名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原昭彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原昭彦のプロフィール

原昭彦、はら・あきひこ。日本の経営者。「成城石井」社長。東京都出身。駒澤大学経営学部卒業後、成城石井に入社。営業本部商品部部長、執行役員営業本部本部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

原昭彦の名言 一覧

つらい状況に陥った時は、「大切なことは何か」を考えるといい。「大切なこと」を見失わなければ、自分をごまかすような後悔する判断をすることはないでしょう。


失敗は引きずらない。次で取り返せばいい。失敗をした時は、自分が何を間違えたのかを徹底的に分析し、二度と同じ過ちをしないように対策を練ってリベンジする。失敗を恐れて挑戦しなくなってしまうのが最もダメ。


失敗すれば落ち込みますが、私は「失敗したら取り返せばいい」という考えの方が強いのでしょう。失敗したからこそ、分かったこともありますから。失敗は全部記憶に残っていますが、どれも教訓として生きています。


接客をしていたある日、餃子の皮が欲しいというお客様に対して、私はあろうことか「最後の1つ」を間違えて別の方に渡してしまったのです。「私の餃子の皮は? お宅の店のじゃなきやダメなのよ」。がっかりさせてしまったお客様のために私は工場まで商品を取りに行き、ご自宅まで届けました。あの時、改めて感じたのは、「成城石井のものだから買いたい」というお客様の熱い思いです。わざわざ足を運んでくださるお客様の期待や信頼は、決して裏切ってはいけない。あのお客様の顔は今でも鮮明に覚えています。


成城石井は輸入食材を中心に、どこのスーパーも取り扱っていない珍しい商品を店頭に並べることが多く、そんな商品は失敗のリスクも大きい。それでも挑戦するのが成城石井のスタイルです。私が失敗を引きずらないのは、挑戦を後押しする成城石井のスタイルも影響しているかもしれません。


原昭彦の経歴・略歴

原昭彦、はら・あきひこ。日本の経営者。「成城石井」社長。東京都出身。駒澤大学経営学部卒業後、成城石井に入社。営業本部商品部部長、執行役員営業本部本部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・M・ベラーディ

人生の支出計画を立てれば、いつまでにいくら貯めればいいかが見えてくるので、対策が講じられます。なんといっても、お金に対する漠然とした不安を取り除くことができ、「とにかく貯金をしなければならない」という強迫観念に悩むことがなくなります。うまく計画を立てれば、買いたいものを着実に手に入れられるようになり、人生も豊かになるはずです。


大塚哲芝

串カツのブラッシュアップを重ねたのですが、最も苦労したのが「衣」です。一見、簡単に思えるかもしれませんが家で作るようなものではなく、我々がイメージし、お客様がイメージされるであろう衣を完成させるために、数百回の試作を重ねました。実際に思い描いていた衣が完成したのは、オープン2、3日前のことです。


大竹美喜

一人でも社員がやる気を失って創造力が落ちると、企業の成長は行き詰まります。


兼元謙任

起こった出来事がプラスかマイナスかは、捉え方次第なんです。だったらプラスにとった方がいい。無理やりでも運がいいということで、ものごとの捉え方をプラスにする。これを続けていると気持ちが前向きになり、オーラも出てきます。


猪瀬直樹

仕事をしていれば、既得権益の壁に跳ね返されることもある。大切なのは、突破するまで諦めずに粘り強く考えること。若い人にはそうやって新しい時代を切り拓いてほしい。


林真理子

私自身、ずいぶんとお金を使ってきました。おいしい食事、着物、洋服先やバッグなどのブランド品、家具などなど……。あのレストランで食事をしてみたい、あのブランドのコートを着てみたい、最高級の生地で和服をつくりたい。そういった、いろいろな欲望を満たすために使うお金は、有意義なお金だと思っています。本当においしいお寿司もフレンチも、食べてみなければおいしさを知る由もない。歌舞伎だって、劇場で観て初めて、いかにすばらしいかがわかる。


安齋肇(安斎肇)

僕の人生、親父をはじめ、彼女に、同級生に、友達にって、みんなに助けられて動いてます。


岡田卓也

「上げに儲けるな、下げに儲けよ」という岡田屋の家訓があったおかげで、大きな負債を抱えずに済みました。流通の本分は、お客様が求める商品やサービスを提供することです。それを忘れたら大変なことになるのです。


藤井清孝(経営者)

ルイ・ヴィトンはブランド価値を向上させたいという視点が常に存在するから、153年間続いてきたのです。


神田正

現場に行かないと、その地域の状況やお客様の求めているものが正しく見えてこない。


リスト・シラスマ

ノキアには技術と人材が十分にあり、ベストの戦略を持っていました。今でもアップルはノキアに特許使用料を支払っています。しかし、スマホのエコシステムを構築したのはアップルでした。ノキアにはそれを作るカルチャーがなかった。


桑原祐

複数人のチームで動く、あるいは部門をまたいで仕事をするといった場面では、議論を全員が理解できる形にしなければ納得は得られません。スピードの面だけではなく、チームが一丸となって同じ方向に向かうためにも、ロジカルシンキングは重要です。