原江里菜の名言

原江里菜のプロフィール

原江里菜、はら・えりな。日本のプロゴルファー。愛知県出身。10歳からゴルフを開始。高校1年で女子ナショナルチームメンバー入り。アマチュア時代に多くの大会で優勝。その後、プロに転向し日本女子賞金ランキング9位を獲得。

原江里菜の名言 一覧

良い意味でも悪い意味でも、小さい時に教えられたことは、体に残っている。


ゴルフがほかのスポーツと決定的に違うところは、技術のレベルや年齢、性別が違っても一緒にプレーできること。


ゴルフは自分の努力が数字に出て、そのまま評価されるから、やりがいがある。言い訳できないですし、「もっとこういうプレーをしたい」とストイックに考えられる要因。


私の場合は両親から厳しく指導を受けた経験はありませんでしたが、坂田塾は厳しくて、毎日欠かさず練習しなければいけない、毎日必ず500球打つというノルマがあり、打てない時は打てない理由をコーチに説明して帰らなければいけないというルールがありました。その時の経験が、プロになった今も、練習の大切さを忘れずに取り組める要因となっていると思います。


原江里菜の経歴・略歴

原江里菜、はら・えりな。日本のプロゴルファー。愛知県出身。10歳からゴルフを開始。高校1年で女子ナショナルチームメンバー入り。アマチュア時代に多くの大会で優勝。その後、プロに転向し日本女子賞金ランキング9位を獲得。

他の記事も読んでみる

南谷三世

私は発音のテキストを買って、発音の特徴や英語特有の音の変化を勉強しました。するとこれまで何となく聞いていた音が、はっきり聞こえるようになりました。初めに発音の基礎をおさえておくと、リスニング教材から吸収できる量が格段に増えます。


昆政彦

全く違う発想を持った人たちが頭の中、脳みその部分に刺激を与えると、脳が活性化されて新しい絵がポッと生まれていく。大事なことはそれも良質な知でないといけない。飲み屋で会社の愚痴ばかりでは良質な知とは言えませんので、こういう会話を何時間続けてもイノベーションは生まれません。


佐々木正悟

段取りがうまくなるためには、「このタスクには、これだけの時間がかかった」という記録(ログ)を取ることから始めなければなりません。当初の予定が失敗しても、その失敗を記録することこそが段取りの極意なのです。


豊﨑賢一(豊崎賢一)

当社の特徴は企業理念に基づき「うまいすし」を提供し続けることかと思います。弊社の取引先さまには「105円で仕入れられるネタ」ではなく「うまいネタ」を提案してほしいとお願いしています。その「うまいネタ」を105円や189円で販売できるよう企業努力をし続けることで、「うまくて安い」と、お客さまに驚きと感動をご提供でき、競合他社に対する差別化につながると考えております。


棚橋弘至

実は、プロモーションをしていく上での一番の難敵は、アンチではありません。アンチ棚橋ということは、プロレスに関心がある人ですから。僕のことを嫌いなぶん、対戦相手を応援するので、プロレス全体にとってはプラスになります。本当に難しいのは、プロレスに無関心な人をいかに振り向かせるか、です。


武井保雄

カネを残せば、後々人は、あの人は偉かったと言ってくれる。いくら現在、いいものを食ったってクソになってしまえばみんな同じだ。


木川眞

需要を創出するサイクル

  1. オンリーワンの商品を生み出す。
  2. ライバルの参入を受け入れ、競争環境を生み出す。
  3. 拡大する市場の中で圧倒的なナンバーワンになる。
  4. 最終的にデファクトスタンダードとなる。

この一連の流れが需要創出なんです。


上川徹

「こういうことをやりたいな」「こうなったらいいな」という気持ちをどうか大切にしてほしい。「やっぱり無理かも」と諦めてしまう人が多い中で、なんとか実現させようと頑張っている人は輝いて見えるし、そういう人の周りには、自然と色々な人間の力やサポートが集まってくるものだから。


中村天風

やれ運命がつまらないの、人生がつまらないのって人は、その考え方がつまらないんです。


森辺一樹

中国内需獲得のスタートラインとは、綿密なマーケット調査に他ならない。調査による仮説の検証こそが成功への近道なのであり、安易な法人設立はリスク以外な何ものでもないのである。


マーク・トウェイン

一つの体験からすべてを見ないよう注意しなさい。熱いレンジの蓋に座った猫にならないよう。その猫は二度と熱いレンジの蓋に座らないだろう。だが冷たいレンジの蓋にも二度と座らない。


藤野英人

ヒトを大切にしない会社は存在する意味がない。
環境を大切にしない会社は存在する資格がない。


古賀信行

懸命な努力さえしていれば誰かがきっと見ていてくれる、と思い込むことが大切です。


岩瀬大輔

投資ファンドでは、出来るだけ鞄持ちとして会議や商談の場に連れて行ってもらいました。立派な経営者の方々に身近に触れることができたのは良い経験でした。


森田勉(経営者)

たとえば、大会社の社長に会いたいっていう時に、電話して断られたぐらいじゃ諦めてはいけません。直接会社に行って、秘書に「社長をご存じなんですか?」って聞かれたら、「はい、知っています」って言ったって、それはウソじゃない、だってこっちはその社長のこと知ってるんですから。一方的でも(笑)。そこで秘書を突破して社長に会った時に、「ここまで大変だったんですよ社長、秘書のところで止められて」なんて言えば、社長は絶対ニコって笑います。「そこまでして俺に会いに来てくれたのか」って。社長さんっていうのは苦労している方が多いですからね。まずここで怒るような人はいません。


ページの先頭へ