原田まりるの名言

原田まりるのプロフィール

原田まりる、はらだ・まりる。日本の作家、コラムニスト、哲学ナビゲーター、アイドル。京都府出身。京都女子大学在学中、芸能活動を開始。その後、執筆活動を開始。著書に『私の体を鞭打つ言葉』。

原田まりるの名言 一覧

哲学は「AとBという選択肢のほかに、CやDもある」ということを教えてくれる。見方を変えるだけで救われる人も多いのではないでしょうか。


自分の気持ちに嘘をつかず誠実でいることが何よりも大切。


自分のやりたいことを抑制すると生きるエネルギーまで衰弱してしまい、虚無感を抱くニヒリストになってしまうので注意が必要。


強い心を持って本音をぶつけていくことが、心から通じ合える、何でも話せる相手ができることにつながっていく。


哲学を学んで分かったことは、私にとっての哲学は「自由になるものであり、騙されないもの」であること。「自分の考えはどこまで自分の考えなのか」――。自分の考えだと思っていても、他人からインストールした考えだったりすることはありますよね。社会性を身につけると、常識や他人の価値観が自分の中に埋め込まれていきます。だから哲学は、「自分に騙されず、自分をごまかさず、自分を自由にする学問」なんだと思うのです。


私たちが生きている間においても、何が善いかは死の直前までわからないことがあるでしょう。自分がつらいことだと思った出来事でも、受け入れていく気持ちを持てば、そこから新しい価値観を打ち立てられる可能性もある。


他人の批判を恐れずに受け入れ、常に自分を変化させていかないと人は成長しない。もちろん、批判を受け入れるといっても、それに無批判に従うのではなく、相手の意見が自分と違えば、はっきりと「違う」と言っていい。


上司の命令に従わざるをえない、あるいは周りに迎合せざるをえないといった場合もあるでしょう。そのときに、魂まで売り渡してはなりません。自分はどのように思っているのかという気持ちを大切にしていくことです。


自分がこの会社にいても何の意味もないのではないかと鬱々と考える人もいるでしょう。積極的ニヒリストは「社長であっても、死んでみればこの会社にいたことの意味はないのも同然だ。ならばこの会社で自分のやりたいことを実現すればいいのだ」と前向きに捉えます。


人生に生きる意味を求めるからしんどくなるのです。自分探しのように、何もないところに何かを探しても、やはり何も見つかることはありません。だから、人生は無意味であるということを自覚したうえで、自分のやりたいこと、好きなことに取り組めばいいのです。


哲学は様々な悩みに向き合えます。たとえば、仲がいいと思っていた友達の結婚式に呼ばれず、「すぐに離婚しちゃえばいいのに」と卑屈なものの見方をしてしまう女の子がいたとする。その子は友人を素直に祝福できない自分を「性格が悪い女」と責め、落ち込んでいる。そんな時は私が好きなニーチェの言葉「祝福できないならば呪うことを学べ」が効きます。「そんな気持ちになるのは仕方がないよ。どうせなら呪っちゃえ!(笑)」と、暗い気持ちを笑いに変える「ものの見方」を提供してくれます。


人生は苦悩と退屈の間を振り子のように行ったり来たりする。飽きると言うと悪いことのように聞こえますが、言い方を変えると満たされた状態だから飽きているのです。苦悩と退屈は際限なく繰り返されていくのだから、飽きている状態は苦悩がはじまる前の心の安定期と捉えることもできます。そう考えると、それほど悪いことではないと思います。


これから哲学を学ぶ人へのアドバイスとしては、まずは入門言を読むなどして、推しメンならぬ「推し哲(一押しの哲学者)」を見つけてください。そうすると興味を持って哲学の世界を見て回れます。「推し哲」で人気があるのは、文才があって言葉が心に響きやすいニーチェですね。ビジネスパーソンなら、「精神的な疲弊」に着目し、幸福を得る手法を考えたラッセルの哲学に共感するかもしれません。どこからでもいいので、ぜひ、哲学の世界に飛び込んでみてください。


原田まりるの経歴・略歴

原田まりる、はらだ・まりる。日本の作家、コラムニスト、哲学ナビゲーター、アイドル。京都府出身。京都女子大学在学中、芸能活動を開始。その後、執筆活動を開始。著書に『私の体を鞭打つ言葉』。

他の記事も読んでみる

平川秀幸

専門家、特に大学教員というのは一般の市民のことを、まるで何も知らない子供のように見て、議論の相手とは考えず、とにかく知識を教え込むことを考えがちです。でも専門家だって、他の分野・業種の専門家である市民から学ぶことはたくさんありますし、専門家だからこそ気づかない問いかけもあります。お互いの強みを生かし、弱いところは補い合えばいい。


宇田川憲一

日本の常識が必ずしも通用しない厳しさを肌で知りましたが、「海外はこりごり」とは思いませんでした。資源に乏しい日本の化学メーカーが成長するには海外に打って出るしかないからです。ただカントリーリスクの怖さは骨身にしみました。海外事業を展開する際に進出先の政情や文化などを徹底して調査する姿勢は、今も大切にしています。
【覚え書き|イランからの撤退を振り返っての発言】


能町光香

上司と定期的に目標設定の時間を持つ、報告や連絡の際はその延長として自分の課題や改善すべき点を指摘してもらう、といった方法を積極的に取りましょう。上司はそうした果敢さを持つ部下を歓迎します。部下が何を考え、どんな目標を持っているかを知ることで、組織にどう役立ってもらうかを判断できるからです。


山田直美(社会起業家)

ファッションのためにペットを飼う人たちがいる、それを商売にする悪徳ブリーダーがいる、そんな現実を変えるのは容易ではありません。でも「やるっきゃない」です。命の尊さは、生き物全て同じでしょう。その尊さが人間の身勝手で奪われていること、あるいは、犬や猫の殺処分は国民の税金で行われているという事実などを、正しく伝える活動は重要だと思っています。たとえ微力でも。


ゲーテ

人間というものは、自分の欲するままにどちらに向かおうと、どんなこをと企てようと、結局はいつでも、自然によってあらかじめ画(かく)された道に戻ってくる。


南原竜樹

浮き沈みの激しい人生のほうが楽しいよ。


福原裕一

朝礼では、もしキャプテン(店長)が接客の仕方の指導で厳しい言葉遣いをしてしまったら、「昨日はこんなことを言ったけど、私の真意はこういうことだった。それを理解してくれたAさん、本当にありがとう」と言ってあげる。するとAさんだけでなく、聞いていたチーム全員の連帯感と信頼が一気に強まります。


池森賢二

意識しているのは、「簡単な言葉を使う」こと。専門用語や難しい言葉は、相手が意味を知っているとは限らない。なるべく使わないようにします。


藤原作弥

2000年8月のゼロ金利解除の是非は歴史が判定するでしょうが、その時々の情勢の変化に応じて最善の判断をすることこそが政策の役割だと思っています。


河野章宏

僕らのビジネスの根本は、「CDを売る」「曲を売る」じゃなくて、興行(ライブ)で利益を上げるのが基本なんで。曲は全部ダダであげてもいいかな、っていう発想に最近なってきてるんですけど、まだそこは様子を見ている感じですね。レンタルで聴いても、音楽が良ければライブには行くじゃないですか。そこに僕らは力を入れてるというか。そこに来てくれれば、売れなくても買わなくてもいいですよって。


谷田千里

体重を減らすことを目的にしても続かない。その先に「おしゃれな洋服が着たい」「カッコ良くなって異性にモテたい」といった楽しい目標があるからこそ、「運動は嫌いだけど頑張ってみよう」「甘いものを食べたいけれど我慢しよう」と思える。同様に「会社をきれいにするため」と言われてもなかなか動く気になりませんが、「自分の将来のため」と思えば、やってみようと思うものです。


田中マルクス闘莉王

チームを勝たせる力になるには、仲間の信頼を得ることが欠かせない。この人にボールを出せばなんとかしてくれる。いいパスを出せばゴールを決めてくれる。そういう信頼関係は結果とリンクして循環していく。


パトリツィオ・ディ・マルコ

例えば日本では美しい漆塗りや着物の帯があります。これらは何十年にもわたって培われた伝統と職人技から生まれたものです。両方とも、その気になれば中国でつくることもできるでしょう。ですが本当に同じ品質を保てるでしょうか。そこに長年培われた文化は宿るのでしょうか。文化を培うには何十年もかかりますから、他の国に置き換えることは非常に難しい。我々が「メード・イン・イタリア」にこだわる理由もそこにあります。


今野賢二

何もしなくても患者さまが多数来院する時代は既に終わりました。これからの歯科医院には経営力が必要。院長は医師なので経営には苦手意識を持つ。大手の病院には経営・事務を担う事務長がいますが、個人医院では専従の事務長を雇用する余裕はありません。当社は、歯科医院の経営をアウトソーシングによる支援サービスでサポートをしています。


藤巻健史

日本人は、自分が思っている以上に優秀です。私は留学してむしろ、「欧米人はこんなものか」と、海外コンプレックスがなくなりました。海外嫌いの私が言うのも何ですが、ぜひ、日本を外からの視点で見てみてください。きっと、自分に自信が持てるようになるはずです。


ページの先頭へ