原巨樹の名言

原巨樹のプロフィール

原巨樹、はら・なおき。日本の経営者。「京ごふく 二十八」店主。大分県出身。防衛大学校卒業後、海上自衛官などを経て呉服の世界に入る。呉服店で修行したのち、「京ごふく 二十八」を開業。

原巨樹の名言 一覧

「京ごふく 二十八」は店舗を持たず、お客様や職人と直接やりとりをしています。これならお客様にはより安く着物をご提供し、職人にはより高い報酬を支払うことが出来る。


「どうして元自衛官が呉服屋に?」とお客様にもよく聞かれるのですが、これは冗談ではなく、元自衛官だからなのかもしれません。着物を守り、職人を育てる仕事は、いわば国防。日本の役に立ちたいのです。


民間企業に就職してからは着物を買い集めて、休暇のたびに着物の産地を見て回りました。でもどこへ行っても聞こえてくるのは、職人の後継者がいない、賃金が安い、未来を見いだせない……。着物の市場規模は最盛期の6分の1です。このままでは日本の伝統文化が1つ失われてしまう。私はそれが悔しかった。ならば自分が呉服屋になるしかない、と。


原巨樹の経歴・略歴

原巨樹、はら・なおき。日本の経営者。「京ごふく 二十八」店主。大分県出身。防衛大学校卒業後、海上自衛官などを経て呉服の世界に入る。呉服店で修行したのち、「京ごふく 二十八」を開業。

他の記事も読んでみる

堀尚弘

現場には思い込みがはびこっています。たとえば、営業マンは売上第一で売掛金の回収は経理の仕事など。そうした営業現場から「取引先の財務状況が悪化している」などの報告が出てくるはずもありません。問題を解消するには、具体的なマニュアルとともに、営業トークなどの行動様式をわかりやすく教えることです。これで現場はかなり変わるはずです。


鎌田浩毅

毎年講義の内容を変えています。同じ内容は私自身が面白くない。そんな講義を学生が面白がるはずがない。


出口治明

教養は仕事に圧倒的に効く。グローバル企業の経営者と少し話をするだけでも、彼らの、人生や社会に対する深い洞察に気づかされます。教養のない人にはちゃんとした仕事はできない。私は心からそう感じる。


松井忠三

人生に無駄な経験などひとつもない。良品計画への出向は左遷で、私との付き合い方を変える人もいた。そこで世の中の見え方が変わった経験が、経営者になって役立った。挫折もプラスに転じられれば貴重な財産になる。


紺野登

顧客にとって本当に良いものを作るために、いろいろな可能性を早く試すことを優先すべきだ。


名取芳彦

人間関係を損得勘定で考えていると、自分の発言が相手に「得」を与えられるかどうかと考えることにも繋がります。自信を持ってコミュニケーションできなくなってしまう。そうなると心はどんどん閉じていき、一層信頼されにくくなる悪循環に陥る。


中野勘治

消費者は絶えず変化しています。過去の栄光にとらわれていると、たちどころに置いていかれます。我々は常に変化に対する恐れの心を持ち続けていかなければなりません。


菅井敏之

自分が何歳のとき、いくら必要になるのか。人生の見通し図を描くことが賢いお金との付き合い方の第一歩。


小松易

財布は職場のデスクや自宅の部屋の縮図である。一日の中で最もモノの出し入れが多い場所だからだ。ときどき、レシートなどがたまって、原型がわからないぐらい変形してしまった財布を見かけるが、その人のデスクや部屋はほぼ例外なく散らかっているか、書類やモノであふれかえっている。


スティーブン・コヴィー

収穫の法則というものがある。蒔かれたものを刈り取ることができるということであって、それ以上でも、それ以下でもない。自然の法則は不変であり、正しい原則に生活を合わせれば合わせるほど、我々の分別は高まり、世界の本当の構造を理解でき、パラダイムは正確なものになってくる。


大東隆行

うちの会社は個性派の集団で、いわば動物園みたいなものです。そんな個性豊かな従業員がついてきてくれるのも、僕が想像を絶するくらい働いたからでしょう。僕は本部で夜中まで仕事をして、それから店に行って、朝まで掃除をしたことが数えきれないほどあります。朝になると、店の鍋で湯を沸かして体をふきました。血の汗、血のションベンを流しながら働きました。うちのみんなはそれを見ている。だから、会社はまとまりました。


佐藤康博

いま、みずほでは次世代経営リーダーの育成に力を入れています。選ばれた人たちには6か月間、金融とまったく関係のない研修も受けてもらっています。たとえば国内の大学で人文科学の授業を受けたり、海外のトップビジネススクールの教授を招き、人間としてのあり方を突き詰める1週間の特別講義を受けてもらう。リーダーになるなら専門的知識以外の人間的魅力や胆力、決断力が欠かせないからです。


小島瑠璃子

テレビでは二度と同じことは起こらない。過去を反省するより、次に向けて自分の幅をひろげたい。


奥田務

日本の経済が苦しいのは、産業構造が古いからです。企業も人も古い産業に居続けている。行き詰まると国が救うから新陳代謝が起きない。プレーヤーが減らず、日本という町内会の運動会で疲れ果て、グローバル競争というオリンピックに出たら倒れてしまう。そんな状況です。


泉谷直木

世界全般を見て世界戦略をどう考えるかと机の上で考えるだけでは不十分。実際のビジネスはローカルですから、各国の状態をきちんと見ながらやらないとうまくいかない。


ページの先頭へ