名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原志保(ビューティーアドバイザー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原志保(ビューティーアドバイザー)のプロフィール

原志保、はら・しほ。日本のモデル、ビューティーアドバイザー、加圧トレーニングインストラクター、エステティシャン。「ルルボーテ」代表。著書に『原志保の愛されボディメイキング』。

原志保(ビューティーアドバイザー)の名言 一覧

最近、私が思うのは、美容を突き詰めると勝手に健康になっていくんです。だから、「健康ありきの美容、美容ありきの健康」かなと思います。


私は何かをクリエイトすることが好きなので、今後も化粧品やランジェリーの商品プロデュースは続けていきたいと思いますし、最近はデリケートゾーンなどに塗るクリームの開発もしています。やはり女性の美容に関する悩みは永遠に続きますので、少しでも皆さんの悩みを共に解決していけたらなと考えています。


私はもともと美容に関する意識というか、いつまでもきれいでいたいという願望が他の人よりも強くて、普段からきれいになるためにはどうしたらいいんだろうということばかりを考えているんです。だから、食事と睡眠、運動は本当に大事で、ダイエットも単に食事の量を減らせばいいというものでもありません。食事だけで体重を減らそうとしても、同時に筋肉量も落ちてしまう。筋肉が落ちると基礎代謝が悪くなるので、筋トレも必要になりますし、ウォーキングなどの運動をとりいれることで脂肪が燃焼しやすくなる。そういうメカニズムを勉強しないままダイエットをしても、あまり効果はないと思います。


結婚して30歳と33歳の時に出産を経験し、それまで自分中心だった生活が子供中心に変わって、すごくバタバタした生活を送るようになったんです。それで35歳になったある日、ふと鏡を見たら「うわっ、私老けたな」と思ったんです。それで自分自身すごいショックを受けまして、エステに行くとか、クリニックに行くとか、そういうレベルではなく、「自分できちんときれいになるってどういうことだろう?」「本当の美しさってどういうことだろう?」と考えて、エステの学校に通うことにしたんです。それが美容の道に入ったきっかけです。


原志保(ビューティーアドバイザー)の経歴・略歴

原志保、はら・しほ。日本のモデル、ビューティーアドバイザー、加圧トレーニングインストラクター、エステティシャン。「ルルボーテ」代表。著書に『原志保の愛されボディメイキング』。

他の記事も読んでみる

阿刀田高

私たちは、仕事であれば無理をしてでも予定を合わせるのに、最も大事な、たとえば学生時代の仲間とただ会って食事をするというようなことにはさほどの努力を払わない。従って、良い出会いはますます間遠になっていく。「今日は本当に楽しかった。また会おう」その言葉に万感の思いを込めることで、気持ちを伝えたい。


宗次直美

私にとって従業員は子供なんです。いろんな分野で私の代わりに仕事をしてくれる子供たちです。大切にしなければいけません。だから全身全霊で叱ります。


栗城史多

ある中学校での講演後に、生徒さんに夢を聞いたら「ラクして生きたい」というわけですよ。本当に驚きました。日本はとても豊かな国になってしまったから、このままでいいやと考えて、頑張る場所が見つけづらくなったのかもしれません。でも、僕たちの先輩が汗水流して必死でつくってくれた環境なのだから、ラクするのは申し訳ないと思わないと。


山口智充

プロ意識というよりも、自分が好きなことを納得するまで追求できるか。それが僕の人生のすべての物差しになっています。だから、自分を他人と比べることは苦手というか、まったくありません。自分が好きになれる自分になりたいし、それを周囲の人やお客様にも評価してもらいたい。でも、そういうスタンスで生きているからこそ「好きなことをして生きる」ことに何よりもこだわっているのです。わがままということだけでなく、嫌いなことをそこまで追求するのは難しいし、何よりもそれにお金を払ってくれるお客様に対して失礼ですから。


落合務

失敗して辞めるのはいい。でも、まだ店を続けられるのに逃げ出したらカッコ悪いじゃないですか。


栗山英樹

プロ野球選手は個人事業主だけど、組織に貢献できないと自分のためにならない。うちの選手たちがその姿勢を持っていることはわかったから、あえて、もっと野球に集中しやすいように「自分のために」と言った。だって、家族の笑顔が一番嬉しいでしょ?「家族のためにおまえも笑顔を見せてくれ」という思いでした。


ジョゼ・モウリーニョ

反論するのを恐れるな。選手の前で俺とやり合え。それがキャプテンの仕事だ。


栗山英樹

監督一年目の最初の日に僕が行なったのが、「監督としてこれだけは守る」という自分との約束をまとめることでした。一例を挙げると、「絶対に選手たちに嘘はつかない」「言ったことはすべてやり尽くす」といったものがあります。これをシーズン中に何回も読み直しました。一年間、何とかブレずにやることができたとしたら、この「自分との約束」の存在は大きいですね。


三國連太郎

自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。


臼井由妃

ビジネスの文章では難しい表現を使って流麗な名文を書く必要はありません。すばやい伝達には、平易な文のほうがはるかに役立ちます。私はよく、「中学一年生でも理解できる文」を使って書くよう、部下たちに勧めています。読み手が短時間で要点をつかむには、そのレベルの読みやすさが最適なのです。


三木谷浩史

現代社会において最大のリスクは、「人生を後悔すること」だと思うんです。金銭的なリスクなんて、ある意味、大したことはない。チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。目標を決めて、逆算して行動を起こせ。


柴田和子(セールス)

楽な仕事ではないのですが、出会った方一人ひとりの人脈を大切にしながら、コツコツと積み重ねてきました。同級生の家が檀家だったことで面識を持てた有名な和尚さんにお願いして、大手自動車メーカーの常務を紹介してもらいました。この方が(自分と同じ)新宿高校出身で、そこから私の財界人脈が広がりました。