原昭彦の名言

原昭彦のプロフィール

原昭彦、はら・あきひこ。日本の経営者。「成城石井」社長。東京都出身。駒澤大学経営学部卒業後、成城石井に入社。営業本部商品部部長、執行役員営業本部本部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

原昭彦の名言 一覧

つらい状況に陥った時は、「大切なことは何か」を考えるといい。「大切なこと」を見失わなければ、自分をごまかすような後悔する判断をすることはないでしょう。


失敗は引きずらない。次で取り返せばいい。失敗をした時は、自分が何を間違えたのかを徹底的に分析し、二度と同じ過ちをしないように対策を練ってリベンジする。失敗を恐れて挑戦しなくなってしまうのが最もダメ。


失敗すれば落ち込みますが、私は「失敗したら取り返せばいい」という考えの方が強いのでしょう。失敗したからこそ、分かったこともありますから。失敗は全部記憶に残っていますが、どれも教訓として生きています。


接客をしていたある日、餃子の皮が欲しいというお客様に対して、私はあろうことか「最後の1つ」を間違えて別の方に渡してしまったのです。「私の餃子の皮は? お宅の店のじゃなきやダメなのよ」。がっかりさせてしまったお客様のために私は工場まで商品を取りに行き、ご自宅まで届けました。あの時、改めて感じたのは、「成城石井のものだから買いたい」というお客様の熱い思いです。わざわざ足を運んでくださるお客様の期待や信頼は、決して裏切ってはいけない。あのお客様の顔は今でも鮮明に覚えています。


成城石井は輸入食材を中心に、どこのスーパーも取り扱っていない珍しい商品を店頭に並べることが多く、そんな商品は失敗のリスクも大きい。それでも挑戦するのが成城石井のスタイルです。私が失敗を引きずらないのは、挑戦を後押しする成城石井のスタイルも影響しているかもしれません。


原昭彦の経歴・略歴

原昭彦、はら・あきひこ。日本の経営者。「成城石井」社長。東京都出身。駒澤大学経営学部卒業後、成城石井に入社。営業本部商品部部長、執行役員営業本部本部長、取締役執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

梅原勝彦

よく「おたくはいいよな、自分で値段付けて、まけないですむんだから」などと言われますが、10円で売るべきものは10円で売らなくてはいけない。うちのようなトップメーカーが値段を下げたら、他の会社も下げなくてはならないのですから。


似鳥昭雄

高価な品であるとか、説明が必要な商品はありますが、大部分の商品は接客するよりも店頭の値札や説明書きに語らせる方が、お客様に買い物を楽しんでもらえるのです。基本はセルフサービス。そして、どうしても説明を聞きたいという場合にだけ、お客様が店員に声をかけるという形が理想なのです。


酒巻久

以前スティーブ・ジョブズさんと仕事をしたときは、褒め方が上手いなと感心しました。どうでもいいような部下の提案をニコニコしながら聞いて、どこかいいところを見つけて、「すごいじゃないか!」と褒める。ジョブズといったら、当時もいまもカリスマでしょう。褒められた部下は舞い上がって、家にも帰らず作業に没頭するわけです。すると1か月もせずに、本当にすごい成果が出てしまう。


本田直之

幸せな生き方に変わる3か条。

  1. 本当に大切なものを選ぶ。いまの仕事、人脈、給料……、自分にとって本当に大切なものは何か棚卸ししてみる。
  2. 自分のルールをつくる。世間一般でいわれている常識も、誰かが勝手に決めたことに他ならない。他人のルールにとらわれず、自分のルールをつくるべし。
  3. 稼ぐ力をつける。現状に不満があっても変えられないのは、自分に自信がないから。稼ぐ力を身につければ、我慢して雇われている必要もなくなる。

武井俊文

守るべきルールが守られなくなったら、組織は機能しません。部長が図面を見ている余裕がないのであれば、ルールを変え、別なチェックの仕組みを取り入れないといけません。


松岡修造

話してみると第一印象とかなり違うということはよくあります。初対面での印象や、ちょっとした不愉快な出来事ですべてを決めつけてしまうのは、かなり危険なことでしょう。


上田早夕里

歴史系の小説でもついエンタメの要素を入れてしまいます。お金を払った読者には、やっぱり楽しんでもらいたいので。


守谷雄司

議論のための議論をし、参加者が自分の価値観にこだわったり、知識を得意になってひけらかしているだけでは、議論の生産性はあがりません。


鈴木亜久里

マネジメントの勉強なんてしていませんよ。しいて挙げれば、僕が頼りないのがよかったんじゃないかな。周りがフォローしようと頑張ってくれるからね(笑)。僕はチームの方向を示すだけで、あとはスタッフが現場で具体化してくれます。でも、それで結果が出なかったら、その人を採用した僕にすべての責任があります。


梅田望夫

将棋のプロたちはものすごく頭のいい人たちなのに、褒めても「そうかなあ……」と言うだけです。将棋しか知らない、自分たちは社会で通用しないと思っているのです。でも、とんでもない修行を重ねているし、負ければ自分が全責任を負う世界だから皆潔い。歴史と伝統のある世界だから礼儀作法は完璧。ファンと多く接することで人間性も磨かれています。将棋のプロたちは、日本で最も優れた人々だと思っています。


ビル・ゲイツ

良い結果に報酬を与えるということは、裏を返せば、貢献の少ない従業員には厳しい目を光らせる、それも効果がなければ配置替えを考えるということだ。従業員には、仲間との連帯を重視し、自分の役割を果たしていない人間には何らかの措置がとられることを理解してもらわなければならない。


江崎勝久

洋菓子はもともとヨーロッパ発祥だから我々にはハンディがあるんだけど、形状や食べ方を含め、ポッキーやプリッツのようなものはなかった。だから戦えるわけです。


松原耕二

発表するあてもないのに、文章を書くことができたのは村上春樹さんのエッセイを読んだことが大きい。「書くという仕事は毎日、10円玉を貯金箱に積み立てていくようなこと」。そうだ、と思い、その日から机の前に座ることにしました。一行でも二行でも原稿を書くために。
【覚書き|エッセイや小説を書き始めたきっかけについて語った言葉】


古森重隆

仕事の成果はその人の持つ五体の総和である。人材育成はとかく首から上ばかりに偏りがちだが、大切なのは首から下も合わせた五体の総和。


神永正博

慣れや飽きは世の中の流れや動きを見るのには重要な要素。予測には統計に限らず心理学的な検証も必要。


ページの先頭へ