから、お母さんたちが使いやすいように、工夫したい。