名言DB

9490 人 / 112001 名言

原巨樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原巨樹のプロフィール

原巨樹、はら・なおき。日本の経営者。「京ごふく 二十八」店主。大分県出身。防衛大学校卒業後、海上自衛官などを経て呉服の世界に入る。呉服店で修行したのち、「京ごふく 二十八」を開業。

原巨樹の名言 一覧

「京ごふく 二十八」は店舗を持たず、お客様や職人と直接やりとりをしています。これならお客様にはより安く着物をご提供し、職人にはより高い報酬を支払うことが出来る。


「どうして元自衛官が呉服屋に?」とお客様にもよく聞かれるのですが、これは冗談ではなく、元自衛官だからなのかもしれません。着物を守り、職人を育てる仕事は、いわば国防。日本の役に立ちたいのです。


民間企業に就職してからは着物を買い集めて、休暇のたびに着物の産地を見て回りました。でもどこへ行っても聞こえてくるのは、職人の後継者がいない、賃金が安い、未来を見いだせない……。着物の市場規模は最盛期の6分の1です。このままでは日本の伝統文化が1つ失われてしまう。私はそれが悔しかった。ならば自分が呉服屋になるしかない、と。


原巨樹の経歴・略歴

原巨樹、はら・なおき。日本の経営者。「京ごふく 二十八」店主。大分県出身。防衛大学校卒業後、海上自衛官などを経て呉服の世界に入る。呉服店で修行したのち、「京ごふく 二十八」を開業。

他の記事も読んでみる

西任暁子(西任白鵠)

安全を脅かされて攻撃的になったり心を閉ざすのは、いわば動物的な反応です。そんなときは、まずひと呼吸。そして、「今、自分はイライラしているのだな」と受け入れること。それから、「自分は時間を守ることを大切にしているんだな」とニーズを考えていくと、だんだんと冷静になれます。


塩住秀夫

株で成功するには、分散投資ではなく集中投資することだ。年に2~3銘柄は大きく損を出すが、大幅に値上がりする銘柄が補って資産を大きく増やしてくれる。


木村尚敬

単に「偉くなりたい」という人が犯しがちな間違いが、上司へのゴマすりやライバルの蹴落とし、手柄の横取りといった、本当に「黒い」手段に出てしまう。たとえ手段を選ばずにのし上がることができたとしても、早々に失脚するでしょう。


永野重雄

私は幸い、甘党、辛党の両刀使いですから、夕方5時に会社が引けると「おい○○君」と後ろから声をかける。相手に応じて一杯やったり、あんみつを食べたりする。そうすると、後ろから見ても名前がわかり、趣味まで知っているということで、百の訓言よりもはるかにいい。


葛西紀明

ジャンプ競技は、重心の位置や姿勢、タイミングなどを数秒間で考えなければならず、かなり頭が疲れるスポーツです。疲れた状態が続くといい思考は生まれず、いいジャンプにもつながりません。定期的に脳をリセットすることで、新たな思考が生まれやすく、集中力も増します。


浅野秀則

ある時代にある事業をやっていた人が、非常に成功することがあります。たとえば、昭和30年代には紙。それに関わった人はみんな大金持ちになりました。それは、ある時は株、ある時は不動産、そして少し前はIT、時代には一つの大きな波があるわけです。次は何かという、その時代の大きな流れをつかむことです。または、時流に反するところ、ニッチ市場に敢えて行くという方法もあります。


岩本敏男(経営者)

グローバルなシステム会社として「日本らしい品質」を前面に打ち出すべきかどうか、社内で大きな議論がありました。ただ、海外子会社の幹部は「NTTデータは日本の企業なのだから、日本企業としての強みを堂々と打ち出すべきだ」と賛成してくれた。


堀主知ロバート

仕事ができる人できない人の違いっていうのは、どれだけたくさんのことに気付くことができるかどうかだと思うのです。相手は何を考えているんやろうってことに気付ける人。いろんなことに気が回る人、気付きが多い人ほどいい仕事をする人だと思います。


堀義人

グロービスは欧米大学のようなブランドがない分、講義に不満があった場合に受講料を全額返金する制度を導入。顧客満足度を高めると同時に、実践的かつ革新的な教育に力を入れ、差別化を図ってきた。


新浪剛史

ローソンの社長就任時、商社出身で40代前半の私は、当時、コンビニ業界の異端でしたが、今もコンビニ業界には、過去の成功にあぐらをかかず、異なるものを受け入れる柔軟さが必要だと思います。


石田淳(コンサルタント)

標準マニュアルをつくることは、マニュアルで部下を縛ることではありません。マニュアルに沿って行動しているうちに型が出来上がり、さらに発展的な手法が編み出されたら、マニュアルを改善すればいいのです。こうしてチームも個人も成長していくのです。


深田純子

会社の名前や規模、肩書といったものにとらわれる方が思いのほか多いことに気づきました。当然のことですが、何かにこだわると見えるはずのものが見えなくなるものです。