名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原巨樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原巨樹のプロフィール

原巨樹、はら・なおき。日本の経営者。「京ごふく 二十八」店主。大分県出身。防衛大学校卒業後、海上自衛官などを経て呉服の世界に入る。呉服店で修行したのち、「京ごふく 二十八」を開業。

原巨樹の名言 一覧

「京ごふく 二十八」は店舗を持たず、お客様や職人と直接やりとりをしています。これならお客様にはより安く着物をご提供し、職人にはより高い報酬を支払うことが出来る。


「どうして元自衛官が呉服屋に?」とお客様にもよく聞かれるのですが、これは冗談ではなく、元自衛官だからなのかもしれません。着物を守り、職人を育てる仕事は、いわば国防。日本の役に立ちたいのです。


民間企業に就職してからは着物を買い集めて、休暇のたびに着物の産地を見て回りました。でもどこへ行っても聞こえてくるのは、職人の後継者がいない、賃金が安い、未来を見いだせない……。着物の市場規模は最盛期の6分の1です。このままでは日本の伝統文化が1つ失われてしまう。私はそれが悔しかった。ならば自分が呉服屋になるしかない、と。


原巨樹の経歴・略歴

原巨樹、はら・なおき。日本の経営者。「京ごふく 二十八」店主。大分県出身。防衛大学校卒業後、海上自衛官などを経て呉服の世界に入る。呉服店で修行したのち、「京ごふく 二十八」を開業。

他の記事も読んでみる

内藤忍

借りを返すチャンスは、慌てずに待てば必ずやってきます。せっかくお礼の品を贈るなら、相手の好みや興味関心をとことんまで研究し、相手の状況や立場を考慮した一品を差し上げたいじゃないですか。これは、お金がなくても、知恵さえあればできることです。相手の期待を超えたサプライズで、相手に喜んでもらえることを心がけています。


澤田浩

我が社としては製粉事業だけに頼るわけにはいきませんので、それをコアに事業の多角化を進めてきました。その路線は変わりません。事業の種類を増やすだけでなく、質的な面でもドライブをかけていきます。


杉江理

実は僕らがアメリカに本社をつくったのは、日本で資金調達できなかったから。最終手段としてアメリカに行ったところ、ある程度の額が調達できました。


見舘好隆

若者を本気で育てるには、次のふたつに取り組む必要がある。若者の「社会化」と「組織化」だ。社会化とは文字通り学生気分を抜けさせ、仕事に携わる社会人として一人前にすることだ。組織化とは若者に組織特有の文化やルールを教え込み、組織の一員にさせることだ。


守安功

大学院時代は航空宇宙工学を専攻して、スクラムジェットエンジンの研究をしていました。航空機に使われるエンジンで、マッハ10のスピードが出ます。研究の道を諦めた理由は2つあります。当時、そのエンジンは実用化に30年かかるといわれていました。30年かけてひとつのことに取り組んで、仮に途中でダメになったとしたら、ちょっと怖いですよね。それよりも、もっと早く結果が出ることをやったほうがいいと考えて研究職をやめました。もうひとつは、実力で勝負できるところがいいなと。


藤田恭嗣

時代が変わる時、今の事業のままで良いのか、自社のスタイルは正しいのか悩みます。マネジメントスタイルやビジョンの立て方も絶え間なく新しい手法が出てくる中、自身も社員も社会の影響を受けて揺れ動く。順風満帆な状態が続いているならともかく、苦労している中で揺れないのは難しいことです。


似鳥昭雄

自分のためだけにする努力よりも人の幸せのためにする努力の方がやる気が出る。


樋口潮

スポーツ局転属後、夕方放送していた「ニュースの森」の制作を希望しました。負けず嫌いなんですよ。他のスポーツ番組には同期がいて、彼らの下につくのがイヤだった。あと「ニュースの森」のスポーツコーナーは人数が少なかったので、何でも社員がやらざるを得なかったことも希望理由でした。


三宅裕之

「自分の行動」を目標にするのも有効です。「○○ができるようになる」といった結果にフォーカスするのではなく、「毎朝10分英語の勉強をする」といった行動に焦点を当てた目標を設定するのです。結果はコントロールできませんが、行動はコントロールが利きます。決めた行動ができた自分を褒めて、それを積み重ねていくことで、より安定したやる気につなげていくのです。


阿部智里

私が書きたいのは決して絶望ではなくて、その先にある希望なんです。自分が背負って立っていたものがなくなって、すべての価値が崩壊したとき、どう生きていくのか。私はその過程を描きたいし、そうすることで、読者の方が現実世界で絶望しかけたとき、ふとこの物語を思い出して希望の一助としてくれるかもしれない。そんな作品であったらと思います。


宮内義彦

下手な経営者、ビジネスパーソンほど、どうでもいい問題を大間題だと思い必死になり、大事な問題をほったらかしていたりする。会社や仕事にとっての「一番の問題」を見つけるのは大変なことです。それをしっかり把握できれば、一流の経営者、ビジネスパーソンでしょう。


柳井正

世界一にならない限り儲からない。世界一でない限り成長できない。