名言DB

9412 人 / 110637 名言

原志保(ビューティーアドバイザー)の名言

twitter Facebook はてブ

原志保(ビューティーアドバイザー)のプロフィール

原志保、はら・しほ。日本のモデル、ビューティーアドバイザー、加圧トレーニングインストラクター、エステティシャン。「ルルボーテ」代表。著書に『原志保の愛されボディメイキング』。

原志保(ビューティーアドバイザー)の名言 一覧

最近、私が思うのは、美容を突き詰めると勝手に健康になっていくんです。だから、「健康ありきの美容、美容ありきの健康」かなと思います。


私は何かをクリエイトすることが好きなので、今後も化粧品やランジェリーの商品プロデュースは続けていきたいと思いますし、最近はデリケートゾーンなどに塗るクリームの開発もしています。やはり女性の美容に関する悩みは永遠に続きますので、少しでも皆さんの悩みを共に解決していけたらなと考えています。


私はもともと美容に関する意識というか、いつまでもきれいでいたいという願望が他の人よりも強くて、普段からきれいになるためにはどうしたらいいんだろうということばかりを考えているんです。だから、食事と睡眠、運動は本当に大事で、ダイエットも単に食事の量を減らせばいいというものでもありません。食事だけで体重を減らそうとしても、同時に筋肉量も落ちてしまう。筋肉が落ちると基礎代謝が悪くなるので、筋トレも必要になりますし、ウォーキングなどの運動をとりいれることで脂肪が燃焼しやすくなる。そういうメカニズムを勉強しないままダイエットをしても、あまり効果はないと思います。


結婚して30歳と33歳の時に出産を経験し、それまで自分中心だった生活が子供中心に変わって、すごくバタバタした生活を送るようになったんです。それで35歳になったある日、ふと鏡を見たら「うわっ、私老けたな」と思ったんです。それで自分自身すごいショックを受けまして、エステに行くとか、クリニックに行くとか、そういうレベルではなく、「自分できちんときれいになるってどういうことだろう?」「本当の美しさってどういうことだろう?」と考えて、エステの学校に通うことにしたんです。それが美容の道に入ったきっかけです。


原志保(ビューティーアドバイザー)の経歴・略歴

原志保、はら・しほ。日本のモデル、ビューティーアドバイザー、加圧トレーニングインストラクター、エステティシャン。「ルルボーテ」代表。著書に『原志保の愛されボディメイキング』。

他の記事も読んでみる

横川竟

人が生きる上での思想は、若い時につくられるものです。私は、築地で4年の間に教わったことを60年間愚直にやってきました。


鈴木純(経営者)

プライス、バリュー、コストの中でコストを下げる努力は当然。バリューがプライスより上だったら、お客様はお得だと思って買って下さる。だから、価値を上げることが重要なんです


星野佳路

多少の時間はかかっても、信念を曲げずに仕事を続けることは必ず自分の血肉になり、成長につながる。


石田孝

高速道路は大きな可能性を持っています。マザー・テレサは、「愛の反対語は憎悪ではありません。愛の反対語は無関心です」と言いました。いろいろなことに関心を持ち、人に優しい会社、社員になってもらいたい。


早川種三

私はこれまで、日本建鐵、佐藤造機、興人などいくつかの企業を再建してきましたが、再建の成るならぬを最終的に決めたのは人と人との交流でした。人との付き合い方いかんで物事の帰趨が決まるといっても過言ではありません。その付き合い方の要諦は「自分を殺す」ということです。つまり自分の自由のみを主張しないことです。


安藤忠雄

うちの事務所にあるお金は、すべて事務所の人たちや社会のために使い切る。世の会社の社長たちの中には、会社のお金も自分のお金だと勘違いしている人もいますが、これでは公私の区別が全くできていません。公私の区別がしっかりできたら、利益の一部を会社の人や社会に還元しましょう、となります。うちの事務所には30人ほどしかいませんが、私はそこの経営者です。儲かったら皆さんに還元する。そして、事務所の人たちが不安なく働けるよう、得られる仕事は必ずモノにする。そのためにも、常に感性を磨いておかなければなりませんね。


諏訪内晶子

1990年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝した翌年から、私は国内での演奏活動を休止してニューヨークのジュリアード音楽院に留学しています。数年間は日本での音楽活動をすべてやめて、アメリカにおける音楽活動もかなり抑えました。なぜそうした選択をしたのかといえば、もしもここで学問に集中しなければ、これから先に長く続くであろう音楽活動を支えられる何かを獲得できないままになってしまうだろうと自覚したからです。勉強できる時間がある若いうちに、言葉も含めて海外で勉強をと考えていたのです。


小池恒

仮に不祥事が起きたら、私は積極的に出て行って説明します。しかし、平常時は沈黙のスタイルを貫きたいと思っています。


大野寿子

夢の実現にはたくさんの人がかかわっています。様々な企業や人気アイドル、有名スポーツ選手、ボランティアさんの協力も大きい。でも、それはみんな夢をかなえようとする子供の存在があってこそ。その子の魅力がまわりをどんどん変えてゆく。だから「夢をかなえたのは君の力なんだよ」と伝えることを、とても大切にしているんです。


平塚常次郎

私は若いころから金銭にあまり執着がなかった。なにしろ小さいときから別に生活に困ったことはないし、長じて娑婆気離れた北洋に身を投じ、そして立派な生活ができた。だから何事にも金銭ずくの都会人みたいに、金銭にそれほど魅力を感じなかったのであろう。ところがその結果、会社の災いを招く原因になったことがあるのだから、世の中さまざまである。
【覚書き|ニチロ社長時代、利益は株主と従業員にほとんど分配したことが広く知られ、乗っ取り屋に目をつけられ会社を奪われそうになったことについて語った言葉】


柳井正

そう簡単に、人は成長できないものです。自分で努力することはもちろんですが、人の協力も必要。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

すべての仕事にコミットメントが必要だ。そこには使命感がなければならない。


大嶋啓介

ある研修を受けたときに講師の先生が、「研修の効果を本当に生かせる人は3パーセントしかいない」と言われたんです。ぼくは、「その3パーセントの人たちの成功の秘訣は何ですか」と聞きました。すると、「継続すること、習慣にしていくことだ」と。そうか、継続しないと意味がないんだと思って、だったらこの研修でやったことをぎゅっと凝縮して、毎日15分間の朝礼でやったらモチベーションを保てるんじゃないかな、と考えたんです。


井川幸広

研究をされている大学教授の方が定年退職を迎えると、日本の中には自らの知見を活用して生涯暮らしていけるような環境が無いため、海外の研究機関に招聘されるケースも少なくありません。しかし、仕事が生きがいという人も多い中、定年で割り切るのはいかがなものでしょうか。そこで私たちは、定年退職の無い仕組み作りにも挑戦しています。


河原春郎

改革を成功させるためには、社員のモチベーションが何より重要。