名言DB

9419 人 / 110788 名言

原昭彦の名言

twitter Facebook はてブ

原昭彦のプロフィール

原昭彦、はら・あきひこ。日本の経営者。「成城石井」社長。東京都出身。駒澤大学経営学部卒業後、成城石井に入社。営業本部商品部部長、執行役員営業本部本部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

原昭彦の名言 一覧

つらい状況に陥った時は、「大切なことは何か」を考えるといい。「大切なこと」を見失わなければ、自分をごまかすような後悔する判断をすることはないでしょう。


失敗は引きずらない。次で取り返せばいい。失敗をした時は、自分が何を間違えたのかを徹底的に分析し、二度と同じ過ちをしないように対策を練ってリベンジする。失敗を恐れて挑戦しなくなってしまうのが最もダメ。


失敗すれば落ち込みますが、私は「失敗したら取り返せばいい」という考えの方が強いのでしょう。失敗したからこそ、分かったこともありますから。失敗は全部記憶に残っていますが、どれも教訓として生きています。


接客をしていたある日、餃子の皮が欲しいというお客様に対して、私はあろうことか「最後の1つ」を間違えて別の方に渡してしまったのです。「私の餃子の皮は? お宅の店のじゃなきやダメなのよ」。がっかりさせてしまったお客様のために私は工場まで商品を取りに行き、ご自宅まで届けました。あの時、改めて感じたのは、「成城石井のものだから買いたい」というお客様の熱い思いです。わざわざ足を運んでくださるお客様の期待や信頼は、決して裏切ってはいけない。あのお客様の顔は今でも鮮明に覚えています。


成城石井は輸入食材を中心に、どこのスーパーも取り扱っていない珍しい商品を店頭に並べることが多く、そんな商品は失敗のリスクも大きい。それでも挑戦するのが成城石井のスタイルです。私が失敗を引きずらないのは、挑戦を後押しする成城石井のスタイルも影響しているかもしれません。


原昭彦の経歴・略歴

原昭彦、はら・あきひこ。日本の経営者。「成城石井」社長。東京都出身。駒澤大学経営学部卒業後、成城石井に入社。営業本部商品部部長、執行役員営業本部本部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

木村政雄

失敗してもいいんです。いろんなやり方を試してみればいい。大阪のタレントも、みんな1回で東京進出に成功してませんよ。大阪で売れっ子だと、自分は日本中で知られてると勘違いしやすい。でも違うんです。実は大阪のテレビは東は米原、西では姫路ぐらいまでで電波は停まってる(笑)。だから、東京に出てきたら、自分が面白いゆえんを示し直さないといけない。自分を知らないお客さんに対して、もう1回面白さを証明する必要があるんです。その作業をシンドイと思えば難しいですね。客の反応が悪い。オレの芸は東京ではウケんのや、と大阪に帰ってしまう。そこで再挑戦できるタレントが生き残っていますね。


田中仁(経営者)

突飛な商品であってはいけない。普段のライフスタイルの中の延長線上に新製品がなければ、広がらない商品になってしまう。


池田千恵

朝時間の活用は、生活全体の充実につながる。


野矢茂樹

外から与えられるものに頼るばかりでは、どんどんあなたの力は弱っていく。自分の内側から湧き出る力を強くするしかない。


山本周五郎

どんなに賢くても、人間は自分の背中を見ることはできない。


小宮一慶

仕事の出来ない経営幹部や管理職によく見られるのが、具体的な数字を示さないで「売れています」とか「落ちています」とか、あるいは「もうちょっと」「だいぶ」などと漠然とした言い方をすることです。できるビジネスマンなら会議やプレゼンはもちろん、日常会話でも「○○円売れた」「ゴールに対していま、○○%の達成率」とか、「先月に比べて○○%増(減)」などと具体的な言い方をします。


田中仁(経営者)

自分が何をしたいのか明確でないと、課題にぶつかったときに何を基準に判断をしたらいいかわからず、先延ばししたくなるものです。とくに新しいことに取り組む際には、大きなエネルギーが要るもの。「こうしたい」という意思がなければ、「できればやりたくない」という気持ちが勝ってしまいます。何かを決断して先に進めるには必然的にリスクを伴いますから、そのリスクを無意識のうちに先延ばししているともいえます。要は、気持ちが逃げているんですね。ですから、先延ばしを防ぐためには、自分のやりたいことを明確にして、「何が何でもやるぞ」という強い覚悟をもつことが必要だと思います。


ロバート・インガソル

報奨を受けるだけの功績がないのに称賛されるよりも、称賛を受けずに報奨を受けるだけの功績がある方がよい。


田中良和(GREE)

パソコンが登場した当時は、こんなもの誰も使わないといわれていたし、テレビも映画会社が全盛期の時代は誰も見ないと言われていました。インターネットだって同じです。19990年代の後半以降、PCの性能や通信技術がよくなって、いまでは誰も予想しなかったくらい当たり前に使われています。その歴史を考えたら、いままさに性能が格段に上がっているモバイルにも同じことが起こるのは自然でしょう。ダウンサイジングというコンピュータの歴史の流れの中に、モバイルへの移行は違和感なく位置づけられると考えています。


森川亮

「これさえ習得すれば全部解決する」ものは、世の中にはありません。目標に向かって行動することには意味があるし、失敗したとしても無意味ではない。ただ、目標もなく、やみくもにやっていたら、意味がなくなる可能性はあります。資格マニアなんてそうかもしれませんね。けれども目標があるなら、勉強を全くしないよりはいいと思います。