原江里菜の名言

原江里菜のプロフィール

原江里菜、はら・えりな。日本のプロゴルファー。愛知県出身。10歳からゴルフを開始。高校1年で女子ナショナルチームメンバー入り。アマチュア時代に多くの大会で優勝。その後、プロに転向し日本女子賞金ランキング9位を獲得。

原江里菜の名言 一覧

1 / 11

良い意味でも悪い意味でも、小さい時に教えられたことは、体に残っている。

原江里菜の名言|良い意味でも悪い意味でも、小さい時に教えられたことは、体に残っている

ゴルフがほかのスポーツと決定的に違うところは、技術のレベルや年齢、性別が違っても一緒にプレーできること。

原江里菜の名言|ゴルフの良さ

ゴルフは自分の努力が数字に出て、そのまま評価されるから、やりがいがある。言い訳できないですし、「もっとこういうプレーをしたい」とストイックに考えられる要因。

原江里菜の名言|ゴルフのやりがい

私の場合は両親から厳しく指導を受けた経験はありませんでしたが、坂田塾は厳しくて、毎日欠かさず練習しなければいけない、毎日必ず500球打つというノルマがあり、打てない時は打てない理由をコーチに説明して帰らなければいけないというルールがありました。その時の経験が、プロになった今も、練習の大切さを忘れずに取り組める要因となっていると思います。

原江里菜の名言|練習の大切さを忘れずに取り組める要因

原江里菜の経歴・略歴

原江里菜、はら・えりな。日本のプロゴルファー。愛知県出身。10歳からゴルフを開始。高校1年で女子ナショナルチームメンバー入り。アマチュア時代に多くの大会で優勝。その後、プロに転向し日本女子賞金ランキング9位を獲得。

1 / 11

ページの先頭へ