名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原江里菜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原江里菜のプロフィール

原江里菜、はら・えりな。日本のプロゴルファー。愛知県出身。10歳からゴルフを開始。高校1年で女子ナショナルチームメンバー入り。アマチュア時代に多くの大会で優勝。その後、プロに転向し日本女子賞金ランキング9位を獲得。

原江里菜の名言 一覧

良い意味でも悪い意味でも、小さい時に教えられたことは、体に残っている。


ゴルフがほかのスポーツと決定的に違うところは、技術のレベルや年齢、性別が違っても一緒にプレーできること。


ゴルフは自分の努力が数字に出て、そのまま評価されるから、やりがいがある。言い訳できないですし、「もっとこういうプレーをしたい」とストイックに考えられる要因。


私の場合は両親から厳しく指導を受けた経験はありませんでしたが、坂田塾は厳しくて、毎日欠かさず練習しなければいけない、毎日必ず500球打つというノルマがあり、打てない時は打てない理由をコーチに説明して帰らなければいけないというルールがありました。その時の経験が、プロになった今も、練習の大切さを忘れずに取り組める要因となっていると思います。


原江里菜の経歴・略歴

原江里菜、はら・えりな。日本のプロゴルファー。愛知県出身。10歳からゴルフを開始。高校1年で女子ナショナルチームメンバー入り。アマチュア時代に多くの大会で優勝。その後、プロに転向し日本女子賞金ランキング9位を獲得。

他の記事も読んでみる

三浦しをん

私は(気に入った作品に出会うと)「件名:お前はもう見たか」みたいな長いメールをすぐ送るから、友達にうざがられます(笑)。オタクだからなのか、「すごい!」と思うと、とにかく誰かに伝えずにはいられなくなる。住んでいる地域とかも関係なく。オタクでいるって、楽しいことですよね。


小山龍介

実際にメールを返信するのはデスクに戻ってからですが、携帯にメールを転送しておき移動中に返信内容を考えます。考えがまとまっているせいか、こちらの方が速く書けます。こまめにチェックしてその都度返信するのではなく、何通かまとめて書く方が効果的です。


池谷裕二

ストレスがないとモチベーションは上がらないし、成長もありません。私たちはストレスや不安を感じることによって、毎日の生活に上手く対応することを可能にしているのです。


美崎栄一郎

ときには、ムダな時間がかかる事態を予防する工夫も必要。たとえば取引先が急な要望を出してきた場合、「なぜそれが必要なのか」「本当に必要なのか」を確認します。すると、冷静に考えると必要なかったと判明することも多いのです。


松下正幸

(松下)幸之助の残した言葉の中で、私は「素直」が一番好きなんです。幸之助の言う「素直」は、まさに自然体で、とらわれる心を捨てなさいということです。そして、できるだけ自分を客観的に見る。自分とは別に、それを見ている自分を持つのです。そうでないと、人間には欲や煩悩があるから、それらに引きずられてしまう。それでは、正しい判断ができなくなってしまいます。とはいっても、「素直になる」と口で言うのは簡単ですが、実践するのは難しい。客観的になることも、煩悩を100%捨て去ることも、至難の業です。それでも、いつも「素直でいよう」と心がけて、それに向かって努力することが大切だと思っています。


茂木健一郎

年をとってから創造性を発揮するためには、ふたつの条件がある。ひとつは、創造する意欲を失わないこと。もうひとつは、自分自身の経験にとらわれないこと。


小杉友巳

私はアメリカに駐在した経験があるのですが、あちらでは自分自身を表現することは当たり前でした。会話をしていると、「私はこう思う。あなたは?」と聞かれることがしょっちゅうですし、そこで自分の意見を言えないと一人前の大人として扱ってもらえません。


中村崇則

当社では社外から問い合わせメールが毎日100~200通来ていました。しかし、複数の担当者がPCメーラーで作業していたのでは、誰がどのような対応をしたのかを把握することはできません。「一般の企業でも困っているはず」という予想が的中し、問い合わせの共有・管理システム「メールディーラー」は日本のメール対応のあり方を変えるヒット商品となりました。


辻口博啓

「みんな遊んでるんだな」と安心させてくれるような友人こそが、実は夢を目指すときの最悪の「しがらみ」なんじゃないかと僕は考えています。


美月あきこ

ファーストクラスを利用されるお客様の多くは、「エグゼクティブ」と呼ばれる方々です。この方たちは、とても頻繁に御礼状を書かれます。しかも届くスピードが非常に早いのです。機内でお会いしたあと、現地について2泊ほどしたあとに成田に戻ると、もう乗務員室にハガキが届いている、という素早さには驚かされました。受け取った私は、大きな喜びとともに、「一流のビジネスマンの反応の速さ」を感じました。


本田直之

やっていただきたいのは「しないことリスト」を作ること。私は今、ハワイと東京を行き来する「デュアルライフ」を楽しんでいます。向こうでは仕事をしながらサーフィンもやる。あれこれやらないと決めているからこそ、実現できるんです。


竹島一彦

後追いになると結果は足して2で割るような中途半端なものになってしまいがちです。